タグアーカイブ: ECB理事会

ECB理事会、10月が本番か!

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 欧州中銀(ECB)金融政策理事会が、9月7日に開催されました。8月末の米ジャクソンホール経済シンポジウムで講演したドラギECB総裁からは、今後の金融政策の方向性に関する言及がひとつもなかったことを受け、9月の理事

FX為替ニュース

, , , , , ,

ECB理事会、10月が本番か!

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 欧州中銀(ECB)金融政策理事会が、9月7日に開催されました。8月末の米ジャクソンホール経済シンポジウムで講演したドラギECB総裁からは、今後の金融政策の方向性に関する言及がひとつもなかったことを受け、9月の理事

FX為替ニュース

, , , , , ,

見方交錯のECB理事会を前に、ユーロ狭いレンジで神経質な振れ

 今夜のECB理事会を前にユーロドルは1.19ドル前半の狭い値幅ながら、足元で瞬間的に本日のレンジ下限を広げる格好で1.1914ドルへ下振れる神経質な推移となっている。ユーロ円は130円をやや上回る水準を中心とした動き。
 金融政策について動きはないと思われる。だが、市場には今後の金融緩和縮小(テーパリング)流れについて、何らかの示唆があると期待する向きもある。テーパリングへ言及があればユーロが買われやすくなる一方、期待感が肩透かしとなれば、思惑的なユーロ買いのポジションを解消する動きが進む可能性がある。ユーロが堅調に推移している現状を踏まえ、ユーロ高へのけん制が聞かれるとの見方も交錯しており、不安定な動きになりやすくなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今日の焦点 日 貿易統計 豪 貿易収支 小売売上 独 鉱工業生産 ECB理事会 米 新規失業保険

「今日の焦点 日 貿易統計 豪 貿易収支 小売売上 独 鉱工業生産 ECB理事会 米 新規失業保険」

*仲値=9月7日(木)通常の外貨需要
*講演=ドラギ総裁 メスター・クリーブランド連銀総裁 ダドリー・ニューヨーク連銀総裁 ボスティック・アトランタ連銀総裁 ジョージ・カンザスシティー連銀総裁
*決算=積水ハウス、くらコーポ 
*外貨投資=日興AM 新シルクロード経済圏ファンド アセットマネジメントOne 世界eコマース関連株式
*今日の注文=別途掲載

(予定)
asu0907.JPG

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

来週のユーロ「もみあいか、7日に開かれるECB理事会が重要イベントに」

[ユーロ]
 来週のユーロ・ドルはもみあいか。9月7日開催の欧州中銀(ECB)理事会で政策金利の据え置きは織り込み済み。資産買入れプログラムの変更について言及した場合、ユーロ選好
地合いとなりそうだ。ただ、ユーロ買いポジションは積み上がっているとの見方があり、
金融政策の現状維持が決まった場合、ポジション調整に絡んだユーロ売が増える可能性も
あろう。
・予想レンジ:1.1800ドル−1.2000ドル
「もみあいか、ECBのユーロ高けん制を材料視」
 来週のユーロ・円はもみあいか。7日開催の欧州中銀(ECB)理事会では政策金利据え置きの公算。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、対円でユーロは伸び悩む可能性がある。ただし、資産買入れプログラムの着手に言及した場合、ユーロ買いはやや優勢となりそうだ。
○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・5日:7月小売売上高(前年比予想:+2.0%)
・5日:4-6月期域内総生産確報値(前年比予想:2.2%)
・7日:欧州中央銀行理事会(金融政策は現状維持の公算)
・予想レンジ:129円00銭-132円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロ急反落、来週のECB理事会を控えてユーロ高への懸念広がる可能性=ロンドン為替

ユーロ急反落、来週のECB理事会を控えてユーロ高への懸念広がる可能性=ロンドン為替

 ロンドン昼 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

9/7のECB理事会に注目! テーパリングのシナリオは?

11月11日という縁起の良い日から、YJFXさんのご好意で隔週コラム記事を担当させていただくことになりました。 秋のマーケットはボラティリティーが高まる。毎年秋の相場に向けた最初のビッグ・イベントとして、米カンサスシティー連銀が主催するジャクソンホール経済シンポジウムがある。今年は、3年ぶりにドラギECB総裁が出席されることもあり、市場の関心度は相当高かった。今回のコラムでは、ジャクソンホール経済シンポジウム

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ECB理事会が過度のユーロ高懸念、早計な指針変更回避=議事要旨

[フランクフルト 17日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)は17日、前月7月20日の理事会の議事要旨を公開した。理事会では、ユーロの過度の上昇に対する懸念が浮上。良好な資金調達環境はECBの政策に大きく依存しており、「当然視することはできない」との認識が示された。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ECB理事会の議事要旨発表前、ユーロドル1.1700ドル前後

 まもなく7月20日開催の欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨が公表されるが、ユーロドルは1.1688ドルを安値に現在は1.1700ドル前後で推移。ユーロ円は128.73円を安値に現在は128.90円前後で取引されている。

FX為替ニュース

, , , , , ,