タグアーカイブ: 14日

【発言】14日の要人発言=アトランタ連銀総裁「12月の利上げを支持」

ブレイディ米下院歳入委員会委員長
「税制改革法案を通過させる自信がある」

茂木経済財政相
「パウエルF次期FRB議長は金融市場を通じて世界経済を注視している」

中国国家統計局
「2018年も中国経済を安定成長に保つことは可能」
「中国経済は正当なレンジで成長している」
「不動産部門は健全な傾向を維持している」

エバンス米シカゴ連銀総裁
「将来の危機に備え、新たな金利設定手法が必要」

カプラン米ダラス連銀総裁
「12月利上げを真剣に検討する」

ドラギECB総裁
「ECBの金融緩和策は効果を発揮した」

黒田日銀総裁
「インフレ期待はやや上昇傾向にある」
「強力な緩和策を継続する」

イエレンFRB議長
「FRBのガイダンスは景気見通し次第で決めるべき」

安倍首相
「TPP11、閣僚レベルでの大筋合意は大きな前進」
「北朝鮮は引き続き核とミサイル開発を継続している」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「下期の米経済成長は予想を上回る可能性」
「現状の政策金利 しばらくの間は適正水準となる」
「2018年の米経済成長は、2017年下期より減速するだろう」
「税制改革の影響を見通しにおいて考慮するのは尚早」
「賃金引上げには米生産性の高まりが必要」

OECD(経済協力開発機構)
「スイス 生産力の鈍化が経済成長の重し」
「スイスGDP 2017年が+0.8%、2018年は+1.7%、2019年が+1.8%を予想」

クーレECB理事
「ECBによる証券保持は金融緩和継続の支援となる」

ムニューシン米財務相
「2%の経済成長は、新たな常態(ニューノーマル)ではない」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「今後2、3年は段階的に利上げすることが適切だろう」
「米経済は完全雇用に近く、2%をやや上回る成長」
「仮想通貨(暗号通貨)が本物の通貨となれるかは懐疑的」
「12月FOMCでの利上げを支持する」
「もしインフレ鈍化が続き、地区経済も弱まれば、利上げも休止すべき」

ロス米商務長官
「米国不参加のTPP11が合意に達するのは難しいだろう」
「北米自由貿易協定(NAFTA)はトランプ米大統領次第」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【発言】14日のこれまでの要人発言

ブレイディ米下院歳入委員会委員長
「税制改革法案を通過させる自信がある」

茂木経済財政相
「パウエルF次期FRB議長は金融市場を通じて世界経済を注視している」

中国国家統計局
「2018年も中国経済を安定成長に保つことは可能」
「中国経済は正当なレンジで成長している」
「不動産部門は健全な傾向を維持している」

エバンス米シカゴ連銀総裁
「将来の危機に備え、新たな金利設定手法が必要」

カプラン米ダラス連銀総裁
「12月利上げを真剣に検討する」

ドラギECB総裁
「ECBの金融緩和策は効果を発揮した」

黒田日銀総裁
「インフレ期待はやや上昇傾向にある」
「強力な緩和策を継続する」

イエレンFRB議長
「FRBのガイダンスは景気見通し次第で決めるべき」

安倍首相
「TPP11、閣僚レベルでの大筋合意は大きな前進」
「北朝鮮は引き続き核とミサイル開発を継続している」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「下期の米経済成長は予想を上回る可能性」
「現状の政策金利 しばらくの間は適正水準となる」
「2018年の米経済成長は、2017年下期より減速するだろう」
「税制改革の影響を見通しにおいて考慮するのは尚早」
「賃金引上げには米生産性の高まりが必要」

OECD(経済協力開発機構)
「スイス 生産力の鈍化が経済成長の重し」
「スイスGDP 2017年が+0.8%、2018年は+1.7%、2019年が+1.8%を予想」

クーレECB理事
「ECBによる証券保持は金融緩和継続の支援となる」

ムニューシン米財務相
「2%の経済成長は、新たな常態(ニューノーマル)ではない」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「今後2、3年は段階的に利上げすることが適切だろう」
「米経済は完全雇用に近く、2%をやや上回る成長」
「仮想通貨(暗号通貨)が本物の通貨となれるかは懐疑的」
「12月FOMCでの利上げを支持する」
「もしインフレ鈍化が続き、地区経済も弱まれば、利上げも休止すべき」

ロス米商務長官
「米国不参加のTPP11が合意に達するのは難しいだろう」
「北米自由貿易協定(NAFTA)はトランプ米大統領次第」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

欧州市場サマリー(14日)

[14日 ロイター] – <為替> ドイツの第3・四半期の国内総生産(GDP)速報値が好調だったことで、ユーロが対ドルで2週間半ぶりの高値を付けた。ユーロ/ドルは0.69%高の1.1745ドル。1日の上昇率としては9月7日以来の大きさとなる見通し。

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】東京インターバンク市場取引(14日)

ドル/円
寄付 113.60-61
高値 113.74
安値 113.59
終値 113.73-74
中心 113.65

ユーロ/ドル
寄付 1.1664-65
高値 1.1694
安値 1.1662
終値 1.1689-90

(提供.日銀)

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

東京為替サマリー(14日)

東京午前=株価堅調でドル円は113円後半、欧州通貨は様子見
 東京午前の為替市場は、小幅なレンジで取引された。ドル円は日経平均が一時マイナスになるものの、プラス圏に戻したことや、米長期債利回りは2.40%台を維持していたことで堅調に推移し、113.73円まで上昇した。欧州通貨は本日の欧州時間にユーロ圏の経済指標が多く発表されることで、様子見になった。ユーロドルは1.16ドル後半、ポンドドルは1.31ドル前半を中心に狭いレンジで取引された。
 オセアニア通貨はまちまちな動きになった。豪ドルは二重国籍問題でランビー上院議員が辞任して重くなっていたが、NAB企業景況感指数が市場予想の+14を上回る+21で、調査開始以来最高の数値が発表されたことで底堅くなった。豪ドル/ドルは0.7639ドル、豪ドル円は86.83円まで上昇した。中国の10月の小売売上高は市場予想の10.5%を下回る10.0%だったが市場の反応は鈍かった。豪ドルが堅調なのに反して、NZドルは上値が重く推移した。今後のNZ準備銀行(RBNZ)総裁人事に対する懸念と、金融政策の不透明感を嫌気し、対ドルでは0.6873ドル、対円では78.11円までじり安になった。

東京午後=豪ドル高NZドル安、ドル円は113円後半でこう着
 東京午後の為替市場はどの通貨も非常に狭いレンジで取引された。ドル円は昨日の高値を午前中に2銭ほど更新し113.73円まで上昇したが、ほぼ昨日の午後と同じ水準の113円後半で取引されたため、市場参加者も手の出しようが無かった。
 本日は16時からの独7-9月期GDPの速報値を皮切りに、伊、ギリシャ、ユーロ圏のGDPが発表され、独のCPIやZEWなども発表の予定になっている。英からもCPI、小売売上高、生産者物価指数が発表される。経済指標だけでなく、ドラギECB総裁、ラウテンシュレーガーECB理事、ヌイECB銀行監督委員長、ビルロワドガロー仏中銀総裁、クーレECB理事、カンリフBOE副総裁の講演も予定されていることで、欧州通貨はこれらの経済指標と講演待ちになり、狭いレンジでの取引だった。ユーロドルは1.16ドル後半、ポンドドルは1.31ドル前半で僅かな動きしかなかった。
 オセアニア通貨は強弱がはっきりと分かれた。午前中にNAB企業景況感指数は1997年の調査開始以来の高水準の結果が出たため、豪ドルは底堅く対ドルでは0.76ドル前半、対円では86円後半がしっかりと買い支えになっていた。一方NZドルは上値が重く、対ドルでは0.6858ドルまで下値を広げ、対円では77.93円まで下落した。

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】14日の人民元の対ドル基準値は、1ドル=6.6399元

中国は、14日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.6399元と発表。 
 本日の基準値は、13日に発表された基準値=6.6347元から+52pの元安・ドル高水準となる。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

14日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>特になし<海外>○09:30 ◇ 10月豪NAB企業景況感指数○11:00 ◎ 10月中国鉱工業生産(予想:前年比6.3%)○11:00 ◎ 10月中国小売売上高(予想:前年比10.5%)○16:00 ☆ 7-9月期独国内総生産(GDP)速報値(予想:前期比0.6%/前年同期比2.3%)…

FX為替ニュース

, , , , ,

【発言】14日の要人発言=米財務長官「目標の法人税15%達成に奮闘」

ムニューシン米財務長官
「減税は経済成長により賄える」
「2018年までは債務の上限は懸念していない」
「税制改革は企業に投資を促す」
「大統領目標の法人税の15%達成に奮闘している」
「これまで以上に税制改革を実行することが重要だ」

マルズーク・クウェート石油相
「(石油輸出国機構=OPEC)次回の11月総会で減産合意延長決定しない場合、来年3月半ばに臨時総会を開く可能性」

ホワイトハウス筋
「トランプ大統領は民主党の(リーダーたち)シューマー議員、ペロシ議員と建設的な会話ができた」
「税制改革、国境警備、ドリーマーズ(不法移民の親に連れられてアメリカに入国し、住みついた子供たち)の問題、インフラ、貿易について話した」

ペロシ民主党下院院内総務、シューマー民主党上院院内総務
「トランプ大統領と非常に前向きな会話ができた」
「国境に壁を作ること以外では、国境の安全政策については協力していくことに同意できた」
「ドリーマーズたちを守るための法律を早急に作ることに同意した」

中国統計局
「中国の大都市の8月の失業率は5%を下回っている」
「経済は引き続き底堅さを増しているが、国際的な多くの不透明感に直面している」

スメッツ・ベルギー中銀総裁
「ユーロ圏のインフレは底入れしたと思われる」

ヤズベツ・スロベニア中銀総裁
「ECB(欧州中央銀行)のテーパリング表明は先延ばしされてきたが、不可避である」
「テーパリングの決定前に、ECBはもう少しデータが必要」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
「スイスフランは依然として、過大評価されている」

アーバル・トルコ財務相
「金利引き下げの措置を講じることは、政府の義務であり、金利はインフレ率の低下とともに下がる」

パドアン伊財務相
「強いユーロは、金融緩和策の終了を遅らせる可能性」

トランプ米大統領
「メキシコ国境の壁は建造し続けられる」
「韓国への核兵器導入は、南北間の平和構築が不可能になるため反対」
「法人税率15%程度に低下させるように努める」
「FRB議長人事はまだ決まっていない」
「イエレンFRB議長を尊敬している」

カーニーBOE(イングランド銀行)総裁
「利上げの可能性は間違いなく上昇している」
「向こう数カ月で金利調整の必要性が出てくる可能性」
「物価上昇はEU離脱決定によるポンド安が要因」

ティラーソン米国務長官
「北朝鮮制裁、国連にもっと強い決議を望んだ」
「対北朝鮮、中国に石油手段の活用を期待」

ウィルキンスBOC(カナダ銀行)副総裁
「インフレ率は目標の下端に位置するが一時的なもので、我々は将来を考慮している」
「インフレターゲットは将来を考慮したもので、現在のインフレ状況を見て政策を決めると間違えてしまう」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,