タグアーカイブ:

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/12 金)

WS001529.JPG  

  
———-1/11ドル円相場————————
 
中国、米債投資停止観測否定も指標悪化でドル続落
 
OP111.426 HI111.872 LO111.044 CL111.276
  
———–1/11主な出来事————————–
 
09:30 (豪) 11月小売売上高 (前月比) +1.2%
前回+0.5% 
予想+0.4%  
 
12:30中国国家外為管理局(SAFE)
「中国が米国債購入の縮小・停止を検討との報道、誤った情報に基づいたもの」-
 
19:00 (ユーロ圏) 11月鉱工業生産 (前月比) +1.0%
前回+0.2%→+0.4%
予想 +0.8%  
 
21:30 ECB議事録
「金融政策姿勢や、政策方針(フォワードガイダンス)のさまざまな次元に関わる文言について、2018年の初めに再検討を加える可能性がある」 
 
22:30 (米) 12月生産者物価指数 (前月比) -0.1% 
前回+0.4% 
予想+0.2% 
(米) 12月生産者物価指数 (前年比) +2.6%
前回+3.1% 
予想+3.0%  
(米) 12月生産者物価指数 (コア:前年比) +2.3%
前回+2.4% 
予想+2.5% 
 
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 26.1万件
前回25.0万件 
予想24.5万件 
 
22:30 (加) 11月新築住宅価格指数 (前月比)  +0.1% 
前回+0.1% 
予想+0.2%
 
30:45 (NZ) 11月住宅建設許可 (前月比) +10.8%
前回-9.6%→-10.4% 
 
29:30 ダドリーNY連銀総裁
「緩やかな利上げ継続の論拠は依然強い」「資産価格は高水準だが特に懸念されない」「インフレ率が2%の目標に向けて高まると予想」
 
————1/11株式・債券・商品———————-
 
日経平均 23710.43▼77.77
豪ASX 6067.622▼29.056
上海総合 3425.345 △3.511
英FT 7762.94△14.43
独DAX  13202.9▼78.44
NYダウ 25574.73△205.60
 
日10年債利回り 0.0720%▼0.0140
豪10年債利回り 2.734%△0.015
英10年債利回り 1.309%△0.023
独10年債利回り 0.581%△0.038
米2年債利回り  1.9786%△0.0062
米10年債利回り 2.5367%▼0.0201
 
NY原油 63.80 △0.23
NY金  1322.50△3.20
  
————1/12きょうの注目材料———————
 
<国内>
08:50    11月国際収支速報(経常収支/貿易収支)
08:50    対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース、2週分)
 
<海外>
未定    12月中国貿易収支
16:45    12月仏消費者物価指数・改定値
22:30    12月米消費者物価指数
22:30    12月米小売売上高
24:00    11月米企業在庫
25:30    バイトマン独連銀総裁、講演
26:00    ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
30:15    ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
 
————1/12きょうのひとこと———————-
 
ドル円は4日続落(今週全敗)です。昨日の生産者物価指数(前月比)が予想外に低下していただけに、本日の消費者物価指数の結果は特に重要でしょう。市場がドル売り過敏になっている中では、下ブレリスクに重きを置く必要がありそうです。ただ、同時に小売売上高(こちらも大関級の指標です)が発表される事や、米国は3連休前の金曜日である事を考慮すれば、ポジション調整の動きはドル買い方向に出やすいのではないでしょうか。本日のドル/円は下値警戒感がくすぶる中、米経済指標の結果とポジション調整の動きを気にしながらの神経質な展開となりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。 

FX為替ニュース

, , , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(1/5 金)

————1/4ドル円相場概況———————–
WS001512.JPG

世界同時株高の中、小幅続伸も上値が重い

 
OP-112.473 HI-112.861 LO-112.457 CL-112.724
 
———–1/4主な出来事—————————-
 
18:30 (英) 12月サービス業PMI 54.2
前回53.8 
予想54.0  
 
18:30 (英) 11月消費者信用残高 +14億GBP
前回+15億GBP(+14億GBP) 
予想+15億GBP  
 
21:30 (米) 12月チャレンジャー人員削減予定数 (前年比) -3.6% 
前回+30.1%
 
22:15 (米) 12月ADP全国雇用者数 +25.0万人
前回+19.0万人→+18.5万人
予想+19.0万人  
 
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 25.0万件
前回24.5万件→24.7万件
予想24.0万件  
 
————1/4株式・債券・商品———————
 
日経平均 23506.33△741.39
上海総合 3385.710 △16.602
英FT  7695.88△24.77 
独DAX 13167.89△189.68    
NYダウ 25075.13△152.45
      
日10年債利回り 0.0570%△0.0090
英10年債利回り 1.234%△0.021
独10年債利回り  0.434%▼0.008      
米2年債利回り 1.9515%△0.0202
米10年債利回り 2.4525%△0.0055
 
NY原油  62.01 △0.38             
NY金 1321.60△3.10
 
—————1/5きょうの注目材料——————-
<国内>
08:50    12月マネタリーベース
 
<海外>
09:30    豪11月貿易収支
16:00    独11月小売売上高指数
16:45    仏12月消費者信頼感指数
16:45    仏12月消費者物価指数・速報値
19:00    ユーロ圏11月卸売物価指数
19:00    ユーロ圏12月消費者物価指数(HICP)・速報値
22:30    カナダ11月貿易収支
22:30    カナダ12月雇用統計
22:30    米12月雇用統計
22:30    米11月貿易収支
24:00    カナダ12月Ivey購買部協会景気指数
24:00    米11月製造業新規受注
24:00    米12月ISM非製造業指数
24:15    ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
26:30    メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
 
————1/5きょうのひとこと———————
 
昨日はドル円こそ小幅に上昇しましたが、ドルは円以外の通貨に対して値下がりしています。ADPが強く、NYダウが史上最高値を更新したにもかかわらず上値は伸びませんでした。今日のヤマ場は米12月雇用統計となりますが、昨日のADPへの反応を見ても分かるように市場の関心は雇用の「量」から「質」に移っています。中でも、物価との関係で平均時給が注目されています。12月の米平均時給が市場予想(前月比+0.3%、前年比+2.5%)を上回る伸びを示すか要注目です。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。

 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(12/29 金)

————12/28ドル円相場概況———————–
北朝鮮絡みの報道で113円割れ、戻りも鈍い
 
OP-113.195 HI-113.268 LO-112.661 CL-112.855
 
———–12/28主な出来事—————————-
 
08:50 (日) 11月鉱工業生産・速報 (前月比) +0.6%
前回+0.5% 
予想+0.5%  
 
12:50 北朝鮮、ミサイル発射準備の兆候-CNN
 
21:00 (南ア) 11月貿易収支 +130億ZAR
前回+46億ZAR→+43億ZAR
 
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 24.5万件  
前回24.0万件
予想24.5万件 
 
22:30 (米) 11月卸売在庫 (前月比) +0.7%
前回-0.5%→-0.4%
予想+0.3%  
 
23:45 (米) 12月シカゴ購買部協会景気指数 67.6
前回63.9 
予想62.0  
 
26:00 伊大統領、議会解散を宣言、総選挙は来年3月4日
 
————12/28株式・債券・商品———————
 
日経平均 22783.98▼127.23
上海総合 3296.385 △20.602
 
英FT 7622.88△2.20  
独DAX 12979.94▼90.08     
NYダウ 24837.51△63.21
      
日10年債利回り 0.0580%△0.0020
英10年債利回り 1.197%△0.025
独10年債利回り 0.424%△0.040           
米2年債利回り 1.9071%△0.0140
米10年債利回り 2.4305%△0.0199
 
NY原油  59.84 △0.20             
NY金 1297.20△5.80
————12/29きょうの注目材料———————
 
<国内>
19:00    外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
 
<海外>
15:00    11月南アフリカマネーサプライM3
18:00    11月ユーロ圏マネーサプライM3
22:00    12月独消費者物価指数・速報値
 
————12/29きょうのひとこと———————
 
今年のマーケットもいよいよきょうで終わりです。ドル円相場も着地体勢に入ってきましたが、今年の始値は116.94円なので、もはや年足陰線は避けられそうにありません。着地の姿勢が来年の見通しに影響する事も考えられるので、ここはひとつ内村航平選手バリの綺麗な着地を決めてほしいところです。
 
本日もよろしくお願いいたします。

 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(12/22 金)

 ————12/21ドル円相場概況———————–

 
WS001482.JPG
米GDP下方修正でドル小幅安
 
OP-113.386 HI-113.634 LO-113.201 CL-113.310
 
———–12/21主な出来事—————————-
 
11:47 (日) 日銀金融政策決定会合
・マイナス金利0.1%維持
・8対1で金融政策の現状維持を決定
・長期国債の買い入れ額は概ね現状維持(年間80兆円増) 
 
15:30 黒田日銀総裁
「リバーサル・レートは学術的な分析のひとつ」「量的・質的金融緩和の見直しは必要ない」
「景気がいいからそろそろ金利を上げるという考えはない」「ビットコイン、決済手段として通貨と同じでない」「ビットコインが異常な高騰であることは事実」
 
16:00 (スイス) 11月貿易収支 +26.3億CHF
前回+23.3億CHF→+24.5億CHF
  
18:30 (英) 11月財政収支 -81億GBP 
前回-75億GBP→-72億GBP
予想-83億GBP 
 
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 24.5万件
前回22.5万件 
予想23.3万件  
 
22:30 (米) 12月フィラデルフィア連銀製造業指数 26.2
前回22.7 
予想21.0 
 
22:30 (加) 11月消費者物価指数 (前月比) +0.3%
前回+0.1% 
予想+0.2%  
(加) 11月消費者物価指数 (前年比) +2.1%
前回+1.4% 
予想+2.0%  
 
22:30 (加) 10月小売売上高 (前月比) +1.5%
前回+0.1%→+0.2%
予想 +0.3%  
 
22:30 (米) 7-9月期GDP・確報 (前期比年率) +3.2%
前回+3.3% 
予想+3.3%  
 (米) 7-9月期個人消費・確報 (前期比年率) +2.2%
前回+2.3% 
予想+2.3%  
 
23:00 (米) 10月住宅価格指数 (前月比) +0.5%
前回+0.3%→+0.5%
予想+0.4%  
 
24:00 (ユーロ圏) 12月消費者信頼感・速報  0.5 
前回0.1→0.0
予想0.2
 
————12/21株式・債券・商品———————
 
日経平均 22866.10▼25.62
上海総合 3300.059 △12.453
英FT  7603.98△78.76
独DAX  13109.74△40.57    
NYダウ 24782.29△55.64
        
日10年債利回り 0.0610%△0.0010
英10年債利回り 1.262%△0.012
独10年債利回り 0.417%△0.012           
米2年債利回り 1.8775%△0.0208
米10年債利回り 2.4826%
▼0.0144
 
NY原油 58.36 △0.27               
NY金 1270.60△1.00
 
————12/22きょうの注目材料———————
 
<国内>
特になし
 
<海外>
16:00    11月独輸入物価指数
16:00    1月独Gfk消費者信頼感指数
16:45    11月仏生産者物価指数
16:45    7-9月期仏GDP・確報値
17:00    12月スイスKOF景気先行指数
18:30    7-9月期英GDP・確報値
18:30    7-9月期英経常収支
22:30    10月カナダGDP
22:30    11月米個人消費支出(PCE)
22:30    11月米個人所得
22:30    11月米PCEコアデフレータ
22:30    11月米耐久財受注額
24:00    11月米新築住宅販売件数
24:00    12月米ミシガン大消費者態度指数・確報値
 
 
————12/22きょうのひとこと———————
 
少し気が早いですが、今夜の米PCE(デフレーター)を確認すれば今年も終わりでしょうかね。きょうは英国(ロンドン)が半ドン、米債市場も短縮取引となります。欧米勢はクリスマス・ホリデー(3-4連休)を前に気もそぞろといったところでしょう。
 
本日もよろしくお願いいたします。
 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(12/15 金)

 ————12/14ドル円相場概況———————–

WS001453.JPG
 
米小売大幅増も税制改革への不透明感からドル失速
 
OP-112.565 HI-112.879 LO-112.064 CL-112.406
 
———–12/14主な出来事—————————-
 
09:30 (豪) 11月就業者数 +6.16万人
前回+0.37万人→+0.78万人
予想+1.90万人  
(豪) 11月失業率 5.4% 
前回5.4% 
予想5.4% 

11:00 (中国) 11月鉱工業生産 (前年比) +6.1%

前回+6.2% 
予想+6.1%  
 (中国) 11月小売売上高 (前年比) +10.2%
前回+10.0% 
予想+10.3% 
 
17:00 (仏) 12月製造業PMI・速報 59.3
前回57.7
予想 57.2  
 (仏) 12月サービス業PMI・速報 59.4
前回60.4 
予想60.0  
 
17:00 (南ア) 7-9月期経常収支 (対GDP比) -2.3%
前回-2.4% 
予想-2.0%  
 
17:30 (スイス) スイス中銀政策金利を-0.75%に維持
 
17:30 (独) 12月製造業PMI・速報  63.3
前回62.5 
予想62.0 
 (独) 12月サービス業PMI・速報 55.8 
前回54.3 
予想54.6 
 
18:00 (ユーロ圏) 12月製造業PMI・速報 60.6
前回60.1 
予想59.7  
 (ユーロ圏) 12月サービス業PMI・速報  56.5 
前回56.2 
予想56.0
 
18:00 (ノルウェー) ノルウェー中銀政策金利を0.50% に維持
 
18:30 (英) 11月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比) +1.1%
前回+0.3%→+0.5%
予想 +0.4%  
 
18:30 (南ア) 11月生産者物価指数 (前年比) +5.1%
前回+5.0% 
予想+4.9% 
 
20:00 (トルコ) トルコ中銀政策金利を 8.00% に維持
後期流動性ウィンドウ金利を0.5ポイント引き上げ12.75%
 
21:00 (英) BOE政策金利を0.50%に維持
 
21:00 (英) BOE議事録
・0.50%の政策金利の据え置きを9対0で決定
・資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した
・もし経済成長が11月の予想通りとなれば、数年以内に追加利上げの可能性
・追加利上げは、緩やかで限定的となる可能性
・インフレ率はピークに近づいており、中期的には目標値の2.0%へ低下する見通し 
 
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀政策金利を0.00%に維持
ECBスタッフ経済予測 
・2017年の成長見通しを2.2%から2.4%
・2018年の成長見通しを1.8%から2.3%
・2019年の成長見通しを1.7%から1.9%
 
・2017年のインフレ見通しを1.5%に据え置き
・2018年のインフレ見通しを1.2%から1.4%
・2019年のインフレ見通しを1.5%に据え置き
・2020年のインフレ見通し1.7%
・2020年のコアインフレ見通し1.8%
 
22:30 ドラギECB総裁、会見
「インフレにとって十分な刺激策が依然として必要」14日22:40「ECBのスタッフ予想では2017年のユーロ圏GDP伸び率は2.4%(9月時点2.2%)、18年GDPは2.3%(9月時点1.8%)、19年GDPは1.9%(9月時点1.7%)、20年GDPは1.7%」「インフレが上昇する強い勢いの示唆がある」「成長見通しに著しい改善が見られる」「ECBのスタッフ予想では2017年のインフレ率は1.5%(9月時点1.5%)、18年は1.4%(9月時点1.2%)、19年は1.5%(9月時点1.5%)、20年は1.7%」
「ヘッドラインインフレは今後数カ月で鈍化する可能性」「見通しの修正は正しい方向に進んでいる」「理事会はインフレの経路に確信を深めている」
 
22:30 (米) 新規失業保険申請件数  22.5万件
前回23.6万件 
予想23.6万件 
 
22:30 (米) 11月小売売上高 (前月比)+0.8%
前回+0.2%→+0.5%
予想+0.3%  
(米) 11月小売売上高 (前月比:除自動車) +1.0%
前回+0.1%(+0.4%) 
予想+0.6%  
 
22:30 (米) 11月輸入物価指数 (前月比) +0.7%
前回+0.2%→+0.1%
予想 +0.7%  
 
22:30 (加) 10月新築住宅価格指数 (前月比) +0.1%
前回+0.2% 
予想+0.2%  
 
24:00 (米) 10月企業在庫 (前月比) -0.1%
前回0.0% 
予想-0.1%  
 
28:00 (メキシコ) メキシコ中銀政策金利を 7.00% から 7.25% に引き上げ
 
マイク・リー氏とマルコ・ルビオ氏の両共和党上院議員が税額控除規模の拡大に向け税制改革法案の変更を要求
 
————12/14株式・債券・商品———————
 
WS001454.JPG
 
————12/15きょうの注目材料———————
 
<国内>
08:50    日銀短観(12月調査)
          (大企業製造業の業況判断DI)
 
<海外>
19:00  10月ユーロ圏貿易収支
19:00  リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
22:15  ホールデン英MPC委員、講演
22:30  10月カナダ製造業出荷
22:30  12月米ニューヨーク連銀製造業景気指数
23:15  11月米鉱工業生産指数
23:15  11月米設備稼働率
30:00  10月対米証券投資動向
—-  EU首脳会議(ブリュッセル、最終日)
 
————12/15きょうのひとこと———————
 
英国とユーロ圏の金融政策発表を終えて、年内の重要イベントは米税制改革を残すのみとなっていたところに、共和党の上院議員2人が同法案の一部変更を要求したと伝わり、市場はびっくり。現状52/100の議席しか持たない上院共和党なので不安は否めませんが、2人とも法案自体に反対している訳ではありません。法案の一本化にもう少し時間がかかるということでしょう。共和党としては来週22日までの可決を目指しており、しばらくは水面下でも水面上でも様々な駆け引きが繰り広げられると見られます。そうした動きが洩れ伝わるたびに、ドル/円は神経質に反応する事になりそうです。
 
 
 
本日もよろしくお願いいたします。
 

FX為替ニュース

, , , , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(12/8 金)

————12/7ドル円相場概況———————–
WS001421.JPG
 
米長期金利上昇でドル反発
 
OP-112.252 HI-113.155 LO-112.220 CL-113.087
 
———–12/7主な出来事—————————-
 
09:30 (豪) 10月貿易収支  +1.05億AUD 
前回+17.45億AUD→+16.04億AUD
予想+14.00億AUD
 
15:45 (スイス) 11月失業率 3.1%
前回3.0% 
予想3.1%  
 
16:00 (独) 10月鉱工業生産 (前月比) -1.4%
前回-1.6%→-0.9%
予想 +0.9%  
 
21:30 (米) 11月チャレンジャー人員削減予定数 (前年比) +30.1%
前回-3.0% 
  
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 23.6万件 
前回23.8万件 
予想24.0万件 
 
22:30 (加) 10月建設許可件数 (前月比) +3.5%
前回+3.8%→+4.9%
予想+1.0%  
 
23:00 (メキシコ) 11月消費者物価指数 (前月比) +1.03% 
前回+0.63% 
予想+1.01% 
 
24:00 (加) 11月Ivey購買部景況指数 63.0
前回63.8 
予想62.5 
 
 
26:50「社会民主党(SPD)、党大会でメルケル首相率いる与党との連立協議支持を可決」
 
27:00 「交渉が急速に進展し、数時間のうちに英国とアイルランドが国境問題で合意する可能性」
 
28:03 「トランプ大統領、来年1月に予定される一般教書演説の前に、インフラ投資計画を発表する用意がある」
 
————12/7株式・債券・商品———————
 
 WS001422.JPG
 
————12/8きょうの注目材料———————
 
<国内>
08:50    10月国際収支速報/経常収支・貿易収支
08:50    7-9月期GDP・2次速報
 
<海外>
06:45    7-9月期NZ製造業売上高
09:30    10月豪住宅ローン件数
未定    11月中国貿易収支
15:50  トゥスクEU大統領、Brexitについて記者発表
16:00    10月独貿易収支
16:00    10月独経常収支
16:45    10月仏財政収支
16:45    10月仏鉱工業生産指数
18:30    10月英鉱工業生産指数
18:30    10月英貿易収支
22:15    11月カナダ住宅着工件数
22:30    7-9月期カナダ設備稼働率
22:30    11月米雇用統計
24:00    10月米卸売在庫
24:00    12月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
 
 
————12/8きょうのひとこと———————
 
米国で、税制改革法案の年内成立期待に続いてインフラ投資拡大への期待も浮上しています。これらはいずれも、景気刺激と財政悪化の両面から長期金利の上昇要因となる訳ですが、米10年債利回りはまだ2.4%手前で10月に付けた直近最高(2.475%)には届いていません。きょうの米11月雇用統計の平均時給が、長期金利とドルの上昇を後押しできるか、注目が集まりそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。

 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(12/1 金)

 ———-11/30ドル円相場概況————————-

WS001393.JPG
月末需給で一時下押しも、米税制改革への期待が高まり切り返す
 
OP-111.875 HI-112.638 LO-111.736 CL-112.547
 
———–11/30主な出来事—————————-
 
09:30 (豪) 10月住宅建設許可 (前月比) +0.9%
前回+1.5%→+0.6%
予想-1.0%  
10:00 (中国) 11月製造業PMI 51.8
前回51.6 
予想51.4  
 
16:00 (独) 10月小売売上高指数 (前月比) -1.2%
前回+0.5% 
予想+0.3%  
 
17:55 (独) 11月失業者数 -1.8万人
予想-1.1万人→-1.2万人
前回-1.0万人  
 
17:55 (独) 11月失業率 5.6%
前回5.6% 
予想5.6%  
 
18:30 (南ア) 10月生産者物価指数 (前年比) +5.0%
前回+5.2% 
予想+5.0%  
 
19:00 (ユーロ圏) 10月失業率 8.8% 
前回8.9% 
予想8.9% 
 
19:00 (ユーロ圏) 11月消費者物価指数(HICP)・速報 (前年比)  +1.5%
前回+1.4% 
予想+1.6% 
 
21:08 (南ア) 10月貿易収支 +46億ZAR
前回+40億ZAR 
予想-55億ZAR  
 
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 23.8万件
前回23.9万件→24.0万件
予想24.0万件  
 
22:30 (米) 10月個人所得 (前月比) +0.4%
前回+0.4% 
予想+0.3%  
22:30 (米) 10月個人消費支出 (前月比) +1.0%
(+0.9%) +0.3%  
22:30 (米) 10月PCEデフレーター (前年比) +1.6%
前回+1.6%→+1.7%
予想 +1.5%
(米) 10月コアPCEデフレーター (前年比) +1.4%
前回+1.3%→+1.4%
予想+1.4%  
 
23:45 (米) 11月シカゴ購買部協会景気指数 63.9 
前回66.2 
予想63.0 
 
24:00 NYタイムズ紙
「米政府、ティラーソン米国務長官に代わり、ポンペオ氏の起用を検討」
 
25:00 マケイン米上院議員
「共和党がまとめた税制改革法案を支持」 
 
————11/30株式・債券・商品———————
 WS001394.JPG
————12/1きょうの注目材料———————
 
<国内>
08:30    10月完全失業率
08:30    10月有効求人倍率
08:30    10月全国消費者物価指数
08:30    11月東京都区部CPI
08:50    7-9月期法人企業統計
 
<海外>
10:45    11月財新中国製造業PMI
17:30    11月スイスSVME購買部協会景気指数
17:50    11月仏製造業PMI改定値
17:55    11月独製造業PMI改定値
18:00    11月ユーロ圏製造業PMI改定値
18:30    11月英製造業PMI
22:30    9月カナダGDP
22:30     7-9月期カナダGDP
22:30    11月カナダ雇用統計
23:05    ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
23:30    カプラン米ダラス連銀総裁、講演
24:00    11月米ISM製造業景気指数
24:00    10月米建設支出
24:15    ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
 
 
————12/1きょうのひとこと———————
 
きょうから師走相場入りですが、日経平均が18ヶ月連続の初日上昇に向けて好スタートを切りました。ドル円も今年の第1営業日は4月を除き全て陽線です。こうした月初の株高・円安アノマリーの背景については諸説ありますが、日本の年金や機関投資家の行動が影響しているとの見方が専らです。もちろん、検証不能をいいことに投機筋が先回りして動くという面もあるのでしょう。
 
今月もよろしくお願いいたします。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【発言】露中銀副総裁「金の保有高を増やす必要がある」

ロシア中銀副総裁
「ロシア中銀は金の保有高を増やす必要がある」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/24 金)

 ———-11/23ドル円相場概況————————-

日米祝日で閑散取引、111円台前半で上値は重いが下値も堅い展開
 
OP-111.194 HI-111.378 LO-111.068 CL-111.193
 
———–11/23主な出来事—————————-
 
21:30 ECB理事会議事要旨
「一部の当局者は市場が一段の量的緩和延長を期待している可能性を懸念」
「オープンエンドの量的緩和維持に幅広い支持があったが、一部は明確な終了日を求めた」
 
16:00 (独) 7-9月期GDP・確報 (季調前:前年比) +2.3% 
前回+2.3% 
予想+2.3% 
 
17:00 (仏) 11月製造業PMI・速報 57.5 
前回56.1 
予想55.9 
 
17:00 (仏) 11月サービス業PMI・速報 60.2
前回57.3 
予想57.0  
 
17:30 (独) 11月製造業PMI・速報 62.5 
前回60.6 
予想60.4 
 
17:30 (独) 11月サービス業PMI・速報 54.9
前回54.7 
予想55.0  
 
18:00 (ユーロ圏) 11月製造業PMI・速報 60.0 
前回58.5 
予想58.2 
 
18:00 (ユーロ圏) 11月サービス業PMI・速報 56.2
前回55.0 
 
予想55.2  
18:30 (英)7-9月期GDP・改定 (前期比) +0.4% 
前回+0.4% 
予想+0.4% 
 
18:30 (英)7-9月期GDP・改定 (前年比) +1.5% 
前回+1.5% 
予想+1.5% 
 
22:20 (南ア) SARB政策金利を6.75% に維持
 
22:30 (加) 9月小売売上高 (前月比) +0.1%
前回-0.3%→-0.1%
予想+1.0%  
 
30:45 (NZ) 10月貿易収支 -8.71億NZD
前回-11.43億NZD→-11.56億NZD
予想-7.60億NZD  
 
————11/23株式・債券・商品———————
 WS001372.JPG
 
————11/24きょうの注目材料———————
 
<国内>
08:50    対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
 
<海外>
06:45    10月NZ貿易収支
17:15    7-9月期スイス鉱工業生産指数
18:00    11月Ifo景況感指数 116.7 116.7 — 
 
21:30    コンスタンシオECB副総裁、講演
27:15    クーレECB理事、講演
 
————11/24きょうのひとこと———————
 
ドル円は111円台前半で推移しています。22日の大幅下落の余波で上値は重いものの、直近上げ幅の1/2押し水準である111.02円前後の下値の堅さも確認した形です。本日も米国の株や債券市場は短縮取引となり、NY市場は感謝祭休暇モードが続きます。突発的な材料が出なければ為替市場の動意も限られそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金の切れ目が縁の切れ目

*今回は財政赤字が縮小したが、かつての栄華を誇っていた時代には考えられなかった財政赤字。これで王族内でもトラブルが多発しているのだろう

サウジアラビアの3Q財政赤字が前年同期比約10%縮小し、通年の財政強化を目指す政府の目標が達成される見通しとなった。

政府は原油価格下落で生じた赤字の解消を目指しており、実現するまでは巨額の借り入れを行い、外貨準備高を切り崩さざるを得ない状況にある。

FX為替ニュース

, , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/17 金)

 ———-11/16ドル円相場概況———————
WS001344.JPG

 
株安一服で反発も上値が重い
 
OP-112.812 HI-113.329 LO-112.736 CL-113.022
 
———–11/16主な出来事—————————-
 
09:30 (豪) 10月就業者数 +0.37万人
前回+1.98万人→+2.66万人
予想+1.88万人  
09:30 (豪) 10月失業率 5.4%
前回5.5%
予想5.5%  
 
11:19 トランプ米大統領
「明日は税制改革法案を下院で採決、減税は近い」
 
18:30 (英) 10月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比) +0.3% 
前回-0.8%→-0.7%
予想+0.2% 
19:00 (ユーロ圏) 10月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比) +1.4% 
前回+1.4% 
予想+1.4% 
 
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 24.9万件
前回23.9万件 
予想23.5万件  
 
22:30 (米) 11月フィラデルフィア連銀製造業指数 22.7 
前回27.9 
予想24.6 
 
22:30 (加) 9月製造業出荷 (前月比) +0.5%
前回+1.6%→+1.4%
予想-0.5%  
 
22:30 (加) 9月国際証券取引高 +168.1億CAD
前回+98.5億CAD→+97.7億CAD
 
23:15 (米) 10月鉱工業生産 (前月比) +0.9%
前回+0.3%→+0.4%
予想+0.5%  
 
23:15 (米) 10月設備稼働率 77.0%
前回76.0%→76.4%
予想76.3%  
 
24:00 (米) 11月NAHB住宅市場指数 70 
前回68 
予想67 
 
30:45 (NZ) 7-9月期生産者物価指数 (前期比) +1.0%
前回+1.3% 
 
————11/16株式・債券・商品———————
 
WS001345.JPG
 
————11/17きょうの注目材料———————
 
<国内>
—–  安倍首相、特別国会で所信表明演説
 
<海外>
06:45    ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
17:30    ドラギECB総裁、講演
18:00    9月ユーロ圏経常収支
19:00    9月ユーロ圏建設支出
22:00    バイトマン独連銀総裁、講演
22:30    10月カナダ消費者物価指数
22:30    10月米住宅着工件数
22:30    10月米建設許可件数
—–  NAFTA再交渉の第5回会合(メキシコ、21日まで)
—–  EU財務相理事会(ブリュッセル)
 
————11/17きょうのひとこと———————
 
昨日のドル円は、前日に付けた月初来安値(112.476円)から切り返しましたが、前々日までサポートゾーンだった113円台前半(113.329円)で頭打ちという展開でした。下値が堅いというべきか上値が重いというべきか判断が難しい、というのが正直な気持ちです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/10 金)

 WS001318.JPG

———-11/9ドル円相場概況———————

 
OP 113.818
HI 114.068
LO 113.092
CL 113.448
 
東京市場のドル円は、一時2300円台まで上昇して1992年1月以来の高値を付けた日経平均株価が、先物主導で後場に入り22500円台まで大きく反落すると113.40円台に下落。欧州市場では独長期金利の上昇につれて米長期金利も上昇する中でやや持ち直す場面もあったが、欧州株が下落する中で上値は重く、113.20円台に弱含んだ。NY市場でも113.60円台に持ち直す場面があったが、米上院の税制改革案に法人減税の1年先送りが盛り込まれたことがわかると、株価の下落と共に113.092円まで下値を切り下げた。ただ、その後は株価の下げ渋りと歩調を合わせて113.40円台に戻して取引を終えた。
 
———–11/9主な出来事—————————-
 
08:50 (日) 9月機械受注 (前月比) -8.1%
前回+3.4% 
予想-2.0%  
 
08:50 (日) 9月国際収支-経常収支 +2兆2712億円
前回+2兆3804億円 
予想+2兆3634億円  
08:50 (日) 9月国際収支-貿易収支  +8522億円 
前回+3187億円 
予想+8325億円
 
09:30 (豪) 9月住宅ローン件数 (前月比) -2.3%
+1.0%→+1.5%
予想 +2.0% 
10:30 (中国) 10月消費者物価指数 (前年比) +1.9% 
前回+1.6%
予想 +1.8% 
 
10:30 (中国) 10月生産者物価指数 (前年比) +6.9% 
前回+6.9%
予想+6.6%  
 
16:00 (独) 9月貿易収支 +241億EUR
前回+200億EUR(+201億EUR) 
予想+223億EUR  
16:00 (独) 9月経常収支 +254億EUR
前回+178億EUR(+180億EUR) 
予想+235億EUR  
 
22:30 (米) 新規失業保険申請件数 23.9万件
前回22.9万件 
予想23.2万件  
 
22:30 (加) 9月新築住宅価格指数 (前月比) +0.2%
前回+0.1% 
予想+0.2%  
 
23:00 (メキシコ) 10月消費者物価指数 (前月比) +0.63%
前回+0.31% 
予想+0.60%  
 
28:00 (メキシコ) メキシコ中銀政策金利を7.00%に維持 
 
メイ英首相、EU離脱後に約2年間の移行期間を確保するよう尽力とあらためて表明へ-英首相府
 
米上院共和党が米税制改革法案の概要公表
・法人税減税は2019年からの適用(1年先延ばし)
・住宅ローン減税は現行のまま最大100ドルまで適用
 
————11/9株式・債券・商品———————-
 
 WS001319.JPG
 
————11/10きょうの注目材料———————
<国内>
08:50    10月マネーストックM2
 
<海外>
09:30    RBA四半期金融政策報告
16:45    9月仏鉱工業生産指数
16:45    7-9月期仏非農業部門雇用者数速報値
17:30    7-9月期香港GDP
18:30    9月英鉱工業生産指数
18:30    9月英製造業生産高
18:30    9月英貿易収支
21:30    メルシュECB専務理事、講演
24:00    11月米ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
—–  APEC首脳会議(11日まで)
 
 
————11/10きょうのひとこと———————-
 
にわかに世界の株式市場が調整色を強めています。これまで、力強く上げてきただけに、一旦調整が始まると・・・という不安は拭えません。さらに米税制改革もまだまだ紆余曲折がありそうです。きょうは週末(米国はヴェテランズ・デーの祝日)とあって、市場参加者に積極的にドルを買う元気はないとみられ、どちらかといえば逃げ腰になりがちでしょう。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:反落、米経済指標改善やドル高が嫌気される

COMEX金12月限終値:1269.20 ↓8.90
 3日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-8.90ドルの1オンス=1269.20ドルで取引終了。一時1265.90ドルまで売られた。この日発表された10月米雇用統計で、非農業部門雇用者数や平均時給の伸びが市場予想を下回ったことから、安全逃避の金買いが強まる場面があった。
 しかしながら、その後発表された10月ISM非製造業景況指数は市場予想を上回る高水準を記録したことや、為替相場がドル高に振れたことから金先物は反落。12月追加利上げ観測が広がったことから、安全逃避の金買いは一段と縮小した。

原油:大幅続伸、OPEC主導の協調減産の期限延長への期待広がる
NYMEX原油12月限終値:55.64 ↑1.10
 3日のNY原油先物12月限は大幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比+1.10ドルの55.64ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産期限の延長が期待されていることが引き続き材料視された。
 11月末に開催されるOPEC総会で協調減産期限の延長について議論される見込みだが、サウジアラビアは協調減産期限の延長を支持しており、OPEC非加盟国のロシアも期限延長の可能性について言及している。なお、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが3日午後に公表した国内石油掘削リグ稼働数は前週比-8基の729基となった。リグ稼働数の減少も原油先物を押し上げる一因となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

金:反落、米経済指標改善やドル高が嫌気される

COMEX金12月限終値:1269.20 ↓8.90
 3日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-8.90ドルの1オンス=1269.20ドルで取引終了。一時1265.90ドルまで売られた。この日発表された10月米雇用統計で、非農業部門雇用者数や平均時給の伸びが市場予想を下回ったことから、安全逃避の金買いが強まる場面があった。
 しかしながら、その後発表された10月ISM非製造業景況指数は市場予想を上回る高水準を記録したことや、為替相場がドル高に振れたことから金先物は反落。12月追加利上げ観測が広がったことから、安全逃避の金買いは一段と縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(11/3 金)

1102.PNG
———-11/2ドル円相場概況———————
 
OP 114.142
HI 114.214
LO 113.540
CL 114.061
 
東京市場のドル円は、114円台をキープできずに113.70円台まで反落。その後は、日本株が堅調に推移する中で下げ渋った。欧州市場はドルが強含んだ流れに沿って114円台を回復。NY市場に入り新規失業保険の好結果を受けて114.214円の高値を付けた。しかし、トランプ税制改革の法案が公表されるとドル売りに傾斜。出尽くし売りか仕掛け的な売りかあるいは住宅市場への打撃を警戒しての動きか判然としないが、少なくとも財源への不透明感はぬぐえず年内の成立も難しいとの見方が支配的。株式市場でも発表直後にダウが下落するなど神経質に反応しており、ドル円も一時113.540円まで下落した。ただ、その後は株価が値を戻し、長期金利も持ち直す中、114円台を回復する「往って来い」の展開となった。
 
———–11/2主な出来事—————————-
 
09:30(豪) 9月貿易収支+17.45億AUD
前回+9.89億AUD(+8.73億AUD)
予想+12.00億AUD
 
09:30(豪) 9月住宅建設許可 (前月比)+1.5%
前回+0.4%(+0.1%)
予想-1.0%
 
17:55(独) 10月失業者数-1.1万人
前回-2.3万人(-2.2万人)
予想-1.0万人
 
17:55(独) 10月失業率5.6%
前回5.6%
予想5.6%
 
18:30(英) 10月建設業PMI50.8
前回48.1
予想48.5
 
20:30(米) 10月チャレンジャー人員削減予定数 (前年比)-3.0%
前回-27.0%
 
21:00(英) BOE政策金利0.25%に維持
 
21:00(英) BOE議事録
・政策金利は7対2で引き上げ
・カンリフ副総裁とラムスデン副総裁が据え置きを主張
・資産購入枠を4350億ポンドで据え置くことを決定
 
21:00(英) BOE四半期インフレレポート
・2017年GDP予想1.6%、従来1.7%
・2018年GDP予想1.6%、従来1.6%
・2019年GDP予想1.7%、従来1.8%
・インフレ率は17年10月に3.2%付近でピークと見込む
・2018年インフレ予想2.37%、従来2.58%
・2019年インフレ予想2.21%、従来2.19%
・2020年インフレ予想2.15%、従来2.22%
 
21:30 カーニー英中銀(BOE)総裁
「インフレが利上げなしに目標へ戻る可能性は低い」「国内物価上昇圧力、今後数年で高まる公算大」「アクセルから足を離す時が来た」「最初の利上げはいくらか不確実性を生み出すが、影響が通常より大きいと考える理由はない」「利上げは政策金利の控えめな調整」「CPIは2度の利上げでも2020年に目標をやや上回るだろう」
 
 
21:30(米) 新規失業保険申請件数22.9万件
前回23.3万件(23.4万件)
予想23.5万件
 
21:30(米) 7-9月期非農業部門労働生産性・速報 (前期比年率)+3.0%
前回+1.5%
予想+2.6%
 
21:30(米) 7-9月期単位労働コスト・速報 (前期比年率)+0.5%
前回+0.2%(+0.3%)
予想+0.4%
 
23:00 米共和党、税制改革法案を公表
・法人税率を現行の35%から20%へ
・パススルー企業に対する税率を最高39.6%から25%へ
・所得税の税率区分を現行の7区分から4区分に簡素化
・高額所得者に対する最高税率は39.6%で据え置き
・401KやIRA(個人退職年金)への課税は変更無し
・住宅ローン減税適用の住宅価格を100万ドルから50万ドルへ
 
25:57 ムニューシン米財務長官
「税制改革案は米国に大規模な資本投資を呼び込む」「税制改革案は何兆ドルもの米国への資金還流を保証する」
 
28:00 トランプ大統領、パウエル氏を次期FRB議長に指名
 
28:15 パウエル次期議長候補
「FRB2大責務の達成を目指す決意」「米金融当局は市場の変化を引き続き警戒へ」
 
————11/2株式・債券・商品———————-
日経平均 22539.12 +19.04
上海総合 3383.309 -12.604
 
英FT 7555.32 +67.36
独DAX 134440.93 -24.58
NYダウ 23516.26 +81.25
 
日10年債利回り 0.550%
英10年債利回り 1.260%
独10年債利回り 0.372%
米2年債利回り 1.6080%
米10年債利回り 2.3450%
 
NY原油 54.54 +0.24
NY金 1278.10 +0.80
————11/3きょうの注目材料———————
 
<国内>
文化の日で休場
 
<海外>
07:15    ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
09:30    9月豪小売売上高
10:45    10月財新中国サービス業PMI
18:30    10月英サービス業PMI
19:30    ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
21:30    9月カナダ貿易収支
21:30    10月カナダ雇用統計
21:30    9月米貿易収支
21:30    10月米雇用統計
23:00    10月米ISM非製造業指数
23:00    9月米製造業新規受注
25:15    カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
29:15    クーレECB理事、講演
 
————11/3きょうのひとこと———————-
 
更新が遅くなりましたが、きょうは米10月雇用統計に注目です。前回(9月分)は、非農業部門雇用者数が7年ぶりにマイナスを記録した一方、失業率は16年ぶりの低水準に改善、平均時給も今年最高の伸びを示すなど、まさにハリケーンの影響で風向きが定まりませんでした。今回は、その吹き戻し的な予想となっており、非農業部門雇用者数は31.3万人増が見込まれています。なお、失業率は横ばいの4.2%、平均時給は前月比+0.2%、前年比+2.7%に減速の予想と、吹き戻しも風向きが一定ではなさそうです。
 
 
本日もよろしくお願いいたします。 
 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,