タグアーカイブ: 雇用統計

指標おさらい、中 GDP 鉱工業生産 小売売上 南ア 政策金利 豪 雇用統計 トルコ 政策金利 米 建設許可 住宅着工 フィラデルフィア連銀製造業 失業保険

*

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , , , ,

「ええやん、いやあかん、まあええか 豪 雇用統計の場合」

「ええやん、いやあかん、まあええか 豪 雇用統計の場合」

豪ドルドル10分足 9時半豪 雇用統計発表

1.ええやん=雇用者数増加で買い 

2. いやあかん ただ、正規雇用が伸び悩み 売り ボリバン上限だし

3. まあええか でも去年から雇用の増加傾向は続いているで買い 大騒ぎすることないかでいったん終了

(こういうことを瞬間でやるのがデイトレーダー、早い情報入手も必要、でも精神的に疲れる、体力的には疲れていないので太る
 若いころは こういうのがドル円を中心に連続 さらに大口顧客にも撃たれるのが銀行ディーラー)
aud koyou10m.JPG 

FX為替ニュース

, , , ,

今日の焦点、中 GDP 鉱工業生産 小売売上 南ア 政策金利 豪 雇用統計 トルコ 政策金利 米 建設許可 住宅着工 フィラデルフィア連銀製造業 失業保険

「今日の焦点、中 GDP 鉱工業生産 小売売上 南ア 政策金利 豪 雇用統計 トルコ 政策金利 米 建設許可 住宅着工 フィラデルフィア連銀製造業 失業保険」 

*仲値=1月18日(木)(特殊送金があるかもしれない日)
*講演=日豪首脳会談
*決算=IBM、モルガン・スタンレー、アメリカン・エキスプレス
*外貨投資=
*今日の注文=別途掲載

(予定)
asu0118.JPG

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , , , ,

米ブレークイーブン・インフレ率横ばい、雇用統計受け

[ニューヨーク 5日 ロイター] – 12月の米雇用統計で、賃金の伸びが予想と一致したことを受け、米予想物価指標の1つ、ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は横ばいで推移した。

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】NY為替見通し=米雇用統計の強弱を受けたドル相場の上下を軸とした展開

ドル円は、NY株の堅調を受けて日経平均株価が続伸したことを好感し、昨年末12月28日以来、1週間ぶり以上となる水準113.27円までドル高・円安水準となった。

 今夜は、米12月雇用統計の強弱を受けたドル相場の上下を軸とした展開となろう。非農業部門雇用者数は前月の上振れ水準+22.8万人より伸びをやや鈍化させ、20万人を下回る増加にとどまるとの見方。とはいえ十分に労働市場の堅調さを示す水準といえる。ただ、前日にADPが発表した全米雇用者数が+25.0万人と、雇用統計と同レベルの市場予想+19.0万人を上回る結果となった。雇用の強さを相当程度は市場が織り込んだと思われる。週明けの日本の祝日で取引が薄くなるなか、アジア市場で為替がドル安・円高方向へ調整を進めるリスクを懸念して、ポジション解消のドル売り・円買いが次第に強まる状況は想定しておきたい。
 一方、市場の焦点となっている労働賃金の動向が、ドル相場や株式ほか金融市場へより影響を与える可能性はある。雇用統計と同様に注目指標である米12月ISM非製造業景況指数の結果を受けてドルの戻り売りが強まったり、あるいはドル買いがもう一段加速したりする展開もあるか。週末にかけて多く予定されているFRB高官の発言にも留意が必要となる。

・想定レンジ上限
 ドル円は、昨年12月21日高値113.64円、同13日高値113.75円などが控える113円台で戻り余地を探る展開。米雇用統計の結果次第で、昨年10月から11月にかけてもみ合ったレンジの軸114円付近への定着をうかがうことになるか。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、日足一目均衡表・雲のレンジ112.32-79円前後。雲の中、112.43円付近で推移している90日移動平均線も支えとなりそう。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]スマホ視聴OK。無料配信『生中継だヨ!米雇用統計』
【拡大版】1月5日(金)21時30分スタート。
2018年の為替はどっちだ?著名為替アナリストの深谷氏が鋭く解説!
→http://www.gaitame.com/gaitame/tokuban/180105/online.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY為替見通し=米雇用統計の強弱を受けたドル相場の上下を軸とした展開

 ドル円は、NY株の堅調を受けて日経平均株価が続伸したことを好感し、昨年末12月28日以来、1週間ぶり以上となる水準113.27円までドル高・円安水準となった。
 今夜は、米12月雇用統計の強弱を受けたドル相場の上下を軸とした展開となろう。非農業部門雇用者数は前月の上振れ水準+22.8万人より伸びをやや鈍化させ、20万人を下回る増加にとどまるとの見方。とはいえ十分に労働市場の堅調さを示す水準といえる。ただ、前日にADPが発表した全米雇用者数が+25.0万人と、雇用統計と同レベルの市場予想+19.0万人を上回る結果となった。雇用の強さを相当程度は市場が織り込んだと思われる。週明けの日本の祝日で取引が薄くなるなか、アジア市場で為替がドル安・円高方向へ調整を進めるリスクを懸念して、ポジション解消のドル売り・円買いが次第に強まる状況は想定しておきたい。
 一方、市場の焦点となっている労働賃金の動向が、ドル相場や株式ほか金融市場へより影響を与える可能性はある。雇用統計と同様に注目指標である米12月ISM非製造業景況指数の結果を受けてドルの戻り売りが強まったり、あるいはドル買いがもう一段加速したりする展開もあるか。週末にかけて多く予定されているFRB高官の発言にも留意が必要となる。
・想定レンジ上限
 ドル円は、昨年12月21日高値113.64円、同13日高値113.75円などが控える113円台で戻り余地を探る展開。米雇用統計の結果次第で、昨年10月から11月にかけてもみ合ったレンジの軸114円付近への定着をうかがうことになるか。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、日足一目均衡表・雲のレンジ112.32-79円前後。雲の中、112.43円付近で推移している90日移動平均線も支えとなりそう。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,