タグアーカイブ: 4日ぶり

午前まとめ=ドル円109円手前、日経平均は4日ぶりに反発

・日経平均は4日ぶりに反発、前引けは117円高の23749円
・米債利回りの上昇でドル買い、ドル円は109円手前まで上昇
・時間外米10年債利回り、14年5月以来の高い水準となる2.68%台後半へ上昇

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は4日ぶりに反落、前日欧米市場の下落を受けインド株にも売り圧力が強まる[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 68714.66 +1.09%18日のブラジル株式市場は反発。主要指標のボベスパ指数は前 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

概況からBRICsを知ろう~ロシア株式市場は4日ぶりに反発、海外株の上昇など外部環境の改善が好感[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 68284.66 +1.37%14日のブラジル株式市場は続伸。主要指標のボベスパ指数は前 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

金:4日ぶりに反落、地政学リスクへの警戒感がやや後退し

COMEX金12月限終値:1290.40 ↓3.60
 14日のNY金先物12月限は4日ぶりに反落。1284.20ドルから1296.40ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。先週末に複数の政府高官が、緊迫化する北朝鮮情勢への非軍事的解決を示唆したことで地政学リスクへの警戒感がやや後退。投資家心理が改善したほか、長期金利の上昇も好感されたことから金は上げ一服となった。日足チャートでは1300ドル手前でもみ合っている。

原油:大幅反落、中国の製油活動低下を嫌気
NYMEX原油9月限終値:47.59 ↓1.23
 14日のNY原油先物9月限は大幅反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比-1.23ドルの47.59ドルで取引を終えた。一部報道によると、中国における製油活動は低下しており、原油需要の増大は期待できないとの見方が広がったことが要因。リビア最大の油田での生産が大幅に減少との報告を受けて一度買われたが、買いは続かなかった。市場関係者の間では「OPEC加盟国・非加盟国が減産を順守し、さらに原油需要が増加しなければ、原油価格が安定的に推移することは難しい」との見方が依然として多い。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:4日ぶりに反落、地政学リスクへの警戒感がやや後退し

COMEX金12月限終値:1290.40 ↓3.60
 14日のNY金先物12月限は4日ぶりに反落。1284.20ドルから1296.40ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。先週末に複数の政府高官が、緊迫化する北朝鮮情勢への非軍事的解決を示唆したことで地政学リスクへの警戒感がやや後退。投資家心理が改善したほか、長期金利の上昇も好感されたことから金は上げ一服となった。日足チャートでは1300ドル手前でもみ合っている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

概況からBRICsを知ろう~ブラジル株式市場は4日ぶりに反発、原油価格の反発が好感され買い戻しが広がった[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 65099.55 +0.64%24日のブラジル株式市場は4日ぶりに反発。主要指標のボベス (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

金:4日ぶりに反落、米株高を受けて反発一服

COMEX金8月限終値:1217.30 ↓1.80
 13日のNY金先物8月限は4日ぶりに反落。1215.60ドルから1223.60ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、6月生産者物価指数が予想を上振れたことが好感され、米国株が堅調に推移。金は前日終値を挟んでのもみ合いとなった。日足チャートでは、1200ドル台での攻防を迎えていたが、なんとか下げ止まる格好となっている。

原油:4日続伸、IEAは原油需要拡大を予測
NYMEX原油8月限終値:46.08 ↑0.59
 13日のNY原油先物8月限は4日続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比+0.59ドルの46.08ドルで取引を終えた。国際エネルギー機関(IEA)がこの日公表した月報で、2017年の世界の需要拡大ペースは加速するとの予想を示したことが要因。直近の週間在庫統計で原油在庫とガソリン在庫は予想以上に減少していたことは引き続き材料視された。ただ、OPEC(石油輸出国機構)加盟国の産油量は需要を上回っており、この点が意識されたことで原油先物の上げ幅はやや縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:4日ぶりに反落、米株高を受けて反発一服

COMEX金8月限終値:1217.30 ↓1.80
 13日のNY金先物8月限は4日ぶりに反落。1215.60ドルから1223.60ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、6月生産者物価指数が予想を上振れたことが好感され、米国株が堅調に推移。金は前日終値を挟んでのもみ合いとなった。日足チャートでは、1200ドル台での攻防を迎えていたが、なんとか下げ止まる格好となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

テスラが4日ぶりに反発 豪州でリチウムイオン蓄電池システムを受注=米国株個別

 テスラが4日ぶりに反発。セダン「モデルS」とSUV「モデルX」の納車台数がこの1年間で2回目の前 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

金:4日ぶりに反発、北朝鮮リスクが材料視されて

COMEX金8月限終値:1221.70 ↑2.50
 5日のNY金先物8月限は4日ぶりに反発。1216.50ドルから1228.40ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。北朝鮮が大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功したと発表したことから、北朝鮮リスクが再燃。有事の金買いが意識されて下げ止まる格好となった。ただ、小幅な反発に留まっており、警戒感はさほど高まっていない様子。日足チャートでは、100日移動平均線や200日移動平均線が位置する1250ドル水準を下放れている。

原油:9日ぶりに反落、ロシアはさらなる減産には反対との見方
NYMEX原油8月限終値:45.13 ↓1.94
 5日のNY原油先物8月限は9日ぶりに反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比-1.94ドルの45.13ドルで取引を終えた。ロシアは石油輸出国機構(OPEC)主導の減産について、削減幅の拡大には反対する方針との見方が伝わったことが要因。米国のシェールオイル探査会社の石油リグ(掘削装置)の稼働数がさらに減少するとの見方はあるものの、OPEC非加盟国などの産油国がさらなる減産に応じない場合、減産順守率のさらなる上昇は期待できないとみられている。需給改善を見込んだ短期筋などのポジション調整的な買いは一巡した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

金:4日ぶりに反発、北朝鮮リスクが材料視されて

COMEX金8月限終値:1221.70 ↑2.50
 5日のNY金先物8月限は4日ぶりに反発。1216.50ドルから1228.40ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。北朝鮮が大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功したと発表したことから、北朝鮮リスクが再燃。有事の金買いが意識されて下げ止まる格好となった。ただ、小幅な反発に留まっており、警戒感はさほど高まっていない様子。日足チャートでは、100日移動平均線や200日移動平均線が位置する1250ドル水準を下放れている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,