タグアーカイブ: 11日

【発言】11日の要人発言=FOMC「何人かのメンバー、物価に懸念」

カプラン米ダラス連銀総裁
「今後のFOMCでは利上げに関してはオープンで臨む」
「完全雇用という目標に向けて前進している」
「利上げを遅らせ過ぎるとリセッション(景気後退)の可能性を高める」
「将来の利上げは、インフレ状況の進展を検討」

ダスティス・スペイン外相
「現在のスペインの憲法下ではカタルーニャの独立は許可できない」

王・中国外務相
「米国は中国の領域を尊重するべきだ」

ハモンド英財務相
「英国の経済は強固だが、出来るだけ早めに取り払わなければならない不確定要素が多数ある」
「英国は生産性向上に関して潜在的な問題がある」
「我々はブレグジットに関して、取引をしないことを含めて全てのシナリオがある」
「現実的に起こりうる最悪なシナリオも考えておく必要がある」
「ブレグジット後英国が自由に決定できることを望んでいる、雇用と反映に焦点を与えることが出来る」
「EU各国とは友好関係でいることを望んでいる、友人は問題があれば話し合える」
「決定が下れば、ブレグジットが終了する日程をはっきりすることを望む」

ラホイ・スペイン首相
「政府は正式にカタルーニャ自治州に独立を宣言したか否かを聞くことにした」

エバンス米シカゴ連銀総裁
「米国の賃金は改善していると思われる」
「引き続き政策変更は緩やかにするのがよい」
「米国のファンダメンタルズは非常に強い」
「世界と欧州圏の経済は良くなっている」
「賃金は予想していたよりも強くなっていない」
「インフレが弱まる理由はたくさんある」
「2019年までに目標の2%のインフレになるように、もう少し緩和策をとる必要があるかもしれない」
「税制改革は、米経済や金融政策にどのように影響するか十分な詳細がない」
「インフレを2%にできるだけ達成することが重要」
「利上げを重ねるよりもインフレを確かなものにするために待つほうが、害がない」

スペイン社会党党首
「スペインとカタルーニャはカタルーニャが独立を宣言したかを知る必要がある」
「憲法を改正し、どのようにしてカタルーニャがスペインに適するかを話しあわなければならない」
「首相と憲法改正について研究することを同意している」

李・北朝鮮外務相
「トランプ米大統領が戦争への導火線に火をつけた」
「米国との対等な関係(balance of power)になっている」
「核開発は地域の平和と安全を保障するもの」

ジョージ米カンザスティ連銀総裁
「緩やかな利上げを続けるべき」
「インフレへの構造的な影響は継続する可能性」
「低インフレは一時的要因の打撃と中長期的な要因に影響されている」

トランプ米大統領
「NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉で、カナダのみと協定を結ぶ可能性」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(9月19-20日開催分)
「多くのメンバーが年内の追加利上げが正当化されると判断」
「低インフレは一時的な要因によるものではないと多くのメンバーが懸念」
「何人かのメンバーは、追加利上げは今後のデータ次第であるべきと判断」
「賃金の伸びが加速すると大半のメンバーが予測」
「何人かのメンバーは2%目標を下回るインフレ基調に懸念を示す」
「何人かのメンバーはインフレ上昇が確信できるまで利上げの見送りを主張」

ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「今後2年でインフレは2%目標に上昇すると予想」
「今後2年は緩やかな利上げが適切」
「バランスシートの縮小に4年間はかかる」
「ハリケーンは短期的に雇用と生産に影響」

プラートECB理事
「デフレのリスクは解消されている」
「ユーロ圏のインフレは依然として抑制されている」

エルドアン・トルコ大統領
「米国とのビザを巡る対立が早急に解決することを望む」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY市場サマリー(11日)

[11日 ロイター] – <為替> ドルが下落し、主要6通貨バスケットに対し2週間ぶり安値をつけた。午後に発表された9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨からは、12月利上げの可能性を残しつつも、複数の当局者が今後の利上げについて向こう数カ月で発表されるインフレ指標を見極めたいとの見解を示していたことが明らかとなり、年内にあと1回の利上げが実施されるとの見方に不透明感が漂う格好となった。

FX為替ニュース

, , , , ,

【発言】11日のこれまでの要人発言

カプラン米ダラス連銀総裁
「今後のFOMCでは利上げに関してはオープンで臨む」
「完全雇用という目標に向けて前進している」
「利上げを遅らせ過ぎるとリセッション(景気後退)の可能性を高める」
「将来の利上げは、インフレ状況の進展を検討」

ダスティス・スペイン外相
「現在のスペインの憲法下ではカタルーニャの独立は許可できない」

王・中国外相
「米国は中国の領域を尊重するべきだ」

ハモンド英財務相
「英国の経済は強固だが、出来るだけ早めに取り払わなければならない不確定要素が多数ある」
「英国は生産性向上に関して潜在的な問題がある」
「我々はブレグジットに関して、取引をしないことを含めて全てのシナリオがある」
「現実的に起こりうる最悪なシナリオも考えておく必要がある」
「ブレグジット後英国が自由に決定できることを望んでいる、雇用と反映に焦点を与えることが出来る」
「EU各国とは友好関係でいることを望んでいる、友人は問題があれば話し合える」
「決定が下れば、ブレグジットが終了する日程をはっきりすることを望む」

ラホイ・スペイン首相
「政府は正式にカタルーニャ自治州に独立を宣言したか否かを聞くことにした」

エバンス米シカゴ連銀総裁
「米国の賃金は改善していると思われる」
「引き続き政策変更は緩やかにするのが良い」
「米国のファンダメンタルズは非常に強い」
「世界と欧州圏の経済はよくなっている」
「賃金は予想していたよりも強くなっていない」
「インフレが弱まる理由はたくさんある」
「2019年までに目標の2%のインフレになるように、もう少し緩和策をとる必要があるかもしれない」
「税制改革は、米経済や金融政策にどのように影響するか十分な詳細がない」
「インフレを2%にできるだけ達成することが重要」
「利上げを重ねるよりも、インフレを確かなものにするために待つほうが害がない」

スペイン社会党党首
「スペインとカタルーニャはカタルーニャが独立を宣言したかを知る必要がある」
「憲法を改正し、どのようにしてカタルーニャがスペインに適するかを話しあわなければならない」
「首相と憲法改正について研究することを同意している」

北朝鮮外務相
「トランプ米大統領が戦争への導火線に火をつけた」
「米国との対等な関係(balance of power)になっている」
「核開発は地域の平和と安全を保障するもの」

ジョージ米カンザスティ連銀総裁
「緩やかな利上げを続けるべき」
「インフレへの構造的な影響は継続する可能性」
「低インフレは一時的要因の打撃と中長期的な要因に影響されている」

トランプ米大統領
「NAFTA再交渉で、カナダのみと協定を結ぶ可能性」

ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「今後2年でインフレは2%目標に上昇すると予想」
「今後2年は緩やかな利上げが適切」
「バランスシートの縮小に4年間はかかる」
「ハリケーンは短期的に雇用と生産に影響」

プラートECB理事
「デフレのリスクは解消されている」
「ユーロ圏のインフレは依然として抑制されている」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

欧州市場サマリー(11日)

[11日 ロイター] – <為替> ドルが対主要通貨バスケットで約2週間ぶり安値、ユーロは対ドルで2週間ぶりの高値を記録。米税制改革期待が後退する一方、カタルーニャ州首相が正式な独立宣言を見送って懸念が和らいだことや、欧州中央銀行(ECB)が債券買い入れ策縮小を公表するとの観測が広がった。

FX為替ニュース

, , , , ,

東京為替サマリー(11日)

東京午前=ドル円 強含み、日経平均はアベノミクス相場高値水準
 東京午前の為替相場のドル円は、朝鮮半島情勢への警戒感から112.23円まで弱含んだ後、日経平均株価がアベノミクス相場の終値ベースでの高値を上回ったことで、112.59円まで反発した。タカ派寄りのカプラン米ダラス連銀総裁が利上げを遅らせ過ぎるとリセッション(景気後退)に陥る可能性と発言し、米10年債利回りが2.36%台で推移したこともドル買い要因となった。
 日経平均株価は20889円まで強含んだ後、20870円で前引けとなった。
 ユーロドルは、米10年債利回りが2.36%台で推移したことで、1.1828ドルから1.1795ドルまで下押し、ユーロ円は日経平均株価の上昇を受けて132.89円まで強含んだ。ポンドドルは、1.3191ドルまで弱含み、ポンド円は148.60円まで上昇した。
 豪ドルは、10月ウェストパック消費者信頼感指数が101.4となり、9月の97.9から改善したことで強含み、対ドルで0.7809ドル、対円で87.65円まで上昇した。NZドル/ドルは0.70ドル台後半、NZドル円は79円半ばで推移した。

東京午後=ドル円112円半ば、日経平均は高値圏20800円台
 東京午後の為替相場は、朝鮮半島情勢への警戒感によるリスク回避と日経平均株価の高値圏維持によるリスク選好で動意に乏しい展開となった。ドル円は112.40円台を中心とした狭いレンジでこう着、日経平均株価は、20800円台の高値圏で高止まりとなった。
 ユーロドルはスペイン、カタルーニャ州の独立問題への警戒感はあるものの1.1820ドル前後まで、ユーロ円は132.90円まで強含み。ポンドドルは、合意なきブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)への警戒感から1.3185ドル、ポンド円も148.19円まで弱含んだ。豪ドル/ドルは0.7780ドル前後、豪ドル円は87円半ば、NZドル/ドルは0.7080ドル前後、NZドル円は79.60円前後で小動き。
 トルコリラ円は米国とトルコの関係悪化にも関わらず、30.30円前後で下げ渋る展開となった。

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】東京インターバンク市場取引(11日)

□東京インターバンク市場取引(11日)

ドル/円
寄付 112.35-37
高値 112.58
安値 112.23
終値 112.28-30
中心 112.33

ユーロ/ドル
寄付 1.1813-14
高値 1.1834
安値 1.1796
終値 1.1827-28

(提供.日銀)

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】11日の人民元の対ドル基準値は、1ドル=6.5841元

中国は、11日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.5841元と発表。
 本日の基準値は、10日に発表された基準値=6.6273元から-432pの元高・ドル安
水準となる。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

11日のイベントスケジュール(時間は日本時間)

<国内>○08:50 ◎ 8月機械受注(予想:船舶・電力除く民需 前月比1.0%)<海外>○09:00 ◎ カプラン米ダラス連銀総裁、講演○20:00 ◇ MBA住宅ローン申請指数○20:15 ◎ エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演○12日00:30 ◎ 米財務省、3年債(240億ドル)入札○1…

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY原油先物は反発、主要産油国による協調減産再延長の思惑も(11日)

NYMEX原油10月限終値:48.07 ↑0.59

11日のNY原油先物10月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比0.59ドル高の48.07ドルで取引を終えた。米フロリダ州に上陸した大型ハリケーン「イルマ」による被害を受けて、石油需要が一段と後退するとの思惑から原油は売りが先行。米ゴールドマン・サックスが大型ハリケーン「ハービー」と「イルマ」の影響で9月の石油需要が日量約90万バレルと減少するとの見通しを示したことも、原油相場の売り圧力を強めた。

ただ、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相がカザフスタン、ベネズエラ両国の石油相と石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の協調減産の再延長を議論していると報じられたことから、原油先物は反転した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,