タグアーカイブ: 205_川畑

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は、米紙がトランプ政権のロシア関連疑惑(ロシアゲート)を報じた事や、米長期金利が低下した事から、一時112.30円台まで下落しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

11/17(金)
17:30  ドラギECB総裁、講演
18:00  9月ユーロ圏経常収支
19:00  9月ユーロ圏建設支出
22:00  バイトマン独連銀総裁、講演
22:30☆10月加消費者物価指数
22:30☆10月米住宅着工件数
22:30☆10月米建設許可件数
–:–  NAFTA再交渉の第5回会合(~21日)
–:–  EU財務相理事会(ブリュッセル)
※☆は特に注目の材料

本日は米国で住宅関連の経済指標が発表されますが、材料としてやや小粒です。本日の東京市場で株高にもかかわらずドル/円は下落しており、海外市場でも引き続きロシアゲート関連報道などに注意が必要です。その他、米上院での税制改革審議の行方も気になるところです。

また、カナダで10月消費者物価指数が発表されます。市場予想は前年比+1.4%と前月(+1.6%)から伸びの鈍化が見込まれています。
 

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今日のテクニカル見通し:トルコリラ/円

トルコリラ/円相場は、今月15日に28.90円台まで下落して今年4月に付けた過去最安値(28.853円)に迫りました。安値更新となった場合は未踏の世界に足を踏み入れることとあり、28円ちょうどなどの心理的節目を手がかりに下値を手探りで模索する事となりそうです。

クロス円がこうした中では対ドルの動きが気になるところですが、こちらも過去最安値更新が目前となっており、目標値算出の点ではあまり当てになりません。ただ、ドル/トルコリラが4リラ台に上昇(=対ドルで安値更新)する場面ではオーバーシュートの動きも警戒されるため、可能であれば対ドル相場の動きにも注意したいところです。

TRYJPY_171117.JPG
(上記トルコリラ/円日足の外貨ネクストネオのチャートは11/17の10:52現在)

○下値目処について
冒頭で触れたとおり、4/14安値(28.853円)を更新すると、そこは未踏の値です。強いてあげれば日足のボリンジャーバンド-2シグマ(28.760円)や、4/14安値28.853円-9/18高値32.365円の値幅の倍返し(25.341円)くらいしか見当りません。28円ちょうど等の心理的節目や、対ドル相場の動きを眺めつつ下値を模索する事となりそうです。

○上値目処について
日足の一目均衡表の転換線(29.340円)を突破できれば、目先の下落圧力は和らぎそうです。その場合は戻り余地を試す展開への移行が予想されます。9/18と10/23の高値を結ぶレジスタンスライン29.80円前後)や日足のボリンジャーバンド+2シグマ(30.521円)が上値目処として上げられるでしょう。もっとも、日足チャート上に窓(10/23高値30.935円-10/6安値31.038円)が開いたままとなっており、ここを埋められない間は下押しの流れが継続していると考えられます。

○下値目処
28.853円(4/14に付けた過去最安値)
28.760円(日足のボリンジャーバンド-2シグマ)
27.782円(月足のボリンジャーバンド-2シグマ)
25.341円(4/14安値28.853円-9/18高値32.365円の値幅の倍返し)

○上値目処
29.204円(6日線)
29.340円(日足の一目均衡表の転換線)
29.640円(20日線)
29.80円前後(9/18と10/23の高値を結ぶレジスタンスライン
29.940円(日足の一目均衡表の基準線)
30.521円(日足のボリンジャーバンド+2シグマ)
30.935円(10/23高値)-31.038円(10/6安値)・・・チャート上の窓

FX為替ニュース

, , , , , , ,

メキシコペソ/円、バンド押し下げで下押し再開か

メキシコペソ/円は先月後半から概ね5.80円台後半~6.00円前後でレンジを形成していましたが、昨日は5.827円まで下落して約半年ぶりの安値水準を付けました。今月21日まで開催される北米自由貿易協定(NAFTA)の5回目の会合で、米・加・メキシコいずれの国も閣僚が参加しないことが明らかとなり、交渉停滞が懸念された事が重しとなっています。

日足チャート上でボリンジャーバンドを見ると、バンドの上下の幅が狭くなっているところでバンド下限を押し下げる陰線が出現しており、下落トレンドが再開した可能性があります。足下で下値支持となっている2016年11月安値~2017年7月高値の下げ幅38.2%押し水準(5.835円)を明確に割るようならば、週足の一目均衡表の雲(今週は5.487円-5.775円)に向けた一段安もあるでしょう。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今日のテクニカル見通し:ユーロ/ドル

ユーロ/ドル相場は、先月後半にH&Sのネックラインを割り込んだ事で目標値として1.12ドル台が見えたものの、その後は1.15ドル台半ばから後半で下げ渋り。今月14日にネックラインを突破して翌15日に1.1860ドル目前まで上昇するも伸び悩んでいます。日足の一目均衡表の雲や、ボリンジャーバンド+2シグマに上値を阻まれていることや、前日の足形が天井を示唆するとされる「上影陰線」であった事などから、足下の上昇は一時的となる可能性があり、下値が意識されやすい展開が続いていると考えられます。

EURUSD_171116.JPG
(上記ユーロ/ドル日足の外貨ネクストネオのチャートは11/16の11:00現在)

○下値目処について
6日線(1.17238ドル)や20日線(1.16842ドル)もありますが、8/17安値1.16621ドルと10/6安値1.16692ドルを結ぶトレンドライン1.1670ドル前後)が引き続き焦点となるでしょう。再び割るようならば上値の重さが意識されやすくなると共に、中長期でH&Sから導き出される目標値(1.1240ドル前後)が再び目標値として点灯するでしょう。なお、短期的には11/7安値(1.15541ドル)やボリンジャーバンド-2シグマ(1.15281ドル)が位置する1.15ドル台前半が攻防の分岐点となりそうです。

○上値目処について
足下で75日線(1.17990ドル)が重い上、仮に突破したとしても1.18ドル台半ばから後半にボリンジャーバンド+2シグマ(1.18402ドル)や日足の一目均衡表の雲上限(1.18772ドル)などがあり、強力な上値抵抗となっています。ただし、10/12に付けた直近高値(1.18796ドル)を超える動きとなった場合は話しは別です。下押し一服で反発余地が生まれる可能性もあり、8月から9月にかけて上値を抑えた1.21ドルを再び試す事も考えられます。

○下値目処
1.17238ドル(6日線)
1.17169ドル(日足の一目均衡表の基準線)
1.17069ドル(日足の一目均衡表の転換線)
1.16842ドル(20日線)
1.1670ドル前後(8/17安値1.16621ドルと10/6安値1.16692ドルを結ぶトレンドライン
1.16577ドル(月足の一目均衡表の雲下限)
1.16395ドル(26週線)
1.16011ドル(週足の一目均衡表の基準線)
1.15737ドル(10/27安値)
1.15541ドル(11/7安値)
1.15281ドル(ボリンジャーバンド-2シグマ)
<!–

ご質問、ご感想などはこちらから

–>1.14226ドル(1月安値1.03392ドル-9月高値1.20922ドルの上げ幅38.2%押し)
1.13800ドル前後(15年8月と16年5月の高値を結ぶトレンドライン
1.12937ドル(月足の一目均衡表の転換線)
1.1240ドル前後(今回のH&Sから算出される下値目処)
1.12157ドル(月足の一目均衡表の基準線)

○上値目処
1.17925ドル(週足の一目均衡表の転換線)
1.17990ドル(75日線)
1.18099ドル(13週線)
1.18276ドル(日足の一目均衡表の雲下限)
1.18402ドル(ボリンジャーバンド+2シグマ)
1.18596ドル(11/15安値)
1.18772ドル(日足の一目均衡表の雲上限)
1.18796ドル(10/12高値)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今夜から明朝の注目材料は?

東京市場のドル/円は日経平均が軟調に推移する中で113.00円台まで下落しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

11/15(水)
18:30☆10月英雇用統計
19:00  9月ユーロ圏貿易収支
19:00  プラートECB理事、ホールデン英MPC委員、講演
20:00  9月南アフリカ小売売上高
22:00  ブロードベントBOE副総裁、講演
22:30☆10月米消費者物価指数
22:30☆10月米小売売上高
22:30  11月米NY連銀製造業景況指数
24:00  9月米企業在庫
24:30☆米EIA週間原油在庫統計
30:00  9月対米証券投資

11/16(木)
09:30☆10月豪雇用統計
※☆は特に注目の材料

本日は多数の注目イベントがありますが、最も注目されるのは米10月消費者物価指数です。市場予想は前年比+2.0%と前月(+2.2%)からの伸び鈍化が見込まれています。予想を下回る伸びに留まるようですと来年の利上げペース減速の思惑につながりやすく、ドルの重しとなる可能性が高そうです。同時刻に発表される米10月小売売上高(予想:前月比±0.0%、自動車を除いた売上高は前月比+0.2%)にも注目です。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ポンド/円、20日線割れで下押し余地

ポンド/円相場は、10月末から11月始めにかけて日足のボリンジャーバンド+2シグマ突破を試すも伸び悩み。その後、20日移動平均線を割り込むと13日に一時148.00円台まで下落してボリンジャーバンド-2シグマに迫っており、目先的には下落方向が意識されやすくなっています。

GBPJPY_171114.JPG
(上記ポンド/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは11/14の16:28現在)

こうした中、目先は前述のボリンジャーバンド-2シグマ(148.084円)が焦点となるでしょう。仮にバンド下限を押し下げる陰線が出現するようならば、下落トレンドに入る可能性が高まりそうです。その場合は75日線(同、146.675円)や200日線(143.916円)短期の下値目処となるでしょう。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今日のテクニカル見通し:豪ドル/円

豪ドル/円相場は、先月はボリンジャーバンド+2シグマ押上げが期待されましたが、底までの力はなかったのか、押し上げる事無く反落。その後の下押しで-2シグマが下方向に拡大しており、短期的に調整局面を迎えた可能性があります。

なお、週足を見ると、一目均衡表は「雲<ローソク足」となっていることや、移動平均は「13週線>ローソク足>26週線>52週線」である事から、上昇トレンドは継続している様子です。とはいえ、これらの図式が崩れるようならばトレンドが変化する可能性も出てきますので、慎重な対応が求められる局面に入ったと考えられます。

AUDJPY_171114.JPG
(上記豪ドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは11/14の10:45現在)

○下値目処について
ボリンジャーバンド-2シグマ(86.213円)を押し下げる陰線が出現するようならば、週足の一目均衡表の基準線(86.051円)や200日線(86.035円)、52週線(85.899円)などが位置する86円ちょうど前後が次のメドとなるでしょう。このあたりでも下げ止まらない場合は週足の一目均衡表の雲上限(84.231円)に向けた下押しも考えられます。

○上値目処について
87.70円前後に75日線(87.628円)や13週線(87.709円)があるほか、88円台前半に日足の一目均衡表の雲上限(88.216円)や週足の一目均衡表の転換線(88.388円)があり、上値を阻みそうです。仮にこれらを突破したとしても、ボリンジャーバンド+2シグマ(88.958円)を押し上げる陽線が出現しないようならば、上値余地は限られそうです。

○上値目処
87.628円(75日線)
87.709円(13週線)
87.766円(日足の一目均衡表の基準線)
87.882円(日足の一目均衡表の雲下限)
88.216円(日足の一目均衡表の雲上限)
88.388円(週足の一目均衡表の転換線)
88.728円(月足の一目均衡表の雲下限)
88.958円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
89.067円(10/23高値)
90.312円(9/21高値)
90.720円(15年12月高値)
91.187円(14年11月高値102.837円-16年6月安値72.339円の下げ幅61.8%戻し)
91.047円(月足の一目均衡表の雲上限)

○下値目処
87.585円(20日線)
87.275円(日足の一目均衡表の転換線)
87.255円(10/10安値)
86.999円(6日線)
86.731円(26週線)
86.213円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
86.051円(週足の一目均衡表の基準線)
86.035円(200日線)
85.904円(月足の一目均衡表の転換線)
85.898円(52週線)
85.451円(8/11安値)
84.231円(週足の一目均衡表の雲上限)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ランド/円、チャート・材料共に下向き

ランド/円は今年3月に9円目前まで上昇した後は、3月と9月の高値をレジスタンス、4月と8月の安値をサポートとする三角もち合いを形成していましたたが、10月後半にもち合いを下抜けました。その後やや値を戻したものの、もち合い下限に阻まれて失速すると、11月13日の朝方に2016年11月以来となる7.858円まで一段安となっています。今月9日にズマ大統領が高等教育の無償化を発表したが、厳しい財政の中で更なる重しになると解されて格下げが懸念された事も、ランド/円の下げに拍車を掛けています。ファンダメンタルズ面からも下向きの材料が出ており、ランド/円は下落トレンドに入った可能性が高まっています。こうした中で年初来安値を更新するようならば、目先的には週足の一目均衡表の雲下限(今週は7.617円)に向けた一段安もあるでしょう。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今夜から明朝の注目材料は?

東京市場のドル/円は113.70円を挟んで小動きとなる中、日経平均が引けにかけて下げ幅を拡大すると113.30円台まで小幅安となりました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

11/13(月)
18:00  コンスタンシオECB副総裁、講演
26:45  黒田日銀総裁、講演

11/14(火)
11:00  10月中国鉱工業生産
11:00  10月中国小売売上高
※☆は特に注目の材料

本日も米国で目玉となる材料が見当らない事から、ドル/円は東京市場に続いて米長期金利や欧米株価などを眺めつつ方向感を模索する事となりそうです。

なお、ポンドは前日の「英与党・保守党議員40名が、メイ首相に対する不信任を表明する書簡への署名に同意」との報道に反応して、東京市場では軟調に推移しました。欧州市場での反応に注目です。
 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今日のテクニカル見通し:ドル/円

ドル/円相場は今月に入り3月以来の高値となる114.70円台まで上昇しました。その後やや下押すも113円台前半が下値支持となる中、再び上値を試す展開となるかは、日足の一目均衡表の転換線がひとつのカギとなりそうです。

USDJPY_171113.JPG
(上記ドル/円・日足の外貨ネクストネオのチャートは11/13の11:08現在)

○上値目処について
6日線(113.692円)を突破すると、ボリンジャーバンド+2シグマ(114.589円)が次のターゲットです。すぐ近くに11/6高値(114.732円)が位置するほか、ボリンジャーバンドの上下の幅が収縮気味である事から、この水準を突破するのは容易ではないと見ます。そうした中で越えられれば、月足の一目均衡表の雲上限(116.094円)に向けた一段高もあるでしょう。

○下値目処について
まずは、10/31安値(112.956円)がポイントです。前後に日足の一目均衡表の転換線(113.912円)や週足の一目均衡表の転換線(112.865円)があり、下押しが浅いと同水準での反発も考えられますが、しっかり割るようならばボリンジャーバンド-2シグマ(112.536円)に向けた下押しもあると見ます。

○上値目処
113.692円(6日線)
114.589円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
114.640円(昨年12月高値118.661円-今年4月安値108.134円の61.8%戻し)
114.732円(11/6高値)
115.503円(3/10高値)
115.977円(16年1月安値)
116.094円(月足の一目均衡表の雲上限)

○下値目処
113.568円(10/20高値)
113.562円(20日線)
113.191円(日足の一目均衡表の基準線)
113.912円(日足の一目均衡表の転換線)
112.956円(10/31安値)
112.865円(週足の一目均衡表の転換線)
112.536円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
112.455円(52週線)
112.323円(週足の一目均衡表の雲上限)
111.973円(13週線)
111.740円(200日線)
111.651円(10/16安値)
111.601円(日足の一目均衡表の雲上限)
111.524円(26週線)
111.492円(75日線)
111.410円(月足の一目均衡表の転換線)
111.274円(月足の一目均衡表の基準線)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

メキシコペソ/円、中銀声明に注目

本日、メキシコ中銀が政策金利を発表する予定(28時)となっています。前回9月の政策金利発表の声明での「インフレは前年比の伸びが天井を打った模様」との見方に沿う形で、インフレ率は8月(6.66%)をピークに少しずつ伸びが鈍化しています。このため、今回の市場予想は政策金利の据え置き(7.00%)がコンセンサスとなっており、関心は声明に集まっています。

メキシコペソの対ドル相場は、先月末に今年3月以来となる安値水準まで下落しています。ペソ安の進行はメキシコ国内の物価上昇を招く恐れがあるため、一段とペソ安が進むようならば中銀が利上げの再開を迫られる事もあり得ます。ペソ安をけん制するようならば、ペソ反発のきっかけとなる可能性もあります。また、政策金利の数時間前(23時)に発表されるメキシコ10月消費者物価指数にも注目です。市場予想は前年比6.34%と、9月(6.35%)からの伸び鈍化が見込まれています。
 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今夜から明朝の注目材料は?

東京市場のドル/円は「米上院が法人減税の1年先送りを検討」との報道に反応して一時113.60円台まで下落しましたが、その後は一時170円超下落した日経平均が下げ幅を縮小した事から113.90円前後までやや値を戻しています。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

11/8(水)
22:15  10月カナダ住宅着工件数
22:30  9月カナダ住宅建設許可件数
24:30☆米EIA週間原油在庫統計
27:00  米10年債入札(230億ドル)
29:00☆RBNZオフィシャル・キャッシュレート

11/9(木)
08:50  9月日国際収支(経常収支、貿易収支)
09:30  9月豪住宅ローン貸出
10:30  10月中国消費者物価指数
10:30  10月中国生産者物価指数
※☆は特に注目の材料

本日も米国で目玉となる材料が見当りません。米税制改革法案審議の進展度合いに一喜一憂する事となりそうです。これに反応した米長期金利の動きに注目です。

なお、NZで今年最後の政策金利発表があります。市場予想は金利据え置き(1.75%)がコンセンサスとなっています。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ユーロ/円、レンジ下抜けへの備え

ユーロ/円は9月に134円台に乗せた後は、概ね131円台半ば~134円台半ばでレンジを形成しています。そうした中、今月に入り133円前後で失速して上値を切り下げる動きとなっており、目先的にはレンジ下限割れを試す流れとなりやすいと見ます。

このままレンジ下限を下抜けてしまうようならば、4月からほぼ一直線で上昇してきた相場に調整局面が訪れる可能性が高まりそうです。その場合は26週線(執筆時129.443円)に向けた一段安も考えられます。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今日のテクニカル見通し:南アフリカランド/円

ランド/円相場は、3月に付けた今年高値を基点として三角もち合いを形成していましたが、先月後半に下抜けました。その後やや戻す場面がありましたがもち合い下限付近で反落しており、相場は下落トレンドに入った可能性があります。

ZARJPY_W171107.JPG
(上記ランド/円週足のG.comチャートは11/7の11:00現在)

ZARJPY_171107.JPG
(上記ランド/円日足の外貨ネクストネオのチャートは11/7の11:00現在)

○下値目処について
まずは、7.90円レベルがサポートとなるか注目です。この水準には10/26安値(7.946円)や16年1月安値6.213円-17年3月高値8.963円の上げ幅38.2%押し(7.913円)、ボリンジャーバンド-2シグマ(7.906円)などがあります。仮に割り込むようならば下値余地が拡大する公算であり、週足の一目均衡表の雲下限(7.617円)などが位置する7.60円台が次のメドとなるでしょう。なお、三角もち合い分の下げとなった場合は、7.20円前後がメドとして挙げられます。

○上値目処について
まずは、三角もち合い下限8.20円前後)が焦点です。近くに20日線(8.198円)もあり、突破は容易ではなさそうです。もし超えられれば下押しは一服する公算ですが、すぐ上に75日線(8.307円)や200日線(8.437円)があるほか、8.50円前後には三角もち合い上限もあり、いずれも抵抗が予想されます。

○下値目処
8.062円(日足の一目均衡表の転換線)
7.946円(10/26安値)
7.913円(16年1月安値6.213円-17年3月高値8.963円の上げ幅38.2%押し)
7.906円(ボリンジャーバンド-2シグマ)
7.895円(4/11安値)
7.770円(16年4月高値)
7.688円(月足の一目均衡表の基準線)
7.617円(週足の一目均衡表の雲下限)

○上値目処
8.073円(6日線)
8.131円(10/9安値)
8.187円(日足の一目均衡表の基準線)
8.198円(20日線)
8.20円前後(三角もち合い下限
8.221円(週足の一目均衡表の転換線)
8.289円(13週線)
8.307円(75日線)
8.337円(週足の一目均衡表の基準線)
8.363円(週足の一目均衡表の雲上限)
8.340円(日足の一目均衡表の雲下限)
8.367円(日足の一目均衡表の雲上限)
8.398円(26週線)
8.408円(52週線)
8.429円(3/20高値8.963円-4/11安値7.895円の下げ幅1/2戻し、月足の一目均衡表の転換線)
8.437円(200日線)
8.490円(ボリンジャーバンド+2シグマ)
8.50円前後(三角もち合い上限

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今夜から明日昼の注目材料は?

東京市場のドル/円は、仲値公示前後に買いが強まり、3月以来の高値となる114.70円台まで上昇。ただ、買いの勢いが一服すると日経平均が一時マイナスとなるのに連れて114.00円台まで反落する場面も見られました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

11/6(月)
19:00  9月ユーロ圏生産者物価指数
22:00  ハンソン・エストニア中銀総裁、講演
23:00  コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
24:00  10月カナダIvey購買部景況指数
26:10  ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
27:00  メルシュECB理事、講演

11/7(火)
12:30☆RBAキャッシュターゲット
※☆は特に注目の材料

この後の欧米市場では目玉となりそうな材料が見当りません。もっとも、本日は114円ちょうど前後で始まるもその後は同水準を割り込む事無く推移するなど、3日の米雇用統計を消化した後も堅調な地合いが続いています。本日高値を更新して上値を伸ばせるかは、欧米株価や米長期金利の動向がカギとなるでしょう。

また、明日豪州で政策金利発表が予定されています。市場予想は金利据え置き(1.50%)となっています。

 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ポンド/円、BOE10年ぶり利上げへ

本日の英中銀(BOE)理事会について、四半期インフレレポートの発表やカーニーBOE総裁会見もある「スーパーサーズデー」である事から、普段以上に注目が集まっています。また、前回9月の理事会議事録で「経済が引き続き成長し、インフレ圧力が上昇し続ければ、今後数カ月以内に利上げを実施する必要がある」との見解が明らかとなった事や、10月に発表された最新のインフレ率がBOEのインフレ目標(2%)を大幅に上回っている事などから、市場では0.25%の利上げが確実視されています。

そうした中、市場の関心は今後の利上げペースにも集まっています。以下、主な注目点です。
(1)金利先物市場では、今後1年間で2回の利上げが想定されています。今回利上げすると後1回の計算である。ブレグジット交渉難航の影響が懸念される中、カーニー総裁会見などからBOEの今後の政策スタンスを読み解く事となるでしょう。
(2)四半期インフレレポートについて、前回8月は、経済成長率見通しについては、2017年1.7%、18年1.6%、19年1.8%としました。また、インフレについては2017年10月に3%付近でピークを迎えるとの見通しを示し、18年2.6%、19年2.2%としました。前回と比べ変化がないか注目です。
(3)今後のBOEの政策を読む上で、利上げ反対者数も見逃せません。市場予想は9名中1~3名となっており、仮に4人となった場合は追加利上げ期待が後退してポンド買い一巡後に急反落するリスクにも備えが必要と見ます。

注目点の多い中、発表直後は神経質な値動きが見込まれます。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今夜から明朝の注目材料は?

東京市場のドル/円は、日経平均が上げ幅を拡大する中で114円目前まで値を上げるも、日経平均の取引終了後に小幅に上げ幅を縮小しています。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

11/1(水)
17:30  10月スイス製造業PMI
18:30☆10月英製造業PMI
19:00  カンリフBOE副総裁、講演
21:15☆10月米ADP全国雇用者数
23:00☆10月米ISM製造業景況指数
23:00  9月米建設支出
23:30  米EIA週間原油在庫統計
27:00☆米FOMC政策金利発表
29:15  ポロズBOC総裁、議会証言

11/2(木)
09:30☆9月豪貿易収支
09:30  9月豪住宅建設許可
※☆は特に注目の材料

本日の米連邦公開市場委員会(FOMC)について、市場では金利据え置き予想がコンセンサスとなっています。年内利上げ期待が維持されるか、声明を注視する事となりそうです。その他、3日の10月雇用統計を前に10月ADP全国雇用者数や10月ISM製造業景況指数にも注目です。
 

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル/円、三役逆転点灯で下値余地

豪ドル/円相場は今月25日に日足の一目均衡表の雲を下抜けたことで、下落サインと解される「三役逆転」が点灯する中、30日に9月上旬以来の安値となる86.70円台まで下落しました。週足を見ると転換線を明確に割り込んでおり、相場は調整局面を迎えた可能性が高そうです。目先は今年夏以降下値支持となっている週足の基準線が焦点となるでしょう。同線は今週は86円ちょうど付近に位置しており、割り込むようならば、雲上限(今週は84.421円)に向けた一段安もあると見ます。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今日のテクニカル見通し:ユーロ/ドル

前週27日のマネトレでも解説しましたが、ユーロ/ドルはH&Sのネックラインを下抜けた事で下落トレンドに入った可能性があります。

ただ、昨日の足形は前週金曜の陰線実体部にかぶさる陽線となっており、一旦は反発が入っても不思議ではありません。これからエントリーするのであれば、戻りを確認後の反落を探すのも手です。

(1)ユーロ/ドル日足(10/27マネトレより)
EURUSD_171027.JPG
 

(2)ユーロ/ドル日足、H&Sの下値目処10/27(マネトレより)
EURUSD2_171027.JPG

ただ、昨日は前週末の陰線実体部にかぶさる陽線引けとなっており、一旦はリバウンドが入る事も考えられます。これからエントリーするのであれば、戻りを確認した後の反落局面を待つのも手です。

EURUSD_171031.JPG
(上記ユーロ/ドル日足の外貨ネクストネオのチャートは10/26の10:54現在)

○下値目処について
10/27安値(1.15737ドル)を割ると、週足の一目均衡表の基準線(1.14656ドル)や1月安値1.03392ドル-9月高値1.20922ドルの上げ幅38.2%押し(1.14226ドル)などが位置する1.14ドル台前半から半ばまで主だった目処が見当らないため、心理的節目の1.15ドルちょうどが機能するかポイントです。

もし、前述の1.14ドル台前半から半ばを下抜けるようならば、H&Sの下値目標にあたる1.1240ドル前後(上図(2)参照)に向けた一段安も考えられます。

○上値目処について
まずは、8/17安値1.16621ドルと10/6安値1.16692ドルを結ぶトレンドライン1.1670ドル前後)に注目です。戻りが弱いと押し戻されるでしょう。仮に突破したとしても、10/12に付けた直近高値(1.18796ドル)を超える動きとならない限り、下値が意識されやすい展開が続くと見ます。

○下値目処
1.16103ドル(ボリンジャーバンド-2シグマ)
<!–

ご質問、ご感想などはこちらから

–>1.15737ドル(10/27安値)
1.15900ドル(26週線)
1.14656ドル(週足の一目均衡表の基準線)
1.14226ドル(1月安値1.03392ドル-9月高値1.20922ドルの上げ幅38.2%押し)
1.14000ドル前後(15年8月と16年5月の高値を結ぶトレンドライン
1.12932ドル(月足の一目均衡表の転換線)
1.1240ドル前後(上図(2)参照)
1.12157ドル(月足の一目均衡表の基準線)

○上値目処
1.1670ドル前後(8/17安値1.16621ドルと10/6安値1.16692ドルを結ぶトレンドライン
1.16871ドル(6日線)
1.17158ドル(日足の一目均衡表の転換線)
1.17267ドル(日足の一目均衡表の基準線)
1.17351ドル(14年5月高値1.39933ドル-17年1月安値1.03392ドルの下げ幅38.2%戻し)
1.17556ドル(20日線)
1.17560ドル(月足の一目均衡表の雲下限)
1.17634ドル(日足の一目均衡表の雲下限)
1.18070ドル(75日線)
1.18221ドル(13週線)
1.18330ドル(週足の一目均衡表の転換線)
1.18796ドル(10/12高値)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今夜から明朝の注目材料は?

東京市場のドル/円は、ゴトー(5・10)日の仲値公示に絡んで113.80円台まで値を上げるも、その後は伸び悩んでいます。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

10/30(月)
17:00  10月スイスKOF景気先行指数
19:00  10月ユーロ圏消費者信頼感・確報
21:30  9月米個人消費支出(PCE)
21:30  9月米個人所得
21:30☆9月米コアPCEデフレーター
22:00☆10月独消費者物価指数・速報

10/31(火)
06:45  9月NZ住宅建設許可
08:50  9月日鉱工業生産・速報
10:00☆10月中国製造業PMI
10:00  10月中国非製造業PMI 
※☆は特に注目の材料

今週中に次期米連邦準備制度理事会(FRB)議長が指名されるとの見方が強まる中、前週に続いて議長人事が中心テーマとなりそうです。市場関係者の間では、テイラー・スタンフォード大教授ならドル高、テイラー氏と比べハト派のパウエルFRB理事ならドル安の反応が見込まれます。

また、明日朝に中国で10月製造業PMIが発表されます。市場予想は52.1と前月(52.4)からの小幅低下となっています。

 

FX為替ニュース

, , , , , , ,