タグアーカイブ: 連日

ユーロポンド 上値が重い、連日のロンドンフィックスに警戒か

 ユーロポンドの上値が重く0.8622ポンドまでじり下がりしている。昨日はロンドンフィックスで急激にユーロポンドが下がったことで、市場は2日連続の売り玉を警戒しているようだ。ポンドドルは1.4110ドル近辺、ユーロドルは1.2342ドル前後で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-貿易戦争への懸念後退で連日の3桁上昇、楽観ムードが強まる可能性も

10日の日経平均は続伸。小幅安スタートから反転し、中国の習国家主席の講演内容を好感して、前場で大幅高となり21900円台に乗せた。ただ、後場は上昇加速とはならず、伸び悩む展開。強い動きが見られたことで、失速する場面では買いも入ったが、前場の高値を抜くまでには至らず、3桁上昇は維持したものの、こう着感の強い地合いが続いた。業種別では鉄鋼、機械、石油・石炭などが上昇しており、医薬品、サービス、食料品などが下落している。直近で売り込まれていた市況関連株に押し目買いが入り、三井金属が後場一段高。反面、携帯大手3社の新サービス発表で競争激化への警戒が強まったLINEは、後場に入って大きく値を崩した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1129/値下がり873と買いが優勢。ファナックや東京エレクトロン、安川電機、ソニーなど主力どころの銘柄が強い動き。証券会社が目標株価を引き上げたトーセイが急伸した。ペッパーフードとFC契約を結んだワンダーコーポがストップ高まで変われ、ペッパーも大幅高となった。また、シリアの地政学リスクが意識されたことから、石川製作所や細谷火工など防衛関連銘柄が物色された。一方、競合薬の良好な試験結果を受けて小野薬品が大きく売られる展開。高島屋やヨンドシー、エスクローAJなどが決算を受けて急落した。外需銘柄に押し目買いが入る中、直近で買われていた資生堂や花王などは後場に入って利益確定売りが加速した。

 足元で内需しか買えないという雰囲気が強まっていたところに、明確な材料が出てきて外需に買いが入った。一時的な反応であったとしても、全体市場にはポジティブと考える。中国要因で貿易戦争への警戒が和らいだという点も新味があった。これで外需が底打ちしたと見るのはまだ早計だが、中国市場で実績を上げている銘柄に関しては、見直し買いが入る展開にも期待が持てる。トランプ大統領にしても株式市場の混乱は望んではいないはず。中国側が強硬路線を示してくるのであれば強い言動でけん制する必要があるが、そうでないのなら、あえて対決色を強める必要はない。トランプ大統領の反応次第では、楽観ムードが一段と強まる可能性もある。日経平均は連日の3桁上昇となり、節目の22000円が射程圏内に迫ってきた。良くも悪くも外部環境に左右されやすい状況だが、その外部環境が一気に好転する兆しも見えており、スルスルと上昇が続く展開も想定しておきたい局面だ。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 連日の高値引けで21000円台回復、底打ち濃厚で地合いも改善か

27日の日経平均は大幅続伸。米国株の急反発を受けてリスクオンの地合いとなり、全面高スタート。高く寄った後も継続的に買いが入り、前場のうちに21000円台を回復した。後場に入っても強い基調は変わらず、上げ幅を500円超に広げる展開。大引けにまとまった買いが入り、きのうに続いての高値引けとなった。東証1部の売買代金は概算で3.2兆円。幅広い銘柄に買いが入る中、業種別では全業種が上昇した。石油・石炭やガラス・土石、卸売などが中でも大きく上げた一方、空運や情報・通信、医薬品など、ディフェンシブ系のセクターは相対的な選好が弱まった。上方修正を発表したFJネクストが大幅上昇。反面、会長兼CEOの退任を発表したカルビーが、後場マイナス転換から下げ幅を広げた。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1966/値下がり105と買いが優勢。証券会社のリポートを手がかりにパナソニックや竹内製作所が大幅上昇。日経新聞の記事を手がかりにICタグおよび業務効率化関連銘柄が賑わい、カーディナルがストップ高まで買われた。上方修正を発表したアルゴグラフィックスやニューテックが急伸。シャディ株の取得を発表したロコンドがストップ高となった。一方、業績見通しを取り下げたマイネットや、下方修正を発表したアイビー化粧品が大幅安。今年に入って急伸していたニチダイは連日のストップ安となり、調整色を強めた。きょうマザーズに新規上場したRPAは大幅買い越しで初値は持ち越しとなった。

 日経平均は連日の3桁上昇で21000円台を回復した。23日に974円安と大幅下落となって21000円を割り込んだものの、短期間で鋭角的に戻した格好となっており、当面は21000円より下は売り込みづらいとの見方が強まる可能性が高い。あすは配当落ちの影響が150〜160円程度あり、これを早々に埋められるかが焦点となる。ここ2日間の戻りの良さを鑑みると、早々に埋めそうな印象もあり、もしそうなれば、25日線(21591円、3/27)をうかがう展開が想定される。上昇一服となった場合でも、21000円より下では押し目買いが入るだろう。いったん下げ止まったことで、全体的に好材料探しとなりやすく、新聞記事やリポート、リリースなどで好材料が出てくれば、大型株でも大きく上昇するような展開が見込まれる。需要が旺盛な建機やFA関連などが狙い目か。週末30日には有効求人倍率など雇用関連の指標が出てくることから、人材関連などの先回り買いにも妙味があると考える。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は7営業日ぶりに反発、連日の下落で値ごろ感が強まり[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 84984.61 -0.58%8日のブラジル株式市場は3日続落。主要指標のボベスパ指数は (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=ダウ平均は連日の3桁下落、警戒売りが優勢か

東京市場は軟調か。欧米株はそろって下落。米国では序盤は買いが優勢であったものの、売りに押され、ダウ平均は380ドル安と連日の3桁下落となった。ドル円は107円を割り込んでおり、足元では106円60銭台で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて190円安の21910円、ドル建てが180円安の21920円で取引を終えた。

 米国株は終盤にかけて下げ幅を広げており、不安定な動きを警戒して軟調な展開が想定される。為替が再び円高方向に振れている点も、日本株にはネガティブ。CME225先物水準からは、日経平均は22000円割れかつ、5日線を割り込んでのスタートとなりそうで、チャート形状も悪化する。きのう300円以上下げており、安く寄った後の下値は限定的と考えるが、買い材料には乏しく、戻りも鈍いと予想する。日経平均の予想レンジは21850円-22000円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=ダウ平均が連日の大幅上昇、底打ち期待が高まるか

東京市場は堅調か。米国株の強い動きが続いており、ダウ平均は399ドル高と、連日で300ドルを超える大幅上昇。米10年債利回りが低下傾向にあることや、世界株の戻りを受けて、パウエルFRB議長の議会証言を前にリスク選好ムードが強まっている。ドル円は足元で106円90銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて195円高の22415円、ドル建てが205円高の22425円で取引を終えた。

 米国株の大幅高を受けてCME225先物も大幅上昇を示唆しており、全面高スタートが想定される。ドル円がそれほど円安に振れていないことや、イベント前であることなどから、高く寄った後はきのう同様に、積極的に上値を追う流れにはなりづらいと考える。とはいえ、外部環境の好転を追い風に、日経平均は着実に下値を切り上げており、底打ち期待の高まりから、良好な地合いが継続すると予想する。日経平均の予想レンジは22300円-22550円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-連日の失速でセンチメントは悪化、半導体株は希望の光となるか

14日の日経平均は3日続落。前場は買い先行も円高進行を嫌気して下げに転じた。為替市場では、ドル円が106円台に突入するまで円高が進んだことから、後場は荒れ相場。一段安スタートから下げ拡大で21000円を割り込むものの、切り返して急速に値を戻し、プラス圏まで浮上。しかし戻り売りに押されて再び下げ幅を広げ、引けにかけては軟調に推移した。東証1部の売買代金は概算で3.4兆円。業種別では、空運や石油・石炭、医薬品などが上昇した一方、輸送用機器、海運、非鉄金属などが下落した。3Q決算が好感されたハーバー研究所がストップ高。反面、今期の減益見通しが嫌気されたマブチモーターが後場に大きく値を崩した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり432/値下がり1581と売りが優勢。円高警戒から調整ムードが一段と強まる中、東京エレクトロンは4%超の大幅高となり、市場の注目を大きく集めた。決算を発表した有機EL関連に大きな動きが見られたが、上方修正と増配を発表したVテクノロジーが急伸した一方、3Q大幅増益も通期見通しは据え置いた平田機工は急落と、株価の反応は明暗分かれた。ほか、動きのあったところでは、証券会社が投資判断を引き上げたスクリーンや、上方修正を発表したリミックスポイントが大幅高。一方、ワタミやトリドールが決算を受けて大きく売られており、今期大幅減益計画のビリングシステムはストップ安まで売られた。

 米国株を中心に他市場が落ち着きつつある中で、日本株は一段安。きょうはアジア株が堅調に推移する中で、日経平均は後場にパニック的な動きとなり、一時21000円を割り込んだ。連日で3桁上昇となる場面がありながら下げに転じており、センチメントは非常に悪い。ドル円は昨年9月の安値を下回っており、一段の円高が警戒される局面。これだけの動きを見せられては、いったんは大きく円安に切り返してくれないと、日本株の上昇は期待しづらい。しかし、ドル高が急速に進めば、米国株の上値を抑える要因になるであろうから、これはこれで世界市場の不透明感を高める材料となる。日本株だけ方向性が他市場と異なっており、これが解消されるまでは、不安定な地合いが続くだろう。そのような中、際立って強い動きを見せたのが東京エレクトロン。3Q業績も悪くはなかったが、期待値が高かった分、決算を受けた1月31日は強い売り反応となり、その後も下値模索が続いていた。半導体株の代表格であるだけに、同社が調整一巡から切り返してくれば、周辺銘柄にも好影響が見込まれる。過去にも全体市場が円高に上値を抑えられる中、半導\xC2
粒瑤ⓙ胴餝瑤箸力∉粟④魘唎瓩討靴辰ǂ蠅靴親阿④鮓ǂ擦訃賁未❹△辰拭H甦僖燹璽匹ⅶ拉枦Ľ箸覆訝罅⌅焼蛎粒瑤⓴曨召慮漚箸覆譴襪ǂ肪輒椶靴燭ぁ\xA3

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

米国債 連日の入札低調 で 利回り上昇(需給悪化でも金利上昇)

昨日の3年債に引き続き、10年債入札も低調、明日は30年債

10年債入札(240億ドル)は、最高落札利回りが2.811%と2014年1月以来約4年ぶりの高水準。
応札倍率は2.34倍で、昨年9月以来の低水準。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-連日の大幅安でセンチメントは悪化、選別物色の様相が強まるか

東証1部の騰落銘柄数は値上がり118/値下がり1930と売りが優勢。幅広い銘柄が売られる中で、上方修正を発表したホンダとソニーの動きの良さは大きな注目を集めた。好決算銘柄には買いが殺到し、アイスタイルや昭和電線、ショーワなどが大幅上昇。大水は優待導入が好感されて後場に入って急伸した。一方、ファストリや村田製、信越化学など、値がさ株の一角が大きく売られた。ロームや板硝子は決算を受けて大幅安。下方修正を発表したフジクラやグランディハウス、営業減益着地のショーエイコーポなど、決算失望銘柄は容赦なく売られた。公募による新株発行と売り出しを発表したインソースはストップ安となった。

 先週末の米国株の大幅安に関しては、強い米雇用統計が金利上昇への警戒を強めたという構図にはなっている。ただ、今回の雇用統計がそこそこ強い内容になるであろうことは、事前にある程度想定されていた。その意味では、トレンドを大きく変えるようなショック的な下げと言うには微妙なところで、高値警戒感が漂う中で、雇用統計が格好の売り材料にされた感が強い。今晩の米株動向は非常に注目されるが、下げたとしても落ち着いた動きであれば、中長期のブル基調には変化はないと考える。足元では金利上昇への警戒がくすぶるが、株安が続けば、米国には利上げペースを落とすという選択肢がある。ここから値幅を伴った下げが続いた場合には、3月の利上げが見送られるとの見方が強まりやすく、そのことは株安の歯止めになると考える。

 日本株もしばらくは米国動向に一喜一憂となりそうだが、物色に関しては、目先は選別色が強まると予想する。下が警戒される局面では、割安でも業績がさえない銘柄は警戒されやすく、また、指数の波乱が想定される状況では値がさ株も積極的には買いづらい。中規模程度で直近の決算で好業績が確認でき、株主還元や分割、優待拡充など、わかりやすいポジティブ材料があった銘柄などが、証券会社のリポートなどを手がかりに改めて物色される地合いになると考える。各指数を見ると、日経平均やTOPIXは先週の段階で25日線を割り込んで下げが拡大している。マザーズ指数や2部指数もきょうの下落で25日線を割り込んだ。そのような中で、ジャスダック平均は25日線より上で終えている。ジャスダック市場の好業績銘柄に注目したい。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

「ホワイトリスト」の直近騰落状況、フィスココインは連日の大幅高【フィスコ・アルトコインニュース】[FISCO]

————1.キャッシュ(QASH):64%時価総額:562,217,000ドル2.イーサリアム(ETH):57%時価総額:1 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

24日の香港市場概況:ハンセン0.1%高で連日の最高値更新、中国証券セクターに買い[FISCO]

24日の香港市場は小幅に値上がり。主要51銘柄で構成されるハンセン指数が前日比27.99ポイント(0.08%)高 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

23日の香港市場概況:ハンセン1.7%高で連日の最高値更新、H株銀行セクターに買い[FISCO]

23日の香港市場は値上がり。主要51銘柄で構成されるハンセン指数が前日比537.29ポイント(1.66%)高の329 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

マザーズ指数は続伸、連日で昨年来高値更新、テラスカイや串カツ田中はストップ高[FISCO]

 本日のマザーズ市場では、日経平均が300円を超える上昇となるなか、相場全体の先高感の高まりを背景に中 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,