タグアーカイブ: 重い展開

【見通し】20日香港株=買い優勢も上値の重い展開か

買い優勢も上値の重い展開か、米金利上昇による資金流出懸念も

 20日の香港市場は前日の米株高の流れを引き継ぎ買い優勢ではじまるか。19日の米株式市場はダウ平均が8日続伸するなど主要3指数がともに史上最高値を更新。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて調整が続いたが、米企業の業績拡大傾向が続くとの期待を背景に買いが続いた。香港市場では中国本土市場との相互取引制度を通じた資金流入の増加が相場を支え、押し目買いが優勢となるとみる。

 一方、上値を追う動きは限られると予測される。米長期金利が約1カ月ぶりの水準まで上昇しており、新興国市場から米国への資金還流に対する警戒感が高まっている。20日のFOMCの結果発表とイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見を前にした様子見ムードも漂う。また、北朝鮮情勢を巡って、トランプ米大統領は19日に国連総会の演説で、「米国と同盟国を守ることを迫られた場合、北朝鮮を完全に破壊する」と言及。19日の米株式市場での影響は限定的だったが、警戒感が急速に高まる可能性を残す。

 なお19日の香港株の米国預託証券(ADR)は欧州金融大手のHSBC(00005)やAIAグループ(01299)、本土保険大手の中国平安保険(02318)などが香港終値を上回った。半面、4大国有銀行の中国工商銀行(01398)や香港を代表するコングロマリットの長江和記実業(00001)などが下回って終えている。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】19日香港株=買い先行も上値の重い展開か

19日の香港市場は米株高の流れ引き継ぎ買い優勢で始まるか。前日の米株市場ではダウ平均が7日続伸し、5日連続で過去最高値を更新した。北朝鮮情勢を巡る過度の警戒が和らいだほか、米金利上昇が金融株の買いを促した。ハイテク株の比率が高いナスダック総合指数が続伸したことも、香港市場の関連銘柄への買いを誘うだろう。

 もっとも買い一巡後は上値の重い展開か。ハンセン指数は前日に15年5月26日以来約2年4カ月ぶりの高値を付け後で、目先の利益を確定する売りが出やすい環境だ。このほか、米連邦準備理事会(FRB)が19-20日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開く。保有資産の圧縮開始を発表することが確実視される中、米長期金利が18日に一時約1カ月ぶりの水準まで上昇しており、新興国市場から米国への資金還流に対する警戒感が意識され、相場を圧迫する可能性がある。

 なお18日の香港株の米国預託証券(ADR)は高安まちまち。中国IT大手のテンセント(00700)、アジア生保大手のAIAグループ(01299)、中国保険大手の中国平安保険(02318)、中国人寿保険(02628)などが香港終値を上回った。半面、欧州金融大手のHSBC(00005)、本土商業銀行大手の中国銀行(03988)、中国工商銀行(01398)などが下回って終えている。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

来週のドル・円「ドル・円は上値の重い展開か、米追加利上げ期待も地政学リスクを意識」

[ドル・円]
 来週のドル・円は上値の重い展開か。米連邦準備制度理事会(FRB)は19-20日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で、現行の金融政策を維持する公算。ただ、バランスシート縮小を決定するとみられており、金融正常化方針の維持が好感されそうだ。また、足元のインフレ指標は予想をやや上回っていることから、年内追加利上げへの期待は高まりそうだ。
 また、トランプ政策の目玉である税制改正論議が、野党との協議により進展する見通しとなり、目先的に株高・ドル高の相場展開になる可能性がある。大型ハリケーンによる被害は当初の想定を下回るとの見方が広がっており、長期金利水準が持ち直していることもドル買いを誘発するだろう。
 さらに、24日に行なわれるドイツ連邦議会選を控えてユーロ買いは少なくなる可能性がある。メルケル首相率いるキリスト教民主同盟の第一党維持がメインシナリオだが、選挙結果について慎重な見方が広がった場合、ユーロ売り・ドル買いが活発となり、この影響でドル・円の取引でもドル買いがやや優勢となる可能性がある。
 一方、引き続き北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる米朝対立は為替相場に大きな影響を与えることが予想される。国連安保理は11日、北朝鮮に対する石油輸出を禁じる制裁決議を全会一致で採択したが、北朝鮮は15日、制裁決議に対する報復行動とみられる弾道ミサイル発射を強行した。北朝鮮の挑発行為を抑止する具体的な方策は見当たらず、東アジア情勢の緊迫化を警戒したリスク回避の円買いがただちに縮小することは難しい。
【米連邦公開市場委員会(FOMC)】(19-20日開催予定)
 FRBは日本時間21日午前3時に声明を発表し、その後イエレンFRB長が記者会見する。政策金利は1.00-1.25%に据え置きの公算。バランスシートの縮小開始時期が決定された場合、金融政策正常化の方針堅持が好感され、年内追加利上げ期待はやや高まりそうだ。
【日銀金融政策決定会合】(20-21日開催予定)
 日銀は20-21日に金融政策決定会合を開催し、現行の金融政策の維持を決める公算。また、終了後は黒田東彦総裁が記者会見する。従来の金融緩和策の「出口」をめぐる議論にして「時期尚早」としていた姿勢を改めた場合、早期の金融緩和解除への思惑が広がり、円買い材料になる。
・予想レンジ:109円00銭−112円00銭

・9月18日-22日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。
○(日)8月貿易収支 20日(水)午前8時50分発表予定
・予想は+1044億円
 先行指標となる8月上中旬の貿易収支は1661.1億円の黒字だった。前年同月の実績は757.22億円の赤字。昨年8月の貿易収支は346.2億円の赤字だったが、8月の輸出額は前年同月を上回っている可能性があることから、今年8月の貿易収支は黒字となる見込み。市場予想は妥当な水準か。
○(米)8月中古住宅販売件数 20日(水)午後11時発表予定
・予想は、547万戸
 参考となる7月実績は年率換算で544万戸、前月比-1.3%。販売件数の減少は市況悪化によるものではなく、在庫不足によるものとみられている。販売価格は前年同月比+6.2%で堅調。8月については在庫不足の状態が続いていることから販売件数の大幅な増加は期待できないとの見方が多い。市場予想は妥当な水準か。
○(米)連邦公開市場委員会(FOMC)会合 20日(水)日本時間21日午前3時結果判明
・予想はバランスシートの縮小発表
 米連邦準備制度理事会(FRB)の保有資産を縮小する作業に着手することが正式に決定される見込み。NY連銀のダドリー総裁は8日、「バランスシート縮小計画にハリケーンが影響するとは思わない」、「計画は比較的早期に実施されるだろう」との見解を表明している。追加利上げについては8月16日に公表されたFOMC議事要旨には、「多くの参加者が、インフレ率が予想よりも長期間2%を下回り続ける可能性がある」と記されており、現時点では早期追加利上げの可能性は低いとみられている。
○(日)日本銀行金融政策決定会合 21日(木)政策決定会合の終了予定時刻は未定
・予想は、金融政策の現状維持
 国内外の経済情勢は著しく悪化していないことから、現行の「長短金利操作付き量的・
質的金融緩和」の枠組みは維持される見込み。長期国債の買入れ額については、概ね現状程度の買入れペース(保有残高の増加額年間約80兆円)を維持する見込み。なお、物価上昇率2%の達成時期は今回も2019年度頃とする可能性が高い。
○主な経済指標の発表予定は、19日(火):(米)8月住宅着工件数、(米)8月建設許可件数、(米)4-6月期経常収支、21日(木):(米)9月フィラデルフィア連銀景況調査

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は上値の重い展開、買戻しは一服

 12日午前の東京外為市場で、ドル・円は上値の重い展開。国内勢による買戻し中心となったが、その後は上昇一服となった。
 ドル・円は、国連安保理が北朝鮮に対する制裁決議を全会一致で採択。市場ではその効果に期待感が広がり、リスク回避的なドル売り・円買いが後退し、日経平均株価の堅調地合いを手がかりに国内勢のドル買戻しが強まった。
 ランチタイムの日経平均先物は約200円高の堅調地合いが続き、目先の日本株高継続を見込んだリスク先行のドル買い・円売りの流れに変わりはなさそうだ。また、米金利は伸び悩んでいるが、前日からは持ち直しドルは売りにくい地合いとなっている。ただし、ドル買いは一服しており、市場は次の材料待ちのようだ。
 ここまでのドル・円は109円24銭から109円58銭、ユーロ・円は130円68銭から130円91銭、ユーロ・ドルは1.1946ドルから1.1964ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は上値の重い展開、買戻しは一服

12日午前の東京外為市場で、ドル・円は上値の重い展開。国内勢による買戻し中心となったが、その後は上昇一服となった。
ドル・円は、国連安保理が北朝鮮に対する制裁決議を全会一致で採択。市場ではその効果に期待感が広がり、リスク回避的なドル売り・円買いが後退し、日経平均株価の堅調地合いを手がかりに国内勢のドル買戻しが強まった。
ランチタイムの日経平均先物は約200円高の堅調地合いが続き、目先の日本株高継続を見込んだリスク先行のドル買い・円売りの流れに変わりはなさそうだ。また、米金利は伸び悩んでいるが、前日からは持ち直しドルは売りにくい地合いとなっている。ただし、ドル買いは一服しており、市場は次の材料待ちのようだ。
ここまでのドル・円は109円24銭から109円58銭、ユーロ・円は130円68銭から130円91銭、ユーロ・ドルは1.1946ドルから1.1964ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-上値の重い展開か 引き続き北朝鮮リスクを警戒

今晩のNY株式市場は上値の重い展開か。昨日は北朝鮮情勢を警戒したリスク回避の動きが一段落し、買戻しが優勢となった。トランプ米大統領が「軍事行動は北朝鮮に対しての最初のオプションではない」と発言したことや米上下院で債務上限の引き上げに合意したことなどが安心感を広げた。ただ、一昨日に234.25ドル下落したダウ平均の昨日の上昇幅は54.33ドルと戻りが弱く、前日の下落分を埋める勢いはなかった。北朝鮮が9月9日の建国記念日や10月10日の朝鮮労働党創建記念日に向けて再び挑発行動に出る懸念は消えず、北朝鮮リスクを警戒する状況が長期化しそうだ。

 今晩の経済指標は新規失業保険申請件数のほか、米週間原油在庫、メスター米クリーブランド連銀総裁の講演など。主要な企業の決算発表はなし。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:ドル上値の重い展開、米債利回り伸び悩む、フィッシャーFRB副議長辞任表明で

 NY外為市場でドルは引き続き上値の重い展開となった。ドル・円は108円75銭前後、ユーロ・ドルは1.1940ドルと、本日のドルの安値圏でもみ合い。タカ派で年内あと一回に利上げをイエレンFRB議長とともに支持してきたフィッシャー米FRB副議長の辞任表明を受けて、米10年債利回りは引き続き伸び悩み2.06%でもみ合いとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=北朝鮮リスク再燃で上値の重い展開か

東京市場は上値の重い展開か。8月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が15.6万人増と弱めの内容となったが、これを受けた米国株は、利上げ後ずれ期待から主要3指数がそろって上昇した。一方、3日には北朝鮮が核実験を実施しており、地政学リスクが改めて意識される展開が想定される。ドル円は足元で109円80銭近辺での推移。極端なリスク・オフの動きではないものの、やや円高方向に振れている。円建てのCME225先物は大証日中終値と変わらずの19690円、ドル建ては5円高の19695円で取引を終えた。

 先週の日本株は、北朝鮮のミサイル発射を嫌気して下げたものの、その後は強い上昇となり、日経平均も週間では上昇を記録した。北朝鮮に関しては、相次ぐ過激な挑発行動に対する世界的な批判も強まっており、米国などの対応を見極めたいとの見方が下値を支えると考える。ただ、9日が北朝鮮の建国記念日でもあり、この近辺でさらなる軍事行動が出てくるとの警戒は強まることから、積極的な買いが入りづらい。手控えムードからこう着感の強い相場展開を予想する。日経平均の予想レンジは19580円-19750円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

「ドル・円は上値の重い展開か、今晩の低調な経済指標を材料視」

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。米国の8月雇用統計への上振れ期待が広がるなか、今晩発表の経済指標は低調な内容が見込まれ、ドル買いは弱まる見通し。また、ユーロ圏経済の好調ぶりが示されユーロ買いに振れれば、ドルの上昇を抑える要因となりそうだ。
 前日発表された米国の4-6月期米国内総生産(GDP)改定値は、前年比年率+3.0%と速報値の+2.6から上方修正された。個人消費が速報値の+3.0%から+3.3%に修正され、堅調な伸びを示すとともに、全体を押し上げた。また、8月ADP雇用統計が予想を大きく上回ったことから、明日発表の8月雇用統計の上振れ期待も高まった。連邦準備制度理事会(FRB)が9月19-20日に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)で検討する見通しのバランスシート縮小にも追い風となったもよう。米経済指標が好感され、ドル・円は本日のアジア市場で一時110円60銭台まで値を切り上げた。
 ただし、今晩の欧米市場ではドルの上昇ペースは鈍くなりそうだ。21時半発表の米国の7月コアPCE価格指数が前年比+1.4%と予想され、2月に記録した+1.8%から伸びの鈍化は鮮明となろう。FRBが目標とする+2.0%からは次第に遠のいており、年内の追加利上げ観測は後退し、足元のドル買いを弱める見通し。一方、それに先立ち18時に発表されるユーロ圏の8月消費者物価指数(CPI)速報値や同7月失業率も材料視される。特に、CPIは最近の回復基調を反映し、前回を上回る見込み。9月7日開催の欧州中央銀行(ECB)理事会で資産買入れプログラムの終了に思惑が広がれば、ユーロ・ドルは買い再開となり、その影響でドル・円への下方圧力がある程度強まるだろう。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・8月消費者物価指数速報値(前年比予想:+1.4%、7月:+1.3%)
・18:00 ユーロ圏・7月失業率(予想:9.1%、6月:9.1%)
・18:30 南ア・7月生産者物価指数(前年比予想:+3.5%、6月:+4.0%)
・20:00 南ア・7月貿易収支(予想:+71億ランド、6月:+107億ランド)
・21:30 米・7月個人所得(前月比予想:+0.3%、6月:0.0%)
・21:30 米・7月個人消費支出(前月比予想:+0.4%、6月:+0.1%)
・21:30 米・7月コアPCE価格指数(前年比予想:+1.4%、6月:+1.5%)
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:23.8万件、前回:23.4万件)
・21:30 カナダ・4-6月期GDP(前期比年率予想:+3.7%、1-3月期:+3.7%)
・22:45 米・8月シカゴ購買部協会景気指数(予想:58.5、7月:58.9)
・23:00 米・7月中古住宅販売成約指数(前月比予想:+0.4%、6月:+1.5%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

東京午後=ドル円、米大統領発言で上値が重い展開

 東京午後の為替相場は、トランプ米大統領の「債務上限引き上げができずに政府機関が閉鎖しても、メキシコとの国境に壁を建設」発言や、金朝鮮労働党委員長が大陸弾道ミサイル(ICBM)のエンジン増産を指示などの報道で、ドル円とクロス円が上値が重い展開となった。ドル円は109円後半から109.37円、ユーロ円が129円近辺から128.65円、ポンド円が140円半ばから140.21円まで下落した。日経平均も上げ幅を縮小して取引された。
 ドルは対欧州通貨では小動き。ユーロドルは1.17ドル半ば、ポンドドルが1.28ドル前半の狭いレンジで、午前とほぼ変らない水準で推移した。
 午前にNZ・GDP見通しの下方修正で軟調だったNZドルは、午後も下げ幅を拡大した。NZドル円79.17円と11日の安値79.08円に迫った。NZドル/ドルは午前の安値0.7932ドル付近で上値重く推移。NZドルの重さに豪ドル円も86円半ばから86.31円まで弱含み、豪ドル/ドルが0.79ドル手前で頭を抑えられた。
 加ドルも米大統領の発言に影響された。トランプ大統領は「ある時点で、北米自由貿易協定(NAFTA)を打ち切る可能性も」と述べ、加ドルの重しとなった。ドル/加ドルは1.25加ドル後半の加ドル安水準、加ドル円が87円前半から86.83円まで売られた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=リスク警戒で上値の重い展開か

東京市場は軟調か。先週末の欧米株はそろって下落。トランプ大統領の政権運営への不安や欧州のテロ影響を警戒して売りが優勢となった。米国では、バノン主席戦略官の解任を受け、株価が乱高下する場面もあった。ドル円は109円40銭近辺での推移。リスク・オフのドル安・円高が続いてはいるものの、朝方にかけてはやや円安方向に振れている。CME225先物は大証日中終値と比べて5円高の19445円、ドル建てが15円高の19455円で取引を終えた。

 米国株の軟調な動きが続いており、上値の重い展開が想定される。きょうから米韓軍事演習が行われる予定でもあり、北朝鮮動向も警戒材料となる。ドル円が比較的落ち着いていることや、日本株は先週末に大きく下げていることなどから、北朝鮮関連などで新たなネガティブ材料が出てこなければ、先週末の終値から大きく下押すこともないと考える。ただし、リスクに対して敏感になると見込まれることから、19500円より上では戻り売りが優勢になると予想する。日経平均の予想レンジは19300円-19550円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,