タグアーカイブ: 高値更新

フィリー製造業指数は予想に反し前月を大きく上回る、ドル円は110.78円まで高値更新

 米5月フィラデルフィア(フィリー)連銀製造業指数は+34.4と、市場予想の+21.0に反して前月の+23.2を大きく上回った。米長期金利が3.11%付近まで小幅に跳ね上がったことを受け、ドル円は110.78円まで高値を更新した。しかし、その後はいったん指標発表の目前に推移していた110.72円前後に戻し、高値圏でもみ合っている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-高値更新も依然としてもみ合いの範ちゅう

4/26の日経平均株価は反発。前日からマドを開けて上昇する格好となり、100日移動平均線(22334円 4/26)に突っかける展開となった。RSI(9日)は81.2%→80.9%にやや低下。取引時間ベースと終値ベースで直近高値を更新した。

 依然として2/27高値(22502円)を前にして、4/18形成の中陽線の上方でのもみ合い(上値遊び)の範ちゅうではあるが先高期待は強い。
 今の状況は、2015年8月高値からの調整から一時的に立ち直るパターンと似ている。当時は8月高値(20946円)から9月安値(16901円)まで下げ、下げ幅の76.9%程度を戻して高値を付けた。現在に当てはめると、1月高値(24129円)から3月安値(20347円)までの3782円の下落幅に対する76.9%戻しで23250円程度となる。当時とは外部環境は異なるものの、当面の上値の目安となりそうだ。
 短期的には、ボリンジャーバンド(20日)のプラス2シグマ(22460円 4/26)などを終値で超えられるかが注目どころとなる。

 一方、22500円付近からは過去の累積売買代金が多い水準でもあり、戻り待ちの売り圧力が強い難関である。ここから反転下落に転じる場合、2/14安値(20950円)から2/27までの上昇幅が、下げ幅として生じるパターンもありえる。いわゆる3/26安値(20347円)を中心に左右対称的な波動を形成していくイメージである。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

円買い緩みドル円は106円前半、ダウ平均が高値更新の動き

 ダウ平均が上げ幅を200ドル高に近い水準まで拡大し、リスク回避の円買いが緩み、ドル円は106.15円近辺に持ち直した。クロス円もやや買い戻しが入り、ユーロ円は131円前後、ポンド円は148.40円近辺、豪ドル円は83.10円近辺、NZドル円は77円半ばまで下げ幅を縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

「一文惜しみは天底逃し」、東京ゴムが高値更新の可能性も サンワード貿易の松永氏(三井智映子)[FISCO]

皆様こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。今日は天然ゴム市 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-高値更新で独歩安を解消、ここからは外需銘柄に妙味あり

16日の日経平均は大幅続伸。序盤は手がかり難から小動きとなったが、為替が円安に振れたことから買い安心感が強まり、上げ幅を3桁に広げた。後場に入ると値がさ大型株に買いが入って一段高の展開。1月9日につけた取引時間中の高値(23952円)を上回った。節目の24000円までは届かなかったが、その後も強い動きが続き、終値でも昨年来の高値を更新した。東証1部の売買代金は概算で2兆4300億円。業種別では水産・農林、電気機器、情報・通信などが上昇しており、鉄鋼、海運、空運などが下落している。ファナックが大幅高で連日の高値更新。反面、連日で騰勢を強めていたレカムは、前場のストップ高から一転急落して引けではストップ安と荒い動きとなった。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり972/値下がり980と、指数は大幅高ながら売り買いはほぼ均衡。村田製作所が日経新聞の業績観測記事を材料に大幅上昇。上期大幅増益のサイバーステップが急伸した。3Q大幅増益に加え、株式分割や優待拡充を発表したヨシムラフードはストップ高。サインポストも業績好調と株式分割が好感されて値を飛ばしたほか、中期計画の上方修正と増配を発表した神戸物産や、証券会社の新規カバレッジが入ったEIZOなどが大幅高となった。一方、メディアドゥやシンメンテ、ウォンテッドリー、川口化学などが決算を受けて大幅安。直近で強い動きが見られていたナノキャリアやラクオリアなどバイオ関連は、利益確定売りが優勢となった。

 日経平均は大幅上昇。ここ数日は独歩安状態であったため、米国市場休場で材料に乏しい中で強い動きが見られたことは驚きである。来週の日銀金融政策決定会合を通過するまでは上値は重いとみていたが、世界的な株高が続く中、そこまで待ちきれずに押し目買いが入った印象。値幅の割には値上がり銘柄は多くないため、買いの主体は外国人と思われる。あっさり高値を更新した動きは強く、ここからは売り込みづらい地合いが想定される。24000円の節目を巡っては短期的に荒い動きが出てくる可能性はあるが、今月中に25000円に接近する、もしくは到達といった展開も十分期待できる。

 きょうは円高一服から買いが入った格好となっているが、ドル円は水準的には111円台にも届いていない。日経平均が直近で高値をつけた1月9日は113円近辺で推移していた。日経平均の独歩安が解消されたことで、リスク・オフ的な円高にはブレーキがかかる可能性が高く、ここからは、為替がアゲインストとなって調整していた銘柄・セクターへの投資妙味が大きいと考える。来週の日銀会合でドル円の目先の底打ち感が強まり、その先の企業決算で業績好調を再評価するイメージ。大幅高とはなったが、東証1部の売買代金は概算で2兆4300億円と、きのうの水準(2兆4900億円)を下回っており、この先の推移は注視しておきたい。株高でも3兆円に届かない日が続くようだと、指数主導の空中戦が続き、新興市場などは利益確定売りに押される展開も想定される。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ユーロ/円、高値更新なるか注目

ユーロ/円は今月10-11日にかけて133円台前半まで下押すも、75日移動平均線付近で下げ渋り。11日に公表された欧州中銀(ECB)理事会議事録で早期の緩和縮小観測が浮上した事などを背景に、ユーロ買いが活発化すると、本日の東京市場で136.10円付近まで上昇して、5日高値(136.635円)に迫りました。

一連の動きにより調整が一巡したとの見方が強まる中、目先は前述の5日高値が焦点となるでしょう。5日高値を突破すると、2015年10月以来となる高値水準に到達することとなり、上値模索の機運が一段と高まる公算です。上値目処として、昨年後半のレンジ(10月高値134.498円~11月安値131.176円)幅の倍返しにあたる137.820円が挙げられます。
 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米国株の高値更新続くも日本株はいったんクールダウンか

東京市場はもみ合いか。欧米株はそろって上昇。世界的な株高の流れが継続し、米主要3指数はそろって高値を更新した。為替市場では、日米の国債利回り上昇でドル高・円高となっており、ドル円は足元で112円60銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて25円安の23835円、ドル建てが5円高の23865円で取引を終えた。

 世界株高の流れは続いているが、CME225先物は前日終値近辺からのスタートを示唆している。円安一服となっていることや、きのう24000円の奪還に失敗していることなどから、積極的に上値を追う流れにはなりづらいと予想する。良好な地合いに変化はないことから、売り崩すような動きにはならないと考えるが、きょうはここまでの急ピッチの上昇に対して、いったんクールダウンする展開か。新たな材料にも乏しく、指数は序盤で落ち着きどころを探った後はこう着感を強めると予想する。日経平均の予想レンジは23750円-23930円。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,