タグアーカイブ: 見方

NYの視点:米中貿易戦争は中国が勝利か、米朝首脳会談実施を左右、実現に懐疑的見方も[FISCO]

シンガポールで6月12日開催が予定されている米朝首脳会談がいよいよ1カ月未満に迫った。会談を控えて、韓 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

米中貿易戦争は中国が勝利か、米朝首脳会談実施を左右、実現に懐疑的見方も

 シンガポールで6月12日開催が予定されている米朝首脳会談がいよいよ1カ月未満に迫った。会談を控えて、韓国の文大統領が米国を訪問。トランプ大統領と会談をした。共同記者会見で、トランプ大統領は、実施に一定の条件があり、実施されれば、「素晴らしい」が、もし、実施されなくても「OKだ」と言及。
北朝鮮の金委員長と中国の習国家主席が2度目の会談後、5月に入り、北朝鮮が急に態度を一変させ、米国と韓国の合同軍事演習や「リビア方式」での非核化を主張したボルトン米安保担当大統領補佐官を名指しで非難し、南北閣僚級会談への出席を取りやめただけでなく、リビア方式の非核化を押し付けるのであれば、米朝首脳会談も中止するとした。トランプ大統領は会見で、北朝鮮の金委員長の態度の変化に遺憾を表明。
米国と中国はこの間、ずっと貿易協議を続けている。米国が対中で600億ドル規模の追加輸入関税の発動を当面見送る姿勢を示すと、中国は自動車に対する輸入関税率を25%から15%に引き下げることを公約。ムニューシン米財務長官は貿易戦争ではなく、貿易論争で、とりあえず停戦を宣言した。
ただ、中国通信機器メーカーの中興通訊(ZTE)がイランや北朝鮮を支援したとの理由で罰金を要求している問題での合意はまだなく、トランプ大統領は検討中だとしたにとどまった。米朝首脳会談を実現させるためには、トランプ米政権がZTEに対する制裁措置を緩和させる必要があると見らる。米商務省は4月、ZTEがイランや北朝鮮に対し通信機器を違法に輸出していたとして、米企業によるZTEへの製品販売を7年間禁止すると発表。トランプ大統領は、同社への制裁金が恐らく13億ドルにのぼる可能性を示唆した。ZTEに対する制裁緩和がなければ、首脳会談の実現も危ういと見る。北朝鮮のバックにいる中国との貿易合意に本格的な進展がない限り、米朝首脳会談の実現も難しそうだ。トランプ大統領は、「中国との貿易を考える際、中国が北朝鮮との平和を支援することを考える」としており、米中貿易協議と、安全保障問題が複雑に絡み合っていることがわかる。
トランプ大統領は、「中国との通商会談、開始したばかりで、満足していない」と不満を表明し、簡単に屈服する意向はないようだ。米韓は核兵器を搭載できるB52戦略爆撃機を投入した軍事演習を見送った。しかし、北朝鮮に対する圧力を大幅に緩和させるつもりもない。トランプ大統領は6月の北朝鮮との首脳会談も相当な確率で「うまくいかない」とし、会談が別の機会になる可能性をも示唆した。ただ、「北朝鮮の金委員長は、非核化に真剣だと思う、サミットに向けて前進」「非核化が実施されなければならない」「中国の習主席が平和に公約すると考えたい」とした。
貿易論争では中国が勝利したと、NYタイムズ紙は伝えている。貿易問題や地政学的リスクでドルも独歩高にはなりづらい。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

NY外為:リスクオフ、トランプ大統領が米朝首脳会談に懐疑的見方強める

 NY外為市場ではリスク選好の動きが後退した。トランプ大統領が韓国の文大統領との共同会見で、6月に予定されている米朝首脳会談の実施に懐疑的見方を強めたため。ドル・円は111円を挟んだ展開。ユーロ・円は130円93銭から130円61銭まで下落し安値圏でもみ合いとなった。ユーロ・ドルはロンドン市場の高値1.1830ドルから1.1769ドルまで反落した。
ダウ平均株価は米国東部時間午後2時10分現在66ドル安で推移。米10年債利回りは3.07%の高水準でもみ合った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

アングル:米銀株、上昇余地に慎重な見方 利上げの恩恵は織り込み済みか

[18日 ロイター] – 米国の銀行株が2年間急上昇した後、2018年も株価がさらに上昇することに期待する投資家は、融資の伸びが加速するか規制が大幅に緩和されない限り、失望することになるだろう。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

NAFTA再交渉、墨加が楽観的見方示す 閣僚級会合は未定

[ニューヨーク/メキシコ市  17日 ロイター] – 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉協議についてカナダのトルドー首相は17日、「前向き」に感じていると述べたほか、メキシコのグアハルド経済相は今月末までに妥結する可能性があるとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

イタリア政局がユーロ圧迫 一方で原油高がいずれサポートとの見方も=NY為替チェック

 ユーロドルは1.1780ドル近辺で推移している。NY時間に入って下げ渋る動きも見せ、きのうまで強 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

独GDP速報値、第1四半期は前期比+0.3%に減速 一時的との見方

[ベルリン 15日 ロイター] – ドイツ連邦統計庁が15日に発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は前期比0.3%増と、ロイターがまとめたエコノミスト34人の予想平均(0.4%増)をやや下回った。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【NY為替オープニング】ゴルディロックス経済再燃との楽観的見方も浮上

●ポイント
・ブラード米セントルイス連銀総裁「利上げ見送りを、利回り長短金利の逆転リスクになる」
、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁が講演
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁講演
・米・5月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:98.3、4月:98.
8)
・米・4月輸入物価指数:前年比+3.3%(予想:+3.9%、3月:+3.3%←+3.6%)
 11日のニューヨーク外為市場では引き続き米国債や原油価格動向を睨む展開となる。米国10年債利回りは予想ほど上昇しなかった4月の生産者物価指数や消費者物価指数を受け、インフレ過熱への警戒感が後退。投資家間の安心感につながった。ドル安で上昇が予想された4月輸入物価指数も予想を下回り、輸入インフレ過熱も見られない。経済や株式相場にとっても良好に働く。インフレなき経済の成長を表現するゴルディロックス経済の再燃だと、楽観的な見方も浮上した。
米セントルイス連銀のブラード総裁は講演で利回り長短金利の逆転リスクになるため利上げを見送るよう主張した。同総裁はハト派として知られるため、サプライズではない。原油価格の上昇から、金利の上昇基調にあることに変わりはない。米10年債利回りが果たして3%を突破していくかどうかを見極める展開が続く。本日は米5月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が相場材料となる。FOMC連邦公開市場委員会がインフレ期待指数として注視している同指数の期待インフレ率に注目が集まる。
トランプ政権がイラン核合意を離脱。対イラン制裁再開や強化する方針も示しているため、供給減から原油価格は今後も上昇し、100ドルまで上昇する可能性もある。このため、今後、インフレが過熱する可能性は除外できない。
・ドル・円は、200日移動平均水準の110円19銭を下回っている限り下落基調。

・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.2020ドルを上回っている限り上昇基調。

ドル・円109円28銭、ユーロ・ドル1.1880ドル、ユーロ・円130円43銭、ポンド
1.3568ドル、ドル・スイスは0.9998フランで寄り付いた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル指数が年初来高値更新後やや低下、軟調は一時的との見方=NY市場

[ニューヨーク 9日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、ドル指数が年初来高値を付けた後、若干の利益確定の売りが出たことでやや低下した。ただ米経済成長が堅調となっていることに加え、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを継続していくとの観測からドルは再び上向くとの見方が出ている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米イラン核合意離脱、最悪のシナリオでNY原油100ドルとの見方も

トランプ大統領は米国がイラン核合意を離脱する方針を発表した。同時に対イラン制裁を再開するほか、さらに、追加制裁で制裁を最大規模にすると発表した。ムニューシン米財務長官はイラン制裁を速やかに再開することを発表。企業が現在のビジネスを閉鎖する猶予期間として、90日から180日与えられるとした。原油取引にも90日から180日の猶予期間が与えられることになる。制裁はイランが核兵器開発を停止するまで維持される。また、同盟国とは、包括的な合意に関し協力していく。また制裁は全ての産業が対象になるとした。
イスラエルやサウジアラビアが速やかにトランプ米大統領のイラン核合意離脱発表を支持する姿勢を発表。3国同盟が表明された。イスラエルやサウジアラビア両国とも、長年にわたり、イランの敵国だ。トランプ大統領の発表を控え、イスラエ軍はイランに不規則な行動が見られるとし、空爆に備え、ゴラン高原(イスラエルとシリアの間に位置)の市政機関に避難所、シェルターを開くよう命じた。
状況はかなりの緊張下にあるとし、原油にとっては「最悪のシナリオ」でNY原油先物は85ドル、100ドルを目指す展開になると、アゲイン・キャピタルのパートナー、ジョン・キルダフ氏は述べた。
一方、トランプ大統領のいつものゲーム理論で、猶予期間中に交渉が進められ、結果は当初に警戒されたものよりも柔軟なものになると、ささやかな期待も見られる。一部には、イラン核合意離脱と制裁を発表するが、一時的に残留し、猶予期間に交渉するシナリオも期待されていた。ムニューシン米財務長官はトランプ大統領がイランと2国間協議を行うかどうかには言及できないとした。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロドルは12月安値水準 イラン核合意の決定はドル買いとの見方も=NY為替チェック

 NY時間に入って下げが一服しているものの、ユーロドルは一時1.1840ドル付近まで下げ幅を拡大し (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ユーロ高が圏内輸出業者に打撃、年内にトレンド転換との見方も

[ロンドン 1日 ロイター] – ロイターのデータによると、第1・四半期の米企業の売上高はユーロ高を背景に欧州企業をアウトパフォームした。ただ、専門家の間では年内にこのトレンドは転換し始めると見込まれている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,