タグアーカイブ: 調整

【テクニカル】日足テクニカル・ユーロドル=調整やや深めだが転換線がサポート

上影陰線引け。2014年12月以来の高値を1.2323ドルまで更新後、1.21ドル後半まで反落し。上値の重さを示唆する上ひげをともなう足型となった。目先の調整めどは1.22ドル前半で上昇中の5日移動平均線だったが割り込みかけており、一目均衡表・転換線付近まで反動安が進むリスクも視野に入れるべきか。ただ、今後の上昇が見込まれる転換線付近は、押し目買いの安心感を誘うポイントといえる。

レジスタンス1  1.2288(1/17NYタイム高値)
前日終値     1.2186
サポート1    1.2120(日足一目均衡表・転換線)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【指標結果】BOC声明「インフレ目標を達成するために、政策の調整は必要」=追補

カナダ中銀(BOC)声明
「インフレ目標を達成するために、金融政策の調整は必要」
「2018年の予想インフレは前回予想+1.7%から2.0%へ修正」

追補
「経済指標や賃金上昇、今後のインフレ動向を見極め、今後の政策検討には注意する」
「経済の緩みの縮小とともにコアインフレは上昇」
「労働市場の緩みは予想以上に縮小している」
「2019年の予想インフレは+2.1%で変わらず」
「NAFTAの不透明感が、経済成長の重しとなる可能性」
「消費や住宅投資は予想以上に上昇」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【指標結果】BOC声明「インフレ目標を達成するために、政策の調整は必要」

カナダ中銀(BOC)声明
「インフレ目標を達成するために、金融政策の調整は必要」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・ユーロドル=調整あっても下押し軽微

上影陽線引け。下押しらしい下押しもなく、きれいな上昇波形を維持し、一時1.2297ドルと2014年12月以来の1.23ドル乗せに迫った。高値圏で伸び悩みを示唆する上ひげをともなう足型を形成した。大幅高の反動の調整が入ってもおかしくない。だが、トレンド系指標に特段のネガティブな材料がないなかでは、下押しも1.21ドル半ばで上昇中の5日移動平均線付近までにとどまるだろう。

レジスタンス1  1.2359(ピボット・レジスタンス2)
前日終値     1.2264
サポート1    1.2188(1/15安値)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

豪ドル 小幅な値幅ながらじり安、豪ドル円は87.67円まで調整

現在の推移(レンジ)   
豪ドル円    87.68円    (87.88 /  87.67) 
豪ドル/ドル  0.7881ドル (0.7905 /  0.7881) 
NZドル円    80.72円    (80.91 /  80.70) 
NZドル/ドル 0.7256ドル (0.7276 /  0.7254) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=クロス円の調整が継続されるかに注目

ロンドンタイムの為替市場では、東京タイムでも見られた円買いが更に進むかに注目か。昨日の日銀オペ減額から、溜まった円ショートポジションの巻き戻しの動きとなっている。短期筋ポジション状況の目安の1つとされるIMM通貨先物は、1月2日現在の円ネットショートが約12万枚と高水準だった。米長期債利回り上昇や米株の最高値更新にもドル円は113円台で上値を伸ばせず、円売りに向かった筋も諦め始めている可能性はある。加えて、市場はユーロに対してもロングを積み上げていたため、そちらのポジション調整も入り、ユーロ円の下落が大きかった。欧米中銀と日銀の金融政策には依然として差があり、欧米と日本の金利差はそうそう埋まらないと思えるが、ある程度のポジション調整は必要となるか。

 本日は、英経済指標を受けたポンドの動きも注目となる。英11月鉱工業生産や同月製造業生産の発表が予定されている。市場は、どちらも前月から+0.3%程度の伸びを予想。メイ英首相が組閣に手間取っているニュースが流れるなかでも、ポンドは対ドルや対ユーロで底堅い値動きにみえる。ポンドドルは1.35ドル台での動きが続いており、英指標が市場を動意付け、レンジを抜け出すことに期待したい。

想定レンジ上限
・ユーロ円の上値めどは、日足一目均衡表・転換線135.35円付近。ポンドドルは、3日高値1.3613ドルが上値めど。そこを上抜けると、2017年高値1.3657ドルが次の目標値。

想定レンジ下限
・ユーロ円の下値めどは、90日移動平均線平均線133.05円付近。ポンドドルは、日足一目均衡表・基準線1.3457ドル前後が下値めど。そこを下抜けると、一目・雲の上限1.3340ドルが意識され始めるか。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は戻りの鈍い展開か、クロス円で円売りの調整

[今日の海外市場]
今日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。アジア市場での日銀オペなどをきっかけとした円買いが意識される見通し。また、年末以降のクロス円の円売りを巻き戻す動きが広がる可能性もあろう。
本日のアジア市場では、日銀が超長期債対象の買い入れオペの予定額を減らしたことに関連し、円金利の上昇を受け円買いが強まった。また、連休明けの東京株式市場で日経平均株価の上げ幅縮小や輸出企業によるドル売りが加わったことで、ドル・円は
113円台から一時112円半ばまで弱含んだ。
ある短期筋は「動意は薄いとみられていたので、やや大きな下げに唐突感がある」と指摘した。その後は押し目買いによりドルの下げは一服したが、海外市場でもこれまで続いた円売りを巻き戻す動きが意識され、ユーロ・円やポンド・円などクロス円でポジション調整の円買いに振れる展開もありうる。
今晩は、ユーロ圏11月失業率や米11月JOLT求人件数などが材料視される。前日の11月小売売上高と12月景況感指数はいずれも堅調となったが、ユーロは売りが先行。今晩の失業率で雇用情勢の改善が示されなければユーロ売り再開の口実になりそうだ。
一方、5日の米12月雇用統計は悲観的になる内容ではなかったものの、今晩のJOLT
求人件数が低調だった場合、目先の金融引き締めを期待したドル買いは弱まろう。また、2016年の米大統領選にロシアが干渉したとされる疑惑に関連し、モラー特別検察官がトランプ大統領本人に事情を聴取する可能性が報じられたことも、ドル売り要因として注目されやすい。
【今日の欧米市場の予定】
・19:00 ユーロ圏・11月失業率(予想:8.7%、10月:8.8%)
・24:00 米・11月JOLT求人件数(予想:602.5万件、10月:599.6万件)
・24:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答
・03:00 米財務省3年債入札(240億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・豪ドル円=高値圏で調整、5日線付近で下げ渋るか

小陰線引け。昨年10月以来の高値圏89円台で伸び悩んだ。目先のすう勢を示す5日移動平均線は、88.60円付近で上昇を維持。同線付近で下げ渋れば、強い基調を維持していることの確認となる。多少下押しが深まっても、上昇傾向の一目均衡表・転換線付近で下げ渋り、底堅さを維持することが期待できる。

レジスタンス1  89.35(ピボット・レジスタンス2)
前日終値     88.68
サポート1    88.36(日足一目均衡表・転換線)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ドル円は堅調か、株価の調整には警戒が必要

ドル円は113円前半を中心に底堅い動きか。先週金曜日発表された米雇用統計は、非農業部門雇用者数は予想を下回り、平均時給は前月比+0.3%と堅調で、まちまちな結果となった。今週は、週前半はFRBメンバーの講演が多く予定され、週後半には経済指標の発表が重なる。市場は欧州通貨やオセアニア通貨に対してのドル買い意欲が強いため、ドル円もその影響を受けて堅調に推移しそうだ。また北朝鮮リスクが緩和されてきていることも、ドル円を支えることになりそうだ。
 上値を抑えるのは、米株の調整が入ったときか。米株の上げ幅は急速でRSIも80を超えている。株価の上昇の調整が入ったときは、クロス円の上昇も急であることを考えると、クロス円の調整も入り、円買いの可能性が高そうだ。
 オーダーを見るとドル円は本邦勢を中心に113.40円から114円前半まで断続的に売りオーダーが入っているため、上昇のスピードは緩やかなものになりそうだ。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、12月12日の高値113.75円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、21日移動平均腺がある112.95円。その下は日足一目均衡表・転換線、先週金曜日の安値、5日移動平均線が重なる112.70円近辺か。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替見通し=ドル円は堅調か、株価の調整には警戒が必要

 ドル円は113円前半を中心に底堅い動きか。先週金曜日発表された米雇用統計は、非農業部門雇用者数は予想を下回り、平均時給は前月比+0.3%と堅調で、まちまちな結果となった。今週は、週前半はFRBメンバーの講演が多く予定され、週後半には経済指標の発表が重なる。市場は欧州通貨やオセアニア通貨に対してのドル買い意欲が強いため、ドル円もその影響を受けて堅調に推移しそうだ。また北朝鮮リスクが緩和されてきていることも、ドル円を支えることになりそうだ。
 上値を抑えるのは、米株の調整が入ったときか。米株の上げ幅は急速でRSIも80を超えている。株価の上昇の調整が入ったときは、クロス円の上昇も急であることを考えると、クロス円の調整も入り、円買いの可能性が高そうだ。
 オーダーを見るとドル円は本邦勢を中心に113.40円から114円前半まで断続的に売りオーダーが入っているため、上昇のスピードは緩やかなものになりそうだ。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、12月12日の高値113.75円。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、21日移動平均腺がある112.95円。その下は日足一目均衡表・転換線、先週金曜日の安値、5日移動平均線が重なる112.70円近辺か。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・ユーロドル=調整の動きも、上昇トレンドは変わらず

陰線引け。昨年9月以来の高値圏1.20ドル後半では伸び悩み、1.20ドル近辺まで押し戻され、5営業日ぶりの陰線引けとなった。昨年9月8日の高値手前から下押しされたことで、上昇トレンドの調整の動きも考えられる。しかし、三役陽転(一目・転換線が同・基準線を上回り、遅行スパンは実線を上回り、雲の上で推移)の強い買いシグナルは継続中であり、買い場探しは変わらずか。まずは、1.19ドル半ばの転換線を支持に押し目買いで臨みたい。

レジスタンス1  1.2092(2017/9/8高値)
前日終値     1.2015
サポート1    1.1947(日足一目均衡表・転換線)

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,