タグアーカイブ: 進展

来週のドル・円「やや強含みか、トランプ政策の進展への期待継続」

[ドル・円]
 12月25日-1月5日週のドル・円はやや強含みとなりそうだ。年末年始の休暇モードでポジション調整主体の取引となりそうだが、年明け以降は12月ISM製造業景況指数(1月3日)や12月雇用統計(1月5日)など米国の主要経済指標が手がかり材料となり、ドル買いが増える可能性がある。
 トランプ政権の政策の柱となる税制改革法案が上下両院で可決されたことから、年明け以降も政策運営の進展に対する市場の期待は継続する見通し。ドル・円は114円台で売り圧力が強まる可能性があるが、米長期金利の上昇などを手がかりに市場関係者の大半が想定する110-115円のレンジの上限を目指す展開となりそうだ。
 米連邦準備制度理事会(FRB)による2018年の利上げペースは、現時点で3回と予想されている一方、FRBの人事刷新により金利正常化(利上げ継続)には不透明感も広がりやすい。ただ、20-21日に開催された日銀金融政策決定会合では「異次元緩和」継続の方針が示されており、日米金利差拡大観測がドルの上昇を支援するだろう。
【米・12月消費者信頼感指数】(12月27日発表予定)
 27日発表の米12月消費者信頼感指数は128.0と、2000年以来の高水準となった11月の129.5を下回る公算。ただ、市場予想とおおむね一致すれば、利上げ継続への思惑でドル買い材料となりそうだ。
【米・12月ISM製造業景況指数】(1月3日発表予定)
 来年1月3日発表の米12月ISM製造業景況指数は58.0と、11月の58.2を小幅に下回る見通し。9月の60.8をピークに景況指数は伸び悩んでいるものの、予想通りだった場合は製造業の強さが意識されることでドル買いを促す可能性がある。
【米・12月雇用統計】(1月5日発表予定)
 来年1月5日発表の米12月雇用統計は、失業率4.0%(前回4.1%)、非農業部門雇用者数は前月比+18.5万人(同+22.8万人)、平均時給は前年比+2.5%(同+2.5%)と予想される。注目の賃金は11月実績と同水準の伸び率にとどまる見通しであることから、利上げペース加速の思惑が広がる可能性は低いとみられる。
・予想レンジ:112円00銭−115円00銭
・12月25日-1月5日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。
○(日)11月全国消費者物価コア指数 12月26日(火)午前8時30分発表予定
・予想は前年比+0.8%
 参考となる10月実績は前年比+0.8%で上昇率は9月実績の同比+0.7%を上回った。ガソリン価格の上昇が物価上昇に寄与した。また、先行指標となる11月東京都区部の消費者物価コア指数は前年比+0.6%で上昇率は10月と同水準だった。11月についてはガソリン価格や配送コストの上昇による影響で10月と同水準のインフレ率になるとみられる。
○(米)12月ISM製造業景況指数 1月3日(水)日本時間4日午前0時発表予定
・予想は、58.0
 参考となる11月実績は、58.2。新規受注と生産は10月実績を上回った。雇用はわずかに低下。12月については生産が11月実績を下回る可能性があるが、他の項目は11月並みの水準となる可能性があることから、全体の指数は11月実績に近い水準になると予想される。
○(欧)12月ユーロ圏消費者物価コア指数 1月5日(金)午後7時発表予定
・予想は、前年比+1.0%
 参考となる11月改定値(食品・エネルギー除く)は、前年比+1.1%だった。物価下落のリスクは除去されており、12月については11月改定値と同水準か+1.0%の上昇率になるとみられる。消費者物価のトレンドは若干上向きとみられる。
○(米)12月雇用統計 1月5日(金)午後10時30分発表予定
・予想は、非農業部門雇用者数は前月比+18.5万人、失業率は4.0%
 参考となる11月実績は、非農業部門雇用者数が前月比+22.8万人、失業率は4.1%、平均時間給は前年比+2.5%。雇用市場の改善は続いており、全体的には堅実な内容だった。12月については非農業部門の雇用者数は20万人未満の増加にとどまる見込みだが、失業率は4.0%まで低下する可能性がある。平均時給は11月実績と同じ伸びとなる見込み。
○主な経済指標の発表予定は、12月26日(火):(日)11月失業率、(米)10月S&P/ケースシラー住宅価格指数、12月27日(水):(米)CB12月消費者信頼感指数、12月28日(木):(日)11月鉱工業生産、(米)12月シカゴ購買部協会景気指数、1月4日(木):(米)12月ADP雇用統計、1月5日(金):(米)11月貿易収支、(米)12月ISM非製造業景況指数

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

LDNFIX=ポンド強含み、ブレグジット交渉で進展

 ロンドンフィックスにかけては、ドル円は、リスク選好地合いの買いで112.80円まで強含みに推移したものの、112.80円-113.00円のドル売りオーダーで112.55円前後まで押し戻されるなど伸び悩んだ。米新規失業保険申請件数は23.6万件となり、3週連続で減少した。
 ユーロドルは、ドイツの大連立協議への警戒感から1.1776ドルまで弱含み、ユーロ円は132.96円まで強含みに推移した。
 ポンドドルは、ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)協議で進展が見られたとの報道を受けて1.3428ドルまで強含み、ポンド円も151.26円まで強含みに推移した。
 加ドルは、昨日のカナダ中銀(BOC)のハト派的な声明や加11月Ivey購買部景況指数が63.0となり10月の63.8から低下したことなどで弱含み、対ドルで1.2868加ドル、対円で87.51円まで加ドル安に推移した。
 オセアニア通貨は軟調に推移した。豪ドル/ドルは0.7515ドルまで弱含み、豪ドル円は84.67円まで弱含みに推移した。NZドル/ドルは0.6829ドル、NZドル円は76.98円前後まで弱含みに推移した。
 南ア・ランド(ZAR)は、来週の与党アフリカ民族会議(ANC)の党首選に向けたポジション調整の売りが優勢となり、対円では8.23円、対ドルでは13.69 ZARまでじり安に推移した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY外為:ポンド上昇、離脱協議で進展

 NY外為市場でポンド買いが再燃した。欧州連合(EU)のエッティンガー欧州委員(デジタル経済・社会担当)は英国の離脱交渉で進展があったと述べたことで、警戒感を受けたポンド売りが後退。ポンド・ドルは1.3375ドルから1.3428ドルまで上昇し、6日来の高値を更新した。ポンド円は150円66銭から151円26銭まで上昇し、日中高値を更新。ユーロ・ポンドは0.8817ポンドから0.8783ポンドまで下落した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】アイルランド外相「週末にかけて国境問題で大きな進展があった」=追補

アイルランド外相
「週末にかけて国境問題で大きな進展があった」

追補
「国境は税関だけの問題でなく、政治的な問題」
「何も拒否権の行使に目を向けていない。ブレグジットの第2フェーズに動きたい」
「まだ必要な状態になっていないが、今日中にそこにたどり着きたい」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【発言】アイルランド欧州担当大臣「週末にかけて国境問題で大きな進展があった」

マッケンティー・アイルランド欧州担当大臣
「週末にかけて国境問題で大きな進展があった」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

寄り付きの日経平均は続伸、米税制改革の進展を好感

[東京 4日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比24円50銭高の2万2843円53銭となり、続伸で始まった。米上院が2日に税制改革法案を可決したことで、法案成立に向けた期待から買いが先行した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米国株式は上昇、税制改革法案の進展など追い風に最高値

[ニューヨーク 28日 ロイター] – 米国株式市場は銀行株主導で上昇し、主要3指数がいずれも終値での最高値を更新した。税制改革法案を巡る進展や、好調な消費者信頼感統計、パウエル次期米連邦準備理事会(FRB)議長候補の発言などが支援材料となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米国株式市場は上昇、税制改革法案の進展など受け最高値

[ニューヨーク 28日 ロイター] – 米国株式市場は銀行株主導で上昇し、主要3指数がいずれも終値での最高値を更新した。税制改革法案を巡る進展や、好調な消費者信頼感統計、パウエル次期米連邦準備理事会(FRB)議長候補の発言などが支援材料となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)英離脱交渉、首脳会議まで進展か

◆ポンド、12月のEU首脳会議に向けた離脱交渉の進展に注目
◆加ドル、7-9月期GDPは早期利上げ思惑につながる可能性も
◆加ドル、鈍いインフレや難航するNAFTA再交渉が重し
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 145.00-152.00円
加ドル円 86.00-90.00円

11月27日週の展望
 ポンドは12月半ばの欧州連合(EU)首脳会議に向けて、英国のEU離脱交渉をめぐる動きに進展があるかどうかが注目される。EUは首脳会議で自由貿易や移行期間の協議に入るかどうか判断する方針だが、そのためには英国がEU離脱に伴う清算金などを含め、明確な方針を示す必要があると強調している。EU首脳会議での離脱交渉の進展に期待感が高まればポンドは買い優勢となる一方で、失望感が強まればポンドに売り圧力が強まる。
メイ英首相は「離脱問題に関し、英国としての義務を果たす」と繰り返すも、離脱に伴う清算金の具体的な金額など明確な提案を示していない。離脱交渉が難航する要因である清算金に関して、EU側は予算拠出の約束とEU公務員の年金など将来の義務的経費の負担を合わせて最低600億ユーロの支払いを求めているが、メイ首相はEU離脱後の約200億ユーロの予算支払い履行を約束するにとどまっている。英国が清算金を上積みしない限り、交渉は進展しない可能性が高い。
英国内のビジネス業界からは、何カ月もこう着状態が続いている離脱交渉に対する不満が噴出している。メイ首相は自身のブレグジット方針への支持を求める一方、国外へ事業移転をしないよう呼び掛けているが、離脱をめぐる企業の不安は根強い。特にグローバルに展開する銀行業界などはEU域内に確実にオフィスを確保するために、来年の早い時期に行動に踏み切る可能性が高まっている。メイ政権は国内経済見通しが悪化しつつあると認め、2021年まで各年の成長見通しを下方修正した。
 加ドルの上値は重いか。インフレ期待は高まっておらず、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉も難航している。10月消費者物価指数は前年比+1.4%と、前月の+1.6%から低下した。メキシコ市で開かれたNAFTA再交渉の第5回会合は大きな進展が見られず、目標とする来年3月までの妥結は困難となった。交渉担当者らは「いくつかの分野で進展」したと述べたものの、トランプ政権による米国製自動車部品の使用拡大要求などにカナダ、メキシコは反対姿勢を崩さなかった。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表はカナダ、メキシコに対し、貿易不均衡の是正に真剣に取り組んでいる証拠が見られないと批判した。第6回協議は来年1月23-28日に開催される予定。
来週は7-9月期国内総生産(GDP)が発表される。7月と9月に利上げを実施したカナダ中銀(BOC)は利上げの影響を見極める姿勢を示している。年内追加利上げ期待は後退したが、GDPが好調な経済を裏付ける結果となれば、早期利上げ期待が再燃するか。

11月20日週の回顧
 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、数人の当局者がインフレの弱さを理由に近い時期の利上げに反対したことが明らかになり、ドル売りが優勢となった。ポンドドルは1.33ドル台、ドル/加ドルは1.26加ドル台までドル安が進んだ。対円では小動きも、北朝鮮警戒感でポンド円は148円台、加ドル円は87円台を中心に上値の重い動きとなった。(了)

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)英離脱交渉、首脳会議まで進展か

◆ポンド、12月のEU首脳会議に向けた離脱交渉の進展に注目
◆加ドル、7-9月期GDPは早期利上げ思惑につながる可能性も
◆加ドル、鈍いインフレや難航するNAFTA再交渉が重し
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 145.00-152.00円
加ドル円 86.00-90.00円

11月27日週の展望
 ポンドは12月半ばの欧州連合(EU)首脳会議に向けて、英国のEU離脱交渉をめぐる動きに進展があるかどうかが注目される。EUは首脳会議で自由貿易や移行期間の協議に入るかどうか判断する方針だが、そのためには英国がEU離脱に伴う清算金などを含め、明確な方針を示す必要があると強調している。EU首脳会議での離脱交渉の進展に期待感が高まればポンドは買い優勢となる一方で、失望感が強まればポンドに売り圧力が強まる。
メイ英首相は「離脱問題に関し、英国としての義務を果たす」と繰り返すも、離脱に伴う清算金の具体的な金額など明確な提案を示していない。離脱交渉が難航する要因である清算金に関して、EU側は予算拠出の約束とEU公務員の年金など将来の義務的経費の負担を合わせて最低600億ユーロの支払いを求めているが、メイ首相はEU離脱後の約200億ユーロの予算支払い履行を約束するにとどまっている。英国が清算金を上積みしない限り、交渉は進展しない可能性が高い。
英国内のビジネス業界からは、何カ月もこう着状態が続いている離脱交渉に対する不満が噴出している。メイ首相は自身のブレグジット方針への支持を求める一方、国外へ事業移転をしないよう呼び掛けているが、離脱をめぐる企業の不安は根強い。特にグローバルに展開する銀行業界などはEU域内に確実にオフィスを確保するために、来年の早い時期に行動に踏み切る可能性が高まっている。メイ政権は国内経済見通しが悪化しつつあると認め、2021年まで各年の成長見通しを下方修正した。
 加ドルの上値は重いか。インフレ期待は高まっておらず、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉も難航している。10月消費者物価指数は前年比+1.4%と、前月の+1.6%から低下した。メキシコ市で開かれたNAFTA再交渉の第5回会合は大きな進展が見られず、目標とする来年3月までの妥結は困難となった。交渉担当者らは「いくつかの分野で進展」したと述べたものの、トランプ政権による米国製自動車部品の使用拡大要求などにカナダ、メキシコは反対姿勢を崩さなかった。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表はカナダ、メキシコに対し、貿易不均衡の是正に真剣に取り組んでいる証拠が見られないと批判した。第6回協議は来年1月23-28日に開催される予定。
来週は7-9月期国内総生産(GDP)が発表される。7月と9月に利上げを実施したカナダ中銀(BOC)は利上げの影響を見極める姿勢を示している。年内追加利上げ期待は後退したが、GDPが好調な経済を裏付ける結果となれば、早期利上げ期待が再燃するか。

11月20日週の回顧
 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、数人の当局者がインフレの弱さを理由に近い時期の利上げに反対したことが明らかになり、ドル売りが優勢となった。ポンドドルは1.33ドル台、ドル/加ドルは1.26加ドル台までドル安が進んだ。対円では小動きも、北朝鮮警戒感でポンド円は148円台、加ドル円は87円台を中心に上値の重い動きとなった。(了)

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

北朝鮮問題の進展や各国中銀の議事要旨に注目! 住信SBIネット銀行(三井智映子)[FISCO]

こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の「住信SBIネット銀行の気になるレポート」です。先 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,