タグアーカイブ: 3日ぶり反発

マザーズ指数は3日ぶり反発、サイバーダイン急伸、IPOみらいワークスは初値持ち越し[FISCO]

 本日のマザーズ市場では、初値高騰した直近IPO銘柄を中心に、大きく売られる銘柄も散見された。しかし、 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-波乱もなく3日ぶり反発、25日線より上での値固めが進む

29日の日経平均は3日ぶり反発。北朝鮮のミサイル発射はマーケットでは特段悪材料視されず、米国株の上昇を好感して買い優勢の展開。ただし上値も重く、徐々にこう着感が強まった。東京エレクトロンなど半導体関連が大きく売られる一方、三菱UFJなど銀行株が強く、強弱感が入り交じる中、後場は様子見から小動きが続いた。引けにかけてはやや買いの勢いが強まり、上げ幅を3桁に広げて終えた。東証1部の売買代金は概算で2兆8600億円。業種別では鉄鋼、保険、パルプ・紙などが上昇した一方、電気機器、その他製品、石油・石炭などが下落した。アジア展開についてのリリースを手がかりに串カツ田中が後場一段高となり、ストップ高まで買われた。反面、証券会社が投資評価を引き下げた堀場製作所が大幅安となり、終日軟調に推移した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1501/値下がり477と買いが優勢。カプコンと特許クロスライセンス契約を締結したコロプラや、コンタクトレンズ市場に参入すると報じられたジンズが大幅上昇。利益見通しの上振れを発表したビーロットが急伸し、上方修正と増配を発表したナ・デックスはストップ高となった。ヤマハは株式売却による上方修正が好感されて上昇した一方、売却対象となったヤマハ発動機は軟調となった。ほか弱いところでは、3Q営業減益の菱洋エレクトロが大幅安。PALTEKは大手顧客の取引形態変更が嫌気されて急落した。きのう初値持ち越しとなった2社は、幸和製作所が初値形成後に一段高となった一方、ポエックはストップ安と明暗分かれる動きとなった。きょう新規上場のトレードワークスは大幅買い越しで初値は持ち越しとなった。

 米国株の大幅高と北朝鮮のミサイル発射。荒れ相場も想定されたが、日経平均は上下幅100円程度の落ち着いた動きで、特に後場は静かな展開が続いた。個別では、東京エレクトロンやディスコが大幅安で25日線を割り込むなど、きな臭い動きも見られたが、指数は終値で22500円台を回復し、25日線より上での値固めが進んだ。円安を伴わない米国株高局面では、上にも下にも動きづらいと見ておくべきか。ただ、下げない地合いが続き、チャートが崩れず日柄調整が進んでいるという点はポジティブな動きと考える。

 米国市場では、7-9月期GDP改定値や10月NAR仮契約住宅販売指数などの指標発表のほか、ベージュブックやイエレンFRB議長の議会証言などが注目される。昨晩はパウエル次期FRB議長の発言が株高材料となったが、イエレン氏も、その発言が何度もマーケットに良い影響を与えており、米国株の強い基調に大きな変化はないと考える。為替が引き続き懸念材料ではあるが、きのうは小売、きょうは金融と、10月のハイテク主導の上昇相場に乗り遅れた内需系セクターがここに来て存在感を強めており、多少の円高は吸収可能とみる。あすは11月最終日となるが、10月31日の日経平均の終値は22011円で、11月も月間上昇の達成は濃厚。先高期待から、しっかりの展開を予想する。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日経平均は3日ぶり反発、米株高を好感 金融株などに買い

[東京 29日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。米税制改革案の進展や金融規制緩和期待を受けて米主要3株価指数が最高値を更新した流れを引き継ぎ、金融株などに買いが先行。為替が1ドル=111円台半ばで底堅い動きとなったことも支えになった。きょう未明の北朝鮮による新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の影響も限定的で、上げ幅は一時150円を超えたが、積極的にリスクを取る動きも手控えられ、2万2600円付近では利益確定売りが重しとなった。終値は11月10日以来の高値水準を回復した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

6日の中国本土市場概況:上海総合0.5%高と3日ぶり反発、貴州マオタイ最高値更新[FISCO]

週明け6日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比16.43ポイント(0.49%)高の3 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日経平均は日経平均は3日ぶり反発、金融・ハイテクが上げ主導

[東京 28日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。前日の米国株高や米金利上昇に伴うドル高・円安を手掛かりに買いが先行。金融セクターやハイテク関連が堅調に推移した。だが、2万0400円に接近すると高値警戒感が意識された。28日午後に衆議院が解散され、選挙戦が事実上スタートしたが、大規模な野党再編の動きなど政局も読みにくく、買い一巡後は高値圏でもみ合う展開だった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

前場の日経平均は3日ぶり反発、米株高・円安を好感

[東京 28日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比58円47銭高の2万0325円52銭となり、3日ぶりに反発した。前日の米国株高や1ドル112円台後半まで円安に振れた為替相場を手掛かりに買いが先行。金融セクターやハイテク関連が堅調に推移したものの、指数は高寄り後は伸び悩む展開だった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,