タグアーカイブ: ECB理事会

【見通し】ロンドン為替見通し=ECB理事会とカタルーニャ州議会に要注目

本日のロンドン為替市場のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)理事会やカタルーニャ州議会での決定事項を見極める展開となる。
 スペインのカタルーニャ自治州議会では、プチデモン・カタルーニャ州首相が公式に独立を宣言すると警戒されており、スペイン政府は憲法155条による自治権剥奪の可能性を警告している。独立が宣言され憲法155条が発動された場合はユーロ売り、独立宣言が見送りになればユーロ買いとなる。
 欧州中央銀行(ECB)理事会では、資産購入プログラム(月額600億ユーロ)が減額(250-400億ユーロ)されて延長(6-9カ月)される可能性が高まっている。予想の下限の250億ユーロ程度で6カ月程度の延長ならばユーロ買い、上限の400億ユーロで9カ月、あるいはオープンエンドでの延長の場合はユーロ売りとなる。
 ユーロドルは、売りオーダーは1.1850ドル、1.1870-80ドル、1.1900ドル、買いオーダーは、1.1720ドル(割り込むとストップロス)、1.1700ドルに控えている。1.1800ドルには30日満期のNYカットのオプションが控えている。
 ユーロ円は、ECB理事会での資産購入プログラムの減額・延長、カタルーニャ州が正式に独立を宣言するか否かに要注目。朝鮮半島情勢への警戒感が上値を抑える状況には変わりがない。135.25円に11月8日のNYカットのオプション、買いオーダーは133.50円に控えている。

想定レンジ上限
・ユーロドルは一目・雲の上限の1.1907ドル、ユーロ円は2015年12月4日高値の134.60円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは一目・雲の下限の1.1732ドル、ユーロ円は一目・基準線=転換線の133.08円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

今日の焦点、NZ 貿易収支 南ア 生産者物価 トルコ 政策金利 ECB理事会 米 新規失業保険

「今日の焦点、NZ 貿易収支 南ア 生産者物価 トルコ 政策金利 ECB理事会 米 新規失業保険」 

*仲値=10月26日(木)通常の月末ナカネ 後場月末輸出散発
*講演=ドラギ総裁
*決算=協和キリン 日清粉、野村不、日立、富士電機、富士通、エプソン、SBI、松井、ドコモ、大ガス ドイツ銀行、サンタンデール、バークレイズ、アルファベット、インテル、マイクロソフト、アマゾン    、フォード
*外貨投資=米国債5年債入札
*今日の注文=別途掲載

(予定)

asu1026.JPG

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=ECB理事会を前に様子見姿勢が強まるか

東京市場はもみ合いか。欧米株はそろって軟調。欧州はECB理事会を前に利食い売りが優勢の展開。米国は決算を受けたボーイングの下落などが重しとなり、ダウ平均は112ドル安と3桁の下落となった。ドル円は足元で113円60銭近辺で推移している。米経済指標が良好であったことや、次期FRB議長に関する思惑などからドル高が進み、114円台に乗せる場面もあった。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて50円安の21710円、ドル建てが25円安の21735円で取引を終えた。

 欧米株安は警戒材料も、ドル円は比較的しっかり。CME225先物はきのうの日経平均の終値(21707円)より上で終えている。きのう先んじて日経平均が下げていることもあり、ここからの下値は限定的と考える。日経平均の連騰記録が途切れたことで多少不安定な動きが出てくることも想定されるが、下はきのうサポートになった5日線(21623円、25日時点)が意識されると予想する。欧州では本日、ECB理事会が開催される。会合の内容を見極めたいとの見方から、様子見姿勢が強まりやすく、後場にかけてはこう着感の強い展開になると考える。日経平均の予想レンジは21600円-21800円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル・円は上値の重い展開か、米FRB議長人事やECB理事会を見極め

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。米長期金利の上昇基調を手がかりにドル買いに振れやすい地合いが続く見通し。ただ、近く決定される米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事を前に、積極的なドル買いは手控えられそうだ。また、明日開催の欧州中央銀行(ECB)理事会も意識され、ドルには売り圧力がかかりやすい面もある。
 前日発表された米国の10月製造業PMIは予想よりも強い内容となり、製造業指標の好調維持が示された。今晩は9月耐久財受注速報値(21時半)、8月FHFA住宅価格指数(22時)、9月新築住宅販売件数(23時)が材料視される見通し。伸びがやや鈍化するとの予想が多いが、上振れも期待されよう。米国10年債利回りが2.40%を約5カ月ぶりに上回り、足元で高水準が続いていることもあり、ドル買い基調が続きそうだ。
 また、FRB議長人事に関し、スタンフォード大学のテーラー教授に共和党有力議員からの支持が広がっているもようで、タカ派寄りの議長就任の思惑が米長期金利を押し上げ、ドル買いを支えるだろう。ただし、議長人事に関するトランプ大統領の最終判断は数日中とみられ、積極的なドル買いは手控えられる可能性がある。加えて、ドル・円は大方の市場参加者が想定するレンジ110-115円の上限に近づくにつれ売り圧力が強まると予想され、114円台でのドルの上昇ペースは鈍くなるだろう。
 一方、ECBは26日の理事会で、来年以降の資産買い入れプログラム縮小を決定する見通し。それに向けてユーロ買いが入りやすい地合いは変わらず、ユーロ・ドルは1.17ドル台で底堅い値動きが続くだろう。その影響で、ドル・円にはある程度ドル売り圧力がかかりやすい展開も予想される。さらに、トランプ政策の柱である税制改革について、なお党内調整を必要としている点も、ドル買いを弱める要因となりそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:00 独・10月IFO企業景況感指数(予想:115.1、9月:115.2)
・17:30 英・7-9月期GDP速報値(前年比予想:+1.5%、4-6月期:+1.5%)
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+3.6%)
・21:00 南ア財務相が予算演説
・21:30 米・9月耐久財受注速報値(前月比予想:+1.0%、8月:+2.0%)
・22:00 米・8月FHFA住宅価格指数(前月比予想:+0.4%、7月:+0.2%)
・23:00 カナダ中銀が政策金利発表(1.00%に据え置き予想)
・23:00 米・9月新築住宅販売件数(予想:55.4万戸、8月:56.0万戸)
・02:00 米財務省5年債入札(340億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=明日のECB理事会と州議会控えて動意薄か

本日のロンドン為替市場のユーロドルは、ドイツの10月のIfo景況感指数などを見極めつつ、明日26日の欧州中央銀行(ECB)理事会やカタルーニャ州議会への警戒感が上値を抑える展開を予想する。
 スペインのカタルーニャ自治州議会では、プチデモン・カタルーニャ州首相が公式に独立を宣言すると警戒されており、スペイン政府は憲法155条による自治権剥奪の可能性を警告していることで、スペインの政情混迷がユーロの上値を抑える構図が続いている。
 欧州中央銀行(ECB)理事会では、資産購入プログラム(月額600億ユーロ)が減額(250-400億ユーロ)されて延長(6-9カ月)される可能性が高まっており、減額の幅、延長期間への思惑がユーロの上値を抑える要因となる。
 ユーロドルは、売りオーダーは1.1850-60ドル、1.1880ドル、買いオーダーは、1.1720ドル、1.1700ドルに控えている。
 ユーロ円は、日欧金融政策のかい離は買い材料だが、26日のECB理事会での資産購入延長観測、欧州の政治情勢への警戒感、朝鮮半島情勢への警戒感から上値は限定的か。売りオーダーは134.20円、買いオーダーは133.00円に控えている。

想定レンジ上限
・ユーロドルは一目・基準線の1.1852ドル、ユーロ円は9月22日高値の134.41円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは10月6日の安値の1.1670ドル、ユーロ円は一目・基準線の133.04円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=26日のECB理事会と州議会に要警戒

本日のロンドン為替市場のユーロドルは、ユーロ圏、ドイツ、フランスのPMI指数を見極めつつ、26日の欧州中央銀行(ECB)理事会やカタルーニャ州議会への警戒感が上値を抑える展開を予想する。
 スペインのカタルーニャ自治州は、独立宣言に対するスペイン政府による自治権剥奪を受けて、26日に議会を招集して対応を協議する、と報じられている。
 26日の欧州中央銀行(ECB)理事会では、資産購入プログラム(月額600億ユーロ)が減額(250-400億ユーロ)されて延長(6-9カ月)される可能性が高まっており、減額幅、延長期間への思惑がユーロの上値を抑える要因となる。
 ユーロドルは、売りオーダーは1.1860-900ドル、買いオーダーは、1.1700ドル、NYカットのオプションは1.1800ドル、1.1850ドルに控えている。
 ユーロ円は、日欧金融政策のかい離は買い材料だが、26日のECB理事会での資産購入延長観測、欧州の政治情勢への警戒感、朝鮮半島情勢への警戒感から上値は限定的か。売りオーダーは134.10円、買いオーダーは133.00円に控えている。

想定レンジ上限
・ユーロドルは一目・基準線の1.1852ドル、ユーロ円は9月22日高値の134.41円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは10月6日の安値の1.1670ドル、ユーロ円は一目・転換線の132.90円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,