タグアーカイブ: 6日ぶり

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-5日線が6日ぶりに支持線に変化

日経平均は、上に短めのヒゲをともなった『小陽線』を形成。序盤は円弱含みを背景に、自動車株中心に買いが先行した。午後に入り、懸念されていた北朝鮮によるミサイル発射がなかったことなどから先物中心に買い戻しが入り、一時上げ幅が100円を超えたが上げは限定的。移動平均線は、これまで上値を抑えていた5日線(19403.60円)が6日ぶりに支持線に変化した。週足では、依然として26週線(19584.79円)が抵抗線となり、2週連続で上値を抑えるかたち。また基準線での攻防であり、これを下回ると、節目の19000円や雲上限が意識されてくる。この水準からのリバウンドを見せてこないと、来週にも遅行スパンは下方シグナルを発生させてくる。一方、一目均衡表では、引き続き、雲の下限(19883.92円)の下方で迷走している。ボリンジャー・バンドでは、-1σ(19538.93円)から-2σ(19284.90円)のバンドウォークが継続。
 上値のメドは、心理的節目(19500円)、ボリンジャーバンド-1σ、26週線、一目均衡表の転換線(19588.02円)、一目均衡表の基準線(19764.16円)、などとなる一方、下値のメドは、17年3月SQ値(19434.30円)、5日線、08/24安値(19351.92円)、5/2安値(19335.02円)、200日線(19297.44円)となる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

金:6日ぶりに反発、ドル売りを材料視

COMEX金8月限終値:1275.90 ↑ 7.30
 14日のNY金先物8月限は6日ぶりに反発。1259.00ドルから1284.20ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。5月の米消費者物価指数が前月比0.1%下落したことで、為替市場ではドル安が進行。ドル売りを材料に金は買い優勢となった。ただ、米FOMCでは0.25%の追加利上げのほか、年内にFRBの資産縮小を進めると決定。金融正常化に向けた流れが確認できたことから、買い一巡後の金は上値の重い展開となった。

原油:大幅反落、ガソリン在庫増加を嫌気
NYMEX原油7月限終値:44.73 ↓1.73
 14日のNY原油先物7月限は大幅反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比-1.73ドルの44.73ドルで取引を終えた。米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表した週間統計で、ガソリン在庫の増加が確認されたことが嫌気された。ガソリン需要の伸び悩み(在庫の積み上がり)を受けて供給超過状態の早期解消への期待はやや後退した。14日発表の5月米小売売上高が減少したことも一部で材料視されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:6日ぶりに反発、ドル売りを材料視

COMEX金8月限終値:1275.90 ↑ 7.30
 14日のNY金先物8月限は6日ぶりに反発。1259.00ドルから1284.20ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。5月の米消費者物価指数が前月比0.1%下落したことで、為替市場ではドル安が進行。ドル売りを材料に金は買い優勢となった。ただ、米FOMCでは0.25%の追加利上げのほか、年内にFRBの資産縮小を進めると決定。金融正常化に向けた流れが確認できたことから、買い一巡後の金は上値の重い展開となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:6日ぶりに反落、ドル買いに押される格好

COMEX金6月限終値:1283.40↓10.70
 19日のNY金先物6月限は6日ぶりに反落。1275.40ドルから1292.70ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場でドルが主要通貨に対して上昇したことから、金は売り優勢となった。また、心理的な節目である1300ドル手前で上値が重くなっていたことも影響した。
 日足チャートでは、200日移動平均線(1267ドル水準)を上回っている。昨年11月10日以来の1300ドル台回復を前に上値は重い。ただ、フランス大統領選挙の第一回の投開票が迫っていることで先行き不透明感から金は売られにくいとみる。

原油:大幅続落、ガソリン在庫増加などが売り材料に
NYMEX原油5月限終値:50.44 ↓1.97
 19日のNY原油先物5月限は大幅続落。前日比-1.97ドルの50.44ドルで取引を終えた。米エネルギー情報局(EIA)公表の週間統計で、ガソリン在庫が2月以降では初めて増加し、原油生産の水準は2015年8月以降で最高となったことが要因。供給超過を懸念して短期筋などの売りが活発となった。市場関係者によると、「米国のガソリン精製品の在庫が顕著に増加しており、全米48州で生産が拡大している」。チャートでは、100日移動平均線(51.66ドル水準)を大幅に下回っており、50ドル割れの警戒感が台頭している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:6日ぶりに反落、ドル買いに押される格好

COMEX金6月限終値:1283.40↓10.70
 19日のNY金先物6月限は6日ぶりに反落。1275.40ドルから1292.70ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場でドルが主要通貨に対して上昇したことから、金は売り優勢となった。また、心理的な節目である1300ドル手前で上値が重くなっていたことも影響した。
 日足チャートでは、200日移動平均線(1267ドル水準)を上回っている。昨年11月10日以来の1300ドル台回復を前に上値は重い。ただ、フランス大統領選挙の第一回の投開票が迫っていることで先行き不透明感から金は売られにくいとみる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:6日ぶりに反落、オバマケア代替法案の進展を様子見

COMEX金4月限終値:1247.20↓2.50
 23日のNY金先物は6日ぶりに反落。1245.70ドルから1256.50ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。トランプ政権が最優先に掲げるオバマケア代替法案に対する不透明感が下支えとなったが、積極的な売買は手控えられた。
 日足チャートでは、25日移動平均線(1234ドル水準)を上回っている。欧州政治リスクの後退で上値が重くなりそうだが、トランプ政権の政策実行能力に対する不透明感が下支えとなっている様子。

原油:4日続落、原油在庫増加を引き続き嫌気
NYMEX原油5月限終値:47.70↓0.34
 23日のNY原油先物5月限は4日続落。47.58ドルから48.48ドルのレンジで推移(時間外取引含む)。米エネルギー情報局(EIA)が22日発表した石油在庫統計で、原油在庫が過去最高水準まで積みあがったことが引き続き重しとなった。
 チャートでは、200日移動平均線(48.6ドル水準)に頭をおさえられた格好となっている。石油輸出国機構(OPEC)の加盟国、非加盟国よる減産進展などが下支えとなっていたが、減産継続に対する懐疑的な見方が台頭。積極的には手掛けにくい状況となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

金:6日ぶりに反落、オバマケア代替法案の進展を様子見

COMEX金4月限終値:1247.20↓2.50
 23日のNY金先物は6日ぶりに反落。1245.70ドルから1256.50ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。トランプ政権が最優先に掲げるオバマケア代替法案に対する不透明感が下支えとなったが、積極的な売買は手控えられた。
 日足チャートでは、25日移動平均線(1234ドル水準)を上回っている。欧州政治リスクの後退で上値が重くなりそうだが、トランプ政権の政策実行能力に対する不透明感が下支えとなっている様子。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

概況からBRICsを知ろう~ブラジル株式市場は6日ぶりに反落、連日の上昇で足元では高値警戒感が強まる[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 66712.88 -0.38%14日のブラジル株式市場は6日ぶりに反落。主要指標のボベス (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

金:6日ぶりに反落、欧米株高やドル高が重し

COMEX金4月限終値:1236.80↓2.70
 9日のNY金先物は6日ぶりに反落。1231.50ドルから1246.20ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。欧米株がそろって上昇したほか、原油価格も上昇とリスク回避の流れがやや後退したことが影響した。また、株高などに伴い、ドル指数が100.670まで上昇するなど、為替市場ではドルが主要通貨に対して強い動きをみせたこともマイナス材料となった。
 日足チャートでは、25日移動平均線(1207ドル水準)をサポートラインに100日移動平均線(1230ドル水準)を突破している。本日は上げ一服となったが、欧米政治リスクへの警戒感を下支えに、金は堅調に推移するとの声は多い。

原油:続伸、米原油在庫増への警戒感が和らぐ
NYMEX原油3月限終値:53.00↑0.66
 9日のNY原油先物は続伸。52.37ドルから53.21ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。米国での原油在庫増加は、石油輸出国機構(OPEC)の加盟国、非加盟国が減産体制に入る前に、中東を出航した石油タンカーが米国に到着したことで輸入が一時的に膨らんだからとの見方が一部で伝わった。こうした内容が、米原油在庫増加に対する警戒感をおさえる格好となった。
 また、トランプ大統領が航空業界幹部との朝食会で規制緩和やインフラ投資を提案したことなどから、米国株が上昇したことも材料視された。
 チャートでは、25日移動平均線(52.7ドル水準)レベルを回復している。欧州政治やトランプ大統領による政策運営への警戒感などから、リスク資産への積極投資は手控えられており上値は重くなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

金:6日ぶりに反落、欧米株高やドル高が重し

COMEX金4月限終値:1236.80↓2.70
 9日のNY金先物は6日ぶりに反落。1231.50ドルから1246.20ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。欧米株がそろって上昇したほか、原油価格も上昇とリスク回避の流れがやや後退したことが影響した。また、株高などに伴い、ドル指数が100.670まで上昇するなど、為替市場ではドルが主要通貨に対して強い動きをみせたこともマイナス材料となった。
 日足チャートでは、25日移動平均線(1207ドル水準)をサポートラインに100日移動平均線(1230ドル水準)を突破している。本日は上げ一服となったが、欧米政治リスクへの警戒感を下支えに、金は堅調に推移するとの声は多い。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

概況からBRICsを知ろう~ブラジル株式市場は6日ぶりに反落、連日の上昇で足元では高値警戒感が強まる[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 66033.98 -0.24%27日のブラジル株式市場は6日ぶりに反落。主要指標のボベス (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

日経平均は6日ぶりに反落、週末前で利食い優勢

[東京 21日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は6日ぶりに反落した。一時1ドル104円台前半へとドル高/円安に振れた為替や、原油相場の落ち着きなどを背景に序盤は買いが先行。日経平均は5月高値を更新し、取引時間中として4月28日以来、約半年ぶりの水準まで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

前場の日経平均は6日ぶりに反落、米株安や連騰の反動

[東京 1日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比97円38銭安の1万7137円60銭と6営業日ぶりに反落した。米ダウの反落に加え、日経平均が前日まで5日続伸となった反動などから戻り待ちの売りや利益確定売りが優勢となった。最新の英世論調査で欧州連合(EU)離脱の可能性が意識されたことも市場心理を冷やした。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-6日ぶりに陽線を形成

日経平均は長い上ヒゲをともなう『小陽線』を形成。12/30から5連続陰線をつけ、一矢報いるかたちにはなったものの下落幅は1330円を超えた。きょうの『小陽線』のヒゲが下ヒゲであれば強いシグナルになる可能性があるのだが、休み明けを期待したい。また、一目均衡表も引き続き、雲下限を明確に下抜けて、状況はさらに悪化している。
 週足チャートでは、91週線(17752円)、週足雲下限(17740円)とこちらも休み明けに、反騰するようであれば支持線として意識してくる。
 サイコロジカルライン(12日)は33.33%→25.00%、騰落レシオ(25日)に至っては68.78%→62.90%まで低下し売られ過ぎゾーンに突入し、引き続き押し目買いが入りやすい水準となっている。
 下値のメドは、91週線、週足雲下限、心理的節目(17500円)。上値のメドは、心理的節目(18000円)、5日線(18096円)、78週線(18249円)。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを2016年1月29日(金)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-6日ぶりに陽線形成

6日ぶりに陽線形成 下の幻のSQ発現でトレンド好転か

 日経平均は6日ぶりに陽線を形成。寄り付き安値(19020円)で19000円割れを回避できたことから、12月8日(終値19301円)から9日(始値19070円)にかけてあけたマドを埋める動きとなった。後場は伸び悩んだが、12カ月移動平均線(19243円)が意識された。

 特別清算指数(SQ)値は18943.54円と、下の幻のSQが発現したことで、来週のトレンド好転に期待がもてる格好となった。また、14日には一目均衡表に雲のねじれが観測されるため、これもトレンド転換の兆しと捉えることができる。上値メドは、5日線(19353円)、26週線(19404円)、心理的節目(19500円)など。一方、下値メドは心理的節目(19000円)、13週線(18898円)、75日線(18743円)などが挙げられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを2016年1月29日(金)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,