タグアーカイブ: NZドル

来週のNZドル「もみ合いか、3月貿易収支の発表に注目」

[NZドル]
 来週のNZドル・円はもみ合いか。1-3月期消費者物価指数の伸びが大幅に鈍化したことで、NZ準備銀行(中央銀行)は利上げを急がないとの見方が継続し、NZドルは引き続き買いづらい。ただ、IMFが「新政権の政策を受けて、2018年のNZ成長率は短期的に3%ペース」との見通しを発表しており、3月貿易収支で黒字定着なるかが注目される。
○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
・27日:3月貿易収支(2月:+2.17億NZドル)
・予想レンジ:76円00銭-79円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

LDNFIX=ドル円は107円前半で堅調、NZドルは上値が重い

 ロンドン・フィックスにかけては、ドル円は小幅な動きに終始した。日米首脳会談を終えた後も、米国から対日貿易赤字に対して特別に新味のある発言が無かったことで、ドル円は107円前半で堅調な動きになった。また10年債利回りが先月下旬以来の2.9%台まで上昇したこともドル円の買い支え要因となった。
 欧州通貨はまちまちな動きになった。ポンドは英3月小売売上高(自動車燃料含む・前月比)が-1.2%と、市場予想-0.5%を下回り、3日続けて市場予想より弱い英国の経済指標となったことで対ドルでは1.4161ドルまで下落した。しかし武田薬品工業がアイルランド製薬会社シャイアーに買収を打診したと伝わったことと、利食いのポンド買いも入ったことで対ドルでは1.4246ドルまで上昇した。ユーロドルはロンドン朝方に欧州輸出企業のユーロ買いで1.2400ドルまで上昇したが、その後は1.23ドル後半でもみ合いになった。ユーロ/スイスフラン(CHF)は2015年1月以来の1.2002CHFまで上昇した。
 昨日、カナダ銀行(BOC)は政策金利発表後にインフレ目標を維持するために引き続き緩和的なスタンスを必要とするという声明が流れ、加ドルは売られたが、本日は対ドルでは1.26加ドルを中心に方向感が無く動いた。
 本日発表されたNZの第1四半期のCPIが市場予想通りの+1.1%だったものの、RBNZの目標レンジである1-3%の下限付近に鈍化したことで売られたNZドルは、対ドルでは0.7294ドルまで、対円でも78.30円まで下落した。一方豪ドルは対NZドルで買いがでていることで、豪ドル/ドルは0.77ドル後半で底堅く、豪ドル円は83円半ばでもみ合いになった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

来週のNZドル「もみ合いか、1-3月期消費者物価指数の発表に注目」

[NZドル]
 来週のNZドル・円はもみ合いか。NZ準備銀行(中央銀行)は利上げを急がないとの見方が続くなか、1-3月期消費者物価指数の発表が注目される。また、中国の1-3月期GDP、3月小売売上高や鉱工業生産の発表も材料になる。一方、日米首脳会談での通商問題に絡む円先高思惑により、円買いになる可能性がある。
○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
・19日:1-3月期消費者物価指数(10-12月期:前期比+0.1%)
・予想レンジ:78円00銭-80円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

来週のNZドル「もみ合いか、中国の物価指標や貿易統計に注目」

[NZドル]
 来週のNZドル・円はもみ合いか。NZ準備銀行(中央銀行)は利上げを急がないとの見方は変わらないが、米中貿易戦争突入への警戒感後退や北朝鮮リスク後退が引き続きNZドル・円の下支えとなる。中国の3月の消費者物価指数、生産者物価指数、貿易統計が材料になる。
○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
・特になし
・予想レンジ:77円00銭-79円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

来週のNZドル「底堅い展開か、リスク回避ムード後退で円売り継続の可能性」

[NZドル]
来週のNZドル・円は底堅い展開か。NZ準備銀行(中央銀行)は利上げを急がないとの見方が続くなか、米中貿易戦争突入への警戒感後退や朝鮮半島をめぐるリスク回避ムード後退が、引き続きNZドル・円の下支えとなりそうだ。
○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
・特になし
・予想レンジ:75円00銭-78円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

来週のNZドル「底堅い展開か、NZ中銀新総裁就任を改めて好感も」

[NZドル]
 来週のNZドル・円は底堅い展開か。NZ準備銀行(中央銀行)の新総裁にエイドリアン・オア氏(公的年金基金責任者、元中銀副総裁)が27日付で就任することで、市場での信頼感や現行の金融政策は大きく変わらないとの安心感が、改めてNZドルの下支えとなる。経済指標では2月貿易収支などが有力な手掛かり材料になる。
○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
・26日:2月貿易収支(1月:-5.66億NZドル)
・27日:NZ準備銀行総裁にオア氏が就任
・29日:2月住宅建設許可件数(1月:前月比+0.2%)
・予想レンジ:75円00銭-77円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】RBNZ総裁代行「NZドルは適切な水準付近で推移している」

スペンサーRBNZ総裁代行
「NZドルは適切な水準付近で推移している」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

来週のNZドル「弱含みか、NZ中銀の声明発表に注目」

[NZドル]
 来週のNZドル・円は弱含みか。NZ準備銀行(中央銀行)の金融政策決定会合が材料になる。政策金利(1.75%)は据え置きが予想されており、声明における景気認識やインフレ見通しなどが注目される。前回の2月会合では、インフレ率が目標レンジ(1-3%)の中間値に達する時期を従来予想から2年先送りした。
○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
・22日:NZ準備銀行が政策金利発表(1.75%に据え置き予想)
・予想レンジ:75円00銭-78円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】市場の目=NZドルが豪ドルに対し強含む背景と今後の動向

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西茺徹氏

NZドルが豪ドルに対し強含む背景と今後の動向
政権への不透明感払拭が影響も、一段の上昇は見込みにくい展開

 世界経済の自律回復に加え、国際金融市場は「カネ余り」による「適温相場」が続いてきたが、ニュージーランドでは政権交代による政策の不透明感などが嫌気されて昨年末にかけて通貨NZドル相場は調整した。しかし、その後アーダーン政権は現実路線を選択するなど不安感は後退している。一方、隣国豪州ではターンブル政権を巡る不透明感が高まっており、足下ではNZドルが豪ドルに対して強含む展開が続いている。

 10-12月期の実質GDP成長率は伸びが加速するも、勢いに乏しい状況が続く。低インフレや低金利などが後押しして個人消費は活発な一方、輸出は伸び悩んでいる。産業別でも、サービス業は活況を呈するものの、猛暑が乳製品の生産を下押しし、輸出の足を引っ張った。通年の経済成長率も伸びが鈍化するなど、多くの国が外需主導で加速感を強めたのとは対照的だ。先行きは税制改正や不動産投資規制などが景気を下押しするなか、早期に準備銀が利上げに動く可能性は低く、NZドル相場も一進一退の展開が続くとみられる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

来週のNZドル「弱含みか、経常収支やGDPに注目」

[NZドル]
 来週のNZドル・円は弱含みか。NZ準備銀行(中央銀行)の利上げ観測が後退しているなか、NZ・10-12月期の経常収支やGDPの発表が注目されるが、前期はそれぞれ赤字急拡大、3期連続の伸び鈍化であり、NZドル売りになる可能性がある。中国の2月小売売上高や鉱工業生産の発表も材料になる。
○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
・14日:10-12月期経常収支(7-9月期:-46.79億NZドル)
・15日:10-12月期GDP(7-9月期:前年比+2.7%)
・予想レンジ:76円00銭-79円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,