タグアーカイブ: 20日

【発言】20日の要人発言=ECB総裁「景気の上振れはより増している」

黒田日銀総裁
「経済拡大し、企業収益最高、失業率は下がり、有効求人倍率もバブル以上で景気はしっかりし拡大している」
「省力化投資によって賃金上昇を吸収しようとしている」
「企業の慎重な姿勢が賃金の上昇を抑えている」
「今後も2%物価目標実現のため強力な金融緩和を粘り強く推進」
「しっかりとモメンタムを維持する」
「欧米中銀も物価目標の見直しは何回も先送りしている」
「景気は緩やかに拡大している」
「マクロ的な需給ギャップのプラス基調は定着」
「2%に近づくのは2019年程度」
「消費者物価はやや弱め、賃金・物価が上がりにくい」
「佐藤委員、木内委員の見通し期間中にCPIが2%に達しないという議案は否決」
「九州の豪雨の影響は今後を見て判断」

ドラギECB総裁
「秋の政策決定にインフレ要因を優先的に考慮」
「テーバリングのシナリオは議論せず」
「金融状況の引き締め、望んでいない」
「日本型の政策導入は協議せず」
「グローバルな回復が貿易・輸出の支えに」
「QEの変更する時期は設定はしない」
「ユーロ圏のリスクは幅広く均衡している」
「ユーロ圏経済の成長は引き続き拡大している」
「大規模な緩和が必要」
「ダウンサイドリスクは国際的な要因」
「インフレのヘッドラインはエネルギー価格により減退させられている」
「景気の上振れはより増している」
「潜在的なインフレ率の上昇はわずかに緩やかに進んでいる」
「ここからの数カ月は現状レベルのインフレ率」
「ガイダンスの維持は全会一致だった」

ユーロ圏当局者
「欧州中央銀行(ECB)は、テーパリングの決定は、10月以降になる見込み」
「資産購入のペース、フォワードガイダンスの文言、景気やインフレ見通しなど、検討事案があることで、次回の9月7日には結論が出せない可能性」

関係筋
「モラー特別検察官は、トランプ米大統領のビジネスに捜査範囲を拡大する」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY市場サマリー(20日)

[20日 ロイター] – <為替> ニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで急伸し、約2年ぶりの高値を付けた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が今秋に資産買い入れプログラム(量的緩和)の変更を協議すると発言したことが材料視された。

FX為替ニュース

, , , , ,

【発言】20日のこれまでの要人発言

黒田日銀総裁
「経済拡大し、企業収益最高、失業率は下がり、有効求人倍率もバブル以上で景気はしっかりし拡大している」
「省力化投資によって賃金上昇を吸収しようとしている」
「企業の慎重な姿勢が賃金の上昇を抑えている」
「今後も2%物価目標実現のため強力な金融緩和を粘り強く推進」
「しっかりとモメンタムを維持する」
「欧米中銀も物価目標の見直しは何回も先送りしている」
「景気は緩やかに拡大している」
「マクロ的な需給ギャップのプラス基調は定着」
「2%に近づくのは2019年程度」
「消費者物価はやや弱め、賃金・物価が上がりにくい」
「佐藤委員、木内委員の見通し期間中にCPIが2%に達しないという議案は否決」
「九州の豪雨の影響は今後を見て判断」

ドラギECB総裁
「秋の政策決定にインフレ要因を優先的に考慮」
「テーバリングのシナリオは議論せず」
「金融状況の引き締め、望んでいない」
「日本型の政策導入は協議せず」
「グローバルな回復が貿易・輸出の支えに」
「QEの変更する時期は設定はしない」
「ユーロ圏のリスクは幅広く均衡している」
「ユーロ圏経済の成長は引き続き拡大している」
「大規模な緩和が必要」
「ダウンサイドリスクは国際的な要因」
「インフレのヘッドラインはエネルギー価格により減退させられている」
「景気の上振れはより増している」
「潜在的なインフレ率の上昇はわずかに緩やかに進んでいる」
「ここからの数カ月は現状レベルのインフレ率」
「ガイダンスの維持は全会一致だった」

ユーロ圏当局者
「欧州中央銀行(ECB)は、テーパリングの決定は、10月以降になる見込み」
「資産購入のペース、フォワードガイダンスの文言、景気やインフレ見通しなど、検討事案があることで、次回の9月7日には結論が出せない可能性」

関係筋
「モラー特別検察官は、トランプ米大統領のビジネスに捜査範囲を拡大する」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

欧州市場サマリー(20日)

[20日 ロイター] – <為替> 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、秋に政策変更を議論する方針を示唆したことを受け、ユーロは対ドル<EUR=>で約2年ぶりの高値水準を記録した。ドル/円<JPY=>は、前日の約3週間ぶり安値をやや上回る水準で推移した。

FX為替ニュース

, , , , ,

欧州株(20日)=ユーロ高で独仏株弱含み

◆英FT100 7487.87 +56.96 +0.77%
◆独DAX 12447.25 -4.80 -0.04%
◆仏CAC40 5199.22 -16.85 -0.32%
 欧州主要株式市場はまちまち。欧州中央銀行(ECB)理事会ではフォワードガイダンスは変更されなかったものの、ドラギECB総裁がインフレ見通しに楽観的な見方を示したことでユーロが対ドル、対ポンドで上昇した。ユーロが全面高に推移したことや、秋にECB金融政策の引き締め期待の継続で独DAX、仏CAC40は反落した。英FT100は、英国のインフレ率鈍化を受けた早期利上げ期待の後退で続伸した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京為替サマリー(20日)

東京午前=日銀・ECBイベント控え、方向が定まらず
 東京タイム午前、為替は日銀金融政策の発表を控えて、限られたレンジでの推移に終始した。豪ドルは底堅さを維持し、豪雇用指標の内容を好感して上振れたが、程なく利益確定売りが優勢となった。
 米主要株価指数が軒並み最高値を更新するなかでも、本邦株価がさほど強さを示せず、ドル円は下押しが先行した。事業法人の決済が多いゴトー日(5・10日)の仲値公示にかけて111.77円まで小幅安。ただ、日銀の金融政策発表を控えるなか、強いトレンドをともなったような動きにはならず。株式前引にかけて、112.07円まで小幅高となった。
 ドル円が重い推移を先行させたなかでも、豪ドル円は89円前半で底堅かった。本日発表の豪6月就業者は+1万4000人と、+1万5000人程度を見込んでいた市場予想よりやや弱かったが、同常勤雇用者数が+6万2000人と堅調な結果。着実に常勤雇用者が増加していることが好感され、豪ドル円は一時89.33円と2015年12月以来の高値、豪ドル/ドルは0.7989ドルと同年5月以来の高値まで上昇した。しかしその後は、日銀だけでなく、今夜に欧州中央銀行(ECB)の金融政策発表イベントを控えていることもあり、利益確定の動きが優勢に。豪ドル円は88.87円、豪ドル/ドルは0.7934ドルまで下落。NZドル円も82.44円まで上昇後に82.22円、NZドル/ドルは0.7372ドルから0.7343ドルまで下押した。
 他通貨はイベントを控えた様子見から対ドル・対円でまちまち。ユーロドルは1.15ドル前半、ポンドドルは1.30ドル前半で小動き。ユーロ円は一時129.09円、ポンド円は145.93円と、強含みで推移した。

東京午後=日銀据え置きへの反応は限られ、総裁会見やECB待ち
 東京午後は、想定通り日銀は金融政策の据え置きを決定した。ドル円は買い優勢となった日経平均と相まって、112.19円までじり高。「緩やかに拡大している」と景気判断を上方修正した一方、「2019年度ごろになる可能性が高い」と物価2%目標の達成時期を先送りした展望レポートも想定内との見方。リスクバランスの下振れリスクにも触れたが、不安を強く駆り立てる内容ではなかった。ただ、15時30分から黒田日銀総裁の会見を控え、市場全般的に一方的に売り買いは進みにくかった。
 ユーロドルは1.1505ドルまで下押し。ユーロ円は一時129.16円まで小幅高の後はやや動きを落ち着かせるなど、各通貨は対ドル・対円でまちまち。今夜に欧州中央銀行(ECB)理事会も控えており、他通貨も動きにくかった。ポンドドルは1.30ドル前半でこう着。ポンド円は146.12円までじり高となったが、ユーロ円と同様に動きは静かだった。
 オセアニア通貨はレンジ推移。午前に上昇後、下値を探った豪ドルは対ドルで0.79ドル前半、豪ドル円は89円付近、NZドル/ドルは0.73ドル前半で重く、NZドル円は82円前半での動き。ドル/加ドルは1.26加ドル前半で加ドルじり安、加ドル円は88円後半でもみ合い。

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】東京インターバンク市場取引(20日)

□東京インターバンク市場取引(20日)

ドル/円
寄付 111.88-89
高値 112.32
安値 111.77
終値 112.27-29
中心 111.84

ユーロ/ドル
寄付 1.1528-29
高値 1.1532
安値 1.1500
終値 1.1500-01

(提供.日銀)

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

東京マーケット・サマリー(20日)

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の112円前半。正午過ぎに日銀による金融政策の現状維持が伝わった直後にやや上下したが、その後は日銀総裁の会見や欧州中央銀行(ECB)理事会といった中銀イベントを控えて、112円前半での小動きが続いた。

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】20日の人民元の対ドル基準値は、1ドル=6.7464元

中国は、20日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.7464元と発表。
 本日の基準値は、19日に発表された基準値=6.7451元から+13pの元安・ドル高水準となる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

20日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>○08:50 ◎ 6月貿易統計(通関ベース、季節調整前、予想:4880億円の黒字)○未定 ☆ 日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表、予想:当座預金金利▲0.10%で据え置き)○未定 ◎ 経済・物価情勢の展望(7月、基本的見解)○13:30 ◇ 5月全産業活動指数…

FX為替ニュース

, , , , , ,