タグアーカイブ: NY為替・17日

NY為替・17日=株・金利低下、ドル円は112円割れまで調整

 NYタイムは、次週の木曜に米感謝祭の休場を控える週末で、NY勢は債券買い戻し・株売り方向で調整を進めた。米長期金利は2.37%付近から2.335%へ低下。カプラン米ダラス連銀総裁からは「10年債利回りは未来の成長に対する悲観を反映している」との発言も聞かれた。米株は昨日の大幅反発の反動安で、ダウ平均は前日比で一時100ドルを超える下落となった。
 ドル円はリスク回避の円買いもあって、111.95円と10月16日以来の112円割れとなった。ロシア疑惑や米税制改革に関する不透明感といった、米政権に関する懸念も重し。米10月住宅着工件数は1年ぶり、同建設許可件数は1月以来の高水準も、ドル買い材料にはならなかった。午後は下落の勢いをやや緩め112円前半へ戻したが、反発力は弱かった。
 クロス円も軒並み円高で、ユーロ円は一時132.05円、ポンド円は147.94円、スイスフラン(CHF)円は8月14日以来の安値113.13円まで下落。資源国通貨も、豪ドル円は6月26日以来の安値84.64円、NZドル円は4月27日以来の76.22円まで水準を下げた。
 各通貨、対ドルではクロス円の下落に引っ張られる場面を挟みつつも底堅い。ユーロドルは1.17ドル後半、ポンドドルは1.32ドル付近で推移。豪ドル/ドルは6月26日以来の安値は0.7536ドルから0.75ドル後半へ、NZドル/ドルは昨年6月1日以来の安値0.6781ドルから0.68ドル前半まで戻りを試した。
 ドル/加ドルは1.2824加ドル、、加ドル円は円買い地合いにも押されて87.51円まで加ドル安となった。加10月消費者物価指数は前年比+1.4%と市場予想通りだったが、前月の1.6%を下回った。カナダ銀行(BOC、中銀)が追加利上げを急がないとの見方を支援した。
 6時40分現在、ドル円は112.12円、ユーロドルは1.1790ドル、ユーロ円は132.19円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY為替・17日=金利上昇を手掛かりにドル買い先行も伸び悩む

 NYタイムは、堅調な経済指標を受けた米長期金利上昇・ドル高が先行した。しかし米長期金利はほどなく頭打ち、ドル相場は伸び悩んだ。
 米9月輸入物価指数は1年3カ月ぶりの大きな伸び。米10月NAHB住宅市場指数は市場予想や前月を上回った。米長期金利は2.325%まで上昇が先行し、ドル円は112.48円と3営業日ぶりの水準まで上昇。ただ、その後は米長期金利が上昇幅を縮小して2.3%ちょうど付近で横ばい。ドル円は112.20円付近へ押し戻されてもみ合った。米政権が11月のトランプ大統領のアジア歴訪前の3日までに、FRB議長を指名するとの報道が流れ、様子見ムードもあったもよう。19日にも後任人事に関して、大統領とFRB議長が会談を行う予定だ。
 ドル買いが先行のなか、ユーロドルは9日以来の水準1.1736ドルまでドル高・ユーロ安。スペイン・カタルーニャ自治州政府が、独立宣言撤回の要求を拒否する姿勢を示したこともユーロの重しとなった。ポンドドルも1.3155ドルまで下落。英・EU離脱へ向けた交渉工程が明示されるとの報道もあったが、ポンドは特にポジティブな反応を示さなかった。ラムスデンBOE(イングランド銀行)副総裁から、賃金上昇が予想ほど伸びていないとの見解が示され、利上げについて後ろ向きな姿勢が感じられた。
 資源国通貨も対ドルで下値模索が先行した。豪ドル/ドルは0.7818ドル、NZドル/ドルはNZ乳業大手フォンテラが、NZの主要輸出産品である乳製品のオークション価格の低下を伝えるなか0.7147ドルまで下落幅を広げた。
 ドル/加ドルは一時1.2591加ドルまで加ドル安。NY原油先物が昨日のレンジを一時割り込む不安定な推移で、産油国通貨の加ドルを圧迫した。NAFTA(北米自由貿易協定)交渉が決裂し、話し合いの期限延長が宣言されたことも、対象国カナダにとって嫌気される材料だった。
 クロス円は、ユーロ円がユーロドルとドル円の動向に振らされ132円を挟んで上下。ポンド円は147.78円、豪ドル円は87.79円、NZドル円は80.28円、加ドル円は89.21円まで水準を下げた。ただ、各通貨ともNY午後は対ドル・対円で下げ渋った。
 6時現在、ドル円は112.20円、ユーロドルは1.1766ドル、ユーロ円は132.02円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・17日=リスクオフの円高、ドル円109円半ばに下落

 NY為替市場ではリスクオフの円高が優勢となった。トランプ政権不安を背景に、ダウ平均は250ドル超安水準まで下げ幅を拡大するなど米株が大幅反落し、円買いが強まった。
 米10年債利回りが2.18%近辺まで低下した動きを眺めながら、ドル円は109.45円まで弱含んだ。また、ユーロ円は128.37円、ポンド円は140.86円、豪ドル円は86.34円、NZドル円は79.74円、加ドル円は86.36円まで安値を更新するなど、クロス円も全面安。
 円以外の主要通貨は対ドルで値幅は限られるも、クロス円の下落が重しとなり、豪ドル/ドルは0.7881ドル、NZドル/ドルは0.7281ドル、ドル/加ドルは1.2684加ドルまでドル高となり、ポンドドルは1.28ドル後半で上値が重かった。欧州中央銀行(ECB)議事要旨でユーロ高への懸念が示され、1.1662ドルまで下落したユーロドルは1.17ドル前半に持ち直した。
 米新規失業保険申請件数は23.2万件と、予想比強い結果となり、米8月フィラデルフィア連銀製造業指数は前月から低下したものの、市場予想を上回る+18.9と13カ月連続のプラスとなった。予定より早く発表された7月の鉱工業生産は前月比+0.2%と市場予想を下回った。米経済指標の結果を受けた為替相場の反応は薄い。
 6時現在、ドル円は109.57円、ユーロドルは1.1723ドル、ユーロ円は128.45円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・17日=NY原油先物下落で資源国通貨弱含み

 NYタイムのドル円は、米10年債利回りが2.30%台まで低下したこと、米7月NY連銀製造業景況指数が予想を下回る+9.8となったことで112.33円まで弱含んだ後、米10年債利回りが2.32%台へ反発したことで、112.87円まで反発した。
 ポンドドルは、英10年債利回りの低下やブレグジット交渉の難航懸念が高まったことで1.3047ドルまで弱含み、ユーロポンドは0.8798ポンドまでポンド売りが進んだ。ポンド円は146.76円まで弱含んだ。ユーロドルは、ユーロ圏6月のコア消費者物価指数・確報値が前年比+1.2%となり5月の+1.0%から上昇したこと、先週の欧州中央銀行(ECB)による資産購入額が138.21億ユーロに減少していたことで、1.1487ドルまで強含んだ。ユーロ円も129.47円まで連れ高に推移した。
 資源国通貨は、NY原油先物が45.97ドルまで下落したことで弱含み。豪ドル/ドルは、アジア時間に発表された中国の4-6月期のGDP、6月の小売売上高と鉱工業生産などが市場予想を上回ったものの、中国株が2.5%近く下落したことで、0.7792ドルまで下落した。豪ドル円は87.74円まで下落した。NZドル/ドルは、アジア時間にバスキャンドNZ準備銀行(RBNZ)副総裁がNZドル安は経済成長の調整に役立ち、債務の削減にも役立つと発言したことで、0.7311ドルまで下落した。NZドル円は82.33円まで下落した。ドル/加ドルは、NY原油先物の下落を受けて1.2699加ドルまで加ドル安に推移した。加ドル円は、88.69円まで弱含んだ。
 6時現在、ドル円は112.63円、ユーロドルは1.1478ドル、ユーロ円は129.28円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

■NY為替・17日=円買い加速、ドル円は111円割れ

 NY為替市場ではリスク回避の円買いが加速した。トランプ大統領がロシア側に機密情報を漏えいしていたとの疑惑を背景に金融相場全体がリスクオフ一色。ダウ平均は前日比350ドル超安まで暴落し、米10年債利回りは4月21日以来の水準となる2.21%近辺まで低下した。今回の政治スキャンダルで、米大統領が議会から弾劾される可能性があるとの憶測も出ている。
 ドル円は110.80円まで暴落し、4月26日以来の111円割れを示現。クロス円も大幅安。ユーロ円は123.65円、ポンド円は143.65円、豪ドル円は82.34円、NZドル円は76.79円、加ドル円は81.33円まで弱含んだ。
 クロス円の下落が重しとなるも、ドルは円以外の主要通貨に対しても軟調な動き。仏・独の政治的リスク後退や、欧州中央銀行(ECB)による出口戦略への期待を背景に堅調のユーロドルは1.1162ドルまで昨年11月9日以来の高値を塗り替えた。ポンドドルは1.2991ドルまで上値を伸ばすも、先週同様に1.30ドル大台復帰は果たせず伸び悩んだ。豪ドル/ドルは0.74ドル前半、NZドル/ドルは0.69ドル前半で小じっかり。米原油在庫統計を受けた原油高で加ドルは一時買いが強まったものの、米国の政治不安が隣国のカナダへの影響も懸念され、加ドルは上値が重く、ドル/加ドルは1.36加ドル前半で推移。
 6時現在、ドル円は110.83円、ユーロドルは1.1159ドル、ユーロ円は123.68円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

■NY為替・17日=米長期債利回り上昇などで、ドル買いに

 NYタイムは、欧州市場を中心にイースターマンデーで休場の市場が多かったため、流動性は低かった。米国のNY連銀製造業景況指数とNAHB住宅市場指数が発表され、両方とも市場予想よりも若干ながら弱かったものの、ドル円は108円半ばから前半を中心に小動きだった。ブラード米セントルイス連銀総裁はポッドキャストでのインタビューで、日本や米国の過去の例を出して、「低金利が必ずしもインフレをまねくわけではない」と述べたが、市場は反応しなかった。しかしNY後半にかけて、マクロファンドのクロス円の買いと、ムニューシン米財務長官がドル高は長期的に良いと述べたこともあり109.05円まで回復した。またダウ平均株価がこの6週間で一番の上昇を見せたこともあり、米長期債は売られ、利回りが2.258%まで上昇したこともドルを底堅くさせた。
 欧州通貨は、ロンドンフィックス時にユーロドルは1.0670ドル、ポンドドルは1.2596ドル、ドル/スイスフラン(CHF)は1.0010CHFまで、欧州通貨買いになったが、その後は米長期債利回り上昇とともに反落した。クロス円はドル円のドル買いが一番顕著だったこともあり、堅調に推移し、ユーロ円は116.03円、ポンド円は136.98円、CHF円は108.58円まで上昇した。
 6時現在、ドル円は108.91円、ユーロドルは1.0643ドル、ユーロ円は115.91円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

■NY為替・17日=ドル安・円高、インフレ期待が低下

 NYタイムは、米ミシガン大学発表の3月期待インフレ率((5-10年先)が+2.2%と過去最低水準をつけたことが材料視された。米長期金利は一時2.48%台まで低下。ドル円は113円付近から2月28日以来の安値112.57円までドル安・円高となった。本日から主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が開催され、日米財務省のトップ会談で円高けん制など為替への言及はなかったと伝わったが、市場に目立った反応はなかった。
 ドル円の下落を受け、クロス円も円買いが優勢。ユーロ円は120.82円と9日以来の121円割れ。ポンド円は139.16円、豪ドル円は86.61円、NZドル円は78.87円まで水準を下げた。
 クロス円の下落に引っ張られ、対ドルで軟調となる通貨も散見された。対ドルで加ドルは1.3377加ドル、スイスフラン(CHF)は0.9988CHFまで下落。加ドル円は昨年11月30日以来の安値84.16円。CHF円は9日以来の安値112.78円まで水準を下げた。
 ただ、円買いの勢いが緩むと、米長期金利の低下に着目したドル売り・他通貨買い方向での調整も進んだ。ポンドドルは1.2405ドルまでじり高となり、1日以来の1.24ドルを回復した。豪ドル/ドルは0.7718ドルと、15日高値0.7719ドルに接近。NZドル/ドルは0.7040ドルまで上昇した。ユーロドルは1.07ドル前半から半ばでもみ合い。
 6時現在、ドル円は112.70円、ユーロドルは1.0738ドル、ユーロ円は121.03円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

■NY為替・17日=ドル円は調整先行も下げ渋る

 NYタイム、ドル円は序盤に9日以来、1週間ぶり以上の安値112.62円まで下落を先行させた後は、プレジデンツデーを含めた米3連休を前に揺り戻しが入った。一時113円台をうかがうところまで水準を回復。NYタイムに限っては、株価調整がリスク回避の円買いをさらに推し進めるようなことはなかった。NY午前に発表となった米1月景気先行指数は前月比+0.6%と、前月並みの+0.5%を見込んでいた市場予想におおむね沿った結果。特段の動意につながらなかった。
 ユーロドルは1.0605ドルまで調整安。ユーロ円は119.78円まで下落幅を広げた。他通貨も対ドル・対円で総じて水準を下げる方向で調整を進めた。
 ポンドは弱い英小売を受けた後の下落を、対ドルで1.2388ドルまで、対円で7日以来の安値139.64円まで広げた。しかしその後は軟調なユーロに対するポンド買い戻しを支に、ポンドドルは1.24ドル台、ポンド円は140円台へ戻した。
 加ドルは軟調。北米タイム序盤発表の加12月国際証券取引高は102.3億加ドルの資金流入となり、前月の修正値72.6億加ドルより流入が増加。しかし指標への反応は鈍かった。ドル買い戻しが進むなか、加ドル売り・ドル買いが加速。ドル/加ドルは10日以来、1週間ぶりの加ドル安水準1.3126加ドル、加ドル円は9日以来の安値85.92円をつけた。
 豪ドルも売り先行後に下げ渋った。豪ドル/ドルは0.7660ドル付近、豪ドル円は86.30円を下値に下落の流れが落ち着かせた。NZドル/ドルは反発力が鈍く、一時0.7180ドル、NZドル円は81.02円までじり安となった。
 6時31現在、ドル円は112.83円、ユーロドルは1.0613ドル、ユーロ円は119.75円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,