タグアーカイブ: 雇用統計

【市場反応】米雇用統計、予想下回りドル反落

[欧米市場の為替相場動向]
米労働省が発表した10月雇用統計で非農業部門雇用者数は前月比+26.1万人と、伸びは予想の+31.3万人を下回り、昨年7月以降で最大となった。8月分は3.3万人減から1.8万人増へ上方修正された。
失業率は4.2%から予想外に4.1%へ低下した。2000年12月以降ほぼ17年ぶり低水準となった。不完全雇用率(U6)は9月の8.3%から7.9%へ低下。平均時給は前月比横ばい、前年比+2.4%と、8月から予想以上に低下した。労働参加率も62.7%と、63.1%から予想外に低下。労働市場のスラックが依然存続している証拠となった。
同時刻に米商務省が発表した9月貿易収支は435億ドルの赤字と、赤字幅は予想432億ドルを小幅上回り、8月428億ドルから拡大。
冴えない結果を受けて米10年債利回りは2.35%から2.32%まで低下した。ドル・円は114円11銭から113円64銭へ反落。ユーロ・ドルは1.1645ドルから1.1690ドルへ急伸した。
【経済指標】
・米・10月非農業部門雇用者数:+26.1万人(予想:+31.3万人、9月:+1.8万人←-3.3万人)
・米・10月平均時給:前年比+2.4%(予想:+2.7%、9月:+2.8%←+2.9%)
・米・10月失業率:4.1%(予想:4.2%、9月:4.2%)
・米・9月貿易収支:-435億ドル(予想:-432億ドル、8月:-428億ドル←-424億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , ,

【市場反応】米雇用統計、予想下回りドル反落

 米労働省が発表した10月雇用統計で非農業部門雇用者数は前月比+26.1万人と、伸びは予想の+31.3万人を下回り、昨年7月以降で最大となった。8月分は3.3万人減から1.8万人増へ上方修正された。
失業率は4.2%から予想外に4.1%へ低下。2000年12月以降ほぼ17年ぶり低水準となった。不完全雇用率(U6)は9月の8.3%から7.9%へ低下。平均時給は前月比横ばい、前年比+2.4%と、8月から予想以上に低下した。労働参加率も62.7%と、63.1%から予想外に低下。労働市場のスラックが依然存続している証拠となった。
同時刻に米商務省が発表した9月貿易収支は435億ドルの赤字と、赤字幅は予想432億ドルを小幅上回り、8月428億ドルから拡大。
冴えない結果を受けて米10年債利回りは2.35%から2.32%まで低下した。ドル・円は114円11銭から113円64銭へ反落。ユーロ・ドルは1.1645ドルから1.1690ドルへ急伸した。
【経済指標】
・米・10月非農業部門雇用者数:+26.1万人(予想:+31.3万人、9月:+1.8万人←-3.3万人)
・米・10月平均時給:前年比+2.4%(予想:+2.7%、9月:+2.8%←+2.9%)
・米・10月失業率:4.1%(予想:4.2%、9月:4.2%)
・米・9月貿易収支:-435億ドル(予想:-432億ドル、8月:-428億ドル←-424億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , ,

【NY為替オープニング】米雇用統計で12月の利上げをさらに確認へ、ドル高

 ◎ポイント
・英10月サービス業PMI, 過去6か月で最高
・米・10月非農業部門雇用者数(予想:+31.2万人、9月:-3.3万人)
・米・10月失業率(予想:4.2%、9月:4.2%)
・米・10月平均時給(前年比予想:+2.7%、9月:+2.9%)
・米・9月貿易収支(予想:-433億ドル、8月:-424億ドル)
・米・10月サービス業PMI改定値:(予想:55.1、速報値:55.1)
・米・10月ISM非製造業景況指数(総合)(予想:58.5、9月:59.8)
・カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答
 3日のニューヨーク外為市場では良好な米雇用統計への期待にドルが堅調に推移している。本日はそのほか、10月ISM非製造業景況指数(総合)やカシュカリ米ミネアポリス連銀総裁の講演での発言が相場材料となる。
米国労働省がワシントンで3日に発表を予定している最新10月の雇用統計で、雇用が30万台の伸びに拡大する見込み。2つの大型ハリケーンの影響で減少した9月から反動が予想されている。米労働省が発表する雇用統計と相関関係が最も強いと見られている先行指標、ADP雇用統計が予想以上に増加したことは、雇用統計の良好な結果への期待につながった。
市場エコノミストは、失業率が16年来の低水準である4.2%を維持。非農業部門雇用者数は前月比+31.3万人と、9月-3.3万人からプラスに改善し2015年5月以降2年ぶりで最大の伸びを記録すると予想している。良好な雇用統計の結果は12月の追加利上げの可能性をさらに強める。同時に、マイナス材料も存続。賃金は、前月比+0.2%、前年比+2.7%と、9月+0.5%、+2.9%から伸びの鈍化が予想されている。賃金の伸びの鈍化は米債利回りの上昇を限定的とする。ただ、12月の利上げを先送りする要因となる可能性は少ないと見る。
トランプ米大統領が次期米連邦準備制度理事会(FRB)議長として指名したパウェルFRB理事は、イエレンFRB議長に比べハト派色が弱いと見られているものの、現行の金融政策の軌道、緩やかな利上げやバランスシートの縮小を維持し劇的な変更はないと見らる。パウェル氏は規制緩和を支持しており、株式相場にとりプラス要因。2018年2月にイエレンFRB議長の任期満了後、議長に就任する。
米国共和党下院が税制改革案の詳細を2日に発表した。年内の成立に向けた展開はドルにとり好感材料となる。改革案には法人税税率を現行の35%から20%まで低下することが含まれている。Phase-in段階的な減税ではないことは好感材料となる。しかし、個人に対しては、州・地方税の優遇措置の撤廃、住宅ローン金利への優遇措置が削減されることなどが盛り込まれており、この案に反対する声も少なくない。NFIB(全米独立企業連盟)は現行で案を支持することはできないと発表。NAHB(全米住宅産業協会)のCEOは共和党下院の税制改革案で、住宅市場はリセッションに陥ると警告した。トランプ米大統領は感謝祭までに議会が承認し、クリスマスまでの実施を目標としているが、ハードルは高い。
・ドル・円は、200日移動平均水準の111円74銭を上回っている限り上昇基調。
・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1268ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能性。
ドル・円114円16銭、ユーロ・ドル1.1640ドル、ユーロ・円132円85銭、ポンド1.3070ドル、ドル・スイスは0.9996フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-アップル株の動向や雇用統計に注目が集まる

好決算を発表したアップル株の動向や米10月雇用統計に注目が集まる

 今晩のNY市場では、昨日の引け後に決算を発表したアップルの動向や米10月雇用統計などの経済指標に注目が集まる。アップルの7-9月期決算は売上高と利益が市場予想を上回り、株価は時間外で3%超上昇した。今晩の通常取引でも大幅高が見込まれ、相場のけん引役として期待される。経済指標は、米10月雇用統計、米9月貿易収支、米10月ISM非製造業景況指数、米9月耐久財受注・確報値など注目度の高い指標の発表が多い。雇用統計ではハリケーンの影響で前月に大きく下振れした非農業部門雇用者数(市場予想:+31.3万人)が注目される。経済指標で今後の緩やかな利上げ見通しが確認されれば、主要3指数そろっての史上最高値更新が期待できそうだ。
 今晩の企業決算は、取引時間前にデューク・エナジー、アメレン、バークシャー・ハサウェイなどS&P500の8銘柄が発表予定。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円114.08円前後、雇用統計まで小動きか

 ドル円は114.08円前後で取引されている。本日のNYカットで114.00円に大き目のオプションがあり、上昇局面では売り、114.00円を割り込むと買いが出ているもよう。雇用統計の発表があるまでは114.00円前後で小動きになる可能性が高そうだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY株見通し-引け後のアップルの決算や翌日の雇用統計を意識

高値もみ合いか 引け後のアップルの決算や翌日の雇用統計を意識

 今晩のNY市場は高値もみ合い継続か。今晩はトランプ大統領が次期FRB議長にパウエルFRB理事を指名する見通しのほか、下院で税制改革法案が可決される見通しが強まっており、相場の支援となることが期待される。ただ、どちらの材料も一定程度相場に織り込まれているとみられるほか、引け後のアップルの決算や翌日の米10月雇用統計の発表を控えており、影響は限定的なものになりそうだ。
 今晩の経済指標は新規失業保険申請件数のほか、パウエルFRB理事、ダドリー米NY連銀総裁の講演も予定されている。企業決算はS&P500採用の44社が発表予定で、取引時間前のダウ・デュポン、ラルフローレン、引け後のアップル、スターバックス、CBSなどなどが注目される。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=明日の雇用統計まではレンジ内で取引か

昨日は米10月ADP全国雇用者数(+23.5万人)を受けて114.28円まで上昇し、米10年債利回りが2.34%台へ低下したことで、113.75円前後まで反落した。しかし、12月のFOMCでの追加利上げ観測が高まり114.25円前後まで反発し、そして再び本日の東京時間で113.74円まで下がった。本日も明日の米雇用統計を控えて似たような展開を予想する。本日はイングランド銀行金融政策委員会(MPC)の政策金利発表があり、欧州通貨を中心とした動きにはなりそうだが、次期FRB議長が噂されているパウエルFRB理事の講演などもあり、その都度市場は反応するだろう。しかし昨日の動きを見ていると雇用統計を確かめる前に一方通行で市場が動くことは難しいと思われる。景気からみても長期的なドル買いトレンドが継続される可能性は高いものの、明日までは丁寧にレンジ内での取引が必要になりそうだ。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、10月27日と7月11日の高値近辺の114.50円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、日足一目均衡表の基準線と21日移動平均線がある113.05円近辺。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=明日の雇用統計まではレンジ内で取引か

 昨日は米10月ADP全国雇用者数(+23.5万人)を受けて114.28円まで上昇し、米10年債利回りが2.34%台へ低下したことで、113.75円前後まで反落した。しかし、12月のFOMCでの追加利上げ観測が高まり114.25円前後まで反発し、そして再び本日の東京時間で113.74円まで下がった。本日も明日の米雇用統計を控えて似たような展開を予想する。本日はイングランド銀行金融政策委員会(MPC)の政策金利発表があり、欧州通貨を中心とした動きにはなりそうだが、次期FRB議長が噂されているパウエルFRB理事の講演などもあり、その都度市場は反応するだろう。しかし昨日の動きを見ていると雇用統計を確かめる前に一方通行で市場が動くことは難しいと思われる。景気からみても長期的なドル買いトレンドが継続される可能性は高いものの、明日までは丁寧にレンジ内での取引が必要になりそうだ。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、10月27日と7月11日の高値近辺の114.50円。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、日足一目均衡表の基準線と21日移動平均線がある113.05円近辺。

FX為替ニュース

, , , , , , ,