タグアーカイブ: 調整

ドル・円は弱含みか、ロシアゲート問題再燃をきっかけに調整へ

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想したい。ドルの戻りが鈍いなかロシアゲート問題再燃を嫌気したドル売りが先行する見通し。また、米国が北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定した場合の反発も予想され、警戒の円買いが見込まれる。
 注目の米税制改革法案は前日に下院を通過したものの、上院の可決は難航するとの見方からドル・円は戻りの鈍い展開となっていた。そこへモラー米特別検察官が昨年の米大統領選のトランプ陣営メンバーに召喚状を出したとの報道が伝わり、本日のアジア市場では朝方からドル売りに振れた。ドル・円は前日のNY安値112円74銭を割り込んだことや日経平均株価の上げ幅縮小、米長期金利の低下を受け、ドル売り・円買いが加速。欧米市場でもロシアゲート問題の再燃を消化する展開となりそうだ。
 また、北朝鮮問題を背景とした円買い圧力も予想される。ホワイトハウスは週明けにも北朝鮮をテロ支援国家に再指定する意向。先の米中首脳会談では朝鮮半島の非核化で両国が歩調を合わせることで一致したものの、解決に向けたアプローチは対話か圧力か方針が固まっていないようだ。北朝鮮は足元で目立った行動は控えているようだが、テロ支援国家再指定の場合には新たな軍事的挑発行為に踏み切る可能性もあり、リスク回避的な円買いや利益確定のドル売りなどが予想される。
 こうした要因から、今晩のドル・円は週末を控えドル売りが先行する見通し。心理的節目の112円50銭を再び下抜けたことで、さらに弱含む展開が見込まれる。ただ、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁が「2018年末までの計4回の利上げは妥当な推測」と述べており、本日発表となる米国の住宅関連指標が予想通りの増加を示せば、ドル売りをある程度弱める可能性があろう。また、米税制改革法案に関しては審議の行方を見極めたいとのムードもあり、一段のドル売りには慎重になるとみられることから、112円台を割り込む展開は想定しにくい。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:30 ドラギECB総裁基調演説(フランクフルト欧州銀行会議)
・18:00 ユーロ圏・9月経常収支(8月:+296億ユーロ)
・22:30 米・10月住宅着工件数(予想:119.0万戸、9月:112.7万戸)
・22:30 米・10月住宅建設許可件数(予想:125.0万戸、9月:122.5万戸)
・22:30 カナダ・10月消費者物価指数(前年比予想:+1.4%、9月:+1.6%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 値幅の調整は進みあすは分岐点

売りが止まらず大幅安で6日続落、値幅の調整は進みあすは分岐点

 15日の日経平均は大幅に6日続落。欧米株安を嫌気して寄り付きから3桁の下落。連日弱い動きが続く中、警戒感から下げ加速の展開で、前引けでは200円を超える下落となった。後場に入っても売り優勢の流れは変わらずで下値模索が続き、下げ幅を300円超に広げた。終日軟調ではあったものの、安値は22004円と、節目の22000円は下値として意識された。東証1部の売買代金は概算で3兆7700億円と、3営業日ぶりに3兆円を上回った。業種別では全業種が下落しており、空運、保険、水産・農林などの下げが限定的であった一方、石油・石炭、鉱業、鉄鋼などが大きく売られた。決算や中期経営計画が好感されたオープンハウスがストップ高。反面、スマートフォンゲームの不具合発生を材料にアカツキが後場に入って下げ足を強め、ストップ安まで売られた。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり120/値下がり1901と圧倒的に売りが優勢。通期見通しを上方修正した第一生命や3Q大幅増益の昭和電工が強い動き。上方修正と増配を発表した東京精密が大幅高となった。ラオックスやワタミに業績改善を評価した買いが入った。上方修正が好感されたユニプレスは9月の高値を上回り年初来高値を更新した。一方、上期最終減益の三井住友トラストHDが大幅安。上方修正発表の出光興産は買い先行も、原油安警戒から一転大きく売られる展開となった。アカツキの急落を受けてKLabやenishなど他のソーシャルゲーム株にも売りが波及した。きょう新規上場のCSランバーは高い初値をつけたものの、その後は売りに押され安値圏で終えた。

 日経平均はきょうの下げで値幅調整は進んだ。きょうの安値が22004円。節目の22000円や25日線(21941円)に接近した。9月8日の安値19239円から11月9日の高値23382円までの上げ幅が4143円で、その3分の1押し(1381円幅)水準が22001円。テクニカル面では節目が集中しており、ここは反転ポイントになる。その意味では、あすは少なくとも底堅い動きは期待したいところ。きょうまでと同様にダラダラと弱い動きが続くようなら、13週線(20887円)や26週線(20414円)が控える21000円割れまで見ておく必要がある。逆にしっかり切り返す動きが見られれば、一転急伸の可能性もあるとみる。

 今晩米国では、小売売上高や消費者物価指数など経済指標の発表が多い。また、ここから来週にかけては、国内は決算一巡で材料は少なく、米国で注目度の高い指標発表が相次ぐというスケジュールとなる。今晩の指標が米国株高やドル高・円安を誘引するようなら、そのトレンドがしばらく続く可能性があり、そうなれば日本株は再び上昇気流に乗る展開も期待できる。これらの点から、あす日経平均が連敗記録を止めることができるかどうかは、短期的な方向感に大きな影響を与えると考える。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は6営業日続落、足元の調整は想定内、25日線辺りまでは押し目買いも入りづらいか[FISCO]

15日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は6営業日続落、足元の調整は想定内、2 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , , ,

日経平均は6営業日続落、足元の調整は想定内、25日線辺りまでは押し目買いも入りづらいか[FISCO]

 日経平均は6営業日続落。208.93円安の22171.08円(出来高概算9億4000万株)で前場の取引を終えた。14日 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は4営業日続落、調整が意識されるなか、物色対象も絞り込みづらい[FISCO]

13日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は4営業日続落、調整が意識されるなか (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

TPP11の大筋合意を歓迎、詰めの調整残る=麻生財務相

[東京 10日 ロイター] – 麻生太郎財務相は10日の閣議後会見で、米国を除く環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国が大筋合意に至ったことについて「まとまったことは良い事だ」と歓迎した。一方、「たとえばメキシコやベトナムというところは合意できてないのでは。その2つはまだ揉めていると思っている」と述べ、完全合意に向けた詰めの調整が残されているとの認識を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

成長率とインフレ上昇見通しが金融政策の調整を支援=韓国中銀

[ソウル 9日 ロイター] – 韓国銀行(中央銀行)は9日、半期に一度の金融政策報告を発表し、国内経済が潜在成長率に近づいており、インフレ率も上昇が見込まれることから、金融緩和政策の調整が可能になってきたとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

物価1%継続なら、日銀は長期金利0.2─0.3%程度に調整も=門間氏

[東京 8日 ロイター] – 元日銀理事の門間一夫・みずほ総合研究所エグゼクティブエコノミストは、8日のロイター・プレミアムニュースセミナーでパネルディスカッションに参加し、物価が1%程度の状態が続くようであれば、日銀は現在ゼロ%程度に固定している長期金利目標を「0.2%、0.3%程度に引き上げる可能性はある」とした。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,