タグアーカイブ: 買い

NY金先物は続落、安全逃避の買いはさらに縮小

COMEX金6月限終値:1324.00 ↓14.30
 23日のNY金先物6月限は続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−14.30ドルの1オンス=1324.00ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて1323.80ドルまで売られた。米長期金利の上昇やドル高を嫌気した売りが入った。安全逃避的な金買いはさらに縮小した。ムニューシン米財務長官が訪中を検討しているとの報道は売り材料となったようだ。

・NY原油先物:続伸、時間外取引で一時69ドル台に上昇
NYMEX原油6月限終値:68.64 ↑0.24
 23日のNY原油先物6月限はやや強含み。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前営業日比+0.24ドルの68.64ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて67.14ドルまで下落する場面があったが、69.03ドルまで上昇した。中東情勢の悪化や米経済指標の改善を意識して原油先物相場は反転、上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続落、安全逃避の買いはさらに縮小

COMEX金6月限終値:1324.00 ↓14.30
 23日のNY金先物6月限は続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−14.30ドルの1オンス=1324.00ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて1323.80ドルまで売られた。米長期金利の上昇やドル高を嫌気した売りが入った。安全逃避的な金買いはさらに縮小した。ムニューシン米財務長官が訪中を検討しているとの報道は売り材料となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円107.92円までじり高、欧州勢はクロス円の買い

 ドル円は107.92円までじり高になっている。欧州勢が参加後はクロス円が底堅く、クロス円の買いがドル円を下支えし、上昇している。ユーロ円は132.56円、ポンド円は151.36円まで一時上値を広げている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

午前まとめ=ドル円、ファンド勢の買いで107.73円まで上昇

・ドル円は、ファンド勢の買いで107.73円まで上昇
・日経平均株価は、22076円から22261円まで+185円反発し、22222円で前引け
・NZドル/ドルは、昨日のNZインフレ率鈍化を受けた売りが継続し0.7240ドルまで続落

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京午前=ドル円はファンド勢主導の買いで107.73円まで上昇

 東京午前の為替相場のドル円は、週末5・10日(ゴトー日)の仲値不足の買いやファンド勢による買いなどで107.36円から107.73円まで上昇した。日経平均株価は、安値22076円から高値22261円まで185円上昇し、前日比30円高の22222円で前引けとなった。
 クロス円もドル円に連れて堅調に推移した。ユーロ円は132.98円、ポンド円は151.70円、豪ドル円は83.16円、NZドル円は78.11円、加ドル円は85.11円まで上昇した。
 米10年債利回りが2.91%台と高めの水準を維持して推移したことから、ユーロドルは1.2337ドル、ポンドドルは1.4072ドルまで弱含んだ。
 オセアニア通貨も軟調推移。豪ドル/ドルは0.7706ドルまで下落、NZドル/ドルは、昨日発表されたNZインフレ率の鈍化を受けた売りが継続し0.7240ドルまで下落した。
 午後も、ファンド勢主導の円売り・株買いが予想されるが、攻防の分岐点は2月14日と21日の高値107.90円となる。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は小幅安、米政治不安緩和で安全逃避の買いは縮小

COMEX金6月限終値:1348.80 ↓4.70
 19日のNY金先物6月限は小幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−4.70ドルの1オンス=1348.80ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1343.20ドルまで売られた。米国株は弱含みとなったが、米長期金利の上昇や政治不安が緩和されたことから、安全逃避的な買いは縮小した。「米司法副長官がトランプ氏に対して特別検察官の捜査対象外と伝えた」との報道が材料視された。
・NY原油先物:伸び悩み、ポジション調整に絡んだ売りが入る
NYMEX原油6月限終値:68.33 ↓0.14
 19日のNY原油先物6月限は伸び悩み。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比−0.14ドルの68.33ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて68.00ドルまで売られた。米原油在庫がただちに増加するとの見方は少ないものの、米長期金利の上昇やドル安が一服していることから、ポジション調整的な売りがやや目立った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

小幅安、米政治不安緩和で安全逃避の買いは縮小

COMEX金6月限終値:1348.80 ↓4.70
 19日のNY金先物6月限は小幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−4.70ドルの1オンス=1348.80ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1343.20ドルまで売られた。米国株は弱含みとなったが、米長期金利の上昇や政治不安が緩和されたことから、安全逃避的な買いは縮小した。「米司法副長官がトランプ氏に対して特別検察官の捜査対象外と伝えた」との報道が材料視された。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

『利上げ観測後退の売り』VS『M&A絡みの買い』

こんばんは、フジモトです。3月英小売売上高が弱く売られていたポンドですが、「武田薬品工業はアイルランド製薬大手シャイアーの買収を打診」との報道で持ち直していますね。とはいえ、17日の3月英雇用統計で週平均賃金が弱かったほか、昨日の3月英CPI・RPIも弱いなど…

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロドル 実需の買いでじり高に、ポンドドルも連れ高

 欧州勢が参入し欧州輸出企業のユーロ買いも散見され、ユーロドルは1.2395ドルまで強含み。ポンドドルが1.4218ドルまで連れ高となっている。ドル円もドルが売り戻され、107.28円付近までじり安。欧州主要株価指数は独DAXは小安いものの、英仏株は底堅い。
 このところ堅調のユーロ/スイスフラン(CHF)は、1.1995CHFまでユーロの上値を伸ばしたが、約3年3カ月ぶりの1.20CHFを前にして足踏み。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ユーロ円オーダー=132.30円 買い

134.50円 売り
134.30円 売り
134.00円 売り厚め
133.50円 売り厚め
133.40円 売り・超えるとストップロス買い
133.10-20円 断続的に売り
132.98円 4/19 14:01現在(高値133.03円 – 安値132.68円)
132.30円 買い
132.10円 買い厚め
132.00円 買い・割り込むとストップロス売り
131.20-80円 断続的に買い
131.00円 買い
130.80円 買い
130.50円 買い
130.00-20円 買い

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は小幅高、米ロ関係悪化を懸念した買いが入る(18日)

COMEX金6月限終値:1349.50 ↑4.00
 18日のNY金先物6月限は小幅反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比+4.00ドルの1オンス=1353.50ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1359.00ドルまで買われた。米国株は伸び悩んだことや一部で米ロ関係の悪化が懸念されており、安全逃避的な買いが入った。ただ、米国は北朝鮮とハイレベルでの直接対話を開始したことによって、北東アジアにおける地政学的リスク増大に対する警戒感は一段と低下しており、金先物はやや上げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は小幅高、米ロ関係悪化を懸念した買いが入る

COMEX金6月限終値:1353.50 ↑4.00
 18日のNY金先物6月限は小幅反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比+4.00ドルの1オンス=1353.50ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1359.00ドルまで買われた。米国株は伸び悩んだことや一部で米ロ関係の悪化が懸念されており、安全逃避的な買いが入った。ただ、米国は北朝鮮とハイレベルでの直接対話を開始したことによって、北東アジアにおける地政学的リスク増大に対する警戒感は一段と低下しており、金先物はやや上げ渋った。

・NY原油先物:大幅続伸、原油在庫は予想外の減少
NYMEX原油6月限終値:68.47 ↑1.96
 18日のNY原油先物6月限は大幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+1.96ドルの68.47ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて68.90ドルまで買われた。この日発表された米国の週次在庫統計で、原油やガソリンの在庫が予想外に減少したこと、米地区連銀掲載報告の内容が良好だったことが材料視された。ロシアは減産体制を継続するとの観測が広がったことも好感されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,