タグアーカイブ: 買い

ユーロ円オーダー=135.00円 買い・割り込むとストップロス売り

136.40-60円 断続的に売り
136.20円 断続的に売り
135.80円 1/18 13:55現在(高値135.85円 – 安値135.46円)
135.00円 買い・割り込むとストップロス売り
134.60円 買い
134.40円 買い
134.00円 買い
133.20-60円 断続的に買い
133.00円 買い厚め
132.90円 買い

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は続伸、ビットコインの下落などを意識した買いが入る

COMEX金2月限終値:1339.20 ↑2.10
 17日のNY金先物2月限は小幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+2.10ドルの1オンス=1339.20ドルで取引終了。一時1340.90ドルまで上昇した。ユーロ安・米ドル高は継続しているものの、ビットコインの下落や金連動型上場投資信託(ETF)「iシェアーズ・ゴールド・トラスト」の保有資産が急増していることが材料視されたようだ。ただし、米国株高を意識した売りが観測されており、金先物の上げ幅はやや縮小した。

・NY原油先物:反発、米鉱工業生産の増加や米国株高を好感
NYMEX原油2月限終値:63.97 ↑0.24
 17日のNY原油先物2月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比+0.24ドルの63.97ドルで取引を終えた。一時63.39ドルまで売られた。この日発表された12月の米鉱工業生産は前月比+0.95で市場予想を上回ったことや米国株高が材料視された。主要産油国による生産抑制は続いており、市場参加者の間で原油価格の先高観は大きく後退していない。過度の原油高に対する警戒感は浮上しているが、経済情勢の改善が続いており、需要増への期待は残されているようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

続伸、ビットコインの下落などを意識した買いが入る

COMEX金2月限終値:1339.20 ↑2.10
 17日のNY金先物2月限は小幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+2.10ドルの1オンス=1339.20ドルで取引終了。一時1340.90ドルまで上昇した。ユーロ安・米ドル高は継続しているものの、ビットコインの下落や金連動型上場投資信託(ETF)「iシェアーズ・ゴールド・トラスト」の保有資産が急増していることが材料視されたようだ。ただし、米国株高を意識した売りが観測されており、金先物の上げ幅はやや縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル110円後半、下値の買いで切り返し

[東京 17日 ロイター] – 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点からややドル高/円安の110円後半。東京市場のドルはいったん円高に振れた後、切り返した。市場では国内勢とみられる向きのまとまった買いが、下値を支えたとの指摘が出ている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

豪ドル円 88.50円に厚い売りも、下値87円後半からの買いが支えに

 豪ドル円は昨日、9日以来、1週間ぶりの高値88.42円まで上昇した、だが伸び悩むと、前日安値87.67円に近づく87.72円まで下押し。本日もここまでの反発は88.36円まで。厚い売りオーダーが観測される88.50円が重そう。その上にも断続的に売りオーダーが並んでいる。
 一方、昨日安値の下、87.70円から買いが並んでいる。弱い動きとなっても、下落は厚めの買いが控える87.20円付近にとどまるか。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ドル安継続を意識した買いが入る

COMEX金2月限終値:1337.10 ↑2.20
 16日のNY金先物2月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+2.20ドルの1オンス=1337.10ドルで取引終了。一時1340.50ドルまで上昇した。ユーロ安・米ドル高は継続していることや米国株安を意識して安全逃避的な買いが入った。
ただ、1340ドル近辺では利食い目的とみられる売りが観測されており、金先物の上げ幅はやや縮小した。

・NY原油先物:反落、過度の原油高に対する警戒感浮上
NYMEX原油2月限終値:63.73 ↓0.57
 16日のNY原油先物2月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比-0.57ドルの63.73ドルで取引を終えた。一時63.39ドルまで売られた。主要産油国による生産抑制が続いており、原油価格の先高観は大きく後退していないものの、過度の原油高に対する警戒感が浮上しており、1バレル=64ドル台ではポジション調整的な売りが入った。米国株が不安定な動きを見せていることも一部で嫌気されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は続伸、ドル安継続を意識した買いが入る

COMEX金2月限終値:1337.10 ↑2.20
 16日のNY金先物2月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+2.20ドルの1オンス=1337.10ドルで取引終了。一時1340.50ドルまで上昇した。ユーロ安・米ドル高は継続していることや米国株安を意識して安全逃避的な買いが入った。ただ、1340ドル近辺では利食い目的とみられる売りが観測されており、金先物の上げ幅はやや縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円 注目オーダー・OP=110.50円 買い

114.00円 売り厚め、OP15日NYカット大きめ
113.80-90円 断続的に売り
113.70円 売り厚め
113.60円 売り
113.50円 売り厚め、OP17日NYカット大きめ
113.40円 売り
113.30円 売り厚め
113.00-10円 断続的に売り厚め
112.80-90円 断続的に売り
112.60円 売り
112.50円 売り厚め
112.10-40円 断続的に売り
112.00円 売り厚め
111.70-90円 断続的に売り・超えるとストップロス買い
110.60円 1/15 18:35現在(高値111.19円 – 安値110.54円)
110.50円 買い
110.00円 買い
109.00円 買い
※オプション(OP)設定水準の手前では防戦の売買が、抜けたところではストップロスの売買が活発化しやすい。また、期限(カットオフタイム)に向けて設定水準に収れんする動きを見せる場合もある。
 オプション数量表現の目安 大きめ:10億通貨単位以上、非常に大きめ:20億通貨単位以上、極めて大きめ:30億通貨単位以上。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロ円 133円までまとまった買い見当たらず、オーダー面では下値リスク懸念される

 ユーロ円は135円付近で上値が重い。134円から下に散発的に買いオーダーが見えている。しかし、133.00円までまとまった買いが置かれている水準は見当たらない。一方、135.80円と136.00円に厚めの売りが置かれており戻りは限定されそう。オーダー面では、下値リスクが懸念される状態といえる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】15日香港株=買い優勢か、資金流入に期待 米中株高で安心感

週明け15日の香港市場は買いが優勢か。世界的な株高の下、ハンセン指数が2007年10月30日に付けた史上最高値の31958.41ポイントを目指すとの強気な見方が広がっており、資金流入が続くと予想する。米外国為替市場で主要通貨に対してドル安が進んだことで、香港を含む新興国市場への資金流出が加速しそうだ。主要通貨に対する米ドルの強さを示すドルインデックスは足元で91を割り込み、2015年1月以来3年ぶりの低水準にある。相互取引制度を通じた中国本土投資家による香港株売買も2017年12月下旬以降、買い越しが続く。

 米国と中国の株式相場の上昇も買い安心感を支えるだろう。12日のNY株式相場は好調な消費動向や好決算期待を背景に大幅続伸。ダウ平均、S&P500、ナスダック総合の主要3指数がそろって史上最高値を連日で更新した。同日の香港株の米国預託証券(ADR)は、HSBC(00005)、AIAグループ(01299)、中国建設銀行(00939)、テンセント(00700)など時価総額が大きい銘柄が総じて香港終値を上回って引けた。一方、中国本土では中国人民銀行(中央銀行)が1月10日、前月22日以来ほぼ3週ぶりに公開市場操作(オペ)を通じた資金供給を再開したことで資金需給の引き締まり懸念が後退。上海総合指数は12日まで11営業日続伸した。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京仲値の買いも規模小さく、ドル円上値が重い

 大手邦銀のドル円の仲値は110.90円近辺で決まった。ゴトー日(5・10日)ということもあり、仲値の円売り需要が期待されていたが、比較的少ない規模の円売りだった。ドル円は仲値後じり下がりとなり、110.83円前後で取引されている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は続伸、割安感による買い優勢もリグ稼働数増加などでやや伸び悩み

NYMEX原油2月限終値:64.30↑0.50
 12日のNY原油先物は続伸。63.16ドルから64.34ドルまで上昇した。中国の12月原油輸入の大幅減少を受けて売られた流れで始まった。その後、ドイツの二大政党が正式な連立協議開始で合意したことを好感してユーロ高・ドル安が進んだことで、割安感による買いが優勢になった。ただ、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前回から10基増加したこと。また、米国が「イラン核合意に基づく制裁停止を継続」と発表したことから、64ドル台に乗せた後はやや伸び悩みがみられた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円 111円の買いをこなせるか

 ドル円は、111円の厚い買いを前にして下げ渋り、111円前半でもみ合い。このところ、ロンドン勢が下攻めをすることが多く、NYタイムには米12月消費者物価指数(CPI)の発表が控えているものの、その前に動意を見せる可能性はある。111円を割り込むと、買いを当てにしていた向きの損切りオーダーも集まってきた。ただし、その下は110円半ばまで買いが優勢。上サイドは、売り手が水準を下げてきている。111円半ばから売りがみられ、昨日の高値超えにはストップロスも置かれているが、112円付近は売りがしっかり。ドル安地合いのなか、下サイドへのバイアスは強まっているか。

FX為替ニュース

, , , , , ,