タグアーカイブ: 見方

NY原油先物は小幅続落、原油在庫の大幅な減少は期待薄との見方も

NYMEX原油12月限終値:55.14 ↓0.19
 16日のNY原油先物12月限は小幅続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.19ドルの55.14ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)主導による減産期限延長への期待はやや低下しており、減産継続についてのロシア側の態度が固まっていないことから、原油先物は伸び悩んだ。原油とガソリンの在庫が短期間で大幅に減少することは期待できないとの見方も原油先物の反発を抑える一因となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

焦点:日銀総裁が金融緩和限界論、さらなる利下げけん制の見方も

[東京 16日 ロイター] – 日銀の黒田東彦総裁が、利下げによる金融緩和が金融機関の収益悪化を通じてかえって金融引き締め効果をもたらすとの議論に言及し、市場関係者の注目を集めている。さらなる追加緩和の効果は限定的として市場をけん制することが狙いとの見方が多いが、将来的な超低金利の調整を見据えた地ならしとの思惑も出ている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は続落、ロシアは減産継続に消極的との見方も

NYMEX原油12月限終値:55.33 ↓0.37
 15日のNY原油先物12月限は続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.37ドルの55.33ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)主導による減産期限の延長への期待はあるものの、ロシアは減産継続に消極的との見方が広がっていることが原油先物の下落を促す要因となった。また、米エネルギー情報局(EIA)が公表する在庫統計で原油とガソリンの在庫が予想に反して増加していたことも嫌気されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は反発、年内における米税制改革に対する懐疑的な見方残る

COMEX金12月限終値:1278.90 ↑4.70
 13日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前営業日比+4.70ドルの1オンス=1278.90ドルで取引終了。年内における税制改革実現に対する懐疑的な見方は消えていないことから、安全逃避的な買いが入った。ただし、米長期金利は下げ渋っていることや、金先物相場の上昇に直結する材料は多くないことから、金先物は1280ドル手前で上げ渋る展開となった。

・NY原油先物:小幅高、OPEC主導による減産期限延長への期待も
NYMEX原油12月限終値:56.76 ↑0.02
 13日のNY原油先物12月限は小幅高。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比+0.02ドルの56.76ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)の減産延長への期待が買い材料となった。OPEC月報で10月のOPEC加盟国の原油生産高は前月から減少したことが指摘されており、原油先物相場に対する支援材料となった。ただし、足元の需給関係の大幅な改善は期待できないとの見方は残されており、原油先物はやや上げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金先物は反発、年内における米税制改革に対する懐疑的な見方残る

COMEX金12月限終値:1278.90 ↑4.70
 13日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前営業日比+4.70ドルの1オンス=1278.90ドルで取引終了。年内における税制改革実現に対する懐疑的な見方は消えていないことから、安全逃避的な買いが入った。ただし、米長期金利は下げ渋っていることや、金先物相場の上昇に直結する材料は多くないことから、金先物は1280ドル手前で上げ渋る展開となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は反落、足元の需給関係の大幅な改善は期待薄との見方も

NYMEX原油12月限終値:56.74 ↓0.43
 10日のNY原油先物12月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.43ドルの56.74ドルで取引を終えた。市場関係者の間では、石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国の協調減産体制は2018年以降も維持されるとの見方が多いものの、米国内における原油生産量増加に対する警戒感は消えていないことから、原油先物の上値は重くなった。足元の需給関係の大幅な改善は期待できないとの理由で短期筋などの売りが優勢となり、10日午後に発表された米国内の石油掘削リグ稼働数が増えたことも嫌気されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は反発、米税制改革実現に対する懐疑的な見方残る

COMEX金12月限終値:1277.30 ↑6.80
 11月1日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+6.80ドルの1オンス=1277.30ドルで取引終了。この日発表された10月ADP雇用統計は市場予想を上回る前月比+23.5万人となったが、税制改革実現に対する懐疑的な見方があることから、金先物は底堅い動きを続けた。12月利上げは織り込み済みとの声が聞かれており、ポジション調整的な取引が主体となった。なお、通常取引終了後に米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長にパウエル理事が指名されることが決まったと報じられている
・NY原油先物:小幅安も需給改善への期待持続
NYMEX原油12月限終値:54.30 ↓0.08
 11月1日のNY原油先物12月限は小幅安。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比-0.08ドルの54.30ドルで取引を終えた。米エネルギー情報局(EIA)が公表した統計によると、米国の原油とガソリンの在庫は予想以上に減少した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国による減産体制は2018年以降も維持されるとみられており、需給改善への期待で原油先物は下げ渋った。米金融政策の現状維持が決まったことは特に意識されなかったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反発、米税制改革実現に対する懐疑的な見方残る

COMEX金12月限終値:1277.30 ↑6.80
 11月1日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+6.80ドルの1オンス=1277.30ドルで取引終了。この日発表された10月ADP雇用統計は市場予想を上回る前月比+23.5万人となったが、税制改革実現に対する懐疑的な見方があることから、金先物は底堅い動きを続けた。12月利上げは織り込み済みとの声が聞かれており、ポジション調整的な取引が主体となった。なお、通常取引終了後に米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長にパウエル理事が指名されることが決まったと報じられている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,