タグアーカイブ: 1.19ドル前半

ユーロ対ドルでやや戻すも1.19ドル前半、ユーロ円は重い

 ドル円が、本邦・中国株価の重い推移を嫌気して、111円後半から一時111.32円までリスク回避を意識した円買いとなった。対円でドルが弱含んだ影響で、ユーロは1.19ドル前半レンジながら対ドルでやや底堅い。ただ、円買い地合いのなか、ユーロ円が132円後半で重い推移となっていることから、ユーロドルの上昇力もいまのところ限られている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル底堅い、ユーロドルは1.19ドル前半で下値探る展開

 ドル相場の底堅さが継続している。ドル円は111.60円を上値に上昇の勢いを落ち着かせているが、ユーロドルが1.19ドル前半で下値を探る動きとなっているなど、対ドルで各通貨の軟化が目立つ。ポンドドルは1.3465ドル、豪ドル/ドルは0.7954ドル、NZドル/ドルは0.7254ドルまで下落。ドル/スイスフラン(CHF)は0.9641CHFまでCHF安・ドル高となっている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ユーロドルは1.19ドル前半、ドル買い優勢で重い

 NY序盤のユーロドルは1.19ドル前半の安値水準で推移している。日本時間21時発表の独8月消費者物価指数は前年比+1.8%と、市場予想どおり。前月の+1.7%より強かったが、ユーロの上振れを誘う内容ではない。強い米8月ADP全国雇用者数と米4-6月期GDPを受けたドル買いが進むと、ユーロドルは1.1895ドルまでユーロ安・ドル高に。3営業日ぶりの1.19ドル割れとなった。ユーロ円は、ユーロドルの軟調とドル円上昇による円売りに挟まれ、131円前半から半ばでもみ合っている。

FX為替ニュース

, , , , , ,