タグアーカイブ: NY金先物

NY金先物は弱含み、米国株の大幅続伸などを嫌気

COMEX金4月限終値:1330.30↓2.40
 23日のNY金先物4月限は弱含み。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比−2.40ドルの1オンス=1330.30ドルで取引終了。主要通貨に対するドル売りは一服していることや米国株の続伸を受けて安全逃避の買いは縮小した。米長期金利は低下したが、米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げ継続の方針を変更していないことから、米長期金利のさらなる低下を期待した金買いは増えていないようだ。
・NY原油先物:続伸、需給関係の改善が引き続き買い材料に
NYMEX原油4月限終値:63.55 ↑0.78
 23日のNY原油先物4月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比+0.78ドルの63.55ドルで取引を終えた。原油在庫の減少によって需給関係の改善が期待されていることが引き続き買い材料となった。主要通貨に対するドル売りは一服したが、NYダウの大幅続伸や米長期金利が低下したことも好感されたようだ。
 なお、トランプ米大統領は鉄鋼輸入に24%の関税を課すことを検討していると一部で報じられたが、米国内で鉄鋼などの生産が増える可能性があることは原油先物相場に対する支援材料になるとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は弱含み、米国株の大幅続伸などが嫌気される

COMEX金4月限終値:1330.30↓2.40
 23日のNY金先物4月限は弱含み。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比−2.40ドルの1オンス=1330.30ドルで取引終了。主要通貨に対するドル売りは一服していることや米国株の続伸を受けて安全逃避の買いは縮小した。米長期金利は低下したが、米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げ継続の方針を変更していないことから、米長期金利のさらなる低下を期待した金買いは増えていないようだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は下げ渋り、ドル高一服や米長期金利の上げ渋りを意識

COMEX金4月限終値:1332.70 ↑0.60
 22日のNY金先物4月限は下げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+0.60ドルの1オンス=1332.70ドルで取引終了。通常取引の時間帯では1325.10ドルまで下げた後に1334.10ドルまで戻した。米利上げ継続の可能性が高いことから、金先物の上値は重くなったが、主要通貨に対するドル高は一服したことや、米長期金利の上げ渋りを受けて安全逃避的な買いが入った。NYダウの反発は特に意識されなかったようだ。

・NY原油先物:大幅反発、原油在庫減少やドル安を意識
NYMEX原油4月限終値:62.77 ↑1.09
 22日のNY原油先物4月限は大幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比+1.09ドルの62.77ドルで取引を終えた。通常取引の時間帯で63.09ドルまで買われた。米エネルギー情報局(EIA)が22日公表した石油在庫統計で原油在庫は増加予想に反して減少していたことや、ガソリン在庫の増加幅が市場予想を下回ったことが原油先物の上昇を促した。為替相場がドル安に振れたことや米国株の反発もプラス材料となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物はもみ合い、米FOMC議事要旨公表前で様子見

COMEX金4月限終値:1332.10 ↑0.90
 21日のNY金先物4月限はもみ合い。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+0.90ドルの1オンス=1332.10ドルで取引終了。通常取引の時間帯では1335.30ドルまで買われた後に1328.20ドルまで売られた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨発表を控えており、多くの投資家は積極的な売買を見送った。なお、通常取引終了後に金先物4月限は一時1324.40ドルまで下落している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物はもみ合い、米FOMC議事要旨公表前で様子見

COMEX金4月限終値:1332.10 ↑0.90
 21日のNY金先物4月限はもみ合い。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+0.90ドルの1オンス=1332.10ドルで取引終了。通常取引の時間帯では1335.30ドルまで買われた後に1328.20ドルまで売られた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨発表を控えており、多くの投資家は積極的な売買を見送った。なお、通常取引終了後に金先物4月限は一時1324.40ドルまで下落している。

・NY原油先物:小幅安、米FOMC議事要旨公表前で売買手控えも
NYMEX原油4月限終値:61.68 ↓0.11
 21日のNY原油先物4月限は小幅安。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比−0.11ドルの61.68ドルで取引を終えた。通常取引の時間帯で61.12ドルまで売られた。主要通貨に対するドル高継続を意識して原油先物は伸び悩んだ。米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨発表を控えており、売買を手控えた投資家は少なくなかったようだ。なお、通常取引終了後に原油先物4月限は一時61.07ドルまで下落している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は大幅下落、ドル高や長期金利上昇が嫌気される

COMEX金4月限終値:1331.20 ↓25.00
 20日のNY金先物4月限は大幅下落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比−25.00ドルの1オンス=1331.20ドルで取引終了。一時1330.60ドルまで売られた。ドルが主要通貨に対して強い動きを見せたことや、米長期金利の上昇が意識されたようだ。米国株安を意識した金買いは一部にとどまった。

・NY原油先物:株安などを意識してやや上げ渋る
NYMEX原油4月限終値:61.79 ↑0.24
 20日のNY原油先物4月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比+0.24ドルの61.79ドルで取引を終えた。通常取引の時間帯で62.43ドルまで買われたが、米国株安やドル高を意識して取引終了時点にかけて上げ幅を縮小する展開となった。ただし、原油供給の大幅な増加に対する警戒感はやや低下しており、原油先物は60ドル台を当面維持する可能性が高いとの見方が多い。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は大幅下落、ドル高や長期金利上昇が嫌気される

COMEX金4月限終値:1331.20 ↓25.00
 20日のNY金先物4月限は大幅下落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比−25.000ドルの1オンス=1331.20ドルで取引終了。一時1330.60ドルまで売られた。ドルが主要通貨に対して強い動きを見せたことや、米長期金利の上昇が意識されたようだ。米国株安を意識した金買いは一部にとどまった。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は上げ渋り、主要通貨に対する米ドル安は一服

COMEX金4月限終値:1356.20 ↑0.90
 16日のNY金先物4月限は上げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+0.90ドルの1オンス=1356.20ドルで取引終了。一時1364.40ドルまで買われた。モラー特別検察官は、2016年の米大統領選挙に干渉したとの疑いでロシア人13人、3企業を訴追したとの報道を受けて金買いがやや強まる場面があった。しかしながら、この日発表された1月米住宅着工件数は予想以上に増加したことや、2月のミシガン大学消費者信頼感指数の改善を意識して金買いは一服。主要通貨に対する米ドル安は一服したことを受けて、金先物の上げ幅は縮小した。
・NY原油先物:続伸、良好な経済指標を好感した買いが入る
NYMEX原油4月限終値:61.55 ↑0.38
 16日のNY原油先物4月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比+0.38ドルの61.55ドルで取引を終えた。一時61.87ドルまで買われた。需給の緩みを意識した売り興味は低下しており、原油先物は底堅い動きを見せた。米住宅着工件数の増加やミシガン大学消費者信頼感指数の改善は買い材料となった。ただ、主要通貨に対するドル安が一服したことで原油先物の上げ幅はやや縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は上げ渋り、主要通貨に対する米ドル安は一服

COMEX金4月限終値:1356.20 ↑0.90
 16日のNY金先物4月限は上げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+0.90ドルの1オンス=1356.20ドルで取引終了。一時1364.40ドルまで買われた。モラー特別検察官は、2016年の米大統領選挙に干渉したとの疑いでロシア人13人、3企業を訴追したとの報道を受けて金買いがやや強まる場面がった。しかしながら、この日発表された1月米住宅着工件数は予想以上に増加したことや、2月のミシガン大学消費者信頼感指数の改善を意識して金買いは一服。主要通貨に対する米ドル安は一服したことを受けて、金先物の上げ幅は縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は伸び悩み、インフレ関連の指標は予想を上回る

COMEX金4月限終値:1355.30 ↓2.70
 15日のNY金先物4月限は伸び悩み。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比−2.70ドルの1オンス=1355.30ドルで取引終了。一時1350.80ドルまで売られた。この日発表された米1月生産者物価指数は前年比+2.7%、コア指数は同比+2.2%と市場予想を上回ったことが要因。1月の鉱工業生産は予想に反して減少したが、市場はインフレ関連の指標に対して反応した。ドル安・ユーロ高は続いているものの、米国株がこの日も強い動きを見せたことで安全逃避の金買いは一服した。

・NY原油先物:続伸、原油供給の大幅な増加に対する警戒感はやや低下
NYMEX原油4月限終値:61.17 ↑0.66
 15日のNY原油先物4月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比+0.66ドルの61.17ドルで取引を終えた。一時61.46ドルまで買われた。原油供給の大幅な増加に対する警戒感はやや低下していることや、主要通貨に対するドル安が継続していることが要因。米国株の続伸も好感されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は伸び悩み、インフレ関連の指標は予想を上回る

COMEX金4月限終値:1355.30 ↓2.70
 15日のNY金先物4月限は伸び悩み。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比−2.70ドルの1オンス=1355.30ドルで取引終了。一時1350.80ドルまで売られた。この日発表された米1月生産者物価指数は前年比+2.7%、コア指数は同比+2.2%と市場予想を上回ったことが要因。1月の鉱工業生産は予想に反して減少したが、市場はインフレ関連の指標に対して反応した。ドル安・ユーロ高は続いているものの、米国株がこの日も強い動きを見せたことで安全逃避の金買いは一服した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は大幅続伸、米小売売上高の減少やドル安などを意識

COMEX金4月限終値:1358.00 ↑27.60
 14日のNY金先物4月限は大幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+27.60ドルの1オンス=1358.00ドルで取引終了。一時1358.60ドルまで買われた。この日発表された米1月小売売上高は予想に反して減少したことや、12月実績が前月比+0.4%から0.0%に下方修正されたことが買い材料になった。ドル安・ユーロ高が進行したことや米財政赤字増大に対する懸念が浮上していることも材料視されたようだ。

・NY原油先物:反発、予想を下回る原油在庫増やドル安が意識される
NYMEX原油3月限終値:60.60 ↑1.41
 14日のNY原油先物3月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+1.41ドルの60.60ドルで取引を終えた。一時60.65ドルまで買われた。原油在庫の増加幅は予想を下回ったことや、主要通貨に対するドル安が進行したことが要因。NYダウの反転も意識された。ガソリン在庫の増加幅は予想を上回ったが、特に嫌気されなかったようだ。なお、WTI先物4月限の終値は前日比+1.48ドルの60.51ドル。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は大幅続伸、米小売売上高の減少やドル安などを意識

COMEX金4月限終値:1358.00 ↑27.60
 14日のNY金先物4月限は大幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+27.60ドルの1オンス=1358.00ドルで取引終了。一時1358.60ドルまで買われた。この日発表された米1月小売売上高は予想に反して減少したことや、12月実績が前月比+0.4%から0.0%に下方修正されたことが買い材料になった。ドル安・ユーロ高が進行したことや米財政赤字増大に対する懸念が浮上していることも材料視されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ドル安などを意識した買いが入る

COMEX金4月限終値:1330.40 ↑4.00
 13日のNY金先物4月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+4.00ドルの1オンス=1330.40ドルで取引終了。一時1331.90ドルまで買われた。米国株の下落やドル安を意識した買いが目立った。ただ、通常取引終了時点にかけてNYダウは反転し、主要通貨に対するドル売りは一巡したことから、安全逃避的な買いは一服した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は続伸、ドル安などを意識した買いが入る

COMEX金4月限終値:1330.40 ↑4.00
 13日のNY金先物4月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+4.00ドルの1オンス=1330.40ドルで取引終了。一時1331.90ドルまで買われた。米国株の下落やドル安を意識した買いが目立った。ただ、通常取引終了時点にかけてNYダウは反転し、主要通貨に対するドル売りは一巡したことから、安全逃避的な買いは一服した。

・NY原油先物:小幅安、米国株反転で下げ幅縮小
NYMEX原油3月限終値:59.19 ↓0.10
 13日のNY原油先物3月限は小幅下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比−0.10ドルの59.19ドルで取引を終えた。一時58.39ドルまで売られたが、通常取引の終了時点にかけて下げ幅は縮小。NYダウの反転が材料視されたようだ。ただし、原油供給の増加に対する投資家の警戒感は消えていないことから、59ドル台では戻り売りの興味が残されているようだ。WTI先物4月限の清算値は前日比−0.05ドルの59.03ドル。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は反発、米長期金利の伸び悩みなどを意識した買いが入る

COMEX金4月限終値:1326.40 ↑10.70
 12日のNY金先物4月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+10.70ドルの1オンス=1326.40ドルで取引終了。一時1328.30ドルまで買われた。米国株は続伸したが、米長期金利は伸び悩んだことやユーロ高・米ドル安の相場展開を意識して、安全逃避的な買いが入ったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反発、米長期金利の伸び悩みなどを意識した買いが入る

COMEX金4月限終値:1326.40 ↑10.70
 12日のNY金先物4月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+10.70ドルの1オンス=1326.40ドルで取引終了。一時1328.30ドルまで買われた。米国株は続伸したが、米長期金利は伸び悩んだことやユーロ高・米ドル安の相場展開を意識して、安全逃避的な買いが入ったようだ。

・NY原油先物:上げ渋り、供給増加に対する警戒感残る
NYMEX原油3月限終値:59.29 ↑0.09
 12日のNY原油先物3月限は上げ渋り。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+0.09ドルの59.29ドルで取引を終えた。一時60.46ドルまで買われたが、通常取引の終了時点にかけて上げ幅は縮小。株高は好材料だが、米国内の原油供給増加に対する警戒感は消えていないことや、長期金利の下げ渋りは上値を抑える要因となったようだ。なお、WTI先物4月限の清算値は前日比+0.09ドルの59.08ドル。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は弱含み、株価反転で安全逃避の買い縮小

COMEX金4月限終値:1315.70 ↓3.30
 9日のNY金先物4月限は弱含み。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比−3.30ドルの1オンス=1315.70ドルで取引終了。一時1313.20ドルまで売られた。米国株は乱高下したものの、最終的に反発したことやドルが主要通貨に対してやや強い動きを見せたことが要因。株安を意識した安全逃避的な買いが入る場面があったが、株価反転を受けて買いは縮小した。

・NY原油先物:大幅続落、米国内の原油供給増加が嫌気される
NYMEX原油3月限終値:59.20 ↓1.95
 9日のNY原油先物3月限は大幅続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比−1.95ドルの59.20ドルで取引を終えた。一時58.07ドルまで下落した。米国内の原油供給増加に対する警戒感が高まっており、1バレル=60ドル割れで短期筋などのストップロスが執行されたようだ。また、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが9日発表した国内の石油掘削リグ稼働数が前週比+26基の791基となり、2017年1月以来の増加幅となったことも嫌気された。9日の米国株式は結果的には大幅反発で終わったが、乱高下したことから、原油先物に対する支援材料にはならなかったようだ。なお、WTI先物4月限の清算値は前日比-1.95ドルの58.99ドル。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は弱含み、株価反転で安全逃避の買い縮小

COMEX金4月限終値:1315.70 ↓3.30
9日のNY金先物4月限は弱含み。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比−3.30ドルの1オンス=1315.70ドルで取引終了。一時1313.20ドルまで売られた。米国株は乱高下したものの、最終的に反発したことやドルが主要通貨に対してやや強い動きを見せたことが要因。株安を意識した安全逃避的な買いが入る場面があったが、株価反転を受けて買いは縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反発、欧米株安を意識した買いが増える

COMEX金4月限終値:1319.00 ↑4.40
 8日のNY金先物4月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+4.40ドルの1オンス=1319.00ドルで取引終了。一時1324.50ドルまで買われた。欧米株安を意識して安全逃避的な買いが増えたようだ。ただ、米長期金利が下げ渋ったことやユーロ安・米ドル高の相場展開となったことから、金先物の上げ幅はやや縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,