タグアーカイブ: NY為替・15日

NY為替・15日=ドル円 110.45円まで強含み、米債利回り上昇を受け

 NYタイムの為替市場では、米債利回りの上昇を受けて、ドル円が2月2日以来の高値110.45円まで強含んだ。NY午後には、北朝鮮が16日予定していた韓国との閣僚級会談への参加を中止すると伝わったが、市場の反応は限定的だった。米10年債利回りは、目安と見られていた3.05%を超えると上昇力を強め、2011年7月以来の3.09%前半まで上値を伸ばした。
 ドルは欧州通貨に対しても買いが先行し、ユーロドルは1.1820ドルと年初来のユーロ安・ドル高、ポンドドルが1.3451ドルと昨年12月末以来のポンド安・ドル高に振れた。しかし、ロンドンフィックスでは欧州通貨買いとなり、ユーロドルは1.18ドル後半まで水準を戻す場面もあった。ポンドドルが1.35ドル前半を回復し、そのまま底堅く推移した。
 米5月NY連銀製造業景況指数が+20.1と市場予想や前回値から上振れ、米4月小売売上高は前月比+0.3%と市場予想通りも同3月が上方修正された。
 急速な米金利上昇を嫌気しNY株式市場は軟調な値動きとなり、クロス円も下値を広げた。ユーロ円は130.44円まで売られ、その後の戻しも130円後半が重かった。一方、ポンド円も148.39円までレンジの下限を広げたが、NY午後には149円前半まで反発した。
 低金利政策が継続する見込みが高まり、オセアニア通貨も対ドルで軟調に推移。豪ドル/ドルが0.7448ドルまで弱含み、NZドル/ドルが昨年12月11日以来の水準0.6854ドルまで下落した。豪ドル円は82.19円、NZドル円が75.64円まで下押しした。
 NY原油先物は71ドル後半から70ドル半ばまで下落するも、71ドル前半で引ける底堅い動き。産油国通貨の加ドルも対ドルで、1.2925加ドルまでの加ドル安・ドル高に傾いたが、1.28加ドル後半まで加ドルが買い戻された。加ドル円が85.32円を底に、85円後半を回復した。
 トルコリラ(TRY)は、対円で24.64円、対ドルでは4.4752TRYまでTRY史上最安値を更新した。NY午後にかけてはTRY売りは一服した。
 6時現在、ドル円は110.35円、ユーロドルは1.1838ドル、ユーロ円が130.63円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・15日=ドルの買い戻し優勢、加ドルは今年最安値更新

 NYタイムの為替市場は、ドルが堅調に推移した。米国発の貿易戦争懸念があり、依然ドル売り材料があるものの、ドルの買い戻しが優勢だった。ドル円は米株が弱まる局面では一時105円後半まで下がったが、その後はじり高になり106.41円まで上昇した。トランプ減税の第2弾として、所得税の恒久減税や、キャピタルゲイン減税などをホワイトハウスが考えていると報じられたが、報道後は反応は鈍かった。
 欧州通貨はロンドン時間に元ロシアスパイ殺人未遂事件を巡り、欧露対立を嫌気し売利が入り、その後も上値が重くユーロドルは1.2300ドル、ポンドドルは1.39ドル前半、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9520CHFまで欧州通貨売り・ドル買いが進んだ。ロシア問題に関しては英・独・仏・米が今回の事件に関して、ロシアへ激しく抗議をする共同声明を出した。また米財務省は大統領選介入でロシアへの新たな制裁を発表した。今後欧米とロシアの関係がより冷え込みそうだ。
 加ドルは、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の不透明感が強いことや、カナダ中銀の追加利上げに慎重な姿勢だったことで、対ドルでは1.3067加ドルまで加ドルが売られ、今年の最安値を更新した。加ドル円は81.15円まで弱含んだ。オセアニア通貨は本日早朝にNZのGDPが弱かったことや、金や同価格の下落で上値が重かった。豪ドル/ドルは0.7795ドル、豪ドル円は82.70円、NZドル/ドルは0.7267ドル、NZドル円は77.11円まで下値を広げた。
 6時現在、ドル円は106.34円、ユーロドルは1.2305ドル、ユーロ円は130.85円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替・15日=ドル円106円割れに迫る、下値模索の動きが継続

 NY為替市場ではドル安・円高の流れが維持された。この日の米経済指標は強弱まちまちで、市場の反応は限定的。1月生産者物価指数は前月比+0.4%と市場予想と一致し、同コアは予想比上振れの+0.4%となった。2月NY連銀製造業景況指数は市場予想を下回る+13.1となった一方で、同フィラデルフィア連銀製造業指数は+25.8と市場予想や前月を上回った。また、新規失業保険申請件数は23.0万件と市場予想と一致し、米1月鉱工業生産が前月比-0.1%と市場予想の+0.4%より弱い結果となった。
 米10年債利回りは伸びが一服し、2.89%台でほぼ横ばい。続伸して寄り付いた米株は一時マイナス圏に沈むも、ダウ平均が再び250ドル超高まで上昇するなど堅調な動きとなったが、ドル円は106.04円まで下押し、2016年11月以来の105円台に迫った。豪ドル円は83.87円、NZドル円は78.34円、加ドル円は84.76円まで弱含み、ユーロ円は132円後半、ポンド円は149円後半で上値の重い動きとなった。
 ユーロドルは1.25ドル近辺で底堅く、ポンドドルは1.4104ドルまで上値を伸ばした。ドル安の流れが維持される中、豪ドル/ドルは0.7892ドルまで下押し後に0.7940ドル近辺まで切り返し、NZドル/ドルは0.74ドル近辺でしっかり。トランプ政権の財政悪化や減税効果による貿易赤字拡大懸念も、ドルの重しとなっている。
 6時現在、ドル円は106.10円、ユーロドルは1.2503ドル、ユーロ円は132.67円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY為替・15日=米祝日で動意薄も、ドル円は110円前半に下落

 NY為替市場は小動き。米株式・債券市場がキング牧師生誕記念日の祝日で休場となり、手がかりが少ない中、市場参加者も少なく、閑散取引が続いた。ただ、ドル安の流れは変わらず、ドル円は110.33円まで9月15日以来の安値を更新し、110円半ばで戻りの鈍い動きとなった。
 欧州通貨は対ドルで上げが一服するも、高値圏で推移。欧州中央銀行(ECB)による金融政策の正常化が想定より早くなるとの思惑や独連立政権への進展を背景に約3年ぶりの1.23ドル手前まで上昇したユーロドルは1.22ドル後半でしっかり。ポンドドルも1.38ドル前後で堅調な動きとなった。また、豪ドル/ドルは0.7979ドル、NZドル/ドルは0.7315ドルまでレンジ上限を広げた。ドル円の一段安で、クロス円は上値が重くなり、ユーロ円は135円半ば、ポンド円は152円前半まで押し戻し、豪ドル円は88円近辺、NZドル円は80円後半で伸び悩んだ。
 17日にカナダ中銀(BOC)の金融政策会合を控え、ドル/加ドルは1.24加ドル前半、加ドル円は89円前後で小動き。今回の会合で追加利上げの見方が強まっている。
 6時現在、ドル円は110.49円、ユーロドルは1.2270ドル、ユーロ円は135.57円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY為替・15日=米税制改革法案への期待高まり、ドル円は反発

 NYタイムの為替市場では、米税制改革法案への期待感が再び高まり、ドルが112円前半から112.74円まで反発した。同法案に反対していた一部の共和党上院議員が賛成を表明し、株式市場には買い安心感が広がった。しかし、米長期債利回りの反応が限定的だったことで、ドル買い一巡後はドル円も伸び悩んだ。ユーロドルはロンドンタイムの1.1812ドルを高値に、1.17ドル半ばまでのユーロ売り・ドル買いとなった。ドルが主要通貨全般に強含んだことや、来週のスペイン・カタルーニャ州議会選挙への警戒感がユーロドルの重しとなった。ユーロ円は132.73円まで上値を伸ばすも、ドル円が伸び悩むと132円前半に押し戻された。
 英・EU離脱(ブレグジット)交渉の第2段階入りが決定されたものの、市場はこれまで以上に難しい協議になることを不安視し、ポンド売りに動いた。ポンドドルは1.34ドル割れし、1.3302ドルまで下落した。ポンド円は、昨日の安値150円半ばを割り込むと下げ足を強め、先月29日以来の安値149.42円まで売り込まれた。その後は、株高などを背景に150円台まで買い戻されている。
 加ドルが軟調な動き。対ドルでは、ロンドンタイムにつけた1.2739加ドルからNY午後にかけて1.2895加ドルまで加ドル安が進んだ。ドルが底堅い動きのなか、プラスの市場予想からマイナスに下振れした加10月製造業出荷も加ドルの重しとなった。北米自由貿易協定(NAFTA)交渉の不透明感から、加企業の4分の1以上が一部業務を米国に移す可能性があるとのレポートも、加ドル売り・ドル買いを誘った。昨日のポロズBOC総裁のタカ派寄り発言で作られた加ドルロングの投げも、加ドル売りを加速した。加ドル円は、87.38円まで下値を広げた。
 加ドル売りに連れ安となり、豪ドル/ドルが0.7638ドルまで弱含み、NZドル/ドルも0.70ドル前半から0.69ドル後半に水準を下げた。豪ドル円が86円前半でじり安となり、NZドル円が78.99円を上値に伸び悩んだ。
 南ア・ランド(ZAR)は、対ドルや対円で大幅に上昇した。16-20日に、南ア与党・アフリカ民族会議の次期党首を決定する党大会が開催される。党首選ではラムフォサ副大統領の優勢が伝わっていることで、南ア・ランド(ZAR)買いを呼んだもよう。ドルZARが9月中旬以来の13.07ZAR台へ、ZAR円は8.35円付近から7月27日以来の8.61円までのZAR高を記録した。
 6時59分現在、ドル円は112.60円付近、ユーロドルが1.1750ドル近辺、ユーロ円は132.30円前後で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY為替・15日=株安でドル円とクロス円は上値重く推移

 NYタイムの為替市場は、株安によるリスク回避の円買いでドル円とクロス円の上値の重さが目立った。米経済指標の発表後に、ドル円は先月19日以来の安値112.48円まで売り込まれたが、米株式市場が下げ幅を縮小し、米長期債利回りも下げ止まった場面では113円前半まで買い戻された。NY午後に再度株安が進むと、ドル円も112円後半まで弱含んだ。ユーロ円は133円半ばで頭を抑えられ、132.97円までレンジの下限を広げた。ポンド円は148円前半から149円台を回復するも、ユーロ円の下げとともに148円半ばまで売り戻されている。
 ユーロドルもNY勢参入後に約1カ月振りの高値1.1861ドルまでのドル売り・ユーロ買いとなった。しかし、米金利低下が一服するとドルの買い戻し基調が強まり、1.18ドル割れまで下落し、そのまま上値重く推移した。ドル/スイスフラン(CHF)は前月24日以来の0.9847CHFまでCHF買い・ドル売りとなったが、ユーロドルの下げとともに0.98CHF後半での推移となった。ロンドン午前に1.32ドル前半まで強含んだポンドドルだが、NYタイムでは1.31ドル半ばから後半を上下した。
 米10月消費者物価指数は市場予想に沿った結果となり、同10月小売売上高は前月比で+0.2%と市場予想を上回り、9月分も上昇修正された。一方で、米11月NY連銀製造業景況指数は+19.4となり、市場予想や前回数値から下振れした。まちまちな結果に、米10年債利回りはまずは2.31%台へ低下し、その後は2.35%近辺まで戻す局面もあった。
 軟調だったNY原油は54ドル後半で下げ止まり55ドル台まで回復するも、商品市況の低調さに資源国通貨も上値が重かった。ドル/加ドルは1.27半ばから後半の加ドル安水準で取引され、豪ドル/ドルが7月7日以来の安値0.7573ドルまで売られた。NZドル/ドルが0.68ドル後半で頭を抑えられた。対円でも、加ドル円が88円半ばで伸び悩み、豪ドル円が約3カ月ぶりの安値85.50円まで弱含んだ。NZドル円も77円後半から半ばまでじり安となった。
 南ア・ランド(ZAR)は、NY金先物が10月20日以来の高値1290ドルまで上昇した局面では強含んだ。しかし、金相場の失速とともにZARも売り戻されている。ドルZARが14.3099ZARから14.44ZAR台へ、ZAR円は7.90円から7.82円までのZAR安となった。
 6時30分現在、ドル円は112.85円、ユーロドルは1.1791ドル、ユーロ円は133.06円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・15日=ドル円110円後半、上げ一服も堅調維持

 NY為替市場では週末要因も加わり、値動きは鈍った。この日米経済指標はやや弱い結果となった。8月小売売上高はプラス予想に反して前月比-0.2%と、6カ月ぶりの大幅減となった。8月鉱工業生産は-0.9%と市場予想を下回り、米9月ミシガン大消費者信頼感は95.3とやや市場予想を上回るも、ハリケーンの影響で前月から低下した。指標結果を受けた反応は一時的。
 ドル円は111.33円を高値に110円後半でもみ合い。昨日の予想比上振れた米消費者物価指数を受けて、米追加利上げ期待が再燃したことも、ドル円の下支え。昨日英早期利上げ期待を背景に連日大幅高となったポンドは買いが一服し、ポンドドルは1.3616ドルを頭に1.35ドル後半、ポンド円は151.55円から150円半ばに上げ幅を縮小した。また、ユーロドルは1.19ドル半ば、ユーロ円は132円半ばでしっかり。
 オセアニア通貨の動きも鈍い。豪ドル/ドルは0.80ドル前後、豪ドル円は88円後半で動きが鈍く、NZドル/ドルは0.73ドル前後、NZドル円は80円後半で堅調地合いを維持した。
 6時現在、ドル円は110.83円、ユーロドルは1.1945ドル、ユーロ円は132.42円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・15日=米指標でドルが一段高、ドル円110円後半へ

 NY為替市場ではドルが一段高。北朝鮮情勢をめぐる緊張が緩み、先週のドル安・円高の巻き戻しが先行する中、米経済指標の良好な結果も、ドル買いを後押した。7月の米小売売上高は前月比で市場予想を上回る+0.6%と、今年最大の伸びを記録し、前月分も上方修正された。また、米8月NY連銀製造業景況指数は市場予想を大きく上回る+25.2と、約3年ぶりの高い水準に改善し、米12月利上げ観測が再燃した。
 米10年債利回りが一時2.28%近辺まで上昇し、ドル円は一時110.85円まで上昇した。買いが一巡した後は110円半ばに水準を切り下げてこう着。予想比下振れの英消費者物価指数の結果を受けて軟調のポンドドルは1.2846ドルまで一段安となった。また、ユーロドルは1.1687ドル、豪ドル/ドルは0.7808ドル、NZドル/ドルは0.7230ドルまで下押し、ドル/加ドルは1.2778加ドルまでドル高に振れた。
 投資家のリスクオフの動きが後退しクロス円は底堅い動きも、値動きは限定的。ユーロ円は129円後半、豪ドル円は86円半ば、NZドル円は80円近辺、加ドル円は86円後半で推移した。一方、ポンド円は一時141.98円まで小反落した。
 6時現在、ドル円は110.67円、ユーロドルは1.1735ドル、ユーロ円は129.88円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・15日=ドル円は前日FOMCまでの下落幅こなし上伸

 NYタイムは、ドル高・円安が進んだ。米新規失業保険申請件数は予想より減少の23.7万件、米6月フィラデルフィア連銀製造業指数や米6月NY連銀製造業景況指数は予想より強く、序盤の米経済指標はおおむね良好。ドル堅調で、ドル円は一時110.98円まで上伸した。昨日の弱い米経済指標でハト派なFOMC結果を懸念して進んだ下落幅を上回る上昇。しかし、9日以来の111円台回復を目前に足踏みとなった。昨日の米連邦公開市場委員会では予想通りの利上げが行われたほか、資産縮小の詳細な道筋も発表された。金融引き締めの先行き明示を背景とした米長期金利の持ち直しが、一時2.171%まで進んだ。終盤の米4月対米証券投資(長期フロー)は18億ドルの資金流入となり、前月流入額の修正値597億ドルから大きく減少したが、為替への影響は大きくなかった。
 ドルは対ユーロでも上昇。ユーロドルは5月30日以来の安値1.1132ドルまでドル高
・ユーロ安となった。一方、ユーロ円は123.72円まで円安推移。ポンド円も9日以来の141円台を回復で、141.59円まで上値を伸ばした。ロンドンタイム、イングランド銀行の金融政策委員会(MPC)で、利上げを主張したメンバーが前回の1名から3名に増加したことが材料視され、ポンド買いが強まった。ただ、NYタイムはポンド買いに一巡感が生じ、ポンドドルは1.2795ドルを上値に1.27ドル半ばへ下押して推移した。
 他通貨も対円・対ドルでまちまち。クロス円はドル円上昇の円売りの恩恵を受け、豪ドル円は84.11円、NZドル円は80.00円、加ドル円は83.64円まで上昇した。一方、豪ドル/ドルは0.7568ドル、NZドル/ドルは0.7186ドルまで下落。ドル/加ドルは1.3308加ドルまで加ドル安・ドル高となった。NY原油先物が44ドル前半で安値もみ合いと、さえない原油相場も産油国通貨である加ドルの重しとなった。
 6時現在、ドル円は110.93円、ユーロドルは1.1145ドル、ユーロ円は123.64円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

■NY為替・15日=ドル円、113円後半で伸び悩み

 NY為替市場では原油高を背景としたリスクオンの流れは継続するも、ドル円は113.85円を高値に伸び悩んだ。先週末の消費者物価や小売売上高の弱い結果を受けたドルの重い動きが続くなか、米5月NY連銀製造業景況指数はプラス予想に反して-1.0と、昨年10月以来のマイナス圏に沈んだことも、ドルの上値を圧迫した。ダウ平均は堅調な動きも、2万1000ドル大台を前に伸び悩んだ。
 ユーロは堅調維持。ユーロドルは1.0990ドルまで上値を伸ばし、ユーロ円は124.90円まで2016年4月28日以来の高値を更新した。欧州中央銀行(ECB)の出口戦略への期待が高まっていることや、仏大統領選を無風通過し、独総選挙でのメルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の勝利への期待でユーロ圏の政治リスクが後退したことがユーロの支え。ポンドドルは1.29ドル近辺、ポンド円は146円半ばまでやや上げ幅を縮小して推移した。
 原油高や金属相場の堅調な動きを背景とした、資源国通貨の買いは一服。豪ドル/ドルは0.74ドル前半、NZドル/ドルは0.68ドル後半、ドル/加ドルは1.36加ドル前半で推移。また、豪ドル円は84.51円、NZドル円は78.48円を高値に伸び悩み、加ドル円は83.47円まで一段高。
 6時現在、ドル円は113.79円、ユーロドルは1.0975ドル、ユーロ円は124.88円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

■NY為替・15日=米利上げ加速示唆なくドル安

 NYタイム、米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げペース加速の示唆がなく、米長期金利は2.5%割れ。ドルが急落し、ドル円は1日以来の安値113.18円へ下振れた。
 ユーロドルはドル売りと、オランダ下院選挙で与党・自由民主党が最大議席31議席を確保した安心感もあって、7日以来の高値1.0740ドルまで上伸。出口調査で、極右・自由党は19議席にとどまっている。ユーロ円は、ドル円急落による円高で121.21円まで下振れたが、121円後半へ戻した。
 他通貨も対ドルで上昇。ポンドドルは、スコットランド住民の半数以上が英国への残留を望むとの世論調査を受けた上昇をいったんは緩んだものの、1.2309ドルまで再び買いを強めた。豪ドル/ドルは0.7719ドル、NZドル/ドルは0.7049ドルまで上昇した。
 ドル/加ドルは1.3296加ドルまで加ドル高となった。米エネルギー省(EIA)の週間石油在庫統計(2017/3/10時点)は、原油在庫が-23.7万バレル(前週 +820.9万バレル)と取り崩しに転じた。ただ、原油受け渡し地点オクラホマ州クッシング原油在庫は+213.0万バレル(前週 +86.7万バレル)と積み増し幅を広げている。
 クロス円は円買い優勢。ポンド円は139.14円、加ドル円は84.79円まで下落。豪ドル円は86円後半、NZドル円は79円半ばへ下振れた。対ドルでの各通貨上昇は、クロス円の下押し圧力を緩和した。
 6時現在、ドル円は113.85円、ユーロドルは1.0734ドル、ユーロ円は121.70円で推移。

FX為替ニュース

, , , , ,

■NY為替・15日=米指標は好結果も追撃のドル買い要因なし

 NYタイムは、強い米経済指標を受けたドル買いが程なく失速。イエレンFRB議長の下院金融委員会・議会証言を前にドルは伸び悩み、証言でバランスシート縮小への言及もあり持ち直しかけたが、反発力は鈍かった。議会証言ではバランスシート縮小は開始したとしても、ゆっくりとしたペースにとどまることにも触れていた。昨日の議会証言の後を受け、ドル買いをさらに後押しする材料に乏しく、次第にドル売り地合いへ傾いていった。
 ドル円は、序盤発表の1月小売売上高・米1月消費者物価・米2月NY連銀製造業景況指数がいずれも強く、114円半ばから114.96円まで急上昇した。米1月鉱工業生産は予想比弱めで追撃の材料にならなかった。厚めの売りが観測された115円はこなせぬまま、議会証言入りにかけてドル売りが強まり始めた。113.87円までドル安・円高となる場面もあった。たた、年3回やそれ以上の利上げへ言及するFRB高官の発言も聞かれ、114円台を回復した。
 他通貨は対ドルで上昇。ユーロドルは1月11日以来の安値1.0521ドルまで下振れ後、1.0609ドルまで買われた。ポンドドルは英賃金の伸び鈍でやや戻りが重かったものの、1.2383ドルから1.2481ドル、豪ドル/ドルも0.7637ドルから昨年11月10日以来の高値0.7709ドル、NZドル/ドルは0.7146ドルから0.7214ドルまで水準を上げた。加ドルは1.3120加ドルを加ドル安値に下げ渋った。原油在庫は高水準の積み増しが続き、産油国通貨の加ドル売り要因ともなりえた。しかし原油相場は一時的な下振れにとどまり持ち直し、強い売り圧力にはならなかった。
 クロス円は、対ドルでの各通貨の上昇と、ドル円の一時的な持ち直しが重なり上昇する局面もあった。しかしドル円が再び下振れて円買い地合いが強まると、クロス円は伸び悩んだ。ユーロ円は一時121.28円、ポンド円は142.81円まで水準を上げた。資源国通貨は、豪ドル円が2015年12月以来の高値88.16円、NZドル円は82.37円まで上昇。しかし頭打ちとなって上昇幅を縮小。加ドル円は87.73円まで上昇を先行させた後、87.11円まで下落幅を広げた
 7時現在、ドル円は114.16円、ユーロドルは1.0601ドル、ユーロ円は121.02円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,