タグアーカイブ: 警戒

ドル・円:ドル・円はこう着も、日本株安に警戒

 ドル・円は112円50銭付近でこう着した値動き。米10年債利回りは2.360%付近で横ばい推移が続き、売り買いともに仕掛けづらい展開となっている。ただ、日経平均株価が一時下落に転じており、目先はリスク回避的な円買いがドル・円を押し下げる可能性があろう。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円40銭から113円14銭。ユーロ・円は132円81銭から133円16銭、ユーロ・ドルは1.1765ドルから1.1822ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円は日経平均の動きに警戒か

 ドル円は113.65円前後で小動きに推移している。昨日はNY株式市場は主要3指数共に上昇し、CME225先物は昨日の大阪取引所と比較して85円高で引け、株価の上昇を予測しているようだ。しかしここ最近は日経平均の頭が重くなっていることもあり、株価が弱く崩れていく場合にはドル円相場にも影響を与える可能性もあり、警戒が必要になりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

乱高下後も日本株に先高観、短期のスピード調整には警戒

[東京 9日 ロイター] – 9日の日経平均株価は乱高下したが、市場では強気な見方も根強い。乱高下の原因はオプションSQ(特別清算指数)算出前のポジション調整とされ、良好なファンダメンタルズを支えに、中期的な上昇基調が続くとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】市場の目=豪準備銀、家計部門の不透明さを警戒

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 西茺徹氏

豪準備銀、家計部門の不透明さを警戒 家計部門の過剰債務と不動産市況の行方を注視

 世界経済は拡大するなかで「カネ余り」を背景に国際金融市場も活況を呈するなど、足下は「心地よい」状況が続く。ただし、昨年来上昇基調が続いた国際商品市況は年明け以降頭打ちしており、豪州経済の重石となりつつある。堅調な雇用環境の一方で賃金上昇は鈍く個人消費は弱含んでいる上、不動産市況の行方は債務を抱える家計部門や住宅ローンへの依存度が高い銀行部門に打撃を与えることも懸念される。

 7日の定例会合で準備銀は14会合連続で金利を据え置いた。海外経済や金融市場、同国経済などの見方は据え置いたが、家計部門の債務が個人消費の重石となることを警戒している。また、政府の規制強化策を反映して不動産市況は頭打ちするなか、同行は先行きもしばらく低金利環境を継続させる可能性が高い。金融政策の正常化を進める米国との対照的なスタンスは、先行きにおける豪ドルの対米ドル相場の重石になるとみられ、結果的に対日本円相場にとっても上値の重い展開が続く可能性は高いと予想される。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル113円後半、北朝鮮・サウジ情勢など警戒

[東京 8日 ロイター] – 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅ドル安/円高の113円後半。海外市場の流れを引き継ぐ形で上値の重い展開が続いた。値動きは鈍かったが、北朝鮮リスクや米税制改革の行方、サウジアラビアの政情不安など様々な話題が、今後の市場動向に影響を与える可能性があるとして議論されている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=雇用統計次第だが、頭打ちには警戒必要

今週の東京市場は113円後半で始まり、一時112.96円まで下落するものの、週後半は113円後半から114円前半の狭いレンジで取引された。レンジ相場を作った理由は本日のNYカットで114.00円に大き目のオプションがあること、そして本日雇用統計が発表されるためリスクをとりにくくなってしまったことが原因だ。
 本日のここからの相場は雇用統計次第になるだろうが、先月6日の米雇用統計と先月27日の米7-9月期GDPが発表されたときのような動きになる可能性もあるので警戒したい。先月の雇用統計は、指標自体には好感し113円前後から113.44円まで上昇した。しかし数度にわたり上値をトライするものの、本邦勢やオプションの売りもあり、市場参加者がドルロングになり、その後は些細なニュースで112円台まで戻してしまった。7-9月期のGDPの発表時も似たような相場になった。GDPは前期比年率で+3.0%と市場予想の+2.5%を上回り114.45円まで上昇したが、114円台で上値をトライするものの息切れし、113円半ば近くまで戻されてしまった。
 本日の雇用統計も似たような動きになることを警戒したい。もし市場予想より良い数字が出た場合は上昇するだろうが、市場が何度も114円台半ばをトライして上抜けできない場合は、前述したように一度些細なニュースで調整が入る可能性が高い。逆に市場予想より大きく下回った指標が出た場合はドル売りに反応しやすいだろう。
 景気からみて長期的なドル買いトレンドが継続される可能性は高いものの、上値のトライに時間がかかりすぎた場合の巻き戻しには気をつけたい。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、10月27日と7月11日の高値近辺の114.50円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、日足一目均衡表の基準線と21日移動平均線がある113.05円近辺。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=雇用統計次第だが、頭打ちには警戒必要

 今週の東京市場は113円後半で始まり、一時112.96円まで下落するものの、週後半は113円後半から114円前半の狭いレンジで取引された。レンジ相場を作った理由は本日のNYカットで114.00円に大き目のオプションがあること、そして本日雇用統計が発表されるためリスクをとりにくくなってしまったことが原因だ。
 本日のここからの相場は雇用統計次第になるだろうが、先月6日の米雇用統計と先月27日の米7-9月期GDPが発表されたときのような動きになる可能性もあるので警戒したい。先月の雇用統計は、指標自体には好感し113円前後から113.44円まで上昇した。しかし数度にわたり上値をトライするものの、本邦勢やオプションの売りもあり、市場参加者がドルロングになり、その後は些細なニュースで112円台まで戻してしまった。7-9月期のGDPの発表時も似たような相場になった。GDPは前期比年率で+3.0%と市場予想の+2.5%を上回り114.45円まで上昇したが、114円台で上値をトライするものの息切れし、113円半ば近くまで戻されてしまった。
 本日の雇用統計も似たような動きになることを警戒したい。もし市場予想より良い数字が出た場合は上昇するだろうが、市場が何度も114円台半ばをトライして上抜けできない場合は、前述したように一度些細なニュースで調整が入る可能性が高い。逆に市場予想より大きく下回った指標が出た場合はドル売りに反応しやすいだろう。
 景気からみて長期的なドル買いトレンドが継続される可能性は高いものの、上値のトライに時間がかかりすぎた場合の巻き戻しには気をつけたい。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、10月27日と7月11日の高値近辺の114.50円。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、日足一目均衡表の基準線と21日移動平均線がある113.05円近辺。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は上値の重い展開か、アジア情勢への警戒が重石に

[今日の海外市場]

 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。今晩発表の米国の10月雇用統計が予想通りなら12月利上げ観測によるドル買いは継続。ただ、来週にかけては北朝鮮問題を受けたアジア情勢への警戒もあり、ドル・円の上昇は小幅にとどまりそうだ。
 トランプ米大統領は2日、連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の後任にパウエル理事を指名すると発表した。同理事の就任により現行の利上げペースが維持されるとの思惑が広がり、米長期金利の上昇はある程度抑えられる見通し。反面、株式市場にとっては歓迎するムードもある。人事に関しては報道が先行したため市場の反応は限定的となったが、目先は株高を背景としたドル買い・円売りの展開が想定される。
 今晩はFRB人事や前日の英中銀金融政策委員会(MPC)、米10月雇用統計を消化する展開となりそうだ。足元では、10月31日-11月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で景気拡大についての表現が「緩やかに」から「底堅く」に強まり、一段と高まった12月追加利上げ観測を背景にドル買いが続くだろう。ただ、ドル買い一巡後は週末を控え調整が出やすいため、ドルの上値は押さえられる見通し。
 焦点の米10月雇用統計に関しては、失業率4.2%(前回4.2%)、非農業部門雇用者数は前月比-3.3万人(同+31.3万人)、平均時給は前年比+2.7%(同+2.9%)が市場コンセンサス。8月から9月にかけて米国南東部に上陸したハリケーンの影響が残され、非農業部門雇用者数は前月同様、正確な状況は把握しにくいだろう。ただ、失業率と平均時給が予想を下回らなければ、FRBの金融正常化方針に変わりはなさそうだ。
 一方、来週にかけてトランプ大統領が日本をはじめアジア各国を歴訪する予定で、国際政治情勢への警戒感が広がる。特に北朝鮮の核・ミサイル開発で米朝は依然として緊張状態が続いており、北朝鮮の動向や中国の対応が注目される。情勢見極めとして週明け以降もドル・円は上値の重い展開が続きそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:30 英・10月サービス業PMI(予想:53.3、9月:53.6)
・21:30 米・10月非農業部門雇用者数(予想:+31.3万人、9月:-3.3万人)
・21:30 米・10月失業率(予想:4.2%、9月:4.2%)
・21:30 米・10月平均時給(前年比予想:+2.7%、9月:+2.9%)
・21:30 米・9月貿易収支(予想:-432億ドル、8月:-424億ドル)
・21:30 カナダ・10月失業率(予想:6.2%、9月:6.2%)
・21:30 カナダ・9月貿易収支(予想:-30億加ドル、8月:-34.1億加ドル)
・22:45 米・10月サービス業PMI改定値:(予想:55.9、速報値:55.9)
・23:00 米・10月ISM非製造業景況指数(総合)(予想:58.5、9月:59.8)
・23:00 米・9月製造業受注(前月比予想:+1.2%、8月:+1.2%)
・23:00 米・9月耐久財受注改定値(前月比予想:+2.0%、速報値:+2.2%)
・01:15 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,