タグアーカイブ: 軟調推移

豪ドル・円」軟調推移、豪ドル売り・米ドル買いの取引拡大

17日のアジア市場で豪ドル・円は軟調推移。米ドル・円相場が円高方向に振れたことや、豪ドル売り・米ドル買いのフローが増えたことから、対円レートは一段安となった。豪ドル・ドルは0.7608ドルから0.7551ドルまで下落した。ユーロ・円は133円16銭から132円71銭まで下落した。
・豪ドル・円の取引ッレンジ:85円02銭-85円85銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替見通し=ドル円、日経平均株価続落懸念で軟調推移か

 NYタイムの為替市場は、株安によるリスク回避の円買いでドル円とクロス円の上値の重さが目立ち、ドル円は112.48円まで売り込まれた。ユーロ円は132.97円まで弱含んだ。ユーロドルは1.1861ドルまで上昇した。
 本日の東京市場のドル円は、NYダウの下落を受けて日経平均株価の続落が予想されることで軟調推移を予想する。
 明日17日に習中国国家主席の特史が北朝鮮を訪問するが、トランプ米大統領は習中国国家主席が北朝鮮に対して圧力をかけることを約束してくれた、と述べている。本日で、トランプ米大統領が「嵐の前の静けさ」と形容している北朝鮮の沈黙は61日目となるが、60日間の沈黙を前提とした外交交渉再開の可能性が示唆されていることで、明日の中国と北朝鮮の協議に注目することになる。
 日米の株式市場の軟調推移は、11月末決算のヘッジファンド勢による利益確定の売りが背景にある。しかし、NYダウは、2007年以来となる売りシグナル「ヒンデンブルグ・オーメン」と「タイタニック・シンドローム」が出現しており、中期的な下落トレンドの可能性もあることで、予断を許さない展開となる。さらに、米議会での税制改革法案の審議への警戒感やサウジアラビアを軸とする中東情勢への警戒感もリスク選好地合いを後退させる要因となる。
 ドル売りオーダーは、現時点では、113.50-90円、114.00円、ドル買いオーダーは、112.40円、112.00-20円に観測されている。NYカットのオプションは113.50円と112.00円に控えている。
 ユーロドルは、本日が期限のメルケル独首相の連立協議への警戒感、12月21日のスペインのカタルーニャ州議会選挙への警戒感などから伸び悩む展開が予想される。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:86円割れ、インフレ鈍化の思惑で対円レートは軟調推移

15日のアジア市場で豪ドル・円は一時85円66銭まで下落した。15日発表の7-9月期賃金指数は前年比+2.0%にとどまり、市場予想の+2.7%を下回ったことが要因。インフレ鈍化の思惑が浮上し、短期筋などの豪ドル売り・米ドル買いが活発となった。豪ドル・円の取引でもリスク回避的な豪ドル売り・円買いが観測されており、対円レートは節目の86円を下回った。
豪ドル・ドルの取引レンジは0.7633ドルから0.7576ドルで推移した。なお、ユーロ・円は133円88銭から133円30銭まで下落した。
・豪ドル・円の取引レンジ:85円66銭-86円59銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円113.60円、日経平均株価は軟調推移

 ドル円は、日経平均株価が弱含みに推移していることで113.60円付近で上値が重い展開。しかしながら、米10年債利回りが2.40%台を維持していることで、下値も限定的か。ユーロドルは、1.1665ドル付近で推移しているが、1.1650ドルのNYカットのオプションを軸にした値動きが予想される。ユーロ円は132.53円前後で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は軟調推移、米法人税減税の実施延期報道でドル売り

 今日の東京市場で、ドル・円は軟調推移。114円03銭から113円64銭まで下落した。「米上院共和党指導部が、法人税減税の実施時期を1年延期することを検討している」との報道を受けて、ドル売り・円買いが先行。その後は、国内機関投資家の押し目買いなどがみられ、113円台後半で下げ渋る状態になった。
 ユーロ・円は132円14銭から一時131円80銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1585ドルから1.1606ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円113円80-90銭、ユーロ・円131円90-00銭
・日経平均:始値22849.91円、高値22922.80円、安値22759.07円、終値22913.82円(前日比23.78円安)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は軟調推移、米法人税減税の実施延期報道でドル売り

 今日の東京市場で、ドル・円は軟調推移。114円03銭から113円64銭まで下落した。「米上院共和党指導部が、法人税減税の実施時期を1年延期することを検討している」との報道を受けて、ドル売り・円買いが先行。その後は、国内機関投資家の押し目買いなどがみられ、113円台後半で下げ渋る状態になった。
 ユーロ・円は132円14銭から一時131円80銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1585ドルから1.1606ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円113円80-90銭、ユーロ・円131円90-00銭
・日経平均:始値22849.91円、高値22922.80円、安値22759.07円、終値22913.82円(前日比23.78円安)
【経済指標】
・日・9月景気動向指数速報値・先行:106.6(予想:106.6、8月:107.2)
・中・10月輸出:前年比+6.9%(予想:+7.1%、9月:+8.1%)
・中・10月輸入:前年比+17.2%(予想:+17.0%、9月:+18.6%)
【要人発言】
・トランプ米大統領
「国際社会は、ならず者国家の核の脅威を容認できない」
「われわれを過小評価すべきではない。安全と繁栄、自由を守っていく」
・布野日銀審議委員
「強力な金融緩和を粘り強く推進していくことが重要」
「ETF買い入れ、変更の必要性は感じていない」
「様々な政策ツール、物価2%達成までまったく変更しないということではない」
「現時点で追加緩和は必要ない」
・ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「12月利上げ見通しを撤回させる事態はまだ見当たらない」
「2018年の利上げの前にインフレ面で前進を確認したい」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:軟調推移、予想を下回る9月小売売上高を嫌気

3日の豪ドル・円は軟調推移。3日発表の9月小売売上高は前月比横ばいにとどまったことが要因。市場予想は+0.4%程度だった。個人消費の低迷で利上げ時期は2018年後半になるとの見方が広がり、リスク回避的な豪ドル売りが観測された。豪ドル・ドルは0.7716ドルから
0.7671ドルまで下落した。ユーロ・円は132円78銭から133円02銭の範囲内で推移SJ田した。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円49銭-88円03銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は軟調推移、国内実需や米長期金利低下でドル売り先行

 今日の東京市場で、ドル・円は軟調推移。114円22銭から113円74銭までじり安になった。114円台では国内実需筋のドル売り・円買い意欲が強かったといわれ、徐々に押される展開になった。また、米国10年債利回りが2.35%台まで低下したこともドル売りにつながった。ただ、日経平均株価が続伸して引けており、ドル・円は引けにかけて戻し気味になった。
 ユーロ・円は132円57銭から132円88銭でもみ合い。ユーロ・ドルは1.1613ドルから1.1672ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円114円00-10銭、ユーロ・円132円70-80銭
・日経平均:始値22512.18円、高値22540.25円、安値22400.01円、終値22539.12円(前日比119.04円高)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は軟調推移、国内実需や米長期金利低下でドル売り先行

 今日の東京市場で、ドル・円は軟調推移。114円22銭から113円74銭までじり安になった。114円台では国内実需筋のドル売り・円買い意欲が強かったといわれ、徐々に押される展開になった。また、米国10年債利回りが2.35%台まで低下したこともドル売りにつながった。ただ、日経平均株価が続伸して引けており、ドル・円は引けにかけて戻し気味になった。
 ユーロ・円は132円57銭から132円88銭でもみ合い。ユーロ・ドルは1.1613ドルから1.1672ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円114円00-10銭、ユーロ・円132円70-80銭
・日経平均:始値22512.18円、高値22540.25円、安値22400.01円、終値22539.12円(前日比119.04円高)
【経済指標】
・日・10月マネタリーベース:前年比+14.5%(9月:+15.6%)
・豪・9月貿易収支:+17.45億豪ドル(予想:+12.00億豪ドル、8月:+8.73億豪ドル←+9.89億豪ドル)
【要人発言】
・麻生財務相
「黒田日銀総裁による金融緩和、輸出・雇用増のほか財政との連携もうまくいった」
「2017年度補正、財政状況極めてきびしく、真に必要な施策に重点」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円113.37円までじり安、NYダウは軟調推移

 ドル円は、トランプ陣営の選対本部長マナフォート氏がFBIに出頭、NYダウが弱含みに推移していることで113.37円まで弱含み。113.20-30円にはドル買いオーダーが控えているものの、割り込むとストップロスが控えている。
 また、ユーロ円は131.61円、豪ドル円は86.90円、加ドル円は88.23円まで弱含み。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=カタルーニャ州独立への警戒感で軟調推移か

本日のロンドン為替市場のユーロドルは、カタルーニャ州の独立を巡る動向への警戒感から軟調推移を予想する。
 スペインのカタルーニャ自治州議会では、プチデモン・カタルーニャ州首相が公式に独立を宣言するのか、それとも撤回するのか要注目となる。独立を宣言して憲法155条が発動された場合はユーロ売り、独立宣言が見送りになればユーロ買いとなる。
欧州中央銀行(ECB)理事会で、資産購入プログラム(月額600億ユーロ)が、来年1月から300億ユーロに減額されて9月まで継続することが決定され、ドラギECB総裁が減額はテーパリングではない、再延長の可能性も示唆したことで、ユーロドルは軟調推移が予想される。テクニカル分析でも、1.2092ドルを頭とする「ヘッド・アンド・ショルダー」が完成しており、1.1247ドルまでの下落の可能性が示唆されている。
 ユーロドルは、売りオーダーは1.1850ドル、買いオーダーは、1.1600ドルに控えている。1.1800ドルと1.1600ドルには30日満期のNYカットのオプションが控えている。
 ユーロ円は、ECB理事会での資産購入プログラムの延長、カタルーニャ州の独立問題、朝鮮半島情勢への警戒感から軟調推移か。135.25円に11月8日のNYカットのオプション、買いオーダーは132.00円、131.50-60円に控えている。

想定レンジ上限
・ユーロドルは一目・雲の下限の1.1732ドル、ユーロ円は5日移動平均線の133.44円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは7月19日の安値の1.1510ドル、ユーロ円は一目・雲の上限の131.75円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】一目チェック1=ユーロドル、雲の中で軟調推移

日足一目均衡表におけるトレンド示唆1 ※前営業日引け時点

ドル円
 転換線 112.57円 > 110.38円 基準線 … 買い示唆
遅行スパン 111.82円 > 107.84円 実線 … 買い示唆
終値 111.82円 > 110.91円 雲の上限 … 買い示唆
三役陽転 転換線>基準線・終値>雲の上限・遅行スパン>実線 …買いトレンド

ユーロドル
 転換線 1.1775ドル < 1.1881ドル 基準線 … 売り示唆
遅行スパン 1.1820ドル < 1.2036ドル 実線 … 売り示唆
終値 1.1820ドル = 雲のなか … 中立

ユーロ円
 転換線 132.67円 > 131.94円 基準線 … 買い示唆
遅行スパン 132.21円 > 129.79円 実線 … 買い示唆
終値 132.21円 > 130.09円 雲の上限 … 買い示唆
三役陽転 転換線>基準線・終値>雲の上限・遅行スパン>実線 …買いトレンド

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

アジア為替見通し=ドル円、北朝鮮リスクへの警戒感で軟調推移か

 NYタイムのドル円は、米9月失業率が4.2%へ低下し、平均時給が前月比+0.5%となり、米10年債利回りが2.400%まで上昇したことで113.44円まで上昇した。しかし、訪朝ロシア議員が「近い将来に北朝鮮が再び長距離ミサイルの発射実験を実施する」と発言したことで112.61円まで反落した。
 本日の東京市場が休場のアジア市場のドル円は、北朝鮮が明日10日の朝鮮労働党創建記念日から18日の中国共産党大会に向けて、水爆実験や弾道ミサイル発射を強行する可能性への警戒感から軟調推移を予想する。
 トランプ米大統領が5日にホワイトハウスで開いた軍高官らとの夕食会で、「嵐の前の静けさ」と述べことで、トランプ米政権が北朝鮮に対して軍事攻撃に踏み切る可能性が警戒されている。また訪朝したモロゾフ露下院議員が、「北朝鮮が米西海岸に到達可能な弾道ミサイル発射実験を近く実施する計画」と述べたことで北朝鮮によるミサイル発射の可能性が高まっている。
 ドル円の売り材料としては、16日の日米経済対話に向けて10月中旬に米財務省が発表する為替報告書での日米貿易不均衡是正への言及、トランプ米大統領のロシアゲート疑惑への警戒感なども挙げられる。
 しかしながら、12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利上げ観測を受けた日米金融政策のかい離や10日の衆議院解散公示から22日の投開票に向けた株高・円安への期待感から下値は限定的か。さらに、トランプ米政権の税制改革案の審議、採決が進展する可能性もドル買い要因となる。
 ドル売りオーダーは、現時点では113.50(超えるとストップロス)、113.80-90円、ドル買いオーダーは、112.30円(割り込むとストップロス)、112.20円、112.00円、111.80円、111.50円に観測されている。
 ユーロドルは、26日の欧州中央銀行(ECB)理事会でのテーパリング表明が先送りされる可能性、メルケル独首相の連立協議が難航する可能性、スペインのカタルーニャ州が明日10日に独立を宣言する可能性などから上値は限定的か。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は軟調推移、FRB次期議長人事への思惑でドル売り優勢

 今日の東京市場で、ドル・円は軟調推移。112円91銭から112円42銭まで下落した。米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事にハト派的な候補が浮上したことを受けて、ドル売りが優勢になった。米国10年債利回りは2.31%台に低下した。また、日経平均株価が一時下落に転じ、円買いが強まる場面もあった。
 ユーロ・円は132円64銭から132円25銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1736ドルから一時1.1780ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円112円50-60銭、ユーロ・円132円25-35銭
・日経平均:始値20660.81円、高値20689.08円、安値20592.18円、終値20626.66円(前日比12.59円高)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は軟調推移、FRB次期議長人事への思惑でドル売り優勢

 今日の東京市場で、ドル・円は軟調推移。112円91銭から112円42銭まで下落した。米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事にハト派的な候補が浮上したことを受けて、ドル売りが優勢になった。米国10年債利回りは2.31%台に低下した。また、日経平均株価が一時下落に転じ、円買いが強まる場面もあった。
 ユーロ・円は132円64銭から132円25銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1736ドルから一時1.1780ドルまで上昇した。
・17時時点:ドル・円112円50-60銭、ユーロ・円132円25-35銭
・日経平均:始値20660.81円、高値20689.08円、安値20592.18円、終値20626.66円(前日比12.59円高)
【経済指標】
・ユーロ圏・9月サービス業PMI改定値:55.8(予想:55.6、速報値:55.6)
・ユーロ圏・9月総合PMI改定値:56.7(速報値:56.7)
【要人発言】
・日銀
「4-6月期の需給ギャップは+1.22%」(+1%超は08年1-3月期以来)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円はもみ合い、ユーロは軟調推移続く

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は112円80銭付近でもみ合う展開が続く。足元では米10年債利回りが2.34%台まで低下しており、ドルは売られやすい地合い。ただ、18時に発表されたユーロ圏の8月失業率は予想に反して低下せず、前月から横ばいになり、ユーロは引き続き軟調地合いとなっている。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円77銭から113円02銭。ユーロ・円は132円42銭から132円71銭、ユーロ・ドルは1.1731ドルから1.1753ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は111円46銭から111円23銭まで軟調推移

[欧米市場の為替相場動向]
 20日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円46銭から111円23銭まで軟調推移している。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控え、米国債が持ち高調整からやや買い戻されているとみられ、利回りの低下に伴いドル売りが優勢になっている。
 ユーロ・ドルは1.1998ドルから1.2022ドルまで上昇し、ユーロ・円は133円84銭から133円51銭まで下落している。
 ポンド・ドルは1.3510ドルから一時1.3607ドルまで上昇。英国の8月小売売上高の伸びが大きく拡大したことを受けて、一時ポンド買いになった。ドル・スイスフランは0.9595フランから0.9613フランで推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,