タグアーカイブ: NY為替見通し

【見通し】NY為替見通し=週末に向けてドル円はこう着感が強まるか

NYタイムは、感謝祭翌日の株式・債券市場が短縮取引となり、ドル円も動意が高まり難く、111円半ばを中心としたこう着感が強まりそうだ。東京タイムに日経平均の買い戻しや円売りの材料とされた、安倍首相と次期日銀総裁候補の本田スイス大使との会談は、物価目標2%には程遠いという懸念を本田氏が示したが、総裁人事に関しては話題とならなかった。ドル円は、90日移動平均線111.55円付近を頭に伸び悩んでいる。
 本日は、昨日大きく値を下げた中国株が下げ渋り、英FT100を除き欧州主要株式市場も底堅い値動きとなっている。独11月Ifoの景況感指数は過去最高値と、独経済の強さが確認された。ユーロは対主要通貨に対して強含んでおり、ユーロ円の底堅さでドル円の下値も限定的か。また、米長期債利回りが22日引けから高い水準で取引されていることも、ドル円を下支えする要因。

 狭いレンジの可能性は高いものの、市場参加者が減っていくなかで流動性も低下し、損切りオーダーを目指した仕掛けには注意したい。現在は、111.00円に厚い買いオーダーが控えているが、割り込むとストップロス売りが観測される。ストップロスをつけるだけの動きになる可能性もあるので、もし、それらを見越しての売り持ちならば、110円後半で早めに閉じておいたほうがよいか。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、まずは200日移動平均線111.73円近辺、その上が日足一目均衡表・雲の上限112.09円付近。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、9月から11月までの上昇幅の半値押し111.03円付近。その下になると、日足一目均衡表・雲の下限110.45円や心理的節目110.00円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=週末に向けてドル円はこう着感が強まるか

 NYタイムは、感謝祭翌日の株式・債券市場が短縮取引となり、ドル円も動意が高まり難く、111円半ばを中心としたこう着感が強まりそうだ。東京タイムに日経平均の買い戻しや円売りの材料とされた、安倍首相と次期日銀総裁候補の本田スイス大使との会談は、物価目標2%には程遠いという懸念を本田氏が示したが、総裁人事に関しては話題とならなかった。ドル円は、90日移動平均線111.55円付近を頭に伸び悩んでいる。
 本日は、昨日大きく値を下げた中国株が下げ渋り、英FT100を除き欧州主要株式市場も底堅い値動きとなっている。独11月Ifoの景況感指数は過去最高値と、独経済の強さが確認された。ユーロは対主要通貨に対して強含んでおり、ユーロ円の底堅さでドル円の下値も限定的か。また、米長期債利回りが22日引けから高い水準で取引されていることも、ドル円を下支えする要因。
 狭いレンジの可能性は高いものの、市場参加者が減っていくなかで流動性も低下し、損切りオーダーを目指した仕掛けには注意したい。現在は、111.00円に厚い買いオーダーが控えているが、割り込むとストップロス売りが観測される。ストップロスをつけるだけの動きになる可能性もあるので、もし、それらを見越しての売り持ちならば、110円後半で早めに閉じておいたほうがよいか。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、まずは200日移動平均線111.73円近辺、その上が日足一目均衡表・雲の上限112.09円付近。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、9月から11月までの上昇幅の半値押し111.03円付近。その下になると、日足一目均衡表・雲の下限110.45円や心理的節目110.00円。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ドル円は戻り待ち、加指標に注目か

本日のNYタイムでは、米国が感謝祭で株式や債券市場とも休場、為替も参加者が限定されるなか、ドル円の動きも小幅にとどまるか。昨日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受けたドル売りも111.07円までとなり、その後は111円前半での推移。下値付近には、9月8日安値107.32円から11月6日高値114.73円までの上昇幅の半値押し、111.03円が位置している。上値の重さは変らないだろうが、111.00円には厚め買いも観測され、このまま一直線に下攻めも難しそうだ。上サイドには、111円半ばの90日移動平均線や、111.73円近辺の200日線、日足一目均衡表・雲の上限112円手前などが控えており、戻りをまっての売りでよいと思われる。

 本日は、加9月小売売上高の発表が予定されている。原油価格の高騰もあり、今週の加ドルは対ドルに対して堅調な値動き。1.28加ドル台から1.26加ドル後半までの加ドル高となった。ドル/加ドルは、5月の1.3793加ドルから9月1.2062加ドルまでの動きの半値戻しを、先月末にほぼ達成している。調整の加ドル売りが終了したと考えれば、ドル売り地合いのなか、さらなる加ドル高が見込めるか。まずは、1.26加ドル半ばが目先のポイントとなる。一方で加ドル円は、今月初旬に90円手前で頭を抑えられてから、本日の87.42円まで下落基調となった。ドル円の軟調さで、クロス円全体の上値が重い。加ドル円ロングに行くにしても、本日安値を下抜けするようであれば早めの手仕舞いでよいか。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、200日移動平均線111.73円近辺、その上が日足一目均衡表・雲の上限111.95円付近。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、目先は9月から11月までの上昇幅の半値押し111.03円。その下になると、日足一目均衡表・雲の下限110.38円や心理的節目110.00円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=ドル円は戻り待ち、加指標に注目か

 本日のNYタイムでは、米国が感謝祭で株式や債券市場とも休場、為替も参加者が限定されるなか、ドル円の動きも小幅にとどまるか。昨日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受けたドル売りも111.07円までとなり、その後は111円前半での推移。下値付近には、9月8日安値107.32円から11月6日高値114.73円までの上昇幅の半値押し、111.03円が位置している。上値の重さは変らないだろうが、111.00円には厚め買いも観測され、このまま一直線に下攻めも難しそうだ。上サイドには、111円半ばの90日移動平均線や、111.73円近辺の200日線、日足一目均衡表・雲の上限112円手前などが控えており、戻りをまっての売りでよいと思われる。
 本日は、加9月小売売上高の発表が予定されている。原油価格の高騰もあり、今週の加ドルは対ドルに対して堅調な値動き。1.28加ドル台から1.26加ドル後半までの加ドル高となった。ドル/加ドルは、5月の1.3793加ドルから9月1.2062加ドルまでの動きの半値戻しを、先月末にほぼ達成している。調整の加ドル売りが終了したと考えれば、ドル売り地合いのなか、さらなる加ドル高が見込めるか。まずは、1.26加ドル半ばが目先のポイントとなる。一方で加ドル円は、今月初旬に90円手前で頭を抑えられてから、本日の87.42円まで下落基調となった。ドル円の軟調さで、クロス円全体の上値が重い。加ドル円ロングに行くにしても、本日安値を下抜けするようであれば早めの手仕舞いでよいか。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、200日移動平均線111.73円近辺、その上が日足一目均衡表・雲の上限111.95円付近。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、目先は9月から11月までの上昇幅の半値押し111.03円。その下になると、日足一目均衡表・雲の下限110.38円や心理的節目110.00円。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=株高もリスク選好の円売りにつながらず

NYタイムの為替市場は、円の底堅さ(ドル円やクロス円の上値の重さ)が継続されるか。米株主要3指数は史上最高値を更新、アジア株式市場も堅調、欧州株はまちまちながらも底堅さ変らず。投資家の不安心理を示すVIX指数は、9ポイント台へ再び弱含み。米長期債利回りは下げ止まりの兆候を示し、一方で本邦国債利回りは低下している。原油価格、金価格なども強含み。それらにも関わらず、為替市場はリスク選好の動きと言われる円売りとなっていない。シカゴIMM先物市場のポジション状況などをみると、既に投機筋の円売りポジションは積みあがっており、年末にむけてポジション解消の動きが主流のようだ。
 
 本日は米10月耐久財受注の発表が予定されているが、米感謝祭前であることや、もともと振れやすい同指標への反応は限定的か。また、NYタイム午後には、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表される。東京タイムにイエレンFRB議長が、「速すぎる引き締めはインフレ率を2%未満にとどめる可能性」、「インフレ期待が下振れしている一部の兆候が見られる」などと発言した。12月利上げ路線は変らないだろうが、参加メンバーのインフレに対する意見の相違は、(イエレン議長の発言内容やその後の動きをみても)ドル高ではなくドル安に傾く可能性が高い。祝日前に流動性が薄くなることが予想され、市場がいつも以上に振れやすくなる可能性には注意が必要だろう。
 現在観測されるオーダー状況は、111円半ばまでは本邦機関投資家を中心とした買い、割り込むとストップロス売りが観測される。上サイドは、112円後半から113円前半で依然として売りが控えている。

・想定レンジ上限
ドル円の上値めどは、21日高値112.70円や日足一目均衡表・転換線112.90円など112円後半。その上は一目・基準線が位置する113.31円。

・想定レンジ下限
ドル円の下値めどは9月25日安値111.48円、その下は心理的節目111.00円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

NY為替見通し=株高もリスク選好の円売りにつながらず

 NYタイムの為替市場は、円の底堅さ(ドル円やクロス円の上値の重さ)が継続されるか。米株主要3指数は史上最高値を更新、アジア株式市場も堅調、欧州株はまちまちながらも底堅さ変らず。投資家の不安心理を示すVIX指数は、9ポイント台へ再び弱含み。米長期債利回りは下げ止まりの兆候を示し、一方で本邦国債利回りは低下している。原油価格、金価格なども強含み。それらにも関わらず、為替市場はリスク選好の動きと言われる円売りとなっていない。シカゴIMM先物市場のポジション状況などをみると、既に投機筋の円売りポジションは積みあがっており、年末にむけてポジション解消の動きが主流のようだ。
 本日は米10月耐久財受注の発表が予定されているが、米感謝祭前であることや、もともと振れやすい同指標への反応は限定的か。また、NYタイム午後には、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表される。東京タイムにイエレンFRB議長が、「速すぎる引き締めはインフレ率を2%未満にとどめる可能性」、「インフレ期待が下振れしている一部の兆候が見られる」などと発言した。12月利上げ路線は変らないだろうが、参加メンバーのインフレに対する意見の相違は、(イエレン議長の発言内容やその後の動きをみても)ドル高ではなくドル安に傾く可能性が高い。祝日前に流動性が薄くなることが予想され、市場がいつも以上に振れやすくなる可能性には注意が必要だろう。
 現在観測されるオーダー状況は、111円半ばまでは本邦機関投資家を中心とした買い、割り込むとストップロス売りが観測される。上サイドは、112円後半から113円前半で依然として売りが控えている。
・想定レンジ上限
ドル円の上値めどは、21日高値112.70円や日足一目均衡表・転換線112.90円など112円後半。その上は一目・基準線が位置する113.31円。
・想定レンジ下限
ドル円の下値めどは9月25日安値111.48円、その下は心理的節目111.00円。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ドル円は112円台の推移が続くか

NYタイムのドル円は、米株や長期債利回りの動きを眺めながらも112円台での動きが続きそうだ。東京タイムに112円半ばでもみ合ったドル円は、ロンドンタイムに入りクロス円の売りで頭を抑えられながらも、狭い値幅での推移が続いている。米共和党上院の税制改革案(法人税減税を1年先送り)の行方や、テロ支援国家として指定された北朝鮮の動向なども気になるところではあるが、本日に関しては相場を動意付けるものとはなりそうにない。オーダー状況をみても112円後半から113円にかけては売りが控え、112円近辺から111円円半ばには買いが待ち構えている。シカゴIMM先物市場で積みあがった短期筋の円売りポジション解消が上値を抑え、本邦機関投資家の円売りが下値を支える構図は継続され、ドル円はレンジ相場となりそうだ。ポジションを取っても、早めの利食いで良いかと思われる。

 メルケル独首相の連立協議決裂がユーロの重しとなってはいるが、独DAXは底堅い地合い。ユーロドルやユーロ円は下値を試す動きをみせるが、買い戻されるのも早かった。独政局懸念を材料にトレードするには、突っ込み売りというよりも戻りを待っての売りとなるか。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、日足一目均衡表・転換線112.98円前後。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、日足一目均衡表・雲の上限(111.94円)や20日安値(111.89円)が位置する111.90円付近。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=ドル円は112円台の推移が続くか

 NYタイムのドル円は、米株や長期債利回りの動きを眺めながらも112円台での動きが続きそうだ。東京タイムに112円半ばでもみ合ったドル円は、ロンドンタイムに入りクロス円の売りで頭を抑えられながらも、狭い値幅での推移が続いている。米共和党上院の税制改革案(法人税減税を1年先送り)の行方や、テロ支援国家として指定された北朝鮮の動向なども気になるところではあるが、本日に関しては相場を動意付けるものとはなりそうにない。オーダー状況をみても112円後半から113円にかけては売りが控え、112円近辺から111円円半ばには買いが待ち構えている。シカゴIMM先物市場で積みあがった短期筋の円売りポジション解消が上値を抑え、本邦機関投資家の円売りが下値を支える構図は継続され、ドル円はレンジ相場となりそうだ。ポジションを取っても、早めの利食いで良いかと思われる。
 メルケル独首相の連立協議決裂がユーロの重しとなってはいるが、独DAXは底堅い地合い。ユーロドルやユーロ円は下値を試す動きをみせるが、買い戻されるのも早かった。独政局懸念を材料にトレードするには、突っ込み売りというよりも戻りを待っての売りとなるか。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、日足一目均衡表・転換線112.98円前後。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、日足一目均衡表・雲の上限(111.94円)や20日安値(111.89円)が位置する111.90円付近。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=米税制審議に注目、ドル円持ち高の傾きも注意か

NYタイムの為替市場では、米共和党上院の税制改革案(法人税減税を1年先送り)の審議の行方や、感謝祭を控えて米株の調整売りとなるかが注目される。
 ドル円は先週、114円手前で頭を抑えられ一時112円割れ、本日も112円前半で上値は重い。米経済の底堅さは変らぬものの、今後の税制改革審議への不透明感や利益確定売りによる米株の調整が、ドル買い手控えにつながっているか。
 商品先物取引委員会(CFTC)が先週金曜日に発表したシカゴIMM先物市場でのポジション状況(14日時点)は、円ネットショート約13.6万枚と高水準となった。113円や112円半ば割れなどでは、それら短期筋のポジション調整の円買いがでていた可能性はある。ポジションの偏りは依然として残っていると思われ、その解消の動きがドル円の上値の重しとなりそうだ。
 一方で、下サイドも111円半ばには買いが観測され、またテクニカルポイントも、日足一目均衡表・雲の上限は111.66円、90日移動平均線が111.54円に位置している。大きなニュースなどがない限り、本日は112円を挟んで上下50銭程度を中心としたレンジとなりそうだ。

 メルケル独首相が推し進めた連立協議が決裂し、東京タイムではユーロの売りが進んだものの、ロンドンタイムではその巻き戻しが優勢となった。独政局の行方はこの後も要警戒だが、本日はドラギECB総裁をはじめとするECB高官の講演が予定されている。NYタイムでは、それらの内容にも注目したい。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、17日NYタイムの高値112.69円近辺、その上は日足一目均衡表・基準線113.19円付近。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、90日移動平均線が位置する111.54円前後、その下は心理的節目111.00円付近。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY為替見通し=米税制審議に注目、ドル円持ち高の傾きも注意か

 NYタイムの為替市場では、米共和党上院の税制改革案(法人税減税を1年先送り)の審議の行方や、感謝祭を控えて米株の調整売りとなるかが注目される。
 ドル円は先週、114円手前で頭を抑えられ一時112円割れ、本日も112円前半で上値は重い。米経済の底堅さは変らぬものの、今後の税制改革審議への不透明感や利益確定売りによる米株の調整が、ドル買い手控えにつながっているか。
 商品先物取引委員会(CFTC)が先週金曜日に発表したシカゴIMM先物市場でのポジション状況(14日時点)は、円ネットショート約13.6万枚と高水準となった。113円や112円半ば割れなどでは、それら短期筋のポジション調整の円買いがでていた可能性はある。ポジションの偏りは依然として残っていると思われ、その解消の動きがドル円の上値の重しとなりそうだ。
 一方で、下サイドも111円半ばには買いが観測され、またテクニカルポイントも、日足一目均衡表・雲の上限は111.66円、90日移動平均線が111.54円に位置している。大きなニュースなどがない限り、本日は112円を挟んで上下50銭程度を中心としたレンジとなりそうだ。
 メルケル独首相が推し進めた連立協議が決裂し、東京タイムではユーロの売りが進んだものの、ロンドンタイムではその巻き戻しが優勢となった。独政局の行方はこの後も要警戒だが、本日はドラギECB総裁をはじめとするECB高官の講演が予定されている。NYタイムでは、それらの内容にも注目したい。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、17日NYタイムの高値112.69円近辺、その上は日足一目均衡表・基準線113.19円付近。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、90日移動平均線が位置する111.54円前後、その下は心理的節目111.00円付近。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ドル円、重い動き継続も下値限定か

東京タイムにモラー・米特別検察官がトランプ陣営に召喚状を送付と報じられたことを受けて、ドル円は10月19日以来の安値と112.40円まで下落した後の戻りは鈍く、112円半ばでもみ合い。

 今週は米税制改革の不透明感などを背景に軟調な動きとなったが、手がかりが不足気味の中、値動きは限られている。週末の本日もこの流れを引き継ぎ、ドル円に下押し警戒感はあるものの、大幅な下落は見込めない。昨日に税制改革法案が米下院で通過したが、上院での審議が難航することが見込まれており、ドル買いの手がかりとはなっていない。ドル円は足もとで重い地合いが続いており、ロシアゲート再燃への警戒感も上値を圧迫しそうだ。今晩は米住宅データの発表が予定されているが、反応は一時的にとどまり、ドル円は軟調な動きが見込まれそうだ。

・想定レンジ上限
 ドル円は5日移動平均線の113.21円近辺が上値めど。

・想定レンジ下限
 ドル円は10月17日の安値112.04円、心理的節目の112.00円が下値めど。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=ドル円、重い動き継続も下値限定か

 東京タイムにモラー・米特別検察官がトランプ陣営に召喚状を送付と報じられたことを受けて、ドル円は10月19日以来の安値と112.40円まで下落した後の戻りは鈍く、112円半ばでもみ合い。
 今週は米税制改革の不透明感などを背景に軟調な動きとなったが、手がかりが不足気味の中、値動きは限られている。週末の本日もこの流れを引き継ぎ、ドル円に下押し警戒感はあるものの、大幅な下落は見込めない。昨日に税制改革法案が米下院で通過したが、上院での審議が難航することが見込まれており、ドル買いの手がかりとはなっていない。ドル円は足もとで重い地合いが続いており、ロシアゲート再燃への警戒感も上値を圧迫しそうだ。今晩は米住宅データの発表が予定されているが、反応は一時的にとどまり、ドル円は軟調な動きが見込まれそうだ。
・想定レンジ上限
 ドル円は5日移動平均線の113.21円近辺が上値めど。
・想定レンジ下限
 ドル円は10月17日の安値112.04円、心理的節目の112.00円が下値めど。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ドル円、税制改革案の下院採決に注目

昨日の世界的な株安に巻き戻しが入り、ドル円も昨日下落の反動で113円前半に切り返した。日経平均は前日比300円超の大幅反発となり、欧州主要株指数は軒並み買いが優勢。

 足もとでドル円は積極的に買い進める材料も乏しく上値こそ重くなっているが、米先行き景気化拡大期待や日米金融政策見通しの格差など、中長期的な材料がドル円の下値を支えており、押し目買い意欲は強い。足もとでは方向感につながりそうな手がかりが乏しく、112-113円台を中心としたレンジ相場が続きそうだ。今晩は10月の鉱工業生産11月フィラデルフィア連銀製造業指数など、複数の米経済指標の発表が予定されているが、大きな動意につながりそうもない。ドル円は、米株や米債利回りの動きを眺めながらの動きが見込まれる。今夜は米下院で税制改革法案の採決が行われる見通しで、関連ニュースに注目したい。

・想定レンジ上限
 ドル円は日足一目均衡表・転換線の113.61円が上値めど。その上が9日高値114.07円。

・想定レンジ下限
 ドル円は本日これまでの安値112.76円や10月20日の安値112.52円が下値めど。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替見通し=ドル円、税制改革案の下院採決に注目

 昨日の世界的な株安に巻き戻しが入り、ドル円も昨日下落の反動で113円前半に切り返した。日経平均は前日比300円超の大幅反発となり、欧州主要株指数は軒並み買いが優勢。
 足もとでドル円は積極的に買い進める材料も乏しく上値こそ重くなっているが、米先行き景気化拡大期待や日米金融政策見通しの格差など、中長期的な材料がドル円の下値を支えており、押し目買い意欲は強い。足もとでは方向感につながりそうな手がかりが乏しく、112-113円台を中心としたレンジ相場が続きそうだ。今晩は10月の鉱工業生産11月フィラデルフィア連銀製造業指数など、複数の米経済指標の発表が予定されているが、大きな動意につながりそうもない。ドル円は、米株や米債利回りの動きを眺めながらの動きが見込まれる。今夜は米下院で税制改革法案の採決が行われる見通しで、関連ニュースに注目したい。
・想定レンジ上限
 ドル円は日足一目均衡表・転換線の113.61円が上値めど。その上が9日高値114.07円。
・想定レンジ下限
 ドル円は本日これまでの安値112.76円や10月20日の安値112.52円が下値めど。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=米CPI、来年利上げペース思惑に

日経平均の大幅続落や、時間外米長期債利回りの低下を受けて、リスク回避の円買いとドル売りが優勢となり、ドル円は10月20日以来の安値水準となる112円後半に下落した。米税制改革案の不透明感がドル円の上値を圧迫している中、セッションズ米司法長官がロシア疑惑で発言を修正したことや、トランプ大統領がアジア歴訪を一日繰り上げて帰国したことにも警戒されている。

 今晩は10月の米消費者物価指数(CPI)や同小売売上高など、注目の指標発表が予定されている。足もとでドルが売られやすい地合いとなっており、ネガティブ結果に反応しやすい。特にCPIの結果は来年の利上げペースの思惑につながる可能性が高く、注意すべきか。10月CPIは前月比+0.1%、同小売売上高は±0.0%と、ハリケーンの影響で強い結果となった9月からの反動が見込まれている。

・想定レンジ上限
 ドル円は本日これまでの高値113.50円が上値めど。その上が日足一目・転換線の113.91円。

・想定レンジ下限
 ドル円は10月20日の安値112.52円が下値めど。その下が200日移動平均線の111.78円。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

NY為替見通し=米CPI、来年利上げペース思惑に

 日経平均の大幅続落や、時間外米長期債利回りの低下を受けて、リスク回避の円買いとドル売りが優勢となり、ドル円は10月20日以来の安値水準となる112円後半に下落した。米税制改革案の不透明感がドル円の上値を圧迫している中、セッションズ米司法長官がロシア疑惑で発言を修正したことや、トランプ大統領がアジア歴訪を一日繰り上げて帰国したことにも警戒されている。
 今晩は10月の米消費者物価指数(CPI)や同小売売上高など、注目の指標発表が予定されている。足もとでドルが売られやすい地合いとなっており、ネガティブ結果に反応しやすい。特にCPIの結果は来年の利上げペースの思惑につながる可能性が高く、注意すべきか。10月CPIは前月比+0.1%、同小売売上高は±0.0%と、ハリケーンの影響で強い結果となった9月からの反動が見込まれている。
・想定レンジ上限
 ドル円は本日これまでの高値113.50円が上値めど。その上が日足一目・転換線の113.91円。
・想定レンジ下限
 ドル円は10月20日の安値112.52円が下値めど。その下が200日移動平均線の111.78円。

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ドル円、底堅いも114円台では売り圧力強いか

本日のドル円は113円半ばから後半で底堅く推移。昨日の海外市場から上昇気味に推移している米債利回りの動向が、ドル円の支えとなっている。

 ただ、引き続き米減税案の動向に注目が集まっており、114円台では利益確定売りが出やすい。足もとで米株に高値警戒感がくすぶっており、不安定な動きも見込まれるが、米債利回りが上昇基調を維持しており、ドル円の下値は堅く、昨日同様に113円台を中心に方向感に欠ける動きが続くか。また、明日に米消費者物価指数など注目の経済指標を控えていることも、様子見ムードを強めそうだ。今晩は欧州中銀(ECB) フォーラムでの4大中銀総裁の発言内容に注目したい。

・想定レンジ上限
 ドル円は9日の高値114.07円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ドル円は日足一目均衡表・基準線113.19円が下値めど。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=ドル円、底堅いも114円台では売り圧力強いか

 本日のドル円は113円半ばから後半で底堅く推移。昨日の海外市場から上昇気味に推移している米債利回りの動向が、ドル円の支えとなっている。
 ただ、引き続き米減税案の動向に注目が集まっており、114円台では利益確定売りが出やすい。足もとで米株に高値警戒感がくすぶっており、不安定な動きも見込まれるが、米債利回りが上昇基調を維持しており、ドル円の下値は堅く、昨日同様に113円台を中心に方向感に欠ける動きが続くか。また、明日に米消費者物価指数など注目の経済指標を控えていることも、様子見ムードを強めそうだ。今晩は欧州中銀(ECB) フォーラムでの4大中銀総裁の発言内容に注目したい。
・想定レンジ上限
 ドル円は9日の高値114.07円が上値めど。
・想定レンジ下限
 ドル円は日足一目均衡表・基準線113.19円が下値めど。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ドル円、113円台でやや上値の重い動きか

週明けの日経平均の大幅続落や、時間外の米長期債利回りの低下で、ドル円は113円前半まで下落するなど、上値の重い動き。英政権不安を嫌気したポンド売りで、ポンド円の軟調な動きも、ドル円の重しとなっている。

 本日のNYタイムでは手がかりになりそうな指標発表やイベントは予定されていない。足もとでは米税制改革を巡る議会での審議の行方に焦点が集まっており、その不透明感からドル円の上値は重く、113円台での推移が見込まれる。今週はトランプ大統領がアジア訪問から帰国し、減税に向けた調整が進む可能性がある。トランプ政権による法人減税の実現への期待感が後退すれば、株高に調整が入り、ドル円は下方向を意識した動きが警戒される。経済指標としては、金融政策をうらなう上で、15日の10月消費者物価指数が注目される。

・想定レンジ上限
 ドル円は9日の高値114.07円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ドル円は日足一目均衡表・基準線113.19円が下値めど。その下が10月31日の安値112.96円。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替見通し=ドル円、113円台でやや上値の重い動きか

 週明けの日経平均の大幅続落や、時間外の米長期債利回りの低下で、ドル円は113円前半まで下落するなど、上値の重い動き。英政権不安を嫌気したポンド売りで、ポンド円の軟調な動きも、ドル円の重しとなっている。
 本日のNYタイムでは手がかりになりそうな指標発表やイベントは予定されていない。足もとでは米税制改革を巡る議会での審議の行方に焦点が集まっており、その不透明感からドル円の上値は重く、113円台での推移が見込まれる。今週はトランプ大統領がアジア訪問から帰国し、減税に向けた調整が進む可能性がある。トランプ政権による法人減税の実現への期待感が後退すれば、株高に調整が入り、ドル円は下方向を意識した動きが警戒される。経済指標としては、金融政策をうらなう上で、15日の10月消費者物価指数が注目される。
・想定レンジ上限
 ドル円は9日の高値114.07円が上値めど。
・想定レンジ下限
 ドル円は日足一目均衡表・基準線113.19円が下値めど。その下が10月31日の安値112.96円。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,