タグアーカイブ: 長期金利

LDN午前=米長期金利が調整の低下もドル円は111.08円まで上昇、ただし勢いに欠ける

 ロンドン午前は、米長期金利が3.12%付近から一時3.1%割れまで調整を進めたことから、ドル円は110.80円付近まで下押す場面もあった。しかし下げ渋り、じり高で1月23日以来の高値を111.08円まで更新する底堅さを示した。ただ、東京タイムのレンジ上限111.01円をブレイクしたところでも値動きが加速するような状態ではなく、段階的に小幅なレンジ切り上げが続く状態。強い方向感はなかった。
 伊ポピュリスト2政党「五つ星運動」「同盟」が連立協定に最終合意したとのニュースが伝わり、ユーロは上値が重かった。米長期金利の低下を手掛かりに、昨日来の下落幅を1.1822ドルまで回復したが、昨日の安値を下回る1.1775ドルまで一時下落。ユーロ円は131.13円まで上昇後、130円後半へ下押した。連立に際して予算規則見直しなど財政拡大につながる点を市場は懸念している。ポンドドルも1.3472ドルまで水準を下げ、ポンド円は149円後半で上値が重かった
 資源国通貨は、昨日の欧米タイムに軟調だったNZドルは戻りを試したものの、総じてもみ合い。NZドル/ドルは0.6909ドルまで昨日の下落幅を回復し、NZドル円は円安地合いが支援となり9日以来の水準76.68円まで上伸。豪ドル/ドルは0.75ドル前半、豪ドル円は83円前半、ドル/加ドルは1.28加ドル前半で上下。加ドル円は86.64円を上値としたもみ合いだった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-堅調持続か 長期金利の動向やウォルマートの決算に注目

今晩のNY市場は堅調持続か。昨日は米10年債利回りの上昇が続いたものの、好決算を発表したメーシーズが2桁の上昇となり、消費関連株が軒並み高となった。アップルが4日ぶりに反発したほか、半導体株指数も大幅高となった。指数は主要3指数がそろって反発し、ラッセル2000が史上最高値を更新した。投資家の不安心理を示すVIX指数は13ポイント台に低下し、センチメントも回復した。長期金利の上昇が懸念材料となるものの、テクニカルやセンチメントの改善を背景に引き続き堅調な展開が期待できそうだ。
 今晩の経済指標は新規失業保険申請件数、4月景気先行指数など。このほかカシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、カプラン米ダラス連銀総裁の講演も予定されている。決算発表は寄り前のウォルマート、引け後のアプライド・マテリアルズ、ノードストロームなどに注目。(執筆 5/17 14:20時点)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-底堅い展開か 長期金利の動向やメーシーズの決算に注目

今晩のNY市場は底堅い展開か。昨日は決算が嫌気されたホーム・デポの下落や米長期金利の上昇が相場の重しとなった。米10年債利回り約7年ぶりの水準に上昇したことで、利上げ加速懸念が引き続き相場の重しとなりそうだ。ただ、シカゴのボラティリティ指数(VIX指数)は比較的低位で推移しており、金利高とボラティリティ急上昇を受けて急落した1月下旬からの状況は想定しにくい。S&P500は先週50日と100日の移動平均線を上抜けしたが、昨日は再び100日移動平均線の水準まで下落した。100日線が下値支持となるか注目したい。
 今晩の経済指標は米4月住宅着工件数、米4月鉱工業生産、米週間原油在庫などなど。このほかボスティック米アトランタ連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁の講演も予定されている。決算発表は寄り前のメーシーズ、引け後のシスコ・システムズなどに注目。(執筆 5/16 14:22時点)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

LDN午前=米長期金利は直近の天井圏3.03%台、ドル円は110円台に

 ロンドン午前は、米中通商協議の先行き楽観などから米長期金利が3.03%台と、直近の天井圏に達した。ドル円は110.14円と、直近の上値の節目だった2日高値110.04円を上回り、2月5日以来の高値をつけた。
 強さ感じにくかった英・欧経済指標などが発表となるなか、欧州通貨など対ドルで各通貨は戻りが鈍かった。ユーロドルは1.1874ドル、ポンドドルは1.3513ドルまで下落。指標が欧州通貨に与える直接的なインパクトは限られたが、総じてさえない数値だった。英4月失業保険受給者数は+3万1200人と、市場予想の+7800人を大きく上回る増加。日本時間18時には、複数の欧州経済指標がまとまって発表となった。独5月ZEW現況指数が+87.4と、+85から+86前後のレンジを見込んでいた市場予想より強かったものの、前月の87.9よりやや弱め。その他の指標は予想比で強弱まちまちだった。
 オセアニア通貨も対ドルで重く、豪ドル/ドルは0.7486ドル、NZドル/ドルは0.6891ドルまで水準を下げた。
 クロス円は、ドル円の円売り地合いが支えとなり当初は底堅かった。ただ、NY入りを前にドル買いが強まり、対ドルでユーロやポンドが下値を広げたところでは、クロス円も重い推移に。ユーロ円は131.14円から130.61円まで下押し。ポンド円は149.05円、NZドル円は76.09円を上値に伸び悩んだ。豪ドル円は82.31円まで下落した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

LDN序盤まとめ=米長期金利の動向を支えにドル円は一時110円つける

・米中通商協議の先行き楽観などから米長期金利3.02%まで上昇
・ドル円は110.00円まで上昇、同節目をこなしきれず足踏み
・強さ感じられない英・欧経済指標など発表となるなか、欧州通貨など対ドルで戻り鈍い
・クロス円は底堅い、伸び悩みつつも本日高値圏を維持したドル円の円売り地合いが支え

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し=今週はアップルなど主要銘柄の決算と長期金利の動向が焦点

今週のNY市場ではアップルなどの主力銘柄の決算発表と米長期金利の動向が焦点となるか。第1四半期決算発表は先週までにS&P500採用の244銘柄が発表を終え、そのうち82%の200銘柄で調整後の一株当たり利益が市場予想を上回る好調な結果となった。今週は約150銘柄が発表予定と高水準の発表が続く。なかでも5月1日引け後発表予定のアップルは4-6月期のiPhone需要低迷観測が足もとのハイテク株や半導体株下落の一因となっており、結果や会社側の見通しに注目が集まる。先週一時、4年3カ月ぶりとなる3%台まで上昇した米10年債利回りの動向にも引き続き注意が必要か。今週は3月個人消費支出、4月ISM製造業PMI、FOMC結果公表、4月ISM非製造業総合指数、4月雇用統計など注目の経済指標の発表が多く、結果を受けた長期金利の動向が注目される。
 今晩の決算発表はS&P500の16銘柄が発表予定で、寄り前にマクドナルド、アラガン、ロウズなど、引け後にアカマイ・テクノロジーズ、ヘインズブランズなどが発表予定。今晩の経済指標は3月個人消費支出、3月コアPCEデフレーター、3月中古住宅販売仮契約、4月シカゴ購買部協会景気指数など。
(執筆 4/3014:21時点)  

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】27日香港株=買い戻し優勢か、米IT株の上昇や長期金利の低下を好感

27日の香港市場は反発か。米株高や米長期金利の低下など外部環境の改善を受け、前日にハンセン指数が約3週間ぶり安値で終えた後とあって、買い戻しが優勢になりそうだ。26日のNY市場は、四半期決算が市場予想を上回る増収増益となったフェイスブックが大幅高となり、IT関連株を中心に買いが広がった。ダウ平均が大幅続伸し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合指数は6営業日ぶりに反発した。香港市場でこのところテンセント(00700)などIT関連株の下げがきつかっただけに、安値広いの買いが相場を押し上げよう。米長期金利は3日ぶりに心理的節目の3%を下回り、香港からの資金流出懸念が一服しそうだ。中国本土市場の重複上場銘柄を中心に1−3月期決算の発表がピークに入り、好業績を手掛かりとした買いも活発になろう。

 ただ、上値追いの動きは限られると予想する。米司法省が中国スマートフォン大手の華為技術(ファーウェイ)を捜査していると報じられるなど、ハイテク分野で米中の対立激化に対する懸念が高まっている。ムニューシン米財務長官らが来週にも訪中して通商交渉を正式に開始すると伝わる中、様子を見極めたい投資家気分が上値も抑えよう。中国人民銀行(中央銀行)の流動性措置も気がかりだ。25日に商業銀行に対する預金準備率が1%引き下げられたが、人民銀の公開市場操作(オペ)は25−26日の2日連続で1500億元規模の吸収超過となった。本土で企業の納税期間を迎えており、市場資金のひっ迫が懸念されている。

 同日の香港株の米国預託証券(ADR)は、IT大手のテンセントや大型金融株のHSBC(00005)、中国建設銀行(00939)、AIAグループ(01299)、中国平安保険(02318)が香港終値を上回って引けた。香港株のADRにサヤ寄せすれば、ハンセン指数は前日終値を約270ポイント上回る水準で寄り付くことになる。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米国債入札史上最大の入札週     長期金利と株・為替に注意!

今年から FXプライムbyGMOさん で、私のWEEKLYレポート『松崎美子のロンドン発WEEKLY為替市場見通し』の配信が始りました。こちらは、FXプライムbyGMO会員限定 ですので、レポートをご一読いただき、ぜひトレードにお役立てください。今週は、金曜日から始まるイースター休暇の影響で、実質木曜日までの営業となります。そして、イースターに加え、月末・期末週でもあり、水星逆行とも重なるため、期末に向けた特殊玉も出

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

国債の信認低下なら、長期金利の低位抑制は困難=黒田日銀総裁

[東京 14日 ロイター] – 黒田東彦日銀総裁は14日の参議院予算委員会で、国債の信認が失われた場合、現行のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策によって長期金利を低位に抑制し続けることは困難になると語った。藤巻健史委員(維新)への答弁。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

インタビュー:米長期金利、今利上げサイクルで4%まで上昇=著名投資家ファス氏

[東京 13日 ロイター] – 米資産運用会社ルーミス・セイレスの副会長で「債券界のウォーレン・バフェット」とも称されるダン・ファス氏(84歳、運用歴60年)は12日、ロイターのインタビューに応じ、長期金利の指標となる米10年物国債利回り<US10YT=RR>は、今回の利上げサイクルで4%まで上昇するだろうとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,