タグアーカイブ: 20日

【発言】20日のこれまでの要人発言

モリソン豪財務相
「(米の税制改革をうけて)豪も法人税の引き下げが必要」
「法人税を下げないと豪は後退する」

黒田日銀総裁
「景気は緩やかに拡大している」
「経済、物価、金融情勢を踏まえて今後も必要な政策調整を行う」
「経済全体では、人手不足は制約にならない」
「この1年、日本経済は着実に改善」
「世界経済は今後も緩やかに成長を続ける見込み」
「この1年の消費者物価、弱めの動きが続いているのは確か」
「海外経済を中心とした先行き不透明感には注視が必要」
「仕入価格などで価格上昇圧力は強まっている」
「リバーサルレートは興味深いが、日本の金融仲介機能に問題が生じていることはない」
「リバーサルレートに言及したから、政策の見直しが必要と言うことではない」
「金融機関の収益力強化などを引き続きサポート」
「近い将来、金融仲介機能に問題が生じるとは考えていない」
「2%の物価目標にはまだ距離があり、粘り強く緩和を続ける」
「2%物価目標達成が金融政策の最大の目標」
「現時点で金融的に行き過ぎ、バブルとは思っていない」
「景気がいいからそろそろ金利を上げるという考えはない」
「ETF買入、特定の株価の水準を狙った政策ではない」
「イールドカーブコントロール(YCC)は適切な効果を発揮している」
「今のイールドカーブ、変える必要があると思っていない」
「ビットコイン、金融政策に影響を与えるものではない」
「地域金融機関の経営統合、効率性とサービス改善なら好ましいこと」
「政府判断でデフレ脱却宣言はあり得る」
「米金利がそれほど上がらないというのが市場の見方」
「地政学リスクには十分に注意が必要」
「米金利動向、市場とFOMCの見方にかい離」

メイ英首相
「EU離脱に関しての憲法的な問題は、原則的には英国だけのこと」
「ロシアの情報配信を兵器化していることに、とても憂慮している」

格付け会社ムーディーズ
「多くの米企業が税制改革の恩恵を受けるだろう」
「米減税はクレジットポジティブ、一方セクターごとで影響はまちまち」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

【発言】20日の要人発言=ホワイトハウス「大統領、後日税制法案へ署名」

イングランド銀行(BOE)
「欧州の銀行がブレグジット後も現在のまま通常通りに営業できるようにする」

カーニーBOE総裁
「英金融の水準はブレグジット以降も現状以上を維持、国際的な最低限の水準を上回る」

リクスバンク(スウェーデン中銀)
「政策金利を-0.50%で据え置き」
※据え置きは市場予想通り

国際通貨基金(IMF)
「18年英経済成長率見通しは+1.5%に据え置き」
「英財政赤字削減に増税が必要になる可能性も」
「EU離脱の影響や伸びが鈍い生産性が税収に打撃になる可能性も」
「英・EUの将来の通商関係が明確になるまで企業は投資を控える可能性」

米ホワイトハウス
「大統領、後日税制法案へ署名」

ショート米ホワイトハウス議会担当補佐官
「大統領、クリスマスから1月1日までの週に、税制改革法案に署名する可能性」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

欧州株(20日)=下落 ユーロ高によるグローバル企業の収益圧迫を嫌気

◆英FT100 7525.22 -18.87 -0.25%
◆独DAX 13069.17 -146.62 -1.11%
◆仏CAC40 5352.77 -30.14 -0.56%
 欧州株は下落。米税制改革を好感した買いが一巡した。英FT100は反落。独DAX、仏CAC40は続落した。ユーロ高がグローバル企業の収益を圧迫すると見方から、独DAXは1%を超える下落。多国籍ソフトウエア会社SAPが2.08%安となり、指数を押し下げた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【発言】20日のこれまでの要人発言

イングランド銀行(BOE)
「欧州の銀行がブレグジット後も現在のまま通常通りに営業できるようにする」

カーニーBOE総裁
「英金融の水準はブレグジット以降も現状以上を維持、国際的な最低限の水準を上回る」

リクスバンク(スウェーデン中銀)
「政策金利を-0.50%で据え置き」
※据え置きは市場予想通り

国際通貨基金(IMF)
「18年英経済成長率見通しは+1.5%に据え置き」
「英財政赤字削減に増税が必要になる可能性も」
「EU離脱の影響や伸びが鈍い生産性が税収に打撃になる可能性も」
「英・EUの将来の通商関係が明確になるまで企業は投資を控える可能性」

米ホワイトハウス
「大統領、後日税制法案へ署名」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

東京為替サマリー(20日)

東京午前=ドル円一時113円台回復も上値は限定的
 東京午前の為替市場は、クリスマス休暇と年末をひかえ、どの通貨も動意が少なかった。ドル円はNY市場で113.08円まで回復したが、東京オープン後も113.01円まで上昇した。しかしゴトー日(5・10日)の仲値の買いも大きくは無く、その後はじり下がり112.90円前後まで戻った。クロス円もドル円の上昇と共に、ユーロ円は133.80円、ポンド円は151.33円まで上がったが、ドル円が頭を抑えられると緩やかに戻した。米株が弱含んだことで、日経平均も下がって始まったが、一時プラス圏に戻す場面もあったがクロス円の買いにはならなかった。日経平均は14円安の22853円で前引けした。
 オセアニア通貨はNZ11月貿易収支が11億9300万NZドルの赤字で、前回は下方修正された8億4300万NZドルの赤字よりも赤字幅が拡大したことで、NZドル/ドルは0.6968ドルまで下がったが。しかし明日にNZ7-9月期のGDP発表を控えていることもあり、0.69ドル後半で小動きになった。NZドル円も78円後半で小動きだった。豪ドル/ドルは0.76ドル半ば、豪ドル円は86円半ばでもみ合いだった。

東京午後=米上院税制改革法案可決でドル円小幅上昇、NZドルは上値重い
 東京午後の為替市場は、午前中同様に狭いレンジでの動きだった。クリスマス休暇に入っている為替参加者が多く、年末を前に市場を動かす材料も少なく、どの通貨も小幅な値動きだった。米上院で税制改革法案が可決したことでドル円は、再び113.00円台を回復し、113.07円まで上昇したが、大きく買い上げるには力不足だった。クロス円はドル円が堅調だったため、ユーロ円は133.90円、ポンド円は151.39円まで上値を広げた。
 欧州通貨は、ユーロドルは1.18ドル前半、ポンドドルは1.3400ドル手前で堅調だった。
 オセアニア通貨はNZドルが弱含んだ。朝に発表されたNZの貿易収支の赤字幅が拡大したことで、豪ドル/NZドルが今月8日以来の1.10NZドルまで上がったことで、豪ドル買い・NZドル売りを海外勢がしかけた。NZドル/ドルは0.6954ドル、NZドル円は78.54円まで売られた。しかし明朝NZの7-9月期のGDPが発表されることもあり、値動きは限定的だった。
 アフリカ民族会議(ANC)の選挙前後から大きく動いた南ア・ランド(ZAR)も小動きだった。ドルZARは12.77ZAR近辺、ZAR円は8.84円近辺でもみ合いだった。

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】東京インターバンク市場取引(20日)

□東京インターバンク市場取引(20日)

ドル/円
寄付 113.00-01
高値 113.17
安値 112.85
終値 113.13-14
中心 112.95

ユーロ/ドル
寄付 1.1836-38
高値 1.1849
安値 1.1830
終値 1.1841-42

(提供.日銀)

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

20日の中国本土市場概況:上海総合0.3%安と3日ぶり反落、不動産セクター下げ目立つ[FISCO]

20日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比8.93ポイント(0.27%)安の3287.61ポイ (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,