タグアーカイブ: 110円

ドル・円は110円乗せでもみ合い、買い戻しは一巡か

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は110円乗せでもみ合う展開。欧州市場でも110円を挟んで小動きになっており、米ハリケーンや北朝鮮絡みのリスク回避ムード後退による買い戻しは一巡したとみられる。
 また、ユーロ圏・7月鉱工業生産は予想通り結果となり、発表後は目立った動きはみられないもよう。一方、英国の5-7月平均賃金の伸び悩みを受けて、ポンド・ドルは1.3253ドルまで軟調に推移している。
 ここまでのドル・円は109円91銭から110円16銭。ユーロ・円は131円71銭から131円92銭、ユーロ・ドルは1.1965ドルから1.1995ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円は110円まで弱含み、米10年債利回りが低下

 ドルは全般的に重い値動き、ドル円は110.00円まで弱含んだ。日経平均が3桁高から伸び悩んだこと、米10年債利回りが2.15%台へ低下したこと、本邦輸出企業のドル売りなどがドル円の上値を抑えている。また、約1年ぶりに1.33ドル台に乗せたポンドドルは、1.3311ドルまで上値を伸ばした。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は109円76銭まで上昇、110円では利益確定売りも

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は109円76銭まで上昇した。北朝鮮絡みのリスク回避ムードがいったん後退し、欧州株高や米株式先物のプラス圏推移、米国10年債利回りの上昇基調を背景に、ドル買い・円売りの流れが続く。ただ、節目の110円に接近するほど利益確定売りが出やすく、上値の重さが意識される。ユーロ・ドルは1.1950ドルまで下げている。
 ここまでのドル・円は109円54銭から109円76銭。ユーロ・円は131円14銭から131円32銭、ユーロ・ドルは1.1950ドルから1.1975ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円、NYカットのOP109円と110円の狭間で推移

 ドル円は109円後半で推移しているが、朝鮮半島情勢の地政学リスクが上値を抑えるなか、しばらくは109.00円と110.00円NYカットオプションの狭間での推移が予想される。ドル売りオーダーは110.80-90円、ドル買いオーダーは109.20円、109.00円、108.40-50円に控えており、オーダー全般を見渡すと底堅いイメージ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

リスク回避後退でドル円は110円に近づく、日経平均先物も上昇

 NY午後はリスク回避姿勢が後退して、米株価が上昇した。米長期金利の水準回復とともにドルは持ち直し。リスク回避の円買いも緩み、ドル円は一時109.90円と、110円台をうかがう展開に。ユーロ円が131.62円まで上昇するなど、クロス円も円安推移。大阪225先物は19500円と、日中取引の終値から120円上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円 109円半ばの売り試す展開、110円にはOP

 ドル円は、前週末の高値109.40円を上回る水準まで揺り戻しが進んだ。109.50円から上に観測される売りオーダーを試す展開。その次は110円手前から売りが並んでいるが、同節目にオプション(OP)設定も観測されている。OP絡みの売りで動きが滞りそう。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は110円割れ、朝鮮半島有事への警戒で

 9日午前の東京外為市場で、ドル・円は110円割れ。朝鮮半島有事への警戒感からリスク回避的な円買いが強まった。
 トランプ米大統領は、ミサイル発射で米国への挑発を続ける北朝鮮に対し、「炎と猛威に直面する」などと警告。一方、北朝鮮はグアム周辺地域へのミサイル攻撃を示唆するなど、朝鮮半島情勢で緊張が高まった。
 これを受け、日経平均株価が大きく下げ、ドル・円はリスク回避的なドル売り・円買いが強まり、一時109円75銭まで弱含んだ。正午にかけては過度な警戒はやや後退。ただ、ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いが続き、日本株安の継続への思惑からリスク回避の円買いは弱まっていないもよう。
 ここまでのドル・円の取引レンジは109円75銭から110円36銭、ユーロ・円は128円72銭から129円76銭、ユーロ・ドルは1.1719ドルから1.1764ドルで推移した

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は110円割れ、朝鮮半島有事への警戒で

9日午前の東京外為市場で、ドル・円は110円割れ。朝鮮半島有事への警戒感からリスク回避的な円買いが強まった。

トランプ米大統領は、ミサイル発射で米国への挑発を続ける北朝鮮に対し、「炎と猛威に直面する」などと警告。一方、北朝鮮はグアム周辺地域へのミサイル攻撃を示唆するなど、朝鮮半島情勢で緊張が高まった。

これを受け、日経平均株価が大きく下げ、ドル・円はリスク回避的なドル売り・円買いが強まり、一時109円75銭まで弱含んだ。正午にかけては過度な警戒はやや後退。ただ、ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いが続き、日本株安の継続への思惑からリスク回避の円買いは弱まっていないもよう。
ここまでのドル・円の取引レンジは109円75銭から110円36銭、ユーロ・円は128円72銭から129円76銭、ユーロ・ドルは1.1719ドルから1.1764ドルで推移した
【要人発言】
・朝鮮人民軍報道官
「金正恩朝鮮労働党委員長が命令を下せば直ちに攻撃計画を複数回にわたり連続的に実行」(報道)
「朝鮮人民軍戦略軍はグアム周辺地域を中長距離弾道ミサイル火星12で包囲射撃する作戦計画を慎重に検討」(報道)
【経済指標】
・日・7月マネーストックM3:前年比+4.0%(予想:+3.3%、6月:+3.3%)
・中・7月消費者物価指数:前年比+1.4%(予想:+1.5%、6月:+1.5%)
・中・7月生産者物価指数:前年比+5.5%(前年比予想:+5.6%、6月:+5.5%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円、110円のNYカットのオプション軸か

 ドル円は、米7月雇用統計の発表を控えて、110.00円のNYカット(9日・14日)のオプションを軸にした値動きとなっている。注目される米7月平均時給が+0.3%以上だった場合はドル買い、+0.2%以下ならばドル売りのコンセンサス。ただし上昇した場合でも、ロシアゲート疑惑というドル売り材料もあるために、ドル円の上値は限定的か。失業率や非農業部門雇用者数にサプライズがなければ、週末のクロージングに向けて110円を軸にした値動きが予想される。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円が110円割れ、8月の円高アノマリー発動か!?

こんばんは、フジモトです。ドル円は欧州時間から買い戻しが強まり110.587円まで持ち直しましたが、米10年債利回りが一転低下すると失速。7月米ISM製造業景気指数や6月米建設支出も弱く109.933円まで下落しました。この時間に生保おばちゃんがいるのかわかりませんが、ワ…

FX為替ニュース

, , , , , , ,