タグアーカイブ: NY為替

3月2日のNY為替・原油概況

 2日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円24銭から114円59銭へ上昇し114円45銭で引けた。
最新の米週次新規失業保険申請件数が1973年3月以降ほぼ44年ぶり低水準となったことを受けて、3月の利上げを織り込むドル買いが一段と強まった。
ユーロ・ドルは、1.0528ドルから1.0495ドルへ下落し1.0505ドルで引けた。欧米金利差の拡大観測にユーロ売り・ドル買いが継続。ユーロ・円は、120円18銭から120円44銭へ上昇した。リスク選好の円売りが継続した。
ポンド・ドルは、1.2307ドルから1.2243ドルへ下落した。
ドル・スイスは、1.0107フランから1.0146フランへ上昇した。
 2日のNY原油は続落。53.25ドルから52.57ドルまで下落した。米国の原油在庫が引き続き増加傾向にあること、ロシアによる原油減産実施が滞っていることから供給過剰懸念が再燃。売りが加速した。
【経済指標】
・米・先週分新規失業保険申請件数:22.3万件(予想:24.5万件、前回:24.2万件←24.4万件)
・米・失業保険継続受給者数:206.6万人(予想:206.0万人、前回:206.3万人←206.0万人)

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円は114.50水準突破試す動き 輸出企業などの売りオーダーも観測=NY為替

 きょうもドル買い優勢の展開が続いており、ドル円も114円台を回復してきている。市場ではトランプ大統領 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

3月1日のNY為替・原油概況

 1日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円05銭まで上昇後、113円47銭へ弱含み113円70銭で引けた。
トランプ米大統領が2月28日に行った就任後初めての米議会上下両院合同本会議での演説で、選挙中からの公約実施を再確認したことで期待感が再燃しリスク選好の動きが加速。さらに、米国の2月ISM製造業景況指数が2014年8月来で最高となったほか、米地区連銀経済報告(ベージュブック)でも経済や雇用の拡大継続が確認され3月の利上げ観測を受けたドル買い・円売りにさらに拍車がかかった。
ユーロ・ドルは、1.0514ドルへ下落後、1.0572ドルへ反発し1.0550ドルで引けた。欧米金利差の拡大観測にユーロ売り・ドル買いが強まった。ユーロ・円は、119円76銭から120円22銭へ上昇。リスク選好の円売りが加速。
ポンド・ドルは、1.2281ドルへ下落後、1.2328ドルへ上昇した。
ドル・スイスは、1.0129フランへ上昇後、1.0065フランへ反落した。
 1日のNY原油は続落。54.44ドルまで上昇後、53.72ドルまで下落した。石油輸出国機構(OPEC)の減産実施に加え米週次在庫統計で原油在庫の伸びが予想を下回ったことで需給改善期待は根強い。しかし、ドル高で割高感が広がった。
【経済指標】
・米・1月コアPCE価格指数:前年比+1.7%(予想:+1.7%、12月:+1.7%)
・米・1月個人所得:前月比+0.4%(予想:+0.3%、12月:+0.3%)
・米・1月個人消費支出:前月比+0.2%(予想:+0.3%、12月:+0.5%)
・米・1月建設支出:前月比‐1.0%(予想:+0.6%、12月:+0.1%←-0.2%)
・米・2月ISM製造業景況指数:57.7(予想:56.2、1月:56.0)

FX為替ニュース

, , , , , ,