タグアーカイブ: 雇用関連指標

【見通し】NY為替見通し=雇用関連指標あるがトレンド出にくい

欧州タイムのドル円は、112.80円へ戻す場面もあったが、結局フロー主体で昨日の112.32円から112.98円への上昇に対する61.8%押し水準112.56円まで調整を進めた。

 昨日は、週末の米雇用統計の前哨戦となる米9月ADP全国雇用者数はおおむね予想に沿った結果となった。ハリケーンの影響をどのように推し量るか見極めが難しい局面でもあり、ドル相場の反応は比較的、落ち着いていた。その後の米9月ISM非製造業景況指数の強さを受けて上昇したが、東京タイムに短期筋のストップロスで下落が始まった水準を取り戻したところでは勢いが一巡。強いトレンドが出にくい。明日に米雇用統計を控えるなか、今夜に雇用関連指標である米新規失業保険申請の発表も控えているが、様子見ムードが支配的となるか。ハリケーンの影響による一時的な指標の振れもあり、指標結果自体にも市場は反応しづらく、取引が手掛けにくい状態が続きそうだ。

・想定レンジ上限
 ドル円は引き続き、9月27日高値113.26円が位置する113円前半が、まずは戻した際のめどとなる。その次は7月11日安値113.72円が節目。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値は、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線付近での底堅さを維持している。9月29日安値112.22円もサポートになると考えられる。下抜けた場合、次は同25日安値111.48円がめど。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限はやがて低下するが、まだ111.38円で横ばいが続いている局面で、しばらくサポートとして機能する可能性がある。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]スマホ視聴OK。無料配信『生中継だヨ!米雇用統計』
10月6日(金)21時スタート。
元ファンド・マネージャーの志摩氏が語る、市場の変化をいち早くつかむポイントとは!?
→http://www.gaitame.com/gaitame/tokuban/171006/online.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

NY為替見通し=雇用関連指標あるがトレンド出にくい

 欧州タイムのドル円は、112.80円へ戻す場面もあったが、結局フロー主体で昨日の112.32円から112.98円への上昇に対する61.8%押し水準112.56円まで調整を進めた。
 昨日は、週末の米雇用統計の前哨戦となる米9月ADP全国雇用者数はおおむね予想に沿った結果となった。ハリケーンの影響をどのように推し量るか見極めが難しい局面でもあり、ドル相場の反応は比較的、落ち着いていた。その後の米9月ISM非製造業景況指数の強さを受けて上昇したが、東京タイムに短期筋のストップロスで下落が始まった水準を取り戻したところでは勢いが一巡。強いトレンドが出にくい。明日に米雇用統計を控えるなか、今夜に雇用関連指標である米新規失業保険申請の発表も控えているが、様子見ムードが支配的となるか。ハリケーンの影響による一時的な指標の振れもあり、指標結果自体にも市場は反応しづらく、取引が手掛けにくい状態が続きそうだ。

・想定レンジ上限
 ドル円は引き続き、9月27日高値113.26円が位置する113円前半が、まずは戻した際のめどとなる。その次は7月11日安値113.72円が節目。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値は、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線付近での底堅さを維持している。9月29日安値112.22円もサポートになると考えられる。下抜けた場合、次は同25日安値111.48円がめど。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限はやがて低下するが、まだ111.38円で横ばいが続いている局面で、しばらくサポートとして機能する可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , ,

豪ドル・円:雇用関連指標の改善を好感して一時88円台後半まで上昇

14日の豪ドル・円は反発。本日発表された8月の失業率は5.6%で市場予想と一致したが、正規雇用者数は前月比+4.01万人となったことが好感された。全体の雇用者数は+5.42万人で市場予想の+2万人程度を大幅に上回った。労働参加率は65.3%に上昇した。雇用関連指標の改善を好感して豪ドルは強い動きをみせているが、豪ドル・ドルの取引では利食い目的の豪ドル売りが観測されている。豪ドル・ドルの取引レンジは0.7974ドルから0.8016ドル。なお、ユーロ・円のここまでの取引レンジは131円11銭から131円49銭。
・豪ドル・円の取引レンジ:88円13銭-88円74銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル下落、弱めの雇用関連指標受け=NY外為市場

[ニューヨーク 6日 ロイター] – 6日のニューヨーク外為市場では、米労働市場に関する一連の経済指標が市場予想より弱めだったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)の利上げが緩やかなペースにとどまるとの見方が強まり、ドルが主要通貨に対して下落した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドルが対円・ユーロで上昇 堅調な雇用関連指標受け=NY市場

[ニューヨーク 1日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが円やユーロ、スイスフランといった主要通貨に対して上昇した。この日発表された雇用関連指標が堅調だったことで、米連邦準備理事会(FRB)の6月利上げ観測が強まった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】ドル円イメトレ=ISMや雇用関連指標でリスクオン盛り返すか

ドル円は、石油輸出国機構(OPEC)減産合意を受けたリスク選好で、2月16日以来の高値114.83円まで上昇した。

 足元ではリスク選好の流れは落ち着き、ドル円は今夜の米11月ISM製造業景況指数が、再びドル高・円安を再燃させる結果となるか見定める展開。明日の米雇用統計を控えるなか、米新規失業保険申請件数が同イベントへ向けたセンチメントを盛り上げるかどうかも注視したい。その意味では、ISMの内訳の雇用指数にも注目が集まる。

・想定レンジ上限
 週足一目均衡表・雲の上限115.42円

・想定レンジ下限
 11月29日高値113.34円

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,