タグアーカイブ: NY金先物

NY金先物は大幅続伸、ドル安進行や米長期金利低下を意識した買い

COMEX金12月限終値:1292.20 ↑10.50
 22日のNY金先物12月限は大幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+10.50ドルの1オンス=1292.20ドルで取引終了。一時1294.60ドルまで買われた。主要通貨に対するドル安進行や米長期金利の低下を意識して、安全逃避的な金買いが観測された。米税制改革法案の年内可決の可能性はおおむね織り込まれており、金利先高観はやや後退していることが金買いにつながったようだ。

・NY原油先物:大幅続伸、原油在庫の減少などが材料視される
NYMEX原油1月限終値:58.02 ↑1.19
 22日のNY原油先物1月限は大幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比+1.19ドルの58.02ドルで取引を終えた。一時58.09ドルまで上昇した。米エネルギー省発表の週次原油在庫は市場が予想したほど減少しなかったが、ガソリン在庫は小幅な増加にとどまったことやドルが主要通貨に対して下落したことが材料視されたようだ。石油輸出国機構(OPEC)主導の減産体制の期限延長への期待は残されていることは、原油先物相場に対する支援材料となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は大幅続伸、ドル安進行を意識した買いが続く

COMEX金12月限終値:1292.20 ↑10.50
 22日のNY金先物12月限は大幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+10.50ドルの1オンス=1292.20ドルで取引終了。一時1294.60ドルまで買われた。主要通貨に対するドル安進行や米長期金利の低下を意識して、安全逃避的な金買いが観測された。米税制改革法案の年内可決の可能性はおおむね織り込まれており、金利先高観はやや後退していることが金買いにつながったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反発、ドル安を意識した買いが入る

COMEX金12月限終値:1281.70 ↑6.40
 21日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+6.40ドルの1オンス=1281.70ドルで取引終了。一時1284.50ドルまで買われた。主要通貨に対するドル安を意識してリスク回避的な金買いが観測された。米税制改革法案の年内可決の可能性はある程度織り込まれており、市場参加者は新たな売買材料を求めているようだ。23日は感謝祭の祝日となるため、ポジション調整的な売買が増えているようだ。

・NY原油先物は反発、原油在庫の減少予測が下支え
NYMEX原油1月限終値:56.83 ↑0.41
 21日のNY原油先物1月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比+0.41ドルの56.83ドルで取引を終えた。一時57.22ドルまで上昇した。米エネルギー省が22日発表する原油在庫は大幅に減少するとの見方が広がったことが要因。ドルが主要通貨に対してやや下落したことも材料視されたようだ。石油輸出国機構(OPEC)主導の減産体制の期限延長への期待は残されていることは、原油先物相場に対する支援材料となっている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は反発、ドル安を意識した買いが入る

COMEX金12月限終値:1281.70 ↑6.40
 21日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+6.40ドルの1オンス=1281.70ドルで取引終了。一時1284.50ドルまで買われた。主要通貨に対するドル安を意識してリスク回避的な金買いが観測された。米税制改革法案の年内可決の可能性はある程度織り込まれており、市場参加者は新たな売買材料を求めているようだ。23日は感謝祭の祝日となるため、ポジション調整的な売買が増えているようだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は大幅安、米税制改革案可決への期待高まる

COMEX金12月限終値:1275.30 ↓21.20
 20日のNY金先物12月限は大幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-21.20ドルの1オンス=1275.30ドルで取引終了。一時1274.10ドルまで売られた。米税制改革法案に反対していた一部議員が協議の進展を示唆していることから、クリスマスまでの法案可決への期待が高まったことが要因。長期金利の反転や欧米株高を意識してリスク回避の金買いは大幅に縮小した。大手金融がリスク志向を高めているとの見方も浮上しており、一部短期筋は金先物の買いポジションをさらに減らすとみられている。

NY原油先物:反落、OPEC主導による減産体制維持に対する懐疑的な見方も
NYMEX原油12月限終値:56.09 ↓0.46
 20日のNY原油先物12月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.46ドルの56.09ドルで取引を終えた。一時56ドルを下回った。石油輸出国機構(OPEC)主導の減産体制の期限延長への期待はあるものの、原油需要の増加に対する懐疑的な見方があることや減産期限がいつまで延長されるのかはっきりしていないことから、ポジション調整的な売りが優勢になった。為替相場がドル高に振れたことも嫌気されたようだ。なお、WTI先物12月限は20日が取引最終日。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は大幅安、米税制改革案可決への期待高まる

COMEX金12月限終値:1275.30 ↓21.20
 20日のNY金先物12月限は大幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-21.20ドルの1オンス=1275.30ドルで取引終了。一時1274.10ドルまで売られた。米税制改革法案に反対していた一部議員が協議の進展を示唆していることから、クリスマスまでの法案可決への期待が高まったことが要因。長期金利の反転や欧米株高を意識してリスク回避の金買いは大幅に縮小した。大手金融がリスク志向を高めているとの見方も浮上しており、一部短期筋は金先物の買いポジションをさらに減らすとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は大幅続伸、米議会上院での税制改革案可決を不安視

COMEX金12月限終値:1296.50 ↑18.30
 17日のNY金先物12月限は大幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+18.30ドルの1オンス=1296.50ドルで取引終了。一時1297.50ドルまで買われた。米議会上院の税制改革案可決は容易ではないとの懸念や、「モラー米特別検察官がトランプ大統領陣営のメンバー宛に召喚状を出した」との報道が材料視された。北朝鮮に関して、米国政府がテロ支援国家に再指定する可能性が浮上していることも安全逃避の金買いを促す一因となったようだ。

・NY原油先物は大幅反発、OPEC主導による減産期限延長への期待持続
NYMEX原油12月限終値:56.55 ↑1.41
 17日のNY原油先物12月限は大幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比+1.41ドルの56.55ドルで取引を終えた。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は17日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国は30日のOPEC総会で減産延長を発表するべきだとの見方を示したことが好感されたようだ。また、原油流出が原因で、トランスカナダは日量59万バレルを輸送するキーストーンのパイプラインを閉鎖し、供給ひっ迫が懸念されたことも原油先物の上昇につながったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は小幅高、1280ドル前後でのもみ合いが続く

COMEX金12月限終値:1278.20 ↑0.50
 16日のNY金先物12月限は小幅高。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+0.50ドルの1オンス=1278.20ドルで取引終了。1280ドル前後でもみあう展開となったが、米国株高を意識して金先物はやや伸び悩んだ。共和党の税制改革法案は16日、米下院を通過したが、市場ではおおむね織り込み済み。下院通過を想定した売りは限定的だった。
・NY原油先物は小幅続落、原油在庫の大幅な減少は期待薄との見方も
NYMEX原油12月限終値:55.14 ↓0.19
 16日のNY原油先物12月限は小幅続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.19ドルの55.14ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)主導による減産期限延長への期待はやや低下しており、減産継続についてのロシア側の態度が固まっていないことから、原油先物は伸び悩んだ。原油とガソリンの在庫が短期間で大幅に減少することは期待できないとの見方も原油先物の反発を抑える一因となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は小幅高、1280ドル前後でのもみ合いが続く

COMEX金12月限終値:1278.20 ↑0.50
 16日のNY金先物12月限は下げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+0.50ドルの1オンス=1278.20ドルで取引終了。1280ドル前後でもみあう展開となったが、米国株高を意識して金先物はやや伸び悩んだ。共和党の税制改革法案は16日、米下院を通過したが、市場ではおおむね織り込み済み。下院通過を想定した売りは限定的だった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反落、原油安などが嫌気される

COMEX金12月限終値:1277.70 ↓5.20
 15日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-5.20ドルの1オンス=1277.70ドルで取引終了。上場投資信託(ETF)を通じた金の保有高は増加したものの、原油安を意識して金先物の上値は重くなった。金先物12月限は一時1276.50ドルまで下落した。15日は欧米諸国の株式相場が続落したが、安全逃避的な金買いは拡大しなかった。

・NY原油先物:続落、ロシアは減産継続に消極的との見方も
NYMEX原油12月限終値:55.33 ↓0.37
 15日のNY原油先物12月限は続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.37ドルの55.33ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)主導による減産期限の延長への期待はあるものの、ロシアは減産継続に消極的との見方が広がっていることが原油先物の下落を促す要因となった。また、米エネルギー情報局(EIA)が公表する在庫統計で原油とガソリンの在庫が予想に反して増加していたことも嫌気されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は反落、原油安などが嫌気される

COMEX金12月限終値:1277.70 ↓5.20
 15日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-5.20ドルの1オンス=1277.70ドルで取引終了。上場投資信託(ETF)を通じた金の保有高は増加したものの、原油安を意識して金先物の上値は重くなった。金先物12月限は一時1276.50ドルまで下落した。15日は欧米諸国の株式相場が続落したが、安全逃避的な金買いは拡大しなかった。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は続伸、欧米株安を意識して安全逃避の買いが入る

COMEX金12月限終値:1282.90 ↑4.00
 14日のNY金先物12月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+4.00ドルの1オンス=1282.90ドルで取引終了。ユーロ高・米ドル安の相場展開となったことや、欧米諸国の株安を受けて安全逃避的な買いが入った。年内における税制改革実現に対する懐疑的な見方は消えていないことも金先物相場を下支えした。なお、一部報道によると米下院議事運営委員会は15日正午に予定していた共和党の税制改革法案の審議を14日午後6時30分とすることを発表した。

・NY原油先物:反落、IEAは2018年の石油需要見通し引き下げ
NYMEX原油12月限終値:55.70 ↓1.06
 14日のNY原油先物12月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-1.06ドルの55.70ドルで取引を終えた。国際エネルギー機関(IEA)が2018年の石油需要見通しを引き下げたことが要因。石油輸出国機構(OPEC)主導による減産延長への期待はあるものの、2018年の世界の原油需要は想定以上に減少する可能性があることから、需給関係の大幅な改善は期待できないとの見方がさらに広がった。ロシアはOPEC主導の減産期間について態度を固めていないとの見方も出ており、原油先物は軟調推移となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続伸、欧米株安を意識して安全逃避の買いが入る

COMEX金12月限終値:1282.90 ↑4.00
 14日のNY金先物12月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+4.00ドルの1オンス=1282.90ドルで取引終了。ユーロ高・米ドル安の相場展開となったことや、欧米諸国の株安を受けて安全逃避的な買いが入った。年内における税制改革実現に対する懐疑的な見方は消えていないことも、金先物相場を下支えした。なお、一部報道によると、米下院議事運営委員会は15日正午に予定していた共和党の税制改革法案の審議を14日午後6時30分とすることを発表した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は反発、年内における米税制改革に対する懐疑的な見方残る

COMEX金12月限終値:1278.90 ↑4.70
 13日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前営業日比+4.70ドルの1オンス=1278.90ドルで取引終了。年内における税制改革実現に対する懐疑的な見方は消えていないことから、安全逃避的な買いが入った。ただし、米長期金利は下げ渋っていることや、金先物相場の上昇に直結する材料は多くないことから、金先物は1280ドル手前で上げ渋る展開となった。

・NY原油先物:小幅高、OPEC主導による減産期限延長への期待も
NYMEX原油12月限終値:56.76 ↑0.02
 13日のNY原油先物12月限は小幅高。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比+0.02ドルの56.76ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)の減産延長への期待が買い材料となった。OPEC月報で10月のOPEC加盟国の原油生産高は前月から減少したことが指摘されており、原油先物相場に対する支援材料となった。ただし、足元の需給関係の大幅な改善は期待できないとの見方は残されており、原油先物はやや上げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は反落、米税制改革実現への期待持続

COMEX金12月限終値:1274.20 ↓13.30
 10日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-13.30ドルの1オンス=1274.20ドルで取引終了。一時1273.60ドルまで売られた。・10日発表された11月米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は市場予想を下回ったことから、安全逃避的な金買いが観測されたが、期待インフレ率は上昇したことで金先物の上昇は一服。
 米税制改革について、ムニューシン米財務長官は「上下院の共和党税制改革案の違いは微々たるもので、調整していく」、「年末までに税制改革を成立させることは可能」との見方を示したことから、税制改革関連法案の可決・成立への期待は再び高まり、金先物は反落した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反落、米税制改革実現への期待持続

COMEX金12月限終値:1274.20 ↓13.30
 10日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-13.30ドルの1オンス=1274.20ドルで取引終了。一時1273.60ドルまで売られた。・10日発表された11月米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は市場予想を下回ったことから、安全逃避的な金買いが観測されたが、期待インフレ率は上昇したことで金先物の上昇は一服。
 米税制改革について、ムニューシン米財務長官は「上下院の共和党税制改革案の違いは微々たるもので、調整していく」、「年末までに税制改革を成立させることは可能」との見方を示したことから、税制改革関連法案の可決・成立への期待は再び高まり、金先物は反落した。
「反落、足元の需給関係の大幅な改善は期待薄との見方も」
NYMEX原油12月限終値:56.74 ↓0.43
 10日のNY原油先物12月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.43ドルの56.74ドルで取引を終えた。市場関係者の間では、石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国の協調減産体制は2018年以降も維持されるとの見方が多いものの、米国内における原油生産量増加に対する警戒感は消えていないことから、原油先物の上値は重くなった。足元の需給関係の大幅な改善は期待できないとの理由で短期筋などの売りが優勢となり、10日午後に発表された米国内の石油掘削リグ稼働数が増えたことも嫌気されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は続伸、米上院共和党は減税施行時期を2019年に先送りする計画で

COMEX金12月限終値:1287.50 ↑3.80
 9日のNY金先物12月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+3.80ドルの1オンス=1287.50ドルで取引終了。一時1288.90ドルまで買われた。米上院共和党は9日、法人税の税率を現在の最高35%から20%に引き下げ、2019年に実施することを含む減税計画を公表したことを受けてリスク回避的な金買いが優勢となった。下院の税制改革法案では、法人税減税の実施時期は2018年となっていた。米国株安も材料視された。なお、米下院歳入委は共和党の税制改革法案を可決し、本会議で来週採決にかける。

NY原油先物:反発、クッシングの原油在庫減少の思惑も」
NYMEX原油12月限終値:57.17 ↑0.36
 9日のNY原油先物12月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比+0.36ドルの57.17ドルで取引を終えた。オクラホマ州クッシングの原油在庫の減少観測が原油先物相場を下支えした。中東地域における地政学的リスク増大が懸念されていることも影響したようだ。米国株安は特に意識されなかったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は続伸、米上院共和党は減税施行時期を2019年に先送りする計画

COMEX金12月限終値:1287.50 ↑3.80
 9日のNY金先物12月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+3.80ドルの1オンス=1287.50ドルで取引終了。一時1288.90ドルまで買われた。米上院共和党は9日、法人税の税率を現在の最高35%から20%に引き下げ、2019年に実施することを含む減税計画を公表したことを受けてリスク回避的な金買いが優勢となった。下院の税制改革法案では、法人税減税の実施時期は2018年となっていた。米国株安も材料視された。なお、米下院歳入委は共和党の税制改革法案を可決し、本会議で来週採決にかける。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は反発、法人税減税の開始時期先送りの思惑も

COMEX金12月限終値:1283.70 ↑7.90
 8日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+7.90ドルの1オンス=1283.70ドルで取引終了。一時1288.10ドルまで買われた。ムニューシン米財務長官は8日のブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで「法人税減税の開始が遅れる可能性を排除しないものの、政権が強く望むのは2018年のスタート」との見方を示したことが材料視された。市場関係者の間では法人税率の段階的な引き下げについて懐疑的な見方が浮上しているが、減税の開始時期が先送りされる可能性は否定できないことから、リスク回避の金買いが優勢となった。

・NY原油先物:続落、原油供給量増加への警戒感残る
NYMEX原油12月限終値:56.81 ↓0.39
 8日のNY原油先物12月限は続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.39ドルの56.81ドルで取引を終えた。メキシコ湾岸のプラットフォーム閉鎖を受けて買いが強まる場面もあったが、米国内における原油供給増加に対する警戒感は消えていないことから、ポジション調整的な売りが優勢となった。米税制改革の年内実現について予断を許さない状況が続いていることも、原油先物の上値を抑える一因となっていたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は反発、法人税減税の開始時期先送りの思惑も

COMEX金12月限終値:1283.70 ↑7.90
 8日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+7.90ドルの1オンス=1283.70ドルで取引終了。一時1288.10ドルまで買われた。ムニューシン米財務長官は8日のブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで「法人税減税の開始が遅れる可能性を排除しないものの、政権が強く望むのは2018年のスタート」との見方を示したことが材料視された。市場関係者の間では法人税率の段階的な引き下げについて懐疑的な見方が浮上しているが、減税の開始時期が先送りされる可能性は否定できないことから、リスク回避の金買いが優勢となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,