タグアーカイブ: NY為替

11月20日のNY為替・原油概況

 20日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円12銭から112円74銭まで上昇し、112円65銭で引けた。
米国の10月景気先行指数が4年ぶり最大の伸びを示したことや、根強い税制改革実施期待に米10年債利回りが上昇したためドル買いが優勢となった。
ユーロ・ドルは、1.1784ドルから1.1728ドルまで下落し、1.1730ドルで引けた。ドイツの再選挙の可能性を嫌気したユーロ売りに加え、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が証言で、インフレが目標に達しておらず、労働市場のたるみも依然かなり残っているため、十分な金融緩和が依然必要だとの方針を示したためユーロ売りが再燃した。
ユーロ・円は、131円89銭から132円27銭へ上昇。リスク選好の円売りが再燃した。
ポンド・ドルは、1.3266 ドルから1.3224ドルまで下落。英中銀のラムスデン副総裁
のハト派発言を受けてポンド売りが優勢となった。
ドル・スイスは、0.9908フランから0.9936フランまで上昇。安全通貨のフラン買いが後退した。
 20日のNY原油は反落。ドル高で割高感が広がった。また、今月末に石油輸出国機構(OPEC)会合を控え、調整色が強まった。
[経済指標]
・米・10月景気先行指数:前月比+1.2%(予想:+0.8%、9月:+0.1%←-0.2%)

FX為替ニュース

, , , , , ,

11月17日のNY為替・原油概況

 17日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円69銭から111円95銭まで下落し、112円15銭で引けた。
米国議会上院の税制改革案可決が容易ではないとの懸念や、昨年大統領選挙でのトランプ陣営とロシアの関連疑惑に関するムラー特別監査官による捜査を警戒し、リスク回避のドル売り・円買いが続いた。
ユーロ・ドルは、1.1774ドルから1.1806ドルまで上昇し、1.1790ドルで引けた。
ユーロ・円は、132円85銭から132円05銭へ下落した。リスク回避の円買いが加速。
ポンド・ドルは、1.3170 ドルまで下落後、1.3222ドルまで上昇。
ドル・スイスは、0.9931フランから0.9879フランへ下落した。安全通貨のフラン買いが強まった。
 
 17 日のNY原油は反発。供給ひっ迫懸念が買い材料となった。流出が原因で、トランスカナダは日量59万バレルを輸送する「キーストーン」パイプラインを閉鎖した。また、サウジアラビアは、今月の石油輸出国機構(OPEC)会合で、協調減産の延長を決定すべきだとした。ロシアが延長に消極的であるとの思惑払しょくに努めた。
[経済指標]
・米・10月住宅着工件数:129.0万戸(予想:119.0万戸、9月:113.5万戸←112.7万戸)
・米・10月住宅建設許可件数:129.7万戸(予想:125.0万戸、9月:122.5万戸)

FX為替ニュース

, , , , , ,

11月16日のNY為替・原油概況

 16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円10銭から112円74銭まで下落し、113円00銭で引けた。
米国の週次新規失業保険申請件数が予想外に増加したほか、11月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想を下回ったため、一時ドル売りが強まった。その後、米下院が税制改革法案を可決したことを好感した株高、米債利回りの上昇を背景に、ドル買い・円売りが再燃した。
ユーロ・ドルは、1.1785ドルへ上昇後、1.1759ドルへ反落。
ユーロ・円は、133円14銭から132円76銭へ下落した。
ポンド・ドルは、1.3208 ドルから1.3175ドルまで下落。
ドル・スイスは、0.9901フランから0.9944フランへ上昇した。
 16 日のNY原油は続落。需給バランス悪化懸念を受けた売りが続いた。世界の需要が鈍化するとの見通しに加え、米国の週次原油在庫が予想外に増加。過去最高水準に達した。
[経済指標]
・米・先週分新規失業保険申請件数:24.9万件(予想:23.5万件、前回:23.9万件))
・米・失業保険継続受給者数:186.0万人(予想:190.0万人、前回:190.4万人←190.1万人)
・米・10月輸入物価指数:前月比+0.2%(予想:+0.4%、9月:+0.8%←+0.7%)
・米・11月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:22.7(予想:24.6、10月:27.9)
・米・10月鉱工業生産:前月比+0.9%(予想:+0.5%、9月:+0.4%←+0.3%)
・米・10月設備稼働率:77.0%(予想:76.3%、9月:76.4%←76.0%)
・米・11月NAHB住宅市場指数:70(予想:67、10月:68)

FX為替ニュース

, , , , , ,