タグアーカイブ: FX

寄り付きの日経平均は反発、円高一服を好感

[東京 9日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比119円85銭高の1万6226円57銭となり、反発して始まった。前週末の米国株高に加え、懸念された米雇用統計発表後の円高進行が避けられたことで、幅広く買い戻しが先行した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円テク=105円のサポートで止まりコツコツ上昇中

「ドル円テク=105円のサポートで止まりコツコツ上昇中」

ycc0508.JPG

 4月26日-27日、18日-22日の上昇ラインを下抜き、一気にボリバン下限へ。その後、GW中にコツコツ戻している。先週金曜日は下ヒゲ、GW明けのドル買いもあり、5月9日午前は底堅いて展開か(ただクリントン氏のFBI事情聴取は気になるところ)。
 5月3日-6日の上昇ラインがサポート。下抜ければボリバン下限。1月29日-4月28日の下降ラインが上値抵抗。110円当たりでぶつかるだろう。
5日線上向き。まだボリバン下位。中位は108.80あたり。
 週足は2月8日週-3月28日週の下降ラインが上値抵抗。4月4日週に週のボリバン下限に達してから2週連続陽線で反発も再び下限へ。
 月足。15年8月‐10月の上昇ラインを下抜く。2012年10月-2014年8月のアベノミクス上昇ラインも下抜けた。2月-3月の下降ラインは上抜く。4月はまだ陰線で2月-3月の下降ラインに近づ弱さ。5月GWは小休。
 年足は2012年-13年の上昇ラインに沿い4年連続陽線。13年-14年の上昇ラインは15年中は下抜かなかったが、以前触れたように16年は下抜いて始ま
りそのままかい離し下落中。12年-13年の上昇ラインも下抜く。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【2016/05/09】今週の注目通貨(豪ドルストレート)= 豪ドル安は0.73ドルより大きく長く続かない可能性?!

◆要約◆・豪ドル反落となったが、一時的な豪ドル安なら、52週MA足元0.73ドル程度前後まで。・豪ドル反落は、カウンター的RBA利下げで豪ドル「買われ過ぎ」逆流した結果か。◆豪ドルストレート反落を考える一時0.78ドルまで上昇した豪ドルの対米ドル相場、「豪ドルストレート」だったが、先週はRBAの利下げなどを受けて0.73…

FX為替ニュース

, , , , , ,

実質賃金、2カ月連続で増加=3月の毎月勤労統計

[東京 9日 ロイター] – 厚生労働省が9日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報)では、名目賃金に当たる現金給与総額が前年比1.4%増の27万8501円だった。実質賃金も1.4%増え、ともに2カ月連続のプラスとなった。厚労省は「賃金は基調として緩やかに増加している」としている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【指標結果】日銀議事要旨「基調としては緩やかな回復を続けている」=追補

日銀議事要旨(3月14-15日開催分)
「(実体経済)新興国経済の減速の影響などから輸出・生産面に鈍さがみられるものの、基調としては緩やかな回復を続けている」
「予想物価上昇率はこのところ弱含んでいる」

追補
「(国際金融資本市場)大方の委員は2月中旬まで不安定な状態が続いていたが、その後、幾分落ち着きを取り戻しているとの見方」
「金融環境は、きわめて緩和した状態」
「労働需給は着実な改善を続けており、雇用者所得も緩やかに増加」
「消費者物価の前年比は、エネルギー価格下落の影響から、当面0%程度で推移するとみられる」
「物価の基調は着実に高まり、2%に向けて上昇率を高めていく」
「複数の委員、マイナス金利付き量的・質的金融緩和のもとで、貸出増加や成長基盤強化に向けた金融機関の取り組みなどを一層強力に」
「複数の委員、市場の一部に米国の景気後退を懸念する声も聞かれたことを指摘したうえで、最近の経済指標をみれば、過度に悲観的になる必要はないとの認識」
「複数の委員、販売側や供給側の統計などを合わせてみれば、個人消費の基調に変化はない」
「複数の委員、 原油価格が2月半ば以降底入れしていることを指摘」
「何人かの委員、G20において参加国が成長と安定を支える姿勢を改めて示したことで市場に安心感をもたらした」
「1人の委員、消費者や企業経営者が『もはやデフレではない』との認識に変わりはないとの見方」

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ポンド/米ドルの
4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年5月27日(金)まで期間を延長
して提供します!
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.5銭原則固定(例外あり)
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.4pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
●ポンド/米ドル: 1.1pips ⇒ 1.0pips原則固定(例外あり)
詳細はこちら→http://bit.ly/1QazmuX

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【指標結果】日銀議事要旨「基調としては緩やかな回復を続けている」

日銀議事要旨(3月14-15日開催分)
「(実体経済)新興国経済の減速の影響などから輸出・生産面に鈍さがみられるものの、基調としては緩やかな回復を続けている」
「予想物価上昇率はこのところ弱含んでいる」

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年6月30日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://bit.ly/1VuXfBI

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

今日の焦点、日銀議事要旨、独 製造業受注、米 労働市場情勢指数、スイス CPI

「今日の焦点、日銀議事要旨、独 製造業受注、米 労働市場情勢指数、スイス CPI」
*仲値=5月9日(月)長期休み明けで外貨買いあり
*講演=バイトマン独連銀総裁、ロックハート米アトランタ連銀総裁、ドラギ総裁、ラウテンシュレーガーECB専務理事
*決算=日ハム、双日、LIXIL、三菱重、HOYA、住友商、ヤマダ電 ライオン、旭硝子
*外貨投資=ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ 新興国債券インデックス 新興国株式インデックス  先進国債券インデックス  先進国株式インデックス
*今日の注文=別途掲載
(予定)
08:50 (日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨(3月14-15日開催分)
15:00 (独) 3月製造業受注 (前月比)前 -1.2% 予+0.6%
16:15 (スイス) 4月消費者物価指数 (前年比)前 -0.9% 予-0.6%
21:15 (加) 4月住宅着工件数 20.46万件 予 19.40万件
22:00 (メキシコ) 4月消費者物価指数 (前月比)前 +0.15% 予-0.26%
23:00 (米) 4月労働市場情勢指数 (前月比)前 -2.1
(他の市場)
*中国株=人民銀行が資金供給をしなかったことを失望売りが売りを呼ぶ展開
*米株=非農業部門雇用者数が16万人増と予想を大幅に下回るも賃金の伸びは加速しており、労働市場の改善が続いていることを評価し上昇
*米債券=非農業部門雇用者数が16万人増と予想を下回るも賃金の伸びは加速しており、労働市場の改善が続いていることを評価し利回り上昇
*貴金属=米雇用者数の伸びが予想を下回り、6月追加利上げは困難との見方が広がり買いが入った
*原油=カナダ・アルバータ州での山火事の影響続き上昇
*穀物(大豆、コーン)=大豆はアルゼンチンの収穫量減少観測で上昇、コーンも連れ高

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【指標結果】外資系証券の寄り付き前の注文は100万株の買い越し

市場筋の推計によれば外資系5社の寄り付き前注文動向は、売り1640万株、買い1740万株、差し引き100万株の買い越し。2営業日ぶりに買い越し。金額ベースは17億円の買い越し。化学・鉄鋼などに買い

売り (-): 1640万株   194億円
買い (+): 1740万株   211億円
————————————-
差し引き: +100万株 +17億円

米国系証券は売り買い均衡、欧州系証券は買い越し

<セクター別>
売り:建設・紙パ・薬品・ゴム・銀行・通信など
買い:化学・鉄鋼・機械・小売・陸運・サービスなど
均衡:食品・電機・自動車・不動産など

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ポンド/米ドルの
4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年5月27日(金)まで期間を延長
して提供します!
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.5銭原則固定(例外あり)
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.4pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
●ポンド/米ドル: 1.1pips ⇒ 1.0pips原則固定(例外あり)
詳細はこちら→http://bit.ly/1QazmuX

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

6日のドル円相場ときょうのひとこと(5/9月)

0506.JPG 

 
———–5/6ドル円相場概況——————
 
米雇用統計は決め手にならずほぼ横ばい
 
OPEN 107.257
HIGH 107.416
LOW  106.434
CLOSE107.095
 
東京市場のドル円は、株安を眺めて上値が重い展開となったが、米雇用統計前の様子見ムードが広がる中、値動き自体は107円台前半で小幅にとどまった。ただ、上海株が引けにかけて下げ幅を拡大し、欧州株が軟調に始まると107円台を割り込んで下落。欧州市場中盤以降も、下値を探る展開にこそならなかったものの上値の重さは継続。NY市場に入ると、米4月雇用統計の発表直後に106.434円まで下落した。しかし平均時給の堅調な伸びを再評価する形で米長期金利が低下から反転上昇するとドルも反発。その後しばらくは方向感に乏しい展開となったが、ダドリー総裁の発言とNYダウの反発を受けて107円台を回復して取引を終えた。
 
———–5/6主な出来事——————–
 
10:30 (豪) 豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告
・2016年の基調インフレ見通しを従来の+2-3%から+1-2%に下方修正
・GDP成長率と雇用見通しは2月の見通しに比べあまり変化はない
・追加緩和で成長が安定しインフレが戻るとの判断から政策金利を引き下げた
・インフレ目標と需要の持続的な成長を目指すべく、必要に応じて政策を調整していく
・中国経済の見通しは依然、不確実性がある
・中長期的にはインフレ目標を2-3%に
・豪ドルはインフレと成長に重大な要素 
 
21:30 (米) 4月非農業部門雇用者数 +16.0万人  (予想+20.0万人 前回+21.5万人→+20.8万人)  
             4月失業率  5.0% (予想4.9% 前回5.0%)
         4月平均時給(前月比) +0.3% (予想+0.3% 前回+0.3%→+0.2%) 
         4月平均時給(前年比)+2.5% (予想+2.4% 前回+2.3%)
 
21:30 (加) 4月就業者数 -0.21万人  (予想 +0.10万人  前回+4.06万人)
      4月失業率 7.1%  (予想 7.2% 前回7.1%)
 
23:00 (加) 4月Ivey購買部景況指数 53.1  (予想52.3 前回50.1)
 
 
26:40 ダドリー米NY連銀総裁
・米雇用統計は期待より弱かったが、自身の経済見通しに大きく影響しない
・年内2回の米利上げ見通しは依然として妥当
 
28:00 (米) 3月消費者信用残高 +296.74億USD  (予想 +160.00億USD 前回+172.17億USD→+141.45億USD) 
 
———5/6株式・債券・商品—————–
 
アジア株
日経平均:16106.72 -40.66
上海総合:2913.41 -84.43
 
欧州株 
英FT100:6125.70 +8.45 
独DAX:9869.95 +18.09 
 
米国株
DOW:17740.63 +79.92 
S&P500:2057.14 +6.51 
 
米国債
2年債:0.7340% +0.0158
10年債:1.7789% +0.0336
 
商品
GOLD:1294.00 +21.70
OIL:44.66 +0.34
 
——–きょうの注目材料———————-
 
<国内>
08:50    3月14?15日分の日銀金融政策決定会合議事要旨
14:00    4月消費動向調査(消費者態度指数 一般世帯)
 
<海外>
15:00    独3月製造業新規受注
16:15    スイス4月消費者物価指数
18:10    エバンズ米シカゴ連銀総裁、コンスタンシオECB副総裁、講演
21:15    カナダ4月住宅着工件数
22:00    クーレECB理事、講演
23:00    米4月労働市場情勢指数(LMCI)
26:00    カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
 
——–きょうのひとこと————————-
 
米4月雇用統計は非農業部門雇用者数の増加幅が昨年9月以来の低水準にとどまるなど、冴えない結果でした。とはいえ、失業率5%前後の「完全雇用」に近い状況で雇用の増加ペースが鈍るのはある意味自然な現象でしょう。むしろ、平均時給が堅調な伸びを示した事で6月利上げの可能性をわずかに残した雇用統計だったと言えそうです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。
 
 
 

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米国株堅調好感も決算警戒で動きづらい展開か

米国株堅調を好感も決算警戒で動きづらい展開か

 東京市場はもみ合いか。注目の米4月雇用統計は非農業部門雇用者数が+16万人と軟調な結果となったが、早期利上げが遠のいたとの見方から米国株は上昇。ドル円は結果発表後に円高に振れる場面もあったがその後買い戻され、足元では107円20銭台近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と変わらずの16080円、ドル建てが30円高の16110円で取引を終えた。米雇用統計を受けた米国株およびドル円が比較的落ち着いた動きとなっている点は日本株にはポジティブ材料となりそうだ。一方、企業決算が本格化するなか、円高や経済環境の悪化などから各企業の今期見通しは厳しい内容が目立ち、決算発表後に大きく値を崩している銘柄も少なくない点は警戒材料となる。決算を手がかりに個別に材料のある銘柄のボラティリティは高まりやすい一方、全体としては強弱感が交錯し、トレンドが出づらい地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは16000円-16250円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年6月30日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://bit.ly/1VuXfBI

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ラガルド専務理事 VS チプラス首相、国民はストで対抗、本日特別会合

「ラガルド専務理事 VS チプラス首相、国民はストで対抗、本日特別会合」
* ラガルド専務理事=ギリシャ支援について、ユーロ圏財務相は改革をめぐる協議と並行して、同国に対する債務軽減についても話し合いを始める必要があるとの考えを示した。
ユーロ圏財務相は5月9日にブリュッセルで特別会合を開き、ギリシャが支援の見返りに実施する改革プログラムのほか、2018年の財政目標の達成を確実にするための追加対応措置などについて協議する予定。ギリシャが改革を実行に移せば支援が実施され、債務軽減についても道が開ける。
18年の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字をGDPの3.5%とするとの目標について、IMFは達成は非常に難しく「非生産的」であると見ているとし、同比率を1.5%とすることが望ましいとした。
そのうえで、財政目標が非現実的で、債務軽減措置が盛り込まれない場合は、IMFはギリシャ支援プログラムから撤退するとの立場を示した。
IMFとユーロ圏との間に出ている溝を埋めるため、債権国はギリシャに対し4月、18年の財政目標を達成できなかった場合のための追加対応策の策定を要請。
ラガルド専務理事はこれについて、同追加対応策には一段と踏み込んだ年金、税制改革などが盛り込まれる必要があると指摘。現時点ではこうした項目は含まれていないとした。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

IMF、ドイツに投資拡大要請へ 経済審査報告=独紙

[ベルリン 8日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)は9日に発表するドイツ経済審査報告の中で、同国政府に投資拡大を促す方針。独紙ウェルト日曜版が報じた。IMFはまた、現在1.5%の経済成長率について満足するべきではないと指摘するという。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】モスコビシ欧州委員「英のEU離脱はLOSE-LOSE招く」

【※表記を一部修正します。】

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
「EU(欧州連合)は仏の成長見通しを引き上げるだろう」
「英国のEU離脱はLOSE-LOSE(※Win-Winと真逆で英・EU双方にとって損失)の状態を招くだろう」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ポンド/米ドルの
4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年5月27日(金)まで期間を延長
して提供します!
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.5銭原則固定(例外あり)
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.4pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
●ポンド/米ドル: 1.1pips ⇒ 1.0pips原則固定(例外あり)
詳細はこちら→http://bit.ly/1QazmuX

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル/円自律反発の余地、ドル安トレンドは覆らず=今週の外為市場

[東京 9日 ロイター] – 今週の外為市場でドル/円は、連休中の急落で蓄積された短期筋の円買いポジションが巻き戻され、自律反発する余地がありそうだ。ただ、こうした反発がドル安の基本トレンドを覆す可能性は低いとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

一般的に

「一般的に」

*本日は先週末NYでのドル高地合いや日本のGW明けでのドル需要で午前中は底堅く推移しようが、米国景気指標の勢いがなくなっていることは事実である。またNY金曜のショートカバーやロングリクイデーションは翌週のトレンドは作らないことも多い

FX為替ニュース

, ,

調整含み、円高・企業業績下振れへの懸念継続=今週の東京株式市場

[東京 9日 ロイター] – 今週の東京株式市場は、調整含みの展開が見込まれている。さらなるドル安/円高進行に対する市場の警戒感は根強く、今期の国内企業業績に対する悲観的な見方が広がっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】為替ピボット2=豪ドル円 サポート1・77.96円

ピボット指数2-5月9日

             ポンド円 豪ドル円 NZドル円
ターニングポイント  157.56   82.19   75.34
レジスタンス2     156.59   81.24   74.66
レジスタンス1     155.58   80.08   73.91
キー(ピボット)     154.61   79.13   73.23
サポート1        153.60   77.96   72.49
サポート2        152.63   77.02   71.80
ターニングポイント  151.62   75.85   71.06

(高値・安値は前営業日の参考レンジより)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ポンド/米ドルの
4通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年5月27日(金)まで期間を延長
して提供します!
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.5銭原則固定(例外あり)
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.4pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
●ポンド/米ドル: 1.1pips ⇒ 1.0pips原則固定(例外あり)
詳細はこちら→http://bit.ly/1QazmuX

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,