タグアーカイブ: 重い展開

【見通し】今日の株式見通し=円高警戒で上値の重い展開か

東京市場は軟調か。先週末の欧米株はそろって下落。独DAXや仏CAC40は高値をつける場面があったものの失速、米国株も利益確定売りが優勢と、総じて上値の重い展開となった。ドル円は一時111円台をつける場面があるなど円高基調が強まっており、足元では112円10銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて120円安の22330円、ドル建てが105円安の22345円で取引を終えた。

 欧米株安と円高を嫌気して反落スタートが見込まれる。特に円高が重しとなりそうだ。このところはやや円高ではあったが、動きとしては小幅であったため、株式市場へのネガティブ影響は限定的であった。しかし、112円割れとなってくると、円高進行への警戒も強まる。5日線(22307円、17日時点)が控える22300円どころはいったんサポートとして意識されると考えるが、場中に再び112円割れとなるようだと、円高が一段の株安を誘引するような展開も想定される。日経平均の予想レンジは22200円-22350円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=世界的に調整色強まる、上値の重い展開か

東京市場は軟調か。欧米株はそろって軟調。世界的に株式市場の調整色が強まる中、中国の経済指標悪化なども嫌気され、総じて上値の重い展開となった。ドル円はドル円は足元で113円40銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて125円安の22305円、ドル建てが115円安の22315円で取引を終えた。

 米国株安で為替もやや円高気味で推移しており、買い材料には乏しい。寄り前には7-9月期のGDPが発表される。地合いが強ければマクロ要因が株価を押し上げる展開にも期待できるが、下げ基調にある今の日本株にはそれも期待しづらい。むしろ案外の結果となった場合に売り材料となる可能性がある点には警戒が必要。日経平均はきのうまで5日続落で、下値では値ごろ感からの押し目買いが入るとは考えるが、海外同様に上値の重い地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは22180円-22400円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は上値の重い展開か、FRB人事や北朝鮮情勢を意識

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)の12月追加利上げ観測に変わりはないが、FRB人事に絡む思惑で買いづらい見通し。また、北朝鮮問題が改めてクローズアップされ、警戒の円買いも観測される。
 前日の海外市場では材料難でドルは積極的に買いづらい展開となり、ドル・円は114円を割り込んだが、本日のアジア市場ではFRBによる12月利上げ観測を背景にやや値を戻す展開となった。今晩は重要イベントが乏しいなかで、24時発表の米国の9月JOLT(求人労働移動調査)求人件数が材料視される見通し。同求人件数は前回をやや下回ると予想されるものの、過去10年あまりでの最高水準は維持する公算でドル買い要因になるとみられる。
 ただ、FRB人事への思惑がドル買い意欲を減退させる可能性はあろう。NY連銀は6日、ダドリー総裁が2019年1月までの任期をまっとうせず、来年半ばに退任すると発表した。これにより、FRBの今後の政策決定への影響が指摘されている。退任の明確な理由は明らかにされておらず、イエレン議長の後任にパウエル理事の就任が決まったタイミングでの退任発表に、憶測が広がりやすい。
 一方、安倍晋三首相はアジア歴訪中のトランプ米大統領と前日会談し、米国製の武器購入を決めた。トランプ政権の対日貿易不均衡の是正に向けた姿勢が鮮明となり、円高が意識されやすい。また、日本が北朝鮮による核の脅威にさらされているとはいえ、武器購入は安全保障上、周辺国を刺激しやすく平和解決にはつながりにくい。目先の朝鮮半島有事が連想されれば、警戒の円買いに振れやすい展開となりそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・10月ハリファックス住宅価格(前月比予想:+0.2%、9月:+0.8%)
・18:00 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁講演(銀行監督フォーラム)
・19:00 ユーロ圏・9月小売売上高(前月比予想:+0.6%、8月:-0.5%)
・24:00 米・9月JOLT求人件数(予想:607.5万件、8月:608.2万件)
・02:35 クオールズ米FRB副議長(銀行監督担当)講演(決済機関関係会議)
・03:00 米財務省3年債入札(240億ドル)
・04:30 イエレン米FRB議長が上院式典であいさつ
・05:00 米・9月消費者信用残高(予想:+175.00億ドル、8月:+130.65億ドル)
・EU財務相理事会

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】7日香港株=買い優勢で始まるもイベント控え上値の重い展開か

7日の香港市場は米株高の流れ引き継ぎ買い優勢で始まるか。前日の米株市場はダウ平均など主要3指数がそろって史上最高値を更新した。ハイテク株主体のナスダック総合の続伸に加え、サウジアラビアの混乱などを受けた原油相場の上昇が香港市場でも関連株の買いを誘うだろう。相互取引を通じた本土からの南向き資金の流入が拡大していることも支援材料。6日の米国預託証券(ADR)は中国IT大手のテンセント(00700)、アジア生保大手のAIAグループ(01299)、中国石油メジャーのペトロチャイナ(00857)、シノペック(00386)、本土金融大手の中国工商銀行(01398)、中国人寿保険(02628)などがそろって香港終値を上回って終えた。香港株のADRにサヤ寄せすれば、ハンセン指数は前日終値を約150ポイント上回る水準で寄り付くことになる。

 もっとも買い一巡後は上値の重い展開が予想される。8-9日に中国の10月の貿易統計と物価統計の発表に加え、8-10日にはトランプ米大統領の訪中などイベントを控えていることもあり、様子見気分から高値圏では利益確定売りが出やすい環境だ。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は上値の重い展開か、アジア情勢への警戒が重石に

[今日の海外市場]

 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。今晩発表の米国の10月雇用統計が予想通りなら12月利上げ観測によるドル買いは継続。ただ、来週にかけては北朝鮮問題を受けたアジア情勢への警戒もあり、ドル・円の上昇は小幅にとどまりそうだ。
 トランプ米大統領は2日、連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の後任にパウエル理事を指名すると発表した。同理事の就任により現行の利上げペースが維持されるとの思惑が広がり、米長期金利の上昇はある程度抑えられる見通し。反面、株式市場にとっては歓迎するムードもある。人事に関しては報道が先行したため市場の反応は限定的となったが、目先は株高を背景としたドル買い・円売りの展開が想定される。
 今晩はFRB人事や前日の英中銀金融政策委員会(MPC)、米10月雇用統計を消化する展開となりそうだ。足元では、10月31日-11月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で景気拡大についての表現が「緩やかに」から「底堅く」に強まり、一段と高まった12月追加利上げ観測を背景にドル買いが続くだろう。ただ、ドル買い一巡後は週末を控え調整が出やすいため、ドルの上値は押さえられる見通し。
 焦点の米10月雇用統計に関しては、失業率4.2%(前回4.2%)、非農業部門雇用者数は前月比-3.3万人(同+31.3万人)、平均時給は前年比+2.7%(同+2.9%)が市場コンセンサス。8月から9月にかけて米国南東部に上陸したハリケーンの影響が残され、非農業部門雇用者数は前月同様、正確な状況は把握しにくいだろう。ただ、失業率と平均時給が予想を下回らなければ、FRBの金融正常化方針に変わりはなさそうだ。
 一方、来週にかけてトランプ大統領が日本をはじめアジア各国を歴訪する予定で、国際政治情勢への警戒感が広がる。特に北朝鮮の核・ミサイル開発で米朝は依然として緊張状態が続いており、北朝鮮の動向や中国の対応が注目される。情勢見極めとして週明け以降もドル・円は上値の重い展開が続きそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:30 英・10月サービス業PMI(予想:53.3、9月:53.6)
・21:30 米・10月非農業部門雇用者数(予想:+31.3万人、9月:-3.3万人)
・21:30 米・10月失業率(予想:4.2%、9月:4.2%)
・21:30 米・10月平均時給(前年比予想:+2.7%、9月:+2.9%)
・21:30 米・9月貿易収支(予想:-432億ドル、8月:-424億ドル)
・21:30 カナダ・10月失業率(予想:6.2%、9月:6.2%)
・21:30 カナダ・9月貿易収支(予想:-30億加ドル、8月:-34.1億加ドル)
・22:45 米・10月サービス業PMI改定値:(予想:55.9、速報値:55.9)
・23:00 米・10月ISM非製造業景況指数(総合)(予想:58.5、9月:59.8)
・23:00 米・9月製造業受注(前月比予想:+1.2%、8月:+1.2%)
・23:00 米・9月耐久財受注改定値(前月比予想:+2.0%、速報値:+2.2%)
・01:15 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】1日香港株=買い戻し優勢も上値の重い展開か

買い戻し優勢も上値の重い展開か、米イベントを前にして様子見ムード続く

 1日の香港市場は前日の米株高の流れ引き継ぎ買い優勢で始まるか。31日のNY株式市場は良好な企業決算や経済指標を背景に主要3指数ともに反発し、ナスダック総合は史上最高値を更新した。香港市場では企業の四半期決算発表後の一服感から売りが続いており、安値拾いの買いが入りやすい環境。米ドル高や米長期金利の上昇が落ち着きをみせて新興国からの資金流出懸念が和らいでいることや、相互取引を通じた本土から香港市場への資金流入が続いており、相場の下支え要因になるとみられる。

 一方、上値を追う動きは限られるか。週末に向けて米国で米連邦準備理事会(FRB)の次期議長人選や米雇用統計の発表などの経済イベントが相次ぎ、香港市場では様子見ムードが続いている。また中国本土ではきょう寄り付き後に英マークイットが10月の財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表する。前日に中国国家統計局などが発表したPMIは予想を下回り、香港市場ではこれを嫌気する売りが広がった。

 なお、31日の香港株の米国預託証券(ADR)は高安まちまち。中国IT大手のテンセント(00700)、アジア生保大手のAIAグループ(01299)、本土保険大手の中国平安保険(02318)などが香港終値を上回った。半面、欧州金融大手のHSBC(00005)、本土商業銀行大手の中国建設銀行(00939)、香港不動産大手の新世界発展(00017)などが下回って終えている。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

欧米為替見通し:ドル・円は上値の重い展開か、米税制改革に期待も北朝鮮などに懸念[FISCO]

今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。欧州中央銀行(ECB)のやや穏健な量的緩 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

ドル・円は上値の重い展開か、米税制改革に期待も北朝鮮などに懸念

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。欧州中央銀行(ECB)のやや穏健な量的緩和縮小の方針を受け、米国の税制改革期待を背景にマネーはドルに集中しやすい地合い。ただ、北朝鮮リスクの再燃などで、ドル・円は節目の115円に向け上昇ペースが鈍くなりそうだ。
 ECBは前日開催した理事会で、資産買い入れプログラムの規模縮小と期間延長を決めた。一方で、今後の経済情勢次第では規模の拡大や期間の延長に含みを残したことで、市場ではECBの性急な緩和縮小への警戒感が後退し、ユーロ売りが強まった。対照的に、米下院による2018会計年度の予算決議案の可決で年内の税制改革実現への期待感から、ドル買い地合いに振れている。ドル・円は本日アジア市場で3カ月ぶり高値圏の114円前半を中心とした値動きになった。
 今晩は、21時半発表の米国の7-9月期国内総生産(GDP)速報値が注目される。市場コンセンサスは前期比年率+2.6%と、4-6月期の+3.1%を下回る見通し。ただ、25日発表の9月新築住宅販売戸数は2007年以来の高水準となるなど消費の好調さが示され、GDPは予想を上回る可能性もあろう。また、米国の株価が過去最高値圏に強含み、10年債利回りも節目の2.50%まで上昇余地があることから、株価高・金利高がドルを一段と押し上げる展開もありうる。
 ただ、ドル・円は上値の重さが意識されそうだ。トランプ米大統領の日本などアジア諸国歴訪が予定されるなか、北朝鮮が太平洋上で水爆実験実施の可能性を示唆しており、新たな軍事的行為が警戒される。また、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事が大詰めを迎えており、積極的なドル買いは手控えられるだろう。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:00 欧州中央銀行(ECB)専門家予測調査
・21:30 米・7-9月期GDP速報値(前期比年率予想:+2.6%、4-6月期:+3.1%)
・23:00 米・10月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値(予想:100.7、速報値:101.1)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

ドル・円は上値の重い展開か、米FRB議長人事やECB理事会を見極め

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。米長期金利の上昇基調を手がかりにドル買いに振れやすい地合いが続く見通し。ただ、近く決定される米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事を前に、積極的なドル買いは手控えられそうだ。また、明日開催の欧州中央銀行(ECB)理事会も意識され、ドルには売り圧力がかかりやすい面もある。
 前日発表された米国の10月製造業PMIは予想よりも強い内容となり、製造業指標の好調維持が示された。今晩は9月耐久財受注速報値(21時半)、8月FHFA住宅価格指数(22時)、9月新築住宅販売件数(23時)が材料視される見通し。伸びがやや鈍化するとの予想が多いが、上振れも期待されよう。米国10年債利回りが2.40%を約5カ月ぶりに上回り、足元で高水準が続いていることもあり、ドル買い基調が続きそうだ。
 また、FRB議長人事に関し、スタンフォード大学のテーラー教授に共和党有力議員からの支持が広がっているもようで、タカ派寄りの議長就任の思惑が米長期金利を押し上げ、ドル買いを支えるだろう。ただし、議長人事に関するトランプ大統領の最終判断は数日中とみられ、積極的なドル買いは手控えられる可能性がある。加えて、ドル・円は大方の市場参加者が想定するレンジ110-115円の上限に近づくにつれ売り圧力が強まると予想され、114円台でのドルの上昇ペースは鈍くなるだろう。
 一方、ECBは26日の理事会で、来年以降の資産買い入れプログラム縮小を決定する見通し。それに向けてユーロ買いが入りやすい地合いは変わらず、ユーロ・ドルは1.17ドル台で底堅い値動きが続くだろう。その影響で、ドル・円にはある程度ドル売り圧力がかかりやすい展開も予想される。さらに、トランプ政策の柱である税制改革について、なお党内調整を必要としている点も、ドル買いを弱める要因となりそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:00 独・10月IFO企業景況感指数(予想:115.1、9月:115.2)
・17:30 英・7-9月期GDP速報値(前年比予想:+1.5%、4-6月期:+1.5%)
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+3.6%)
・21:00 南ア財務相が予算演説
・21:30 米・9月耐久財受注速報値(前月比予想:+1.0%、8月:+2.0%)
・22:00 米・8月FHFA住宅価格指数(前月比予想:+0.4%、7月:+0.2%)
・23:00 カナダ中銀が政策金利発表(1.00%に据え置き予想)
・23:00 米・9月新築住宅販売件数(予想:55.4万戸、8月:56.0万戸)
・02:00 米財務省5年債入札(340億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は上値の重い展開、利益確定売りで

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は113円30銭台で上値の重い展開。米10年債利回りが2.36%台で横ばい推移となり、積極的なドル買いは手控えられており、利益確定売りが優勢になっているもよう。ただ、米株式先物はプラス圏で推移しており(NYダウ先物は90ドル高)、今晩の米株高・長期金利上昇を見込んだドル買い・円売り余地が引き続き残る。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円30銭から113円47銭。ユーロ・円は133円70銭から133円96銭、ユーロ・ドルは1.1796ドルから1.1812ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

来週のユーロ「上値の重い展開か、ECBは資産縮小決定へ」

[ユーロ]
「上値の重い展開か、ECBは資産縮小決定へ」
 来週のユーロ・ドルは上値の重い展開か。欧州中銀(ECB)は26日開催の理事会で、来年における債券購入プログラム縮小を決定する見通し。政策決定を受け、ユーロは持ち高調整で短期的に売られるものの、その後は買い基調が続きそうだ。一方で、米連邦準備制度理事会(FRB)の金利正常化方針を背景としたドル買いも見込まれ、ユーロの上昇は抑えられるだろう。
・予想レンジ:1.1700ドル−1.2000ドル

「下げ渋りか、ECBの資産縮小への期待も」
 来週のユーロ・円は下げ渋る展開か。欧州中銀(ECB)は26日開催の理事会で来年の債券購入プログラム縮小を決定するとみられ、ユーロは調整の売りが一巡後にユーロ買いの地合いが強まりそうだ。また、22日投開票の日本の衆院選で自・公勝利が見込まれており、安倍政権存続を好感した株買い・円売りの基調が強まりそうだ。
○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・24日:10月マークイット製造業PMI(予想:57.7、9月:58.1)
・24日:10月マークイットサービス業PMI(予想:55.8、9月:55.8)
・26日:欧州中央銀行が金融政策発表(主要政策金利は現状維持の見込み)
・予想レンジ:132円00銭-135円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】17日香港株=買い先行も上値の重い展開か、中国イベント控え

買い先行も上値の重い展開か、中国イベント控えた様子見で

 17日の香港市場は米株高の流れ引き継ぎ買い優勢で始まるか。前日の米株市場はダウ平均など主要3指数がそろって過去最高値を更新。良好な経済指標が好感されたほか、本格化する企業決算への期待が相場を支えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合が最高値を更新したことも香港市場での関連銘柄の買いを誘いそうだ。中国本土からの南向き資金の純流入が続いていることや、あす開幕の中国共産党大会に向け恩恵銘柄への思惑買いなどが引き続き相場を支えると予想する。中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁が中国経済は回復しているとして、今年下期の成長率が7%を達成する見込みを示したことも投資家心理を強気に傾けそうだ。

 もっとも買い一巡後は上値の重い展開か。ハンセン指数は前日に2007年12月以来、約10年ぶりの高値を更新した後だけに目先の利益を確定する売りが出やすい環境だ。足元の米長期金利の上昇を背景に香港を含む新興国市場から資金が流出するとの懸念なども加わり、相場の重荷となると予想する。週後半に中国で19日に四半期GDPや固定資産投資など9月の主要経済指標の発表を控えていることも様子見ムードを誘いそうだ。

 なお16日の香港株の米国預託証券(ADR)は高安まちまち。中国IT大手のテンセント(00700)、中国の通信キャリア大手のチャイナ・モバイル(00941)、中国石油メジャーのペトロチャイナ(00857)、シノペック(00386)などが香港終値を上回った。半面、欧州金融大手のHSBC(00005)、本土金融大手の中国建設銀行(00939)、中国工商銀行(01398)、中国人寿保険(02628)などが下回って終えている。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今週の【JASDAQ市場】10月2日~6日『週初は好調で連日の年初来高値更新も、イベント控え上値の重い展開に』[FISCO]

【続伸、日プロセスやシライ電子に関心】2日(月)■概況■3620.55、+27.452日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,