Tag Archive: 19日

【発言】19日の要人発言=NY連銀総裁「景気の拡大、長期継続を確信」

ロウRBA総裁
「豪経済はより強い成長が可能」
「今後数年の豪経済はやや加速する公算」
「雇用の伸びと企業の景況感は大幅に改善」

国際通貨基金(IMF)
「日銀は持続的な緩和スタンスを維持すべき」
「日本の消費税率は、15%に達するまで段階的な引き上げが必要」
「日銀の対話枠組みの強化は、国債買入額への言及を控えることも一案」
「日本のインフレ率は、2017年は+0.7%へ上昇、2018年は+0.6%に低下する見通し」

リプトン国際通貨基金(IMF)筆頭副専務理事
「日銀は、下方リスクが顕在化した場合は、追加緩和に踏み切るべき」
「アベノミクスは成果を上げてきており、今後も続けるべき」

ファリハ・サウジアラビアエネルギー産業鉱物資源相
「石油市場のファンダメンタルズは正しい方向に向かっているが、不均衡の是正には時間がかかる見込み」

モラー特別検察官報道官
「モラー氏のチームに12名の検察官が加わった」

スメッツ・ベルギー中銀総裁
「ECBは年末以前にQEに関して決断すべき」

ジョンソン英外務相
「想定されているより、欧州のパートナーは善意を持ち合わせている」
「離脱協定の成立には現実的な見込みがある」

バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官
「まず英・EU離脱の不透明感の払しょくに取り組まなければならない」

デービス英EU(欧州連合)離脱担当相
「国民は良好な交渉に関心」
「強いパートナーシップの構築を望む」

ダドリー米NY連銀総裁
「インフレはFRBが望む見方より少し低い」
「米経済は完全雇用に極めて接近」
「信頼感は非常に非常に高い」
「景気の拡大、長期継続を確信」
「自動化が雇用を圧迫することを強く憂慮せず」
「2-3年のうちに賃金3%へ上昇と予想」
「利上げは、金融市場を引き締めてない」

ロス米商務長官
「カナダ・メキシコとも為替操作をしていない」
「新たなNAFTAによって、加・メキシコ通貨上昇も」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【発言】19日のこれまでの要人発言

ロウRBA総裁
「豪経済はより強い成長が可能」
「今後数年の豪経済はやや加速する公算」
「雇用の伸びと企業の景況感は大幅に改善」

国際通貨基金(IMF)
「日銀は持続的な緩和スタンスを維持すべき」
「日本の消費税率は、15%に達するまで段階的な引き上げが必要」
「日銀の対話枠組みの強化は、国債買入額への言及を控えることも一案」
「日本のインフレ率は、2017年は+0.7%へ上昇、2018年は+0.6%に低下する見通し」

リプトン国際通貨基金(IMF)筆頭副専務理事
「日銀は、下方リスクが顕在化した場合は、追加緩和に踏み切るべき」
「アベノミクスは成果を上げてきており、今後も続けるべき」

ファリハ・サウジアラビアエネルギー産業鉱物資源相
「石油市場のファンダメンタルズは正しい方向に向かっているが、不均衡の是正には時間がかかる見込み」

モラー特別検察官報道官
「モラー氏のチームに12名の検察官が加わった」

スメッツ・ベルギー中銀総裁
「ECBは年末以前にQEに関して決断すべき」

ジョンソン英外務相
「想定されているより、欧州のパートナーは善意を持ち合わせている」
「離脱協定の成立には現実的な見込みがある」

バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官
「まず英・EU離脱の不透明感の払しょくに取り組まなければならない」

デービス英EU(欧州連合)離脱担当相
「国民は良好な交渉に関心」
「強いパートナーシップの構築を望む」

ダドリー米NY連銀総裁
「インフレはFRBが望む見方より少し低い」
「米経済は完全雇用に極めて接近」
「信頼感は非常に非常に高い」
「景気の拡大、長期継続を確信」
「自動化が雇用を圧迫することを強く憂慮せず」
「2-3年のうちに賃金3%へ上昇と予想」
「利上げは、金融市場を引き締めてない」

ロス米商務長官
「カナダ・メキシコとも為替操作をしていない」
「新たなNAFTAによって、加・メキシコ通貨上昇も」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

欧州市場サマリー(19日)

[19日 ロイター] – <為替> 円がドルとユーロに対し下落した。日銀が16日の金融政策決定会合で金融政策の維持を決定し、景気支援策を引き揚げる公算が小さいことを示したことが背景。円<JPY=>は対ドルで0.4%安の111.32円近辺となっている。

FX為替ニュース

, , , , ,

東京為替サマリー(19日)

東京午前=リスク選好地合い、NZドル円が3/2以来の81円台  
 東京午前の為替相場は、日経平均の3桁上昇で2万円台乗せや米株先物が強含んでいるいることを背景に、リスク選好の円売りがまずは優勢となった。ただし、ドル円は110円後半から111.14円までじり高となるも仲値以降は重い値動きとなり、再び111円割れとなった。先週末の米指標が予想を下回ったことで、米債利回りが再び低下基調となっており、ドル円の上値を重くしている。
 5月貿易収支は黒字予想を大きく下振れし、4カ月ぶりの赤字(2034億円)となった。しかしながら、大型連休の影響も大きく市場にとってはサプライズとはならず、指標発表後も動意は鈍かった。
 ユーロ円は124.39円までと先週末終値から30銭ほど円安に動いた。ユーロドルが1.12ドルを挟んでもみあい。フランス国民選挙の第2回目投票が終わり、マクロン仏大統領が率いる「共和国前進」が6割の議席を獲得する圧勝に終わったが、市場にとっては予想の範囲内であり、ユーロを動意づけることにはならなかった。
 オセアニア市場ではポンドが対円で141円前半、対ドルでは1.27半ばまで売られたが、東京勢が参入すると買い戻され、それぞれ141.98円、1.2798ドルまで強含んだ。しかしながら、Brexitへの閣僚同士の意見の相違、ロンドンの高層ビル火災へのメイ首相の対応への批判などポンドネガティブな材料も多く、上値は限定された。
 先週末に4月3日以来の水準84.81円をつけた豪ドル円は、本日も底堅い値動きで84.74円まで上昇し、豪ドル/ドルも2カ月ぶりの高値圏0.76ドル前半で推移した。ロウ豪準備銀行(RBA)総裁が「雇用の伸びと企業の景況感、大幅に改善」と豪経済に対して楽観的な発言をしたことも、豪ドルの下支えとなったようだ。
 NZドルも堅調に推移し、対円では3月2日以来の81円台乗せ、81.02円まで上値を伸ばした。対ドルでも0.72ドル半ばから0.7298ドルまで上昇し、そのまま0.72ドル後半で推移している。

東京午後=取引は閑散、ドル円111円近辺  
 東京午後の為替相場は手がかりが乏しく、取引は閑散。ドル円は先週末に2日以来の111円台復帰を果たしたものの上値が伸びなかったこともあり、本日も111円台では利益確定売りも強い。ただ、株高も下支えにドル円の下値は堅く111円前後でこう着。後場の日経平均は上げこそ一服するも3ケタの上げ幅を維持し、高値圏でもみ合い。
 リプトンIMF(国際通貨基金)筆頭副専務理事は、下方リスクが顕在化の際に日銀は追加緩和すべきと述べ、まだ刺激策解除する時期ではないが、近いうちに始めることは可能との見解を示した。
 仏国民議会選挙でのマクロン新党の勝利に反応を示さなかったユーロドルは1.12ドル前後、ユーロ円は124円前半で小動き。また、ポンドドルは1.27ドル後半、ポンド円は141円後半で動意薄。英国の欧州連合(EU)離脱交渉は19日に正式に開始される予定。まずは離脱時に英国側に生じる支払い問題について、友好的な話し合いとなるかどうかに市場は注目している。
 午前に堅調な動きとなったNZドルも上げが一服し、NZドル/ドルは0.72ドル後半、NZドル円は80円後半で動意が鈍った。また、豪ドル/ドルは0.76ドル前半、豪ドル円は84円半ばでもみ合い。

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】東京インターバンク市場取引(19日)

□東京インターバンク市場取引(19日)

ドル/円
寄付 110.97-98
高値 111.20
安値 110.79
終値 111.11-12
中心 111.04
ユーロ/ドル
寄付 1.1203-04
高値 1.1206
安値 1.1184
終値 1.1194-95

(提供.日銀)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】19日の人民元の対ドル基準値は1ドル=6.7972元

中国は、19日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.7972元と発表。
 本日の基準値は、16日に発表された基準値=6.7995元から-23の元高・ドル安水準となる。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

19日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>○08:50 ◎ 5月貿易統計(通関ベース、季節調整前、予想:433億円の黒字)<海外>○08:01 ◇ 6月ライトムーブ英住宅価格○08:30 ◎ ロウ豪準備銀行(RBA)総裁、講演○18:00 ◇ 4月ユーロ圏建設支出○21:00 ◎ ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演※…

FX為替ニュース

, , , , , ,