タグアーカイブ: NY市場サマリー

NY市場サマリー(17日)

[17日 ロイター] – <為替> ニューヨーク外為市場では、ドルがユーロに対して上昇した一方、円とスイスフランに対しては下落した。欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表後にユーロが売られたが、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの憶測により、ドルは不安定な動きとなった。こうした中、バルセロナで車両が群衆に突っ込み、少なくとも13人が死亡したとの報道を受け、安全通貨とされる円とスイスフランが買われた。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(17日)

[17日 ロイター] – <為替> ニューヨーク外為市場では、ドルがユーロに対して上昇した一方、円とスイスフランに対しては下落した。欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表後にユーロが売られたが、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの憶測により、ドルは不安定な動きとなった。こうした中、バルセロナで車両が群衆に突っ込み、少なくとも13人が死亡したとの報道を受け、安全通貨とされる円とスイスフランが買われた。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(16日)

[16日 ロイター] – <為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で物価上昇力の弱さに対する政策担当者の懸念が強まったことが判明し、連邦準備理事会(FRB)が利上げを先送りする可能性が示唆されたため、ドル売りにつながった。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(15日)

[15日 ロイター] – <為替> ニューヨーク外為市場では、7月の米小売売上高が7カ月ぶりの大幅増加となったことから、ドルが上昇した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がグアムへのミサイル発射計画について、決定を下す前にもう少し米国の行動を注視する姿勢を示したとの報道で、北朝鮮の過激な姿勢はポーズにすぎないとの見方が広がったこともドルが買われる要因になった。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(14日)

[14日 ロイター] – <為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが上昇。米朝関係の緊迫化などを受けて前週末に市場参加者が売り持ちにしたドルを、いったん買い戻す動きが広がった。週明けにかけて、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の双方からさらに強硬な内容の発言が出てこなかったため、安全通貨とされる円やスイスフランからドルに資金が回帰した。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(11日)

[11日 ロイター] – <為替> ドルが主要通貨バスケットに対して下落、対円では一時108円台後半に値下がりした。7月の米消費者物価指数(CPI)の伸びが予想に届かなかったことを受け、連邦準備理事会(FRB)が年内の追加利上げに慎重になるのではないかとの見方が広がった。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(3日)

[3日 ロイター] – <為替> ドルが円、ユーロ、スイスフランの各通貨に対して下落した。4日の米雇用統計発表を控え、市場予想より低調だった米供給管理協会(ISM)の非製造業総合指数を受けて投資家の懸念が強まり、米連邦準備理事会(FRB)による年内の追加利上げに懐疑的な見方が広がった。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(2日)

[2日 ロイター] – <為替> ドルが対ユーロで下落。米連邦準備理事会(FRB)の年内追加利上げに懐疑的な見方が広がる一方、欧州中央銀行(ECB)はタカ派色を強めるとの観測からユーロ買い/ドル売りが活発化し、ドルは対ユーロで一時2年半強ぶりの安値をつけた。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(1日)

[1日 ロイター] – <為替> 主要6通貨に対するドル指数が一時15カ月ぶりの安値に沈み、ドル/円<JPY=>は6週間余りぶりに109円台まで下げる場面があった。米国の政治的混乱や低調な経済指標の発表で、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ見通しに不透明感が広がったことが影響した。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(31日)

[31日 ロイター] – <為替> ドルがユーロに対して約2年半ぶりの安値に下落、円に対しては1カ月半ぶりの低水準となった。ホワイトハウスのスカラムチ広報部長の解任により米政治の先行き不透明感が強まったことや、月末のポートフォリオ調整を背景にドルが売られた。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(25日)

[25日 ロイター] – <為替> 主要6通貨に対するドル指数が1年1カ月ぶりの安値から持ち直して小幅高となった。投資家の間ではトランプ米大統領が財政支出拡大を伴う政策を遂行することへの期待が高まる一方、米経済の短期的な見通しが引き続き懸念要因となっている。

FX為替ニュース

, , , , ,

NY市場サマリー(25日)

[25日 ロイター] – <為替> 主要6通貨に対するドル指数が1年1カ月ぶりの安値から持ち直して小幅高となった。投資家の間ではトランプ米大統領が財政支出拡大を伴う政策を遂行することへの期待が高まる一方、米経済の短期的な見通しが引き続き懸念要因となっている。

FX為替ニュース

, , , , ,