タグアーカイブ: NY為替・12日

NY為替・12日=ドル円110円台復帰、ポンドは一段高

【修正:ユーロ円高値の表記を修正しました。】 
 NY為替市場では、投資家のリスクオフ姿勢の後退による円安の流れが継続。米株が続伸し、米長期債利回りが大幅に上昇する中、ドル円は1日以来の110円大台復帰を果たし、110.25円まで買われた。クロス円もしっかり。ユーロ円は2016年2月以来の高値となる131.90円まで上値を伸ばし、豪ドル円は88.48円、NZドル円は80.37円まで高値を更新した。
 市場予想を上回った英8月消費者物価指数の結果を受けて買われたポンドは一段高。ポンドドルは1.3298ドルまで上値を伸ばし、2016年9月以来の1.33ドル大台復帰に迫ったほか、ポンド円は146.54円まで上昇した。今週14日の英中銀の政策会合では金融政策の据え置きが見込まれている。
 ユーロドルは1.19ドル半ばで動きが鈍く、豪ドル/ドルは0.80ドル前半、NZドル/ドルは0.73ドル近辺で小動き。原油相場は底堅い動きとなったが、カナダ中銀(BOC)による予想外の利上げを受けて堅調地合いが続いていた加ドルに調整が入り、ドル/加ドルは1.2190加ドルまでドル高・加ドル安となった。
 米国が譲歩し、当初伝わった案に比べてソフトな内容となった国連の安全保障理事会が採決した北朝鮮追加制裁に対し、北朝鮮は決議を拒否すると表明し、米国は間もなく「最大の苦痛」に直面すると主張した。また、ムニューシン米財務長官は中国が対北朝鮮制裁違反なら対中制裁も検討すると述べた。
 6時現在、ドル円は110.17円、ユーロドルは1.1967ドル、ユーロ円は131.84円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替・12日=ドル円、113円前半のもみあいに終始

 NYタイムのドル円は、113円半ばから112.93円まで弱含む場面もあったが、ほとんどが113円前半で推移した。注目されたイエレンFRB議長の米下院金融委員会での半期金融政策報告に関する証言は、バランスシート縮小の年内開始や今後の緩やかな利上げについて述べながらも、インフレや財政政策の不確実性にも言及した。やや慎重な内容に市場は米債買いに走り、米10年債利回りは2.35%から一時2.30%付近まで低下した。米金利の低下を受けてドル円は113円割れするも、112円台を売り込むほどの勢いはなかった。
 ユーロは最近の上昇トレンドの調整売り日だった。対ドルではイエレンFRB議長の発言後に一瞬強含むも1.14ドル後半で頭を抑えられ、1.1392ドルまで弱含んだ。ドル円の重さも手伝いユーロ円の落ちは大きく、130円付近から129.05円まで下落した。ユーロポンドも0.89ドル前半から0.88ドル半ばまで弱含んだ。
 ブロードベントBOE(イングランド銀行)副総裁の利上げに対して否定的な発言で1.28ドル前半まで下押ししたポンドドルは、英雇用指標の良さ、ユーロポンドの売り(ポンド買い)、米金利低下も助けに1.28ドル後半で推移した。ポンド円もロンドンタイムにつけた145円前半を底に、145円後半を中心の値動きだった。
 NYタイムでは加ドルが一番の動意を見せた。カナダ銀行(BOC)が7年ぶりの利上げで政策金利を0.50%から0.75%に引き上げると、市場は素直に加ドル買いに反応した。ドル/加ドルは1.29加ドル付近から昨年6月23日以来の水準1.2681加ドル、加ドル円は87円後半から1年7カ月ぶりの89円台乗せし、89.33円までの加ドル高となった。
 加ドルの強さに他資源国通貨も対ドルで底堅く、豪ドル/ドルは0.76ドル後半、NZドル/ドルが0.72ドル後半で推移した。しかしながら、対円ではドル円の重さもあり、豪ドル円が86円後半、NZドル円は82円前半でもみあった。
 6時現在、ドル円は113.17円、ユーロドルは1.1412ドル、ユーロ円は129.14円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・12日=調整ムードで円高、加ドル堅調

 NYタイムは14日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控え、総じて調整フロー中心のさえない相場つきだった。ポンドが下落を継続したほか、ロンドンタイムに対ドルで1.1232ドルまで上昇したユーロも失速。マクロン仏大統領が率いる政党「共和国前進」が仏議会選挙において多くの議席を獲る見込みとなったことから進んだ買いは一巡した。ユーロドルは1.1192ドルへ下押し、ユーロ円は一時122.79円まで下落した。ポンドドルは1.2639ドル、ポンド円は138.68円まで下落幅を広げた。英総選挙での与党・保守党の過半数割れが、議会運営の混乱を及ぼすとの見方が売り材料となっている。
 クロス円の円買いと相まって、ドル円も109.63円まで下落。米株の安寄りを受けたリスク回避の円買いも重し。好調な米3年債入札後の債券買いによる米金利低下も圧迫材料となった。ただ、米10年債入札の引き合いの弱さが利回りの持ち直しに寄与し、ドル円の下落幅縮小を後押しした。
 その他クロス円も下値を探る動きが先行。スイスフラン円は113.14円まで水準を下げ、資源国通貨も豪ドル円が82.59円、NZドル円は78.95円、加ドル円は81.41円まで円買い優勢となった。
 対ドルでは、豪ドル/ドルが0.75ドル前半から半ばで推移し、NZドル/ドルは0.72ドル付近で底堅かった。一方、加ドルはBOC(カナダ銀行)高官のタカ派的な発言ヘッドラインを後押しに上昇。1.3320加ドルまで加ドル高推移となり、円買いを先行させていた加ドル円も82.53円まで上昇した。
 6時現在、ドル円は109.95円、ユーロドルは1.1203ドル、ユーロ円は123.17円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

■NY為替・12日=弱い米経済指標でドルが売られる

 NYタイムは、ドルが売られた。米4月消費者物価は前月比+0.2%と市場予想通りだったが、同コアは+0.1%と市場予想の+0.2%より伸びが鈍かった。また、前年比ではヘッドラインが前年比+2.2%(予想 +2.3%)、コアが+1.9%(予想 +2.0%)と、ともにさえず。米4月小売売上高は前月比+0.4%(予想 +0.6%)、自動車を除くベースも+0.3%(予想 +0.5%)と、予想より弱かった。これらの指標結果を受けて米長期債利回りは2.385%前後から2.32%まで低下し、ドルも売られた。ドル円は113.20円、ユーロドルは1.0934ドル、豪ドル/ドルは0.7421ドル、NZドル/ドルは0.6871ドルまでドル売りが進んだ。またエバンス米シカゴ連銀総裁が「インフレ圧力は2%のターゲットを下回っている」「もし今年あと2回利上げしたら驚きだ」という発言も米長期債利回りを重くし、ドル売りに拍車をかけた。ハト派のエバンス総裁だが今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議決権があるため発言には重みがある。
 ユーロスイスは昨年9月1日以来の1.0987CHFまで上昇したが、1.1000CHFをつけることができず急落し、ユーロスイスは1.0921CHFまで下げた。ドル/スイスフラン(CHF)もこれに連動し1.0086CHFから0.9988CHFまで一気に下落した。
 クロス円はまちまちだった、ユーロ円は一時123.95円と本日の高値を更新したものの、ポンド円は145.81と本日の安値を更新した。資源国通貨は金価格が小幅に上昇したものの、原油は落ち着いた動きを見せていたこともあり、豪ドル/ドルは0.74ドルをはさみ、NZドル/ドルは0.68ドル半ば、ドル/加ドルは1.3720前後で小動きだった。
 6時現在、ドル円は113.31円、ユーロドルは1.0931ドル、ユーロ円は123.89円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

■NY為替・12日=米ドル高けん制でドル安、地政学的な懸念も

 NYタイムは、「ドルが強すぎる」とのトランプ米大統領の発言でドル安が進んだ。ドル円は昨年11月17日以来の109円割れまで安値を更新。米露外相会談でシリアや北朝鮮に関する協議が行われるなか、地政学要因もリスク回避の円買い誘った。北朝鮮当局が「大きな出来事へ備えよ」と外国メディアに伝達したとのニュースも聞かれた。
 一方、ユーロドルは1.0675ドルまでドル安・ユーロ高となった。両通貨ペアの強弱に挟まれ、ユーロ円は116円前半でもみ合い。他のクロス円も円高水準でもみ合った。「中国を為替操作国に認定しない」との発言も伝わっている。
 他通貨も対ドルで堅調だった。ポンドドルは1.2548ドル、豪ドル/ドルは0.7528ドル、NZドル/ドルは0.6975ドルまで上昇。ドル/スイスフラン(CHF)は1.0022CHFまでCHF高、ドル/加ドルは1.3239加ドルまで加ドル高推移となった。カナダ銀行(BOC、中銀)は予想通り金利を0.50%に据え置き、経済指標の強さに言及。利下げは議論されていないことにも触れた。しかしポロズBOC総裁は「成長パス安定の確信は尚早」とも述べており、タカ派一辺倒な内容でもない。週間原油在庫の発表後、原油が売られたことも産油国通貨である加ドルの重しとなった。米エネルギー省(EIA)週間石油在庫は原油在庫が-216.6万バレル(前週 +156.6万バレル)と取り崩しへ転じたものの、原油の受け渡し地オクラホマ州クッシングの原油在庫が+27.6万バレル(前週 +141.3万バレル)が増加を続けた。
 南ア・ランド(ZAR)は、不信任案が浮上しているズマ大統領が、求められれば辞任する意向を示したとされたことが買い材料となった。ドル/南ア・ランド(ZAR)は13.4580ZAR、南ア・ランド(ZAR)円は8.11円までZAR高となった。
 6時現在、ドル円は109.03円、ユーロドルは1.0665ドル、ユーロ円は116.27円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,