タグアーカイブ: 7月

ユーロ圏経常黒字、7月は季節調整後で251億ユーロに拡大

[フランクフルト 19日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)が公表した7月のユーロ圏経常収支は、営業日数・季節調整後で251億ユーロ(301億ドル)の黒字となり、黒字額は前月の228億ユーロから拡大した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ユーロ圏鉱工業生産、7月は前月比+0.1% 市場予想と一致

[ブリュッセル 13日 ロイター] – 欧州連合(EU)統計局が発表した7月のユーロ圏の鉱工業生産指数は、前月比0.1%上昇し、ロイターがまとめたエコノミスト予想と一致した。6月は0.6%低下していた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

英失業率、5─7月は4.3%に低下 賃金の伸びは予想に届かず

[ロンドン 13日 ロイター] – 英国立統計局(ONS)が発表した統計によると、5─7月の失業率(ILO方式)は4.3%で、4─6月の4.4%から予想外に低下、1975年以来の水準となった。ただ賃金の伸び率は予想を下回った。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

英貿易赤字、7月は115.76億ポンド 3月以来の大きさ=統計局

[ロンドン 8日 ロイター] – 英国立統計局(ONS)が発表した7月の英貿易収支は115億7600万ポンドの赤字で、赤字額は6月の改定値から増加し、3月以来の大きさとなった。市場予想は下回った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

英貿易赤字、7月は115.76億ポンド 3月以来の大きさ=統計局

[ロンドン 8日 ロイター] – 英国立統計局(ONS)が発表した7月の英貿易収支は115億7600万ポンドの赤字で、赤字額は6月の改定値から増加し、3月以来の大きさとなった。市場予想は下回った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

英製造業生産指数、7月は前月比+0.5% 今年最大の上昇率

[ロンドン 8日 ロイター] – 英国立統計局(ONS)が8日発表した7月の製造業生産指数は、前月比が0.5%上昇し、今年最大の上昇率となった。前年比は1.9%上昇した。ロイター調査の予想では、前月比が0.3%上昇、前年比は1.7%上昇だった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

7月の仏鉱工業生産、前月比+0.5% 予想やや下回る

[パリ 8日 ロイター] – フランス国立統計経済研究所(INSEE)が発表した7月の鉱工業生産指数は、前月比0.5%上昇した。ロイターがまとめたエコノミスト13人の予想平均は0.6%上昇だった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

経常収支、7月は2兆3200億円の黒字 37カ月連続で黒字

[東京 8日 ロイター] – 財務省が8日発表した国際収支状況によると、7月の経常収支額は2兆3200億円の黒字だった。黒字は37カ月連続。7月の黒字額はロイターが実施した事前予測2兆0586億円を上回った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

独鉱工業生産指数、7月は前月比横ばい エネルギー生産が低迷

[ベルリン 7日 ロイター] – ドイツ経済省が発表した7月の鉱工業生産指数は前月比横ばいとなった。ロイターのまとめたコンセンサス予想は0.6%上昇だった。6月は1.1%低下していた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

実質賃金、2カ月連続で減少=7月の毎月勤労統計

[東京 6日 ロイター] – 厚生労働省が6日発表した7月の毎月勤労統計調査(速報)では、名目賃金にあたる現金給与総額が前年比0.3%減の37万1808円だった。実質賃金も0.8%減と、2カ月連続で減少したが、厚労省では「賃金は基調として緩やかに増加している」としている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

7月の米製造業受注、2年11カ月ぶり大幅マイナス

[ワシントン 5日 ロイター] – 米商務省が5日発表した7月の製造業受注は前月比3.3%減と、2014年8月以来、2年11カ月ぶりの大幅な落ち込みとなった。市場予想と一致した。一方、コア資本財は速報値から上方改定され、第3・四半期初めに企業支出が底堅かったことを示唆した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ユーロ圏生産者物価指数、7月は前年比+2.0% 予想下回る

[ブリュッセル 4日 ロイター] – 欧州連合(EU)統計局が発表した7月のユーロ圏生産者物価指数(PPI)は前年比2.0%上昇し、ロイターがまとめたエコノミスト予想(2.2%上昇)を下回った。前月比では横ばい。予想は0.1%上昇だった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=米7月のインフレ率に要注目

本日のNY為替市場のドル円は、朝鮮半島情勢の地政学リスクへの警戒感が上値を抑えるなか、米8月のインフレ率に注目する展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ指標として注視している米7月の個人消費支出(PCE)価格指数は、前年比+1.4%と6月の+1.4%と変わらずと予想されている。+1.5%以上ならばドル買い、+1.3%以下ならばドル売りでの反応が予想されるものの、明日の米8月雇用統計を控えて下値は限定的か。
 北朝鮮によるミサイル発射に対するトランプ米政権の対応を受けてリスク回避地合いは後退しているものの、依然として、9月9日の北朝鮮の建国記念日に向けた地政学リスクへの警戒感は払しょくされていない。一方、ハリケーン「ハービー」による災害復興が急がれることで、暫定予算により、政府機関の閉鎖や債務上限引き上げなどが先送りされる可能性が浮上していることは、ドル買い要因となる。
 ユーロドルは、ユーロ圏8月の消費者物価指数が前年比+1.5%へ上昇したものの、9月7日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控えて伸び悩む展開か。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、16日高値の110.95円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、日足一目均衡表・基準線の109.99円。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=米7月のインフレ率に要注目

 本日のNY為替市場のドル円は、朝鮮半島情勢の地政学リスクへの警戒感が上値を抑えるなか、米8月のインフレ率に注目する展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ指標として注視している米7月の個人消費支出(PCE)価格指数は、前年比+1.4%と6月の+1.4%と変わらずと予想されている。+1.5%以上ならばドル買い、+1.3%以下ならばドル売りでの反応が予想されるものの、明日の米8月雇用統計を控えて下値は限定的か。
 北朝鮮によるミサイル発射に対するトランプ米政権の対応を受けてリスク回避地合いは後退しているものの、依然として、9月9日の北朝鮮の建国記念日に向けた地政学リスクへの警戒感は払しょくされていない。一方、ハリケーン「ハービー」による災害復興が急がれることで、暫定予算により、政府機関の閉鎖や債務上限引き上げなどが先送りされる可能性が浮上していることは、ドル買い要因となる。
 ユーロドルは、ユーロ圏8月の消費者物価指数が前年比+1.5%へ上昇したものの、9月7日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控えて伸び悩む展開か。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、16日高値の110.95円。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、日足一目均衡表・基準線の109.99円。

FX為替ニュース

, , , , , , ,