タグアーカイブ: 111円台前半

ドルは111円台前半で推移、東京市場休場で手掛かり材料不足

 18日午前の東京市場でドル・円は111円台前半で推移。111円以下には短期筋などのドル買い注文が残されているが、現時点でドル・円相場を111円台半ば近辺まで押し上げるまでの影響力はないようだ。東京市場が祝日で休場のため、顧客筋の為替取引がほとんどないことが閑散相場の要因となっている。111円30銭台で戻り売り興味。ここまでのドル・円は111円00銭から111円25銭で推移。
・ユーロ・円は、132円43銭から132円85銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1921ドルから1.1950ドルで推移
■今後のポイント
・110円台後半には顧客筋、個人勢のドル買い興味残る
・1ドル=111円-113円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
・NY原油先物(時間外取引):高値49.88ドル 安値49.71ドル 直近値49.84ドル
【経済指標】
・特になし
【要人発言】
・ヘイリー米国連大使
「北朝鮮が無謀な行為を続けるなら、同国は破壊されるだろう」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル下落、111円台前半 FOMC声明はハト派的と解釈=NY市場

[ニューヨーク 26日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルがほぼ全面安の展開となり、対円で111円台前半に下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の内容がハト派的と受け止められ、ドルが売られた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は主に111円台前半で推移か、米長期金利上げ渋りでドルの上値は重くなりそう

 23日のドル・円相場は、東京市場では111円43銭から111円22銭で推移。欧米市場でドル・円は111円16銭から111円34銭で推移し、111円30銭で取引を終えた。
 本日26日のドル・円は主に111円台前半で推移か。米長期金利は上げ渋っており、新たなドル買い材料が提供されない場合、ドルの上値はやや重くなりそうだ。
 独紙の報道によると、バイトマン独連銀総裁(欧州中央銀行の理事会メンバーの一人)は「景気と物価は正しい方向に向かっており、欧州中央銀行(ECB)が金融緩和策の解除について議論を始める時期が近づいている可能性がある」との認識を示した。報道によると、バイトマン総裁は、ECBによる債券買い入れプログラムの主要条件をこれ以上変更すべきではないと指摘したようだ。
 市場関係者によると、債券買い入れプログラムで買い入れ対象となるドイツ国債は不足しており、買い入れプログラムの期限(2017年末)を延長することは難しいとみられている。対応策として、1)債券買い入れ額の大幅縮小、2)高債務国の債券買い入れ額の増額、3)ドイツ政府による国債増発などが挙げられているが、ドイツ政府は自身の財政出動やECBによる高債務国の債券買い入れ増額には反対の立場であるとの見方が多い。
 市場関係者の多くはECBの買い入れ額を2018年より段階的に縮小する案が最も現実的と考えているが、この動きに伴ってユーロ買いが強まる可能性があるため、ECBの金融政策についての理事会メンバーやドイツ政府関係者の発言に対する市場の関心は一段と高まっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今日の為替市場ポイント:ドル・円は主に111円台前半で推移か、米長期金利上げ渋りでドルの上値は重くなりそう[FISCO]

23日のドル・円相場は、東京市場では111円43銭から111円22銭で推移。欧米市場でドル・円は111円16銭から11 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は111円台前半で小動き

[欧米市場の為替相場動向]

 23日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円15銭から111円32銭で推移した。時間外取引のNY原油先物は42ドル台後半で底堅い動きだったが、欧州株が全面安となり、GLOBEXのNYダウ先物も下落したことで、円買いが優勢気味になった。
 ユーロ・ドルは1.1162ドルから1.1188ドルで推移し、ユーロ・円は124円16銭から124円46銭まで推移した。EU首脳会議(最終日)を控え、欧州通貨は小動きになった。
 ポンド・ドルは1.2715ドルから1.2741ドルでもみ合い。ドル・スイスフランは0.9685フランから0.9720フランで推移した。
[経済指標]
・特になし
[要人発言]
・特になし

FX為替ニュース

, , , , , ,

東京為替概況:ドル・円はもみ合い、111円台前半で小動きに

 今日の東京外為市場では、ドル・円はもみ合い。111円22銭から111円43銭で推移した。時間外取引のNY原油先物が42ドル台後半で底堅い動きになり、日経平均株価は小幅高、米国10年債利回りは2.16%台までじり高に推移。クロス円の買い戻しが目立ったが、ドル・円は小動きが続いた。
 ユーロ・円は124円02銭から124円44銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1145ドルから1.1180ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円111円20-30銭、ユーロ・円124円30-40銭
・日経平均:始値20152.58円、高値20152.58円、安値20089.54円、終値20132.67円
(前日比22.16円高)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円はもみ合い、111円台前半で小動きに

 今日の東京外為市場では、ドル・円はもみ合い。111円22銭から111円43銭で推移した。時間外取引のNY原油先物が42ドル台後半で底堅い動きになり、日経平均株価は小幅高、米国10年債利回りは2.16%台までじり高に推移。クロス円の買い戻しが目立ったが、ドル・円は小動きが続いた。
 ユーロ・円は124円02銭から124円44銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1145ドルから1.1180ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円111円20-30銭、ユーロ・円124円30-40銭
・日経平均:始値20152.58円、高値20152.58円、安値20089.54円、終値20132.67円(前日比22.16円高)
【経済指標】
・独・6月製造業PMI速報値:59.3(予想:59.0、5月:59.5)
・独・6月サービス業PMI速報値:53.7(予想:55.4、5月:55.4)
・独・6月総合PMI速報値:56.1(予想:57.2、5月:57.4)
・ユーロ圏・6月製造業PMI速報値:57.3(予想:56.8、5月:57.0)
・ユーロ圏・6月サービス業PMI速報値:54.7(予想:56.1、5月:56.3)
・ユーロ圏・5月総合PMI速報値:55.7(予想:56.6、5月:56.8)
【要人発言】
・特になし

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円:ドルは111円台前半でもみあう展開

 23日午前の東京市場でドル・円は111円台前半でもみあう展開。日経平均株価は小幅安で推移しており、株安を意識してリスク選好的なドル買いは抑制されているようだ。111円が目先における下値目途になるとみられており、この水準を継続的に下回った場合、ドルは110円台前半まで一段安となる可能性があるとみられている。ここまでのドル・円の取引レンジは111円23銭から111円33銭。
 ユーロ・円は、124円02銭から124円17銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1147ドルから1.1154ドルで推移。
■今後のポイント
・111円近辺で顧客筋、個人勢のドル買い興味
・1ドル=112円-113円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
NY原油先物(時間外取引):高値42.89ドル 安値42.77ドル 直近値42.83ドル
日経平均寄り付き:前日比42.07円高の20152.58円

FX為替ニュース

, , , , , ,