タグアーカイブ: NY原油先物

NY原油先物は下落、米国での生産量は急増する可能性

NYMEX原油3月限終値:63.31 ↓0.58
 19日のNY原油先物3月限は下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比-0.58ドルの63.31ドルで通常取引を終えた。一時62.78ドルまで売られた。原油価格の大幅な上昇を受けて、米国での原油生産量は爆発的に増加するとの一部観測が材料視されたようだ。米国内の原油在庫は減少しているものの、生産量の急増が予想されており、需給関係のひっ迫した状態は次第に解消される可能性があるとみられている。
 一方、2018年の世界経済は順調な成長が予想されており、これに伴い、原油需要は増加するとの見方もあることから、生産量の増加によって原油が供給超過の状態に陥る可能性は低いとの声も聞かれている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は上げ渋り、原油高で供給増加の思惑広がる

NYMEX原油3月限終値:63.89 ↓0.03
 18日のNY原油先物3月限は上げ渋り。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比-0.03ドルの63.89ドルで取引を終えた。この日より、中心限月は3月限に移行した。3月限は一時63.44ドルまで売られた。石油輸出国機構(OPEC)が非加盟国の原油供給見通しを引き上げたことが要因。原油価格の上昇で米国内の生産量増加が予測されており、需給関係に一定の影響を与える可能性があるとみられている。この日発表された国内在庫統計で原油在庫は予想以上に減少したが、米長期金利の上昇や株安を意識して原油先物は上げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は反落、過度の原油高に対する警戒感浮上

NYMEX原油2月限終値:63.73 ↓0.57
 16日のNY原油先物2月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比-0.57ドルの63.73ドルで取引を終えた。一時63.39ドルまで売られた。主要産油国による生産抑制が続いており、原油価格の先高観は大きく後退していないものの、過度の原油高に対する警戒感が浮上しており、1バレル=64ドル台ではポジション調整的な売りが入った。米国株が不安定な動きを見せていることも一部で嫌気されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物、NY原油先物とも続伸

・NY金先物:続伸、ユーロ一段高による割安感の広がりで買い強まる
COMEX金2月限終値:1334.90↑12.40
 12日のNY金先物は続伸。1320.80ドルから1335.20ドルまで上昇した。米国の12月消費者物価コア指数の伸び拡大や12月小売売上高が4カ月連続増加したことを受けて、連邦準備理事会(FRB)の今年3回の利上げ観測が高まり、一時売りになった。しかし、その後は、ドイツの二大政党が正式な連立協議開始で合意したことを好感して、ユーロ高・ドル安が進み、割安感が広がったことから買いが強まった。

・NY原油先物:続伸、割安感による買い優勢もリグ稼働数増加などでやや伸び悩み
NYMEX原油2月限終値:64.30↑0.50
 12日のNY原油先物は続伸。63.16ドルから64.34ドルまで上昇した。中国の12月原油輸入の大幅減少を受けて売られた流れで始まった。その後、ドイツの二大政党が正式な連立協議開始で合意したことを好感してユーロ高・ドル安が進んだことで、割安感による買いが優勢になった。ただ、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前回から10基増加したこと。また、米国が「イラン核合意に基づく制裁停止を継続」と発表したことから、64ドル台に乗せた後はやや伸び悩みがみられた。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY原油先物は続伸、割安感による買い優勢もリグ稼働数増加などでやや伸び悩み

NYMEX原油2月限終値:64.30↑0.50
 12日のNY原油先物は続伸。63.16ドルから64.34ドルまで上昇した。中国の12月原油輸入の大幅減少を受けて売られた流れで始まった。その後、ドイツの二大政党が正式な連立協議開始で合意したことを好感してユーロ高・ドル安が進んだことで、割安感による買いが優勢になった。ただ、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前回から10基増加したこと。また、米国が「イラン核合意に基づく制裁停止を継続」と発表したことから、64ドル台に乗せた後はやや伸び悩みがみられた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は続伸、イラン核合意に絡む思惑などから買い先行

NYMEX原油2月限終値:63.80↑0.23
 11日のNY原油先物は続伸。64.77ドルまで上昇した後、いったん63.73ドルまで
下落した。米国が「イラン核合意に基づく制裁停止を続けるかどうか、12日に決
定する」としていることで、思惑的な買いが先行した。また、欧州中央銀行
(ECB)の12月理事会議事要旨でガイダンス変更に言及があったことからユーロ
高・ドル安となり、割安感による買いも広がった。ただ、引けにかけては利益確
定とみられる売りが徐々に優勢となり、上昇幅を縮小することとなった。ブレン
ト原油先物3月限が一時70.05ドルをつけた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は続伸、原油在庫や生産量の減少受けて買い

NYMEX原油2月限終値:63.57↑0.61
 10日のNY原油先物は続伸。63.09ドルから63.61ドルまで上昇した。前日のNY通
常取引終了後に発表された全米石油協会(API)の週間統計で、国内全体の原油在
庫が1120万バレルも減少したことを受け、買い先行で始まった。そして、この日
発表の米エネルギー情報局(EIA)週報(週次石油在庫統計)でも国内全体の原油在
庫が8週連続減少したが、API在庫に届かなかったことでいったん利益確定売りに
転換。しかし、その後、原油生産量や輸出量が減っていたこともあり、改めて買
いが優勢になった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY原油先物は続伸、原油在庫の減少予想で買い

NYMEX原油2月限終値:62.96↑1.23
 9日のNY原油先物は続伸。61.86ドルから63.24ドルまで上昇した。明日発表と
なる米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)について、国内全体の
原油在庫が8週連続伸び減少と予想されていることや、原油先物の受け渡し拠点
オクラホマ州クッシングの在庫も減少との見方から、思惑的な買いが優勢になっ
た。また、本日のNY通常取引終了後に発表される全米石油協会(API)の週間統計
への思惑も買いにつながった可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は反発、米国内生産後退の思惑が下支え

NYMEX原油2月限終値:61.73↑0.29
 8日のNY原油先物は反発。61.34ドルから61.77ドルで推移した。米ベーカー・ヒューズ社が前週末発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前週比5基減少したことで、シェールオイル生産後退の思惑が原油先物の下支えになった。一方、利益確定とみられるユーロ売りに、ユーロ・ドルが1.1950ドル台まで下落しており、ドル高による割高感が相場の重しとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続伸、NY原油先物は反落

金:続伸、景況指数の下振れきっかけに買い戻される
COMEX金2月限終値:1322.30↑0.70
 5日のNY金先物は続伸。1323.90ドルまで上昇後、いったん1314.60ドルまで下落した。米国の12月非農業部門雇用数の減速や11月貿易赤字の拡大などからドル売りになったことで割安感による買いが強まった。その後、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ軌道は変わらないとの見方からドル売りが後退したことで、いったん売りに転じた。しかし、12月ISM非製造業景況指数(総合)の下振れをきっかけに徐々に買い戻され、小幅ながらプラス圏を回復して引けた。
原油:反落、ガソリンや留出油の在庫大幅増が改めて注目される
NYMEX原油2月限終値:61.44↓0.57
 5日のNY原油先物は反落。61.69ドルまで上昇後、61.09ドルまで下落した。米国株続伸スタートによるリスク選好ムードから買いが先行したとみられる。その後、前日発表の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)で、ガソリンや留出油の在庫が大きく増加していたことが改めて注目され、売りが優勢になった。ただ、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前週比5基減少したことで、引けにかけて下げ渋る状態になった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は反落、ガソリンや留出油の在庫大幅増が改めて注目される

NYMEX原油2月限終値:61.44↓0.57
 5日のNY原油先物は反落。61.69ドルまで上昇後、61.09ドルまで下落した。米国株続伸スタートによるリスク選好ムードから買いが先行したとみられる。その後、前日発表の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)で、ガソリンや留出油の在庫が大きく増加していたことが改めて注目され、売りが優勢になった。ただ、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前週比5基減少したことで、引けにかけて下げ渋る状態になった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は続伸、米国の原油在庫の大幅減少で買い優勢に

NYMEX原油2月限終値:62.01↑0.38
 4日のNY原油先物は続伸。61.59ドルから62.14ドルまで上昇した。米エネル
ギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)で、国内全体の原油在庫が大きく減
少し、原油先物の受け渡し拠点オクラホマ州クッシングの在庫も減少幅を拡大し
たことを受けて買いが優勢になった。ただ、ガソリンや留出油の在庫が大きく増
加し、原油生産量も拡大。また、「トランプ米大統領が沿岸の大半で石油掘削制
限の解除を提案へ」との報道もみられことで、上昇幅はやや限定的になった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は大幅反発、米原油在庫の減少予想や寒波などで思惑的な買い

NYMEX原油2月限終値:61.63↑1.26
 3日のNY原油先物は反発。60.78ドルから61.67ドルまで上昇した。明日発表と
なる米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)について、国内全体の
原油在庫が7週連続で減少すると予想されていることが、思惑的な買いにつなが
った。また、米国東側における強烈な寒波襲来に絡み、需要増への連想も下支え
となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表後は、3月利上げ観測が
高まり、ユーロ・ドルが弱含んだことでやや伸び悩んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY原油先物は反落、イラン情勢の影響限定的との見方で売り優勢気味

NYMEX原油2月限終値:60.37↓0.05
 2日のNY原油先物は反落。60.53ドルまで上昇後、一時60.10ドルまで下落した。
イランでの反政府デモの広がりによる中東不安定化への懸念や、ユーロ・ドルの
上昇による割安感から買いが先行。しかし、その後、イラン情勢がただちに原油
供給不安にはつながらないとの見方が浮上し、利益確定などの売りが優勢になっ
た。ただ、米国株高を好感し、引けにかけて徐々に戻す展開になった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY原油先物は続伸、60ドル台で2017年の取引終了

NYMEX原油2月限終値:60.42 ↑0.58
 29日のNY原油先物2月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比+0.58ドルの60.42ドルで2017年の通常取引を終えた。一時60.51ドルまで上昇した。需要が堅調に推移していることや、世界的な在庫減少が原油先物相場を60ドル台に押し上げる要因となった。WTI原油先物の中心限月は2015年6月以来の高値圏。この日は、米長期金利の伸び悩みやユーロ高・米ドル安が進んだことも材料視されたようだ。なお、市場関係者の間では、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの主要産油国による協調減産体制は2019年以降も維持されるのではないか?との思惑も浮上している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は小幅高、原油在庫の減少幅は予想を上回る

NYMEX原油2月限終値:59.84 ↑0.20
 28日のNY原油先物2月限は小幅高。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比+0.20ドルの59.84ドルで取引を終えた。一時59.88ドルまで買われた。米エネルギー情報局(EIA)が28日発表した週次原油在庫統計で、減少幅は市場予想を上回っていたことや、主要通貨に対するドル安が進んだことが要因。足元の需給関係はひっ迫しており、原油先物は底堅い動きを続けている。60ドル近辺では利食い売りの興味が残されているものの、通常取引終了後の時間外取引で原油先物は59.94ドルまで買われている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は反落、60ドル近辺で利食い売り興味残る

NYMEX原油2月限終値:59.64 ↓0.33
 27日のNY原油先物2月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比-0.33ドルの59.64ドルで取引を終えた。一時59.39ドルまで下げた。リビアにおけるパイプライン爆発の影響はあったが、60ドル近辺では利食い売りの興味が残されており、原油先物は伸び悩んだ。ただ、世界経済の改善見通しに伴う原油需要の増加への期待は後退していないことから、押し目買い興味も散見された。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は大幅続伸、需給改善を意識した買い継続

NYMEX原油2月限終値:59.97 ↑1.50
 26日のNY原油先物2月限は大幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前営業日比+1.50ドルの59.97ドルで取引を終えた。一時60.01ドルまで買われた。リビアでパイプラインの爆発する事件が発生したことやサウジアラビアが原油収入の増加を想定していることが伝えられたことが要因。需給関係の改善を意識した買いは継続しているようだ。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による協調減産体制期限の延長によって供給超過の状態はある程度解消されるとの見方は変わっていない。

FX為替ニュース

, , , , , , ,