タグアーカイブ: 警戒

NY外為:ドル・円112円割れ、米朝関係の緊張を警戒

 NY外為市場で北朝鮮への脅威が拡大し、リスク回避の円買いに拍車がかかった。ドル・円は112円33銭から111円72銭まで反落。ユーロ・円は133円46銭から132円61銭まで反落した。
北朝鮮の外相は、先週のトランプ大統領の発言が「宣戦布告」とし、米国の戦略爆撃機を打ち落とす権利があると訴え、米朝関係の緊迫化が嫌気された。米国株式相場が下げ幅を拡大。ダウ平均株価は59ドル安で推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し=軟調か 北朝鮮リスクを警戒

今晩は軟調な展開か。トランプ米大統領の国連演説に反発して北朝鮮が再び挑発行動を示唆。北朝鮮の李外相は太平洋上での水爆実験の可能性があるとした。再び高まった米朝間の緊張を受けてリスク回避姿勢が強まりそうだ。ダウ平均、S&P500、ナスダック総合の主要3指数は今週そろって史上最高値を更新しており、高値警戒感が意識されるなかでの地政学的リスクの高まりにより、利益確定売り圧力が強まることが懸念される。
 今晩の経済指標は米9月マークイット総合PMI・速報値、同製造業PMI・速報値、同サービス業PMI・速報値など。このほか、ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、ジョージ米カンザスティ連銀総裁、カプラン米ダラス連銀総裁の講演も予定されている。企業決算は取引時間前にカーマックスが発表予定。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

世界の債務1京8000兆円、FRB資産縮小で収縮に警戒

[東京 22日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)は資産縮小を決定したが、市場との丁寧な「対話」で織り込みが進んでいたため、今のところマーケットに波風は立っていない。しかし、世界の債務は1京8000兆円に達し、実体経済よりも高い伸び率を示すなどマネーは急膨張している。金融相場を主導してきた政策の転換だけに、長期的な影響は軽視できない。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は弱含み、北朝鮮への警戒で111円台に

 22日午前の東京外為市場で、ドル・円は弱含み。北朝鮮による新たな挑発行為への警戒から円買いが強まった。
 北朝鮮が制裁圧力などを強める米国に反発する姿勢を示しており、挑発行為をエスカレートさせるとの警戒からドル売り・円買い基調に振れている。ドル・円は正午にかけて一段安となり、一時111円69銭まで値を下げた。
 菅官房長官は午前の定例記者会見で「北朝鮮の太平洋での水爆実験発言は承知している」とし、万全の警戒監視体制を敷く考えを示した。市場では米朝対立に懸念を強めており、ドル・円、クロス円は弱含む展開。
 ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いとなり、目先の株安継続への思惑からも円買いが観測される。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円69銭から112円56銭、ユーロ・円は133円57銭から134円34銭、ユーロ・ドルは1.1938ドルから1.1959ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は弱含み、北朝鮮への警戒で111円台に

22日午前の東京外為市場で、ドル・円は弱含み。北朝鮮による新たな挑発行為への警戒から円買いが強まった。
北朝鮮が制裁圧力などを強める米国に反発する姿勢を示しており、挑発行為をエスカレートさせるとの警戒からドル売り・円買い基調に振れている。ドル・円は正午にかけて一段安となり、一時111円69銭まで値を下げた。
菅官房長官は午前の定例記者会見で「北朝鮮の太平洋での水爆実験発言は承知している」とし、万全の警戒監視体制を敷く考えを示した。市場では米朝対立に懸念を強めており、ドル・円、クロス円は弱含む展開。
ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いとなり、目先の株安継続への思惑からも円買いが観測される。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円69銭から112円56銭、ユーロ・円は133円57銭から134円34銭、ユーロ・ドルは1.1938ドルから1.1959ドルで推移した。
【要人発言】
・菅官房長官
「北朝鮮の超強硬な対応措置検討の声明は断じて容認できない」
「北朝鮮の太平洋での水爆実験発言は承知しており、万全の警戒監視体制を」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=FOMC結果次第も、下方向に警戒

イベント待ちムードが強く、ドル円は小動きもややドル売り方向での調整が優勢で111円前半に水準を切り下げて推移。

 NYタイムでのドル円は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や、イエレンFRB議長の会見内容次第か。足もとでは北朝鮮情勢をめぐる動きが落ち着き、主要国中銀の金融政策スタンスに目が向けられている。今回の会合では、利上げが見送られる一方で、10月までに4.5兆ドルに膨れ上がった保有資産の縮小を開始すると見込まれている。また、足もとでは年内追加利上げ期待が再燃しており、物価見通しにも注目が集まっている。物価見通しが下方修正されれば、年内利上思惑が後退し、ドル売り圧力が強まるか。

・想定レンジ上限
 ドル円は200日移動平均線の112.22円近辺が上値めど。

・想定レンジ下限
 ドル円は日足一目均衡表・雲の下限110.63円近辺が下値めど。その下が21日移動平均線の109.87円。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=FOMC結果次第も、下方向に警戒

 イベント待ちムードが強く、ドル円は小動きもややドル売り方向での調整が優勢で111円前半に水準を切り下げて推移。
 NYタイムでのドル円は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や、イエレンFRB議長の会見内容次第か。足もとでは北朝鮮情勢をめぐる動きが落ち着き、主要国中銀の金融政策スタンスに目が向けられている。今回の会合では、利上げが見送られる一方で、10月までに4.5兆ドルに膨れ上がった保有資産の縮小を開始すると見込まれている。また、足もとでは年内追加利上げ期待が再燃しており、物価見通しにも注目が集まっている。物価見通しが下方修正されれば、年内利上思惑が後退し、ドル売り圧力が強まるか。
・想定レンジ上限
 ドル円は200日移動平均線の112.22円近辺が上値めど。
・想定レンジ下限
 ドル円は日足一目均衡表・雲の下限110.63円近辺が下値めど。その下が21日移動平均線の109.87円。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は下げ渋りも、北朝鮮への警戒続く

 15日午前の東京外為市場で、ドル・円は戻りが鈍い。北朝鮮の弾道ミサイル発射で一時109円台に下げた後すぐに値を戻したが、警戒は続きドル買いには慎重のようだ。
 北朝鮮が本日早朝に発射した弾道ミサイルは、北海道の沖合に着水。前回に続き日本上空を通過したことが確認され、警戒が強まった。ドル・円はこれを受け、一時109円半ばまで値を切り下げた。
 ただ、前日発表された米8月消費者物価指数(CPI)が堅調な内容だったことから、ミサイル発射の兆候を察知していた投資家が109円台で買戻しを入れたようだ。
 ランチタイムの日経平均先物はマイナス圏で推移しており、目先の日本株安を警戒からドル買い・円売りは弱まったようだ。また、国内勢による買戻しは一巡したもようで、ドルの上昇基調が強まる展開は想定しにくい。
 ここまでのドル・円は109円56銭から110円29銭、ユーロ・円は130円62銭から131円45銭、ユーロ・ドルは1.1906ドルから1.1924ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は下げ渋りも、北朝鮮への警戒続く

15日午前の東京外為市場で、ドル・円は戻りが鈍い。北朝鮮の弾道ミサイル発射で一時109円台に下げた後すぐに値を戻したが、警戒は続きドル買いには慎重のようだ。
北朝鮮が本日早朝に発射した弾道ミサイルは、北海道の沖合に着水。前回に続き日本上空を通過したことが確認され、警戒が強まった。ドル・円はこれを受け、一時109円半ばまで値を切り下げた。

ただ、前日発表された米8月消費者物価指数(CPI)が堅調な内容だったことから、ミサイル発射の兆候を察知していた投資家が109円台で買戻しを入れたようだ。

ランチタイムの日経平均先物はマイナス圏で推移しており、目先の日本株安を警戒からドル買い・円売りは弱まったようだ。また、国内勢による買戻しは一巡したもようで、ドルの上昇基調が強まる展開は想定しにくい。
ここまでのドル・円は109円56銭から110円29銭、ユーロ・円は130円62銭から131円45銭、ユーロ・ドルは1.1906ドルから1.1924ドルで推移した。

【要人発言】
・ウィルキングス・カナダ中銀上級副総裁
「景気に対する見方や情報がどう変わっているか、理解を促すコミュニケーション方法があると期待」
・ティラーソン米国務長官
「挑発は北朝鮮の孤立を深めるだけ」
「中国とロシアは容認できないことを示す必要がある」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:ドル反落、北朝鮮によるミサイル発射の可能性報道を警戒

[欧米市場の為替相場動向]
NY外為市場でドルは高値から反落した。北朝鮮によるミサイル発射の可能性の報道を警戒。ドル・円は111円04銭の高値から110円32銭まで反落。ユーロ・ドルは1.1838ドルの安値から1.1909ドルまで急反発した。ユーロ・円は131円68銭から131円25銭まで下落。
北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射する兆候を見せていると、日経が報じた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は本日安値圏で推移、米株反落に警戒も

 ドル・円は110円40銭台と、本日安値圏での推移が続く。米株式先物はマイナス圏で取引され、前日最高値を更新した米国株の反落を警戒したドル売り・円買いが観測される。米国10年債利回りは前月比横ばいの2.18%台で推移している。ユーロ・円が131円15銭まで下げている。
 ここまでのドル・円は110円41銭から110円73銭。ユーロ・円は131円15銭から131円44銭、ユーロ・ドルは1.1871ドルから1.1894ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ポンドドル、本日MPC後の議事録に警戒

ユーロドルは、9月8日に年初来高値となる1.2092ドルまで上昇した以後は上値が重くなっている。しかし欧州中央銀行(ECB)からユーロ高に対してのけん制はあるものの、依然としてテーパリングからの金利上昇期待は根強く、下値は限定的だろう。上方向は明日NYカットのオプションオーダーが1.2000ドルにあるため上昇局面で勢いは弱まるだろうが、1.18半ばから買いオーダーも控えている。
 ポンドドルは本日今週の最大のイベントでもあるイングランド銀行金融政策委員会(MPC)が予定されている。昨日発表された英8月失業率は2.3%と予想通りだったものの、失業保険申請件数が-2800人(予想+600人)、平均賃金が+2.1%と伸び悩んだことで、利上げ期待は再び後退している。政策金利は市場の予想の据え置きを翻すことはないだろうが、その後の議事録には注意が必要だ。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは日足一目均衡表・転換線1.1972ドル、ポンドドルは昨日高値1.3329ドルが上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは日足一目均衡表・雲の上限1.1710ドルが意識されるが、やや遠いため8月31日安値1.1823ドルが支えか。ポンドドルは日足一目均衡表・転換線1.3119ドルが下値めど。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は伸び悩みか、米インフレ上昇も北朝鮮への警戒根強い

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。米インフレ指標の上昇予想から連邦準備制度理事会(FRB)による金融正常化の方針堅持を見込んだドル買いが強まろう。反面、北朝鮮の制裁に対する報復への警戒は続き、リスク回避的な円買いがドルの重石になりそうだ。
 前日発表された米国の7月JOLT(求人労働移動調査)求人件数は617万件と予想を上振れ、過去最高となった。今晩21時半発表となる8月生産者物価指数(PPI)は7月の前月比マイナスからプラス転換が見込まれ、堅調な内容となれば明日発表の8月消費者物価指数(CPI)への思惑も広がり、FRBの金融正常化の方針堅持を見込んだドル買いが継続する見通し。本日のアジア市場で、ドル・円は下落局面となっても110円付近を維持する底堅い値動きをみせており、海外市場では米インフレ指標を受けて110円台が定着する展開もありうる。
 ただし、ドル・円の上値は重くなりそうだ。国連安保理は日本時間12日、北朝鮮が3日に強行した核実験に対して、同国への石油輸出に上限を設定した制裁決議を全会一致で採択した。北朝鮮はすぐには反応を示さなかったが、本日発表した「外務省報道」で今回の制裁決議を非難したうえで、「激しく糾弾し、全面排撃する」と米国への対抗を継続する構えをみせている。国連安保理の決議が穏やかな内容になったことを受け、朝鮮半島有事への過度な懸念は収束したが、警戒の円買いは引き続きドル・円の上昇を抑えそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・5-7月ILO失業率(予想:4.4%、4-6月:4.4%)
・18:00 ユーロ圏・7月鉱工業生産(前月比予想:+0.1%、6月:-0.6%)
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+3.3%)
・21:30 米・8月生産者物価指数(前月比予想:+0.3%、7月:-0.1%)
・02:00 米財務省30年債入札(120億ドル、リオープン)
・03:00 米・8月財政収支(予想:-1190億ドル、16年8月:-1071.12億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,