タグアーカイブ: 112円台

東京為替見通し=ドル円 112円台のレンジ相場、豪ドルは豪GDPに注目

 NYタイムの為替市場は、ドル円が112.87円を高値に112円半ばに押し戻された。米11月ISM非製造業景況指数が57.4と10月60.1から悪化したこと、米10月貿易赤字が487億ドルへ増大したことなどがドルの重しとなった。欧州通貨は、まちまちな動き。ユーロドルは1.18ドル付近まで弱含むも、ポンドドルが英・EU離脱交渉の進展期待から1.34ドル半ばで下げ渋った。ドル/加ドルは、加貿易赤字の縮小を受けて1.2624加ドルまでの加ドル買いとなった。買い一巡後には6日のカナダ銀行(BOC)金融政策決定会合を控えて、1.27加ドル付近まで加ドルが売られている。
 本日の東京為替市場は、ドル円が昨日からの動き同様に112円台での推移となりそうだ。昨日は米経済指標が市場予想比下振れし、米10年債利回りも週初の2.41%台から2.35%台まで低下した。ロシアゲート疑惑の深刻化懸念や米暫定予算と債務上限引き上げ期限が8日に迎えるなど、ドルの上値を抑える材料がいくつかみられる。しかしながら、NYタイムのドル円の押しは112円半ばまでと限定的だった。やはり、米税制改革法案への市場期待がドル買いにつながっていると思われる。また、下期の本邦機関投資家の外債投資拡大もドル円の下支え要因。一方でクロス円は、米株主要3指数が下落した流れを受けてアジア株式市場も弱含む可能性があり、リスク回避の円買い(クロス円の売り)となる可能性には留意したい。その動きとなった場合は、ドル円も112円前半程度までの下押しは考えられるか。
 その他、本日は豪7-9月期GDPの発表が予定されており、豪ドルの動きも注目される。昨日は、市場予想を上回った豪10月小売売上高を受けて、東京タイムで豪ドルは強含んだ。しかしながら、海外市場では売りが優勢となり、上げ幅を大きく縮小してオセアニア市場に戻ってきた。現在観測されるオーダー状況をみると、豪ドル円の下サイドは買いが多いが、豪ドル/ドルにはストップロスの売りが見られる。弱い数値、または、強くても伸び悩んだ後の下攻めには注意したい。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル円、112円台で実需のオーダーに挟まれる

こんばんは、Dice-Kです。ドル円は112円台半ばでやや方向感を欠いた動きとなっていますね。本日も米税制改革法案の行方と金利、株価などに左右される見込みですが、113円台には本邦輸出勢の売りが観測されているようです。一方、112.20円以下の水準には輸入勢からの買いが控…

FX為替ニュース

, , , , , , ,

欧州為替:ドル・円は112円台、米金利の上昇で

[欧米市場の為替相場動向]
ドル・円は欧州市場で一時111円95銭まで弱含んだが、その後112円を回復し足元は112円10銭付近でもみあう展開。米10年債利回りが2.35%台から
2.37%台まで上昇し、ドル買いがやや強まった。また、米株式先物はプラス圏での推移が続き、今晩の米株続伸を期待したドル買いも観測される。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円95銭から112円07銭、ユーロ・円は131円68銭から131円88銭、ユーロ・ドルは1.1756ドルから
1.1771ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ドル円は112円台の推移が続くか

NYタイムのドル円は、米株や長期債利回りの動きを眺めながらも112円台での動きが続きそうだ。東京タイムに112円半ばでもみ合ったドル円は、ロンドンタイムに入りクロス円の売りで頭を抑えられながらも、狭い値幅での推移が続いている。米共和党上院の税制改革案(法人税減税を1年先送り)の行方や、テロ支援国家として指定された北朝鮮の動向なども気になるところではあるが、本日に関しては相場を動意付けるものとはなりそうにない。オーダー状況をみても112円後半から113円にかけては売りが控え、112円近辺から111円円半ばには買いが待ち構えている。シカゴIMM先物市場で積みあがった短期筋の円売りポジション解消が上値を抑え、本邦機関投資家の円売りが下値を支える構図は継続され、ドル円はレンジ相場となりそうだ。ポジションを取っても、早めの利食いで良いかと思われる。

 メルケル独首相の連立協議決裂がユーロの重しとなってはいるが、独DAXは底堅い地合い。ユーロドルやユーロ円は下値を試す動きをみせるが、買い戻されるのも早かった。独政局懸念を材料にトレードするには、突っ込み売りというよりも戻りを待っての売りとなるか。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、日足一目均衡表・転換線112.98円前後。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、日足一目均衡表・雲の上限(111.94円)や20日安値(111.89円)が位置する111.90円付近。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=ドル円は112円台の推移が続くか

 NYタイムのドル円は、米株や長期債利回りの動きを眺めながらも112円台での動きが続きそうだ。東京タイムに112円半ばでもみ合ったドル円は、ロンドンタイムに入りクロス円の売りで頭を抑えられながらも、狭い値幅での推移が続いている。米共和党上院の税制改革案(法人税減税を1年先送り)の行方や、テロ支援国家として指定された北朝鮮の動向なども気になるところではあるが、本日に関しては相場を動意付けるものとはなりそうにない。オーダー状況をみても112円後半から113円にかけては売りが控え、112円近辺から111円円半ばには買いが待ち構えている。シカゴIMM先物市場で積みあがった短期筋の円売りポジション解消が上値を抑え、本邦機関投資家の円売りが下値を支える構図は継続され、ドル円はレンジ相場となりそうだ。ポジションを取っても、早めの利食いで良いかと思われる。
 メルケル独首相の連立協議決裂がユーロの重しとなってはいるが、独DAXは底堅い地合い。ユーロドルやユーロ円は下値を試す動きをみせるが、買い戻されるのも早かった。独政局懸念を材料にトレードするには、突っ込み売りというよりも戻りを待っての売りとなるか。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、日足一目均衡表・転換線112.98円前後。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、日足一目均衡表・雲の上限(111.94円)や20日安値(111.89円)が位置する111.90円付近。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドルは112円台に戻す、一段の株安に対する警戒感は低下  

 20日午前の東京市場でドル・円は112円10銭台で推移。ドルは朝方に111円89銭まで下落し、17日の安値111円95銭をやや下回った。日経平均株価は小幅安で推移しているが、株価の一段安に対する警戒感は高まっていないようだ。ここまでのドル・円は111円89銭から112円20銭で推移。
 ユーロ・円は、131円17銭から132円31銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1722ドルから1.1797ドルで推移。
■今後のポイント
・111円台後半で個人勢などのドル買い興味残る
・1ドル=113円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
NY原油先物(時間外取引):高値56.69ドル 安値56.53ドル 直近値56.57ドル
日経平均寄り付き:前週末比116.82円安の22279.98円

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は112円台、米長期金利低下で売り継続

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は113円台を割り込み、112円77銭まで値を下げている。欧州株は全面安、米株先物も下げ、米10年債利回りが2.33%台まで一段と低下していることで、ドル売り・円買いが続いている。ユーロ・ドルも1.1847ドルまで上昇している。
 エバンス米シカゴ連銀総裁はECB主催会合での討論会で、「米インフレ期待の低下を懸念」と述べている。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円77銭から113円02銭、ユーロ・円は133円39銭から133円65銭、ユーロ・ドルは1.1808ドルから1.1847ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は113円前半、112円台は買いが優勢

 ドル円は日銀の政策金利発表後、じり高となる場面もあったが113円前半で小幅な値動き。オーダー状況をみると、113.00円に置かれていた厚めの買いオーダーは、東京午前についたもよう。ただし、本日NYカットのオプション設定が113.00円にあり、その絡みでの買いが出てくる可能性はあるか。また、短期筋のストップロス売りは112円後半にみられるが、112円台は基本的に買いが優勢となっている。一方で売りは113円半ばから見られ、114.00円付近にはしっかりとした売りが観測される。オーダー状況をみると、しばらくは一方向のみの動きはなさそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,