タグアーカイブ: 連れ高

英国インフレ指標強くポンド買い、ドル・円も連れ高

[欧米市場の為替相場動向]

 英国の8月消費者物価指数、8月生産者物価指数・産出が予想を上回る伸びとなったことで、ポンド買いになり、ポンド・ドルが1.3232ドルから1.3254ドルまで上昇。ポンド・円が145円17銭から145円51銭まで上昇しており、ドル・円も109円74銭まで連れ高になっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は小じっかり、ポンド・円やユーロ・円に連れ高

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は欧州市場で小じっかりの値動きとなり、足元は110円40銭台で推移している。17時半に発表された英国の7月製造業PMIが予想を上振れたことを受けて、ポンド・円が上げ、ユーロ・円やドル・円に波及している。
 また、その後発表のユーロ圏の4-6月期GDP速報値が予想通り+2.1%に伸びを拡大し、ユーロ・円がさらに買われ、ドル・円も一段高になっている。
 ここまでのドル・円の取引レンジは110円09銭から110円42銭。ユーロ・円は130円21銭から130円51銭、ユーロ・ドルは1.1815ドルから1.1833ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は小じっかり、実需筋の買いやユーロ・円上昇に連れ高

 ドル・円は小じっかりの展開。109円83銭を安値に、国内実需筋のドル買いや、日経平均株価の下落幅縮小を受けて、110円付近で底堅い状態になった。欧州勢参入後は、欧州株高などを受けたユーロ買いによるユーロ・円の上昇に連れ高となり、110円27銭まで上昇した。
 ユーロ・円は123円02銭から123円74銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1185ドルまで下落した後、1.1218ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円110円20-30銭、ユーロ・円123円60-70銭
・日経平均:始値19859.81円、高値19929.03円、安値19850.86円、終値19898.75円
(前日比9.83円安)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円は小じっかり、実需筋の買いやユーロ・円上昇に連れ高

 ドル・円は小じっかりの展開。109円83銭を安値に、国内実需筋のドル買いや、日経平均株価の下落幅縮小を受けて、110円付近で底堅い状態になった。欧州勢参入後は、欧州株高などを受けたユーロ買いによるユーロ・円の上昇に連れ高となり、110円27銭まで上昇した。
 ユーロ・円は123円02銭から123円74銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1185ドルまで下落した後、1.1218ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円110円20-30銭、ユーロ・円123円60-70銭
・日経平均:始値19859.81円、高値19929.03円、安値19850.86円、終値19898.75円(前日比9.83円安)
【経済指標】
・日・4-6月期法人企業景気予測調査・大企業全産業:前期比-2.0%(1-3月期:+1.3%)
【要人発言】
・雨宮日銀理事
「最近の国債買い入れ減は、長期金利の上昇圧力が後退してきたため」
「財務の健全性に配慮しつつ、物価安定のために必要な政策を行う」

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円底堅い、ユーロ・円の上昇に連れ高も

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円はアジア市場終盤に113円20銭台まで下落したが、欧州市場では113円60銭台に値を戻す展開。欧州株が小幅高安まちまちとなるなか、米国10年債利回りが2.34%台まで上昇しており、ドル買いが強まった。ユーロ・ドルが1.1050ドルまで上げ、ユーロ・円が125円55銭まで上昇しており、ドル・円も連れ高気味になっている面もあるもよう。
 ここまでのドル・円の取引レンジは113円42銭から113円67銭。ユーロ・円は125円12銭から125円55銭、ユーロ・ドルは1.1028ドルから1.1050ドルで推移

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドルは111円半ば、米金利上昇に連れ高

[東京 10日 ロイター] – 正午のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル高/円安の111.44/46円だった。7日の米軍によるシリア攻撃や予想を下回った米雇用統計でも110円を割り込まなかったことで底堅さが確認された。地政学リスクは引き続き警戒されるが、朝方から買い戻しが優勢となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,