タグアーカイブ: NY原油先物

NY原油先物は続落、原油在庫の大幅な増加が嫌気される

NYMEX原油7月限終値:71.84 ↓0.36
 23日のNY原油先物7月限は続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比−0.36ドルの71.84ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時71.19ドルまで下落した。23日発表された米週間在庫統計で、原油とガソリンの在庫は減少予想に反して増加していたことが嫌気された。原油在庫は前週比で577.8万バレル増加した。(市場予想は200万バレル程度の減少)ただし、供給不足に対する市場の警戒感は消えていないため、71ドル台前半では押し目買いが観測されており、原油先物の下げ幅は縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は反発、ベネズエラに対する制裁発動を警戒した買いが入る

NYMEX原油7限終値:72.35 ↑0.98
 21日のNY原油先物7月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比+0.98ドルの72.35ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて72.68ドルまで買われた。ベネズエラ大統領選挙で現職のマドゥロ氏が当選したことから、米国による制裁発動や供給不足を警戒した買いが入った。中東情勢の悪化に対する警戒感は消えていないことや米国株高も原油先物に対する支援材料となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物 71ドル後半で底堅い、加ドル円は86円半ば

 NY原油先物は71ドル後半で底堅い動き。先週は72.30ドル付近まで上値を伸ばすも、週引けにかけて71ドル付近まで売り戻された。本日の時間外取り引きでは、東京朝から買いが先行している。石油輸出国機構(OPEC)加盟国であるベネズエラの大統領に、反米左派のマドゥロ大統領(55)が再選された。米国からの経済制裁が強まる可能性が高まり、ベネズエラの原油生産量がさらに減少する懸念が原油買いにつながっている。
 産油国通貨の加ドルは、対ドルでは1.2770加ドル付近、対円では86円半ばと本日の加ドル高値圏での推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

加ドル円 86.25円までじり高、時間外取引のNY原油先物は71ドル後半へ

 加ドル円は、時間外取引のNY原油先物が米中貿易戦争が回避されたことで71ドル後半まで上昇していることから86.25円まで強含み。ドル/加ドルは1.2871加ドルまで加ドル高に推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は小幅下落、週末前のポジション調整に絡んだ売りが入る

NYMEX原油7月限終値:71.37 ↓0.20
 18日のNY原油先物7月限は小幅下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比−0.20ドルの71.37ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時71.09ドルまで下落した。イラン核合意から米国が離脱したことによって地政学的リスクは増大し、原油供給不足に陥るとの懸念は消えていないが、週末前のポジション調整的な売りが増えたことや米国内でのシェール生産の増加を意識して、原油先物の上昇は一服した。なお、WTI先物6月限は前日比−0.21ドルの71.27ドルで取引を終えている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は横ばい、米長期金利の上昇や株安を受けて上げ渋る

NYMEX原油6月限終値:71.49 0.00
 17日のNY原油先物6月限は横ばい。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比変わらずの71.49ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて72.30ドルまで買われた後に71.09ドルまで下げる展開となった。中東情勢の悪化に対する警戒感は消えていないが、米長期金利の上昇や株安を受けて原油先物は上げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物 72ドル付近、加ドル円は86円半ば

 原油相場は本日も堅調な地合いが継続され、NY原油先物は72.30ドルまで上値を伸ばした。現在は買いが一服し、72ドル付近での取り引き。産油国通貨の加ドルは、米金利上昇の影響もあり、対ドルでは1.2808加ドルの加ドル安・ドル高水準での推移。加ドル円がロンドン午前につけた約3カ月ぶりの高値86.79円を頭に、86円半ばでの値動きとなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は続伸、ガソリン在庫などの減少を意識した買い

NYMEX原油6月限終値:71.49 ↑0.18
 16日のNY原油先物6月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.18ドルの71.49ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時70.66ドルまで売られたが、原油、ガソリン在庫の減少を意識して原油先物は反発した。中東情勢の悪化に対する警戒感は消えていないことや米国株の反発を意識して原油先物は底堅い動きを見せた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は続伸、中東情勢悪化に対する警戒感高まる

NYMEX原油6月限終値:71.31 ↑0.35
 15日のNY原油先物6月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.35ドルの71.31ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時71.92ドルまで上昇した。中東情勢の悪化によって原油供給は停滞し、需給ひっ迫を招くとの見方が広がっている。米ドル高や米長期金利上昇を意識して原油先物の上げ幅はやや縮小したが、71ドルを大きく上回る水準で引けている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は反発、イラン情勢悪化に対する警戒感残る」

NYMEX原油6月限終値:70.96 ↑0.26
 14日のNY原油先物6月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.26ドルの70.96ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて71.26ドルまで上昇した。イラン情勢悪化に対する警戒感は消えていないことや米中通商協議の進展が期待されていることが原油先物相場を下支えした。市場関係者の間では需給ひっ迫を背景に原油先物は1バレル=100ドル近辺まで上昇するとの見方が浮上しており、押し目買いの興味は失われていないようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物 71ドル台を回復、加ドル円は85円後半

 時間外取り引きで一時70ドル前半まで下落したNY原油先物だが、NY勢の参入後は底堅く推移し、71ドル台を回復した。産油国通貨の加ドルだが、対ドルでは1.27加ドル後半の加ドル安・ドル高水準で推移。先週末に発表された弱い加4月雇用統計の影響がまだ残っているか。加ドル円も85.86円を頭に、85円後半では伸び悩んでいる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は反落、ポジション調整に絡んだ売りが入る

NYMEX原油6月限終値:70.70 ↓0.66
 11日のNY原油先物6月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比−0.66ドルの70.70ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時70.45ドルまで売られた。週末前のポジション調整に絡んだ売りが入ったことで原油先物は伸び悩んだ。
 市場関係者の間では、米国による対イラン経済制裁の再開によって供給不安が強まるとの見方が出ているが、一部の市場関係者は「他の石油輸出国機構(OPEC)加盟国が増産することで原油価格の大幅な上昇を防ぐことができる」と指摘している。
 また、イラク、クウェートは早い時期に増産する可能性があり、需給関係が過度にひっ迫することはないとの声も聞かれている。と指摘した。なお、イランのザンギャネ石油相は10日、国営テレビとのインタビューで、「米国の核合意離脱により原油輸出が影響を受けることはない」と述べている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は小幅続伸、イラン情勢悪化に対する警戒感残る

NYMEX原油6月限終値:71.36 ↑0.22
 10日のNY原油先物6月限は小幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.22ドルの71.36ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて71.89ドルまで上昇し、70.56ドルまで売られる場面があったが、通常取引の終了時点にかけて71ドル台に戻す展開となった。イラン情勢の悪化に対する警戒感は消えていないことから、原油先物は強い動きを見せた。イランとイスラエルの戦闘拡大の可能性があることから、一部では2019年に1バレル=100ドル到達の可能性があるとの見方が出ている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物 再び71ドル台で強含み、加ドル円は85.68円前後

 一時71ドル割れとなったNY原油先物は再び71ドル台を回復し、71.40ドル近辺まで強含み。米のイラン核合意離脱により、原油供給不足への懸念は根強く残っている。産油国通貨の加ドルの反応は、NY午後は限定的。ドル/加ドルは1.27加ドル後半でやや加ドル高・ドル安方向に推移し、加ドル円が85.68円前後でもみ合い。ドル円は109.35円付近で上値重く、ユーロドルは1.19ドル前半で小じっかり。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物 71ドル台で伸び悩む、加ドル円も85円後半でじり安

 時間外取り引きで71.89ドルまで上値を伸ばしていたNY原油先物は、NY勢参入後は利食いの売りが先行し、71ドル割れまで下押し。産油国通貨の加ドルも、ロンドン序盤に対円で2月13日以来の86円台に乗せたが、原油相場の押しとともに85.65円付近まで水準を落とした。ドル/加ドルは、米4月消費者物価指数の発表後に1.2743加ドルまでドル安・加ドル高に振れた。こちらも、1.2788加ドル近辺まで加ドルが売り戻されている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は反落、米国はイラン核合意からの離脱決定

NYMEX原油6月限終値:69.06 ↓1.67
 8日のNY原油先物6月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比−1.67ドルの69.06ドルで通常取引を終えた。一時67.63ドルまで下げたが、トランプ大統領がイラン核合意から米国は離脱すると発表した後に時間外取引で70.40ドルまで戻している。市場関係者の間では米国の離脱はおおむね想定されていたが、イラン政府は5カ国で核合意の枠組みを維持していくことを発表している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,