Tag Archive: NY為替

6月22日のNY為替・原油概況

22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円08銭から111円45銭まで上昇し、111円35銭で引けた。
原油価格が下げ止まったこと、予想を上回った米国の雇用関連、地区製造業指標を好感したドル買いが優勢となった。
ユーロ・ドルは、1.1172ドルから1.1139ドルまで下落した。欧米金利差の拡大観測にユーロ売り・ドル買いが再燃。ユーロ・円は、123円90銭から124円33銭まで上昇した。
ポンド・ドルは、1.2654ドルから1.2684ドルへ上昇。英中銀のフォーブス金融政策委員会(MPC)委員の言及「金融引き締めにいくらか緊急性が見られる」で利上げ観測を受けたポンド買いが再燃。
ドル・スイスは、0.9737フランから0.9713フランへ下落した。
 22日のNY原油は反発。押し目買いなどから、10カ月ぶり安値から反発した。
サウジアラビア皇太子が原油価格押し上げに動くとの噂なども買いに繋がった模様。
[経済指標]
・米・先週分新規失業保険申請件数:24.1万件(予想:24.0万件、前回:23.8万件←23.7万件)
・米・失業保険継続受給者数:194.4万人(予想:192.8万人、前回:193.6万人←193.5万人)
・米・5月景気先行指数:前月比+0.3%(予想:+0.3%、4月:+0.2%←
+0.3%)
・米・6月カンザスシティ連銀製造業活動:11(予想9、5月8)

FX為替ニュース

, , , , , ,

6月21日のNY為替・原油概況

 21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円74銭まで上昇後、111円24銭まで下落し111円35銭で引けた。
予想を上回った米国の5月中古住宅販売件数を好感しドル買い優勢で始まった。その後、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が英FTとのインタビューで9月にもバランスシート縮小開始の可能性を示唆したものの、インフレが鈍化した場合、「資産縮小は望まない」との見解を示したほか、原油安で米国債券利回りが低下に転じドル売りが再燃した。
ユーロ・ドルは、1.1130ドルまで下落後、1.1168ドルまで上昇して引けた。
ユーロ・円は、124円46銭まで上昇後、124円11銭まで反落した。
ポンド・ドルは、1.2710ドルまで上昇後、1.2641ドルへ反落。ホールデン英中銀金融政策委員の発言を受けて、利上げ観測が再燃しポンドの買戻しに拍車がかかった。
ドル・スイスは、0.9754フランへ上昇後、0.9725フランへ反落した。
 21日のNY原油は続落。8月来の安値を更新した。朝方発表された週次統計で、原油在庫が減少したため一時上昇したものの、リビア、ナイジェリアの増産や石油輸出国機構(OPEC)の一段の減産に否定的なイランの石油相発言を受けて、供給過剰懸念が再燃し下落に転じた。
[経済指標]
・米・5月中古住宅販売件数:562万戸(予想:555万戸、4月:556万戸←557万戸)

FX為替ニュース

, , , , , ,