タグアーカイブ: 25000ドル

LDNFIX=ダウ平均が25000ドル割れ、ドルは高値圏から反落

 ロンドンフィックスにかけては、米10年債利回りが2.92%台へ上昇した後に2.88%台へ低下したこと、ダウ平均が25000ドルを割り込んだことで、ドルは高値圏で伸び悩んだ。モラー特別検察官がロシアゲートに関して新たな訴追を行うと表明したこともドルの上値を抑えた。ドル円は107.38円まで上昇した後に、107.07円前後まで反落した。ユーロドルは1.2320ドルまで下落後、1.2362ドル前後まで反発。ユーロ円は132.45円前後から132.19円前後まで弱含みに推移した。次期ECB副総裁に内定したデギンドス・スペイン経済相は、「ユーロ圏の金融政策の正常化は、景気回復と歩調を合わせて実施される必要がある」と述べた。
 ポンドドルは1.3968ドル前後まで下落後、1.4013ドル前後まで反発した。ポンド円は150.13円前後から149.76円前後まで軟化。豪ドル/ドルは0.7880ドル、豪ドル円は84.48円前後、NZドル/ドルは0.7336ドル、NZドル円は78.72円前後まで弱含みに推移した。
 ドル/加ドルは、加12月卸売売上高が前月比-0.5%となり、11月の+0.3%(修正値)から悪化したことで1.2629加ドルまで加ドル安となった。加ドル円は84.90円前後まで弱含んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-引き続き堅調か ダウ平均の25000ドル乗せに期待

今晩のNY市場は引き続き堅調な展開か。昨日は主要3指数がそろって史上最高値を更新する強い動きが続いた。米12月ISM製造業景況指数が強い結果となったほか、減税による米企業業績向上期待も引き続き相場の支援となっている。韓国と北朝鮮が「南北連絡チャンネル」を再開し、地政学リスクへの警戒感が緩んだこともセンチメントの改善につながった。投資家の不安心理を示すVIX指数は一時、昨年12月20日以来の9.00ポイント割れまで低下した。今晩も引き続き景気敏感株や、半導体株、エネルギー株の堅調が続きそうだ。心理的節目の25000ドルまで77.32ドル(0.31%)に迫ったダウ平均の大台乗せが期待される。

 今晩の経済指標は米12月ADP民間部門雇用者数、米新規失業保険申請件数、米週間原油在庫など。ブラード米セントルイス連銀総裁の講演も予定されている。企業決算は寄り前にモンサント、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスなどが発表予定。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]スマホ視聴OK。無料配信『生中継だヨ!米雇用統計』
【拡大版】1月5日(金)21時30分スタート。
2018年の為替はどっちだ?著名為替アナリストの深谷氏が鋭く解説!
→http://www.gaitame.com/gaitame/tokuban/180105/online.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,