タグアーカイブ: 英国

英国の投資顧問会社 「トルコリラ、全投げ!」

本当は今日はもうブログを書かず、残っている仕事をやろうと思いましたが、今年 日本に一時帰国した時に、スワップ狙いのトルコリラ円の買いポジションを持っているお客様が、山のようにいらっしゃったので、書くことにしました。* ある英/スイス系投資顧問会社、既存のリラ買いポジションを丸投げスイスに本店を置くイギリスの投資顧問会社が、「ポートフォリオにある手持ちのトルコリラのポジションを全て閉じた。」 と今週

FX為替ニュース

, , , , , , ,

EU、離脱後の英国との貿易でカナダ協定をモデルに検討=関係筋

[ブリュッセル 14日 ロイター] – 欧州連合(EU)は、離脱後の英国との貿易関係について、昨年カナダと合意した自由貿易協定をモデルにして検討している。関係筋が14日、ロイターに明らかにした。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

英国のEU離脱交渉、期限内の包括的合意は不可能=独産業連盟

[ベルリン 10日 ロイター] – 独最大の産業グループであるドイツ産業連盟(BDI)は10日、英国の欧州連合(EU)離脱交渉が2年の期限以内に包括的合意に至るのは不可能だとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:ポンド戻り鈍い、英国のパテル国際開発相が辞任

 英国のパテル国際開発相が辞任した。週初めに、ファロン国防相がスキャンダルで辞任したあと、メイ政権において、今週2人目の閣僚辞任となる。
また、英国中央銀行のマカファーティ金融政策委員会(MPC)委員はインタビューで、「追加利上げの時期に言及することは不可能」と言及。
ポンド・ドルは朝方1.3087ドルまで下落後、1.3116ドルまで反発も戻りが鈍い。ポンド円は148円55銭まで下落し10月20日来の安値を更新後、149円24銭まで反発。ユーロ・ポンドは0.8840ポンドから0.8862ポンドまで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

英国は「ソープオペラ」に終止符を打つべきだ

+ブルームバーグ

英国はEU離脱決定に伴う「ソープオペラ」に終止符を打ち、第2次世界大戦時などで示した国家団結の精神に立ち返るべきだ。英産業連盟(CBI)のポール・ドレクスラー会長は6日にロンドンで開く年次総会でこう訴える予定だ。

  英EU関係の不透明感を払拭(ふっしょく)したいCBIのドレクスラー会長は同総会で、「単一の明確な戦略」を求める。会長はメイ首相のEU離脱交渉での「その場しのぎ的アプローチ」を厳しく非難する。

  同会長は「毎週異なるエピソードが展開されるゴールデンタイムのソープオペラを想起させる」と指摘。離脱交渉でのメイ首相のこれまでの歩みを列挙し、基本方針を表明した「ランカスターハウスから始まって、その後リスボン条約50条、欧州理事会、ユンケル欧州委員長との2回の夕食と、これからも数多くのエキサイティングなシーンが続くのは間違いない。それぞれが大きなストーリーになるが、それも次の話が巡ってくるまでだ」と述べる。

  

FX為替ニュース

, , , , ,

10月の西欧新車販売は4.6%増、英国は減少=調査会社

[パリ 6日 ロイター] – 調査会社LMCオートモーティブがまとめた10月の西欧自動車販売台数は4.6%増加した。英国の販売は大幅減少した一方、フランスや欧州南部で需要が増加した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY外為:ポンド売り加速、英国のファロン国防大臣辞任がメイ政権に打撃

 NY外為市場で英国中央銀行の金融政策決定会合を明日2日に控え、ポンド売りに拍車がかかった。スキャンダル絡みで、英国のファロン国防大臣が辞任を表明したことが、メイ政権にとりさらなる打撃になると嫌気された。
ポンド・ドルは1.3314ドルから1.3241ドルまで下落し、日中安値を更新。ポンド・円は151円20銭の安値圏でもみ合い。ユーロ・ポンドは0.8733ポンドから0.8783ポンドへ上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

発言おさらい、黒田総裁、ノボトニー・オーストリア中銀総裁、ユンケル欧州委員長、ムーディーズ=英国、メスター総裁

「発言おさらい、黒田総裁、ノボトニー・オーストリア中銀総裁、ユンケル欧州委員長、ムーディーズ=英国、メスター総裁」

*黒田日銀総裁=企業などの資金調達環境は極めて緩和した状態にあるが、全体として金融経済活動に行き過ぎた動きは見られない

*黒田日銀総裁=賃金上昇圧力を価格に反映させる動きが着実に広がっているとし、値上げに対する消費者の許容度も少しずつ増している、金融政策運営は物価2%目標の早期実現に向け、強力な金融緩和を粘り強く進めていくと

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁=ECBは来週に資産買い入れの縮小を決定する可能性が高い

*ユンケル欧州委員長=英国が合意がないまま離脱するとは考えていない

*ムーディーズ=英国の消費者が英中銀の利上げに対して脆弱になっている

*メスター・クリーブランド連銀総裁=FRBが示している緩やかに利上げを実施していくとのアプローチに異論はない。個人的には利上げペースはFRBの予想中央値よりやや速めの方が適切であると考えている

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

離脱に関する英国の立場、メイ首相が19日にEU首脳に説明

[ブリュッセル 17日 ロイター] – メイ英首相は19日、こう着状態が続く欧州連合(EU)離脱交渉の打開に向け、EU首脳陣に対して、離脱についての英国の立場を説明する見通し。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【発言】仏財務相「EUは英国の強硬離脱を望まない」

ルメ-ル仏財務相
「EUは英国の強硬離脱を望まないが、英国はブレグジットについて決断する必要がある」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY外為:ポンド安値から反発、EUが英国に妥協案提示との報=離脱交渉

NY外為市場でポンドは安値から反発した。ロンドン市場で、欧州連合(EU)のバルニエ首席交渉官が英国との離脱交渉が資金をめぐり暗礁に乗り上げたと言及したため、警戒感が広がりポンド売りに拍車をかけた。その後、NY市場に入り、ドイツのハンデルスブラット紙が、バルニエ氏が、EUへの支払いとその他の全ての加盟国としての責務を果たすことを前提条件とし、英国に2年間の移行期間中にEU市場アクセス維持を認める案を提案すると報じると、ポンドの買戻しが優勢となった。
ポンド・ドルは1.3122ドルから1.3291ドルへ急伸。ポンド・円は147円30銭の安値から149円16銭まで急伸した。ユーロ・ポンドは0.9033ポンドまで上昇後、0.8915ポンドまで反落した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,