タグアーカイブ: 4回

米利上げ、年内3━4回の公算大ーNY連銀総裁=TV

[ニューヨーク 16日 ロイター] – ニューヨーク地区連銀のダドリー総裁は16日、米利上げは段階的に行われ、年内に計3─4回となる公算が大きく、最終的には政策金利を約3%まで引き上げることを目指す可能性があるとの認識を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】市場の目=パウエルFRB議長によるFOMCは無難な船出 18年は4回の緩やかなペースでの利上げへ

第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 桂畑誠治氏

パウエルFRB議長によるFOMCは無難な船出
18年は4回の緩やかなペースでの利上げが実施される見込み

 今後の金融政策の当社見通しは、18年6月にかけて、景気・雇用は堅調な状況が続く一方で、PCEコアデフレーターが1%台半ばの上昇にとどまると予想されることから、5月のFOMCでは様子見姿勢をとり、6月のFOMCでFRBは追加の利上げを決定すると見込まれる。年間では、堅調な景気が続くと予想される9、12月に利上げを実施する公算が大きい。12月の利上げの可能性が高いが、中間選挙の結果を受けた金融市場の状況次第では利上げを見送ると予想される。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

今年の米利上げ、市場予想は4回に=ブラックロックCIO

[21日 ロイター] – 米資産運用大手ブラックロックでグローバル債券を担当するリック・リーダー最高投資責任者(CIO)は、今年の米利上げ回数に対する市場予想は、これまでの3━4回から4回に変わったとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

Fed調査、市場は年3回または4回の利上げを予想、保護貿易が経済の最大の脅威と回答

 米連邦準備制度理事会(FRB)は20日から21日まで連邦公開市場委員会(FOMC)を開催している。FOMCを控えて、経済専門局であるCNBCが40人のエコノミスト、ファンドマネジャー、ストラティジストを対象に、世論調査を実施。回答者の金利予想の中間値で、2018年の利上げは3回。来年は2回。2番目に多かった回答は、2018年4回、2019年3回だった。1回、2回は少数に限られた。一部の投資家は、FRBが3月会合で追加利上げを実施し、声明で、2018年に4回の利上げを示唆することを予想していると回答。
また、ほとんどの回答者は、最近の市場の変動を懸念していないことも明らかになった。全回答者の60%は市場の変動は市場のサイクルの一部だと指摘。また、73%は株式相場の全般的な見通しを修正しないと答えた。しかし、回答者はS&P500種指数の見通しを引き下げている。昨年7月以来で初めて。
国内総生産(GDP)の見通しはほぼ変わらず。2018年の成長は2.76%、2019年は2.72%だった。米10年債利回りの見通しは2018年末3.17%、2019年末3.54%と、それぞれ昨年12月から0.25%引き上げられた。
トランプ大統領が実施している経済政策への投資家の支持率は58%と高い。一方で、鉄鋼やアルミの関税は48%が雇用を減少させると見ているほか、75%の回答者が貿易戦争を懸念していることが明らかになった。また81%の回答者が米国のNAFTA(北米自由貿易協定)の離脱は「マイナス」と見ている。回答者の3分の2は米国のトランプ政権の貿易政策が世界の経済成長にマイナスになると見ている。貿易戦争の脅威が経済で最大の脅威だと指摘した。
本年の利上げを3回または、4回と見ている市場関係者が大半を占める。経済の成長期待や金利先高感で、当面ドルが支えられる可能性がある。
■CNBC調査
◎FRB
3月利上げ:100%
6月に追加利上げ:83%
2018年の中間利上げ(21人):3回、2019年2回、(18人)4回、2019年3回
◎FF金利誘導目標予想
2018年:2.23%、2019年:2.86%、2020年:2.85%、長期3.21%
◎GDP
2018年2.76%、2019年2.72%
◎米10年債利回り
2018年末3.17%、2019年末3.54%
◎S&P500種指数
2018年末2839(1月時点2937)、2019年2928(1月時点3005)
◎米国の貿易政策
63%:経済成長にマイナス、23%:時期尚早、13%:中立、3%楽観的
◎米国の関税
48%:雇用の減少につながる、35%:雇用に変化なし、13%:雇用の増加につながる
◎NAFTA
80%以上:NAFTA離脱は米国にとりマイナス、48%:かなりマイナス
◎トランプ経済政策
58%支持、20%中立、23%不支持

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , , , ,

【発言】OECD「2018年の米利上げは4回を予測」

OECD(経済協力開発機構)
「2018,2019年の世界成長は+3.9%へ」
「2018年の米利上げは4回を予測(3回から修正)」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】ボストン連銀総裁「今年は4回の利上げが必要」

ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「今年は4回の利上げが必要」
「最近の経済指標はとても良い、景気が膨れ上がり破裂するようなことは避けるべき」
「インフレは底堅く、賃金の上昇圧力が強まることを予測」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

JPモルガン、米予算成立受け成長率予想上方修正 18年は4回の利上げ見込む

[ニューヨーク 9日 ロイター] – JPモルガンは9日、つなぎ予算を盛り込んだ予算法案が同日、成立したことを受け、2018年と19年の米経済成長見通しを上方修正した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【発言】米シカゴ連銀総裁「2018年は3回か4回の利上げも」

エバンス米シカゴ連銀総裁
「インフレがより確実に上がれば、更なる利上げを支持し、2018年は3回か4回の利上げも」
「自分の金融政策戦略は年半ばまでは据え置き」
「年半ばになればインフレは上昇する自信があり、利上げを支持するだろう」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米利上げ、年内3回もしくは4回が妥当=SF連銀総裁

[サンフランシスコ 2日 ロイター] – 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は2日、連邦準備理事会(FRB)が今年3回、もしくは4回の利上げを実施する可能性はいずれも「妥当」と語った。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今年と来年、それぞれ3─4回の利上げ想定=米クリーブランド連銀総裁

[18日 ロイター] – 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は18日、2018年と19年にそれぞれ3─4回の利上げを実施するのが適切との認識を示した。連邦準備理事会(FRB)当局者の大方の見方よりもやや速いペースの利上げを予想した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

発言おさらい マクロン仏大統領 コーン国家経済会議(NEC)委員長 2回か4回か、ティラーソン国務長官

「発言おさらい マクロン仏大統領 コーン国家経済会議(NEC)委員長 2回か4回か、ティラーソン国務長官」

*マクロン仏大統領=EUとの関係において、トルコの最近の政情と同国政府の選択が加盟に向けた進展を妨げているのは明白だ

*コーン国家経済会議(NEC)委員長=ニューヨークやカリフォルニアなど税率の高い州が州・地方税控除の変更から住民を守る動きに出れば、これを阻止する可能性がある

*メスター・クリーブランド連銀総裁=米経済成長が加速し、失業率が低水準にとどまる中、今年は約4回の利上げを想定している

*ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁=緩慢なペースでの賃金の伸びや債券市場で垣間見られるリスクの可能性を踏まえ、FRBは足元利上げペースを減速させるべきとし、今年は2回の利上げが適切になる

*ティラーソン国務長官=北朝鮮と韓国の対話がアメリカとの間での非核化をめぐる対話につながると見るのは時期尚早

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

2回 対 4回 FRB

*メスター・クリーブランド連銀総裁=米経済成長が加速し、失業率が低水準にとどまる中、今年は約4回の利上げを想定している

*ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁=緩慢なペースでの賃金の伸びや債券市場で垣間見られるリスクの可能性を踏まえ、FRBは足元利上げペースを減速させるべきとし、今年は2回の利上げが適切になる

FX為替ニュース

, , , , ,