タグアーカイブ: 20日

【発言】20日の要人発言=北朝鮮「自衛を目的に核実験を継続」

黒田日銀総裁
「景気は緩やかに拡大」
「日本経済は内外需がバランスよくけん引」
「賃金の上昇圧力が着実に高まっている」
「強力な金融緩和を継続させる」
「金融活動に行き過ぎた動きは見られず」
「金融システムは安定維持」
「日本のイールドカーブ、金融調節方針と整合的」

シェリング・オーストリア財務相
「ECBはマイナス金利を終わらすべきだ」
「ECBは量的緩和を急いで止めるべきではない」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
「ユーロはスイスフランのようにリスク回避通貨となっている」
「ECBは、ユーロ圏のインフレ動向を注意深くみている」
「中銀はビットコインを複雑なものと捉えている」
「ECBは、来週の理事会で資産買い入れの縮小を決定する可能性が高い」

トゥスクEU大統領
「EU27カ国の首脳はブレグジットに対して同じ考えを持っている」
「ブレグジット交渉が行き詰ったというのは言い過ぎだ」
「今までに多くの進展があった」

メイ英首相
「英とEUはブレグジット交渉の進展に向けて、共同で働くべき」
「ブレグジット交渉について楽観的に見ている」

メルケル独首相
「英・EU離脱交渉、12月には次の段階に進みたい」
「次の段階に進むには、英の精算金への取り組み次第」

トランプ米大統領
「(FRB議長候補)テイラー氏、パウエル氏、とても能力がある」
「両氏のFRB入りは選択肢」
「イエレン氏とも面会、とても好ましく思っている」

ホワイトハウス報道官
「FRB議長・副議長へテイラー氏、パウエル氏の任命検討」

北朝鮮外交筋
「自衛を目的に核実験を継続」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「政策金利の緩やかな正常化が望ましい」

イエレンFRB議長
「インフレ期待が加速しそうな兆しも」
「インフレ対処への誤りを積み重ねて、FRBが信用を損なうことを懸念」
「3月からのインフレの弱さの理由は早期に解明しないだろう」
「マイナス金利は利点もあるが、コストも高くつく」
「(将来、もし景気悪化となれば)量的緩和などの非伝統的な政策手段を再び活用する可能性は大きい」
「トランプ大統領の次期FRB議長選択に関して、尋ねられたり助言をしたりしていない」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

20日のドル円相場ときょうのひとこと(10/23 月)

231.PNG

———-10/20ドル円相場概況———————

 
OP 112.533
HI 113.568
LO 112.516
CL 113.509
 
東京市場のドル円は、米予算決議案の可決を受けてトランプ税制への期待が高まりドル買いに傾いた。113円台を回復して113.30円台へと上昇した。欧州市場ではポンド買いの反動でドル売りに傾く場面もあったが、下値は113.00円台にとどまった。NY市場に入ると、トランプ税制への期待から株高と債券安が進行する中、ドル買いが再度優勢となり113.568円まで上値を伸ばした。その後もトランプ大統領の次期FRB議長に関する発言などもあって高値圏を維持したまま越週態勢に入った。
 
———–10/20主な出来事—————————-
 
10:30 米上院、予算決議案を可決
 
15:00(独) 9月生産者物価指数 (前年比)+3.1%
前回+2.6%
予想+2.9%
 
17:30(英) 9月財政収支-53億GBP
前回-51億GBP(-41億GBP)
予想-57億GBP
 
19:00 メイ英首相
「英とEUはブレグジット交渉の進展に向けて、共同で働くべき」
「ブレグジット交渉について楽観的に見ている」
 
21:30(加) 9月消費者物価指数 (前月比)+0.2%
前回+0.1%
予想+0.3%
(加) 9月消費者物価指数 (前年比)+1.6%
前回+1.4%
予想+1.7%
 
21:30(加) 8月小売売上高 (前月比)-0.3%
前回+0.4%
予想+0.5%
(加) 8月小売売上高 (前月比:除自動車)-0.7%
前回+0.2%
予想+0.3%
 
23:00(米) 9月中古住宅販売件数539万件
前回535万件
予想530万件
 
27:10 トランプ米大統領
「テイラー氏、パウエル氏の両名は非常に有能」「テイラー氏、パウエル氏両名のFRB入りも選択肢」「イエレン氏については非常に好感を持っている」「FRB議長人事については間もなく決定するつもり」
 
————10/20株式・債券・商品———————-
 1023.PNG
 
 
————10/23きょうの注目材料———————
 
<国内>
なし
 
<海外>
16:00    プラートECB専務理事、講演
17:30    9月香港CPI
21:30    8月カナダ卸売売上高
23:00    10月ユーロ圏消費者信頼感指数
 
 
————10/23きょうのひとこと———————-
 
衆院選は自・公合計で3分の2以上の議席を獲得して与党の圧勝に終わりました。野党分裂のおかげもあったとはいえ、海外勢には「日本は最も政権が安定」と評価されそうです。アベノミクスと日銀の大規模緩和が継続するとの見方は日本株高・円安要因になるでしょう。もっとも、ドル円に関しては、すでに結果が出た日本の選挙よりも、米国の次期FRB人事やトランプ税制の「これから」のほうに市場の関心が向かうと考えられます。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

欧州市場サマリー(20日)

[20日 ロイター] – <為替> ドルが上昇。米上院が前日、18年度予算の大枠となる予算決議案を可決し、上院の過半数を握る共和党が単独で税制法案を通過させる環境が整ったことで、投資家のリスク選好が高まった。ドル/円<JPY=>は113.46円と3カ月ぶり高値をつけた。

FX為替ニュース

, , , , ,

【発言】20日のこれまでの要人発言

黒田日銀総裁
「景気は緩やかに拡大」
「日本経済は内外需がバランスよくけん引」
「賃金の上昇圧力が着実に高まっている」
「強力な金融緩和を継続させる」
「金融活動に行き過ぎた動きは見られず」
「金融システムは安定維持」
「日本のイールドカーブ、金融調節方針と整合的」

シェリング・オーストリア財務相
「ECBはマイナス金利を終わらすべきだ」
「ECBは量的緩和を急いで止めるべきではない」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
「ユーロはスイスフランのようにリスク回避通貨となっている」
「ECBは、ユーロ圏のインフレ動向を注意深くみている」
「中銀はビットコインを複雑なものと捉えている」
「ECBは、来週の理事会で資産買い入れの縮小を決定する可能性が高い」

トゥスクEU大統領
「EU27カ国の首脳はブレグジットに対して同じ考えを持っている」
「ブレグジット交渉が行き詰ったというのは言い過ぎだ」
「今までに多くの進展があった」

メイ英首相
「英とEUはブレグジット交渉の進展に向けて、共同で働くべき」
「ブレグジット交渉について楽観的に見ている」

メルケル独首相
「英・EU離脱交渉、12月には次の段階に進みたい」
「次の段階に進むには、英の精算金への取り組み次第」

トランプ米大統領
「(FRB議長候補)テイラー氏、パウエル氏、とても能力がある」
「両氏のFRB入りは選択肢」
「イエレン氏とも面会、とても好ましく思っている」

ホワイトハウス報道官
「FRB議長・副議長へテイラー氏、パウエル氏の任命検討」

北朝鮮外交筋
「自衛を目的に核実験を継続」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「政策金利の緩やかな正常化が望ましい」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

【指標結果】東京インターバンク市場取引(20日)

ドル/円
寄付 112.68-69
高値 113.35
安値 112.53
終値 113.32-33
中心 113.17

ユーロ/ドル
寄付 1.1848-49
高値 1.1857
安値 1.1792
終値 1.1805-06

(提供.日銀)

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

東京為替サマリー(20日)

米予算決議案可決でドル円113円台回復  
 東京午前はドル買いが優勢だった。本日はゴトー日(5・10日)ということで、東京仲値が不足(ドル買い・円売り需要)で、本邦勢が強引に仲値の時間にドルを112円後半に持ち上げた。仲値後に米上院で予算決議案が可決したと報じられると、ドルが更に買われドル円は113.31円まで上昇した。欧州通貨も予算決議案可決報道でドル買いが進み、ユーロドルは1.1807ドル、ポンドドルは1.3100ドル、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9848CHFまでドルが買われた。米10年債利回りも2.34%近辺まで上昇した。日経平均は下落して始まったが、円売りを背景に戻し続伸して前引けした。
 予算決議案可決はトランプ政権による税制改革の一歩になることで、リスクオンに結びつくため円売りになり、対欧州通貨のクロス円は堅調に推移した。ユーロ円は133.86円、ポンド円は148.58円、CHF円は115.54円まで上値を広げた。
 オセアニア通貨は、昨日後場にNZの次期政権が労働党を中心にNZファーストと緑の党による連立政権になることで、今後の政策不安(TPP離脱、海外からの投資抑制、NZドルの安値誘導など)でNZドル売りが進んだ。対ドルでは5月24日以来となる0.70ドルを割り込み。同月22日以来となる0.6972ドルまで下落。対豪ドルでは昨年4月下旬以来となる1.1254NZドルまでNZドル売りが進んだ。対円では9月中旬以来の78.82円まで下値を広げた。豪ドルはNZドルが重かったため上値が限られたが、対NZドルの買いも出ているため動きは限定的になり、対ドルは0.78ドル後半から半ば、対円では88円後半でもみ合いになった。

ドル円は113円前半で堅調、日経平均は14日続伸  
 東京午後のドル円は、引き続きドルは堅調だったものの、週末に様々なリスク(北朝鮮の挑発、イエレンFRB議長の講演、FRB新議長決定の可能性、日本の衆議院選挙)があり狭い値幅での動きだった。午前中に米上院で予算決議案が可決したことによりドルが買われたが、ドル円は113.20円前後で小動きになった。欧州通貨はポンドドルが弱含み一時1.3088ドルまで下値を広げた。ユーロドルは1.1815ドル前後でこう着した。
 米10年債利回りは一時2.36%前後まで上昇、日経平均は14日続伸し、戦後の続伸の最長記録に並んだ。
 前場には政局不安から5月22日以来の0.6972ドルまで下落したNZドル/ドルも0.69ドル後半でもみ合いになった。対円でも79円台まで回復した。豪ドルは対ドルでは下がっているものの、昨年4月以来の水準になったことで豪ドル/NZドルの買いがモデル・ファンドから引き続きでていた。豪ドル/ドルは0.78ドル半ば、豪ドル/NZドルは1.12NZドル前半を中心とした動きになった。

FX為替ニュース

, , , , ,