タグアーカイブ: 脅威

【発言】伊五つ星運動党首「イタリアの新政権は、欧州の脅威にはならない」

ディマイオ伊五つ星運動党首
「イタリアの新政権は、欧州の脅威にはならない」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

年初からのインフレ高騰への脅威は行き過ぎ

 米労働省が発表した4月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.2%と、3月-0.1%からプラスに改善したものの予想+0.3%を下回った。前年比では+2.5%と、予想通り3月+2.4%から上昇。昨年2月以降ほぼ1年ぶり高水準となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)が注視している食品やエネルギーを除いたコアCPIは前月比+0.1%と、予想外に3月+0.2%から低下。前年比では+2.1%と、上昇予想に反して3月の水準を維持し落ち着いた動きとなっている。
4月生産者物価指数(PPI)も3月から予想以上に低下。現在のところ、恐れられていたようなインフレの高騰は見られない。ただ、トランプ大統領がイラン核合意を離脱。対イラン制裁強化を公約し、イランと取引をする諸国、企業、銀行などにも制裁を科す方針を表明したため、今後の原油価格が供給ひっ迫により100ドル近くまで上昇するとの予想もある。さらに、原油高がインフレ高騰につながる可能性は残る。ただ、今のところ、年初からのインフレ高騰への警戒感が行き過ぎであった兆候が見られる。インフレ急騰のリスク後退は経済にとってもプラスに働く。株式相場も支援する。
ただ、「新債券王」の異名を持つ米ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)はウエブキャストで、コアCPIが明白に2.25%を上回った場合、インフレやFRBの金融政策、市場のシナリオが変わる可能性を警告していたため、この水準には注視が必要か。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【発言】トルコ大統領「トルコのインフレと金利の脅威は、今後、容易に克服される」

エルドアン・トルコ大統領
「トルコのインフレと金利の脅威は、今後、容易に克服される」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

保護貿易主義の脅威、世界経済への投資に悪影響=仏中銀総裁

[ロンドン 24日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー・フランス銀行(中央銀行)総裁は24日、米国の貿易関税が引き起こしている不確実性がすでに世界経済への投資に悪影響を与えているほか、世界経済の成長に深刻なダメージを与えかねないとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

MSアナリスト、ペイパルにとりBTCは脅威にならない【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

 ディジタル通貨がクレジットカード大手のビザやマスターカード、世界最大級のデジタル決済ビジネスを展 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:円続落、北朝鮮の脅威が緩和

 NY外為市場で円は続落した。北朝鮮の脅威緩和が影響したとの見方もあるようだ。ドル・円106円から106円95銭まで上昇し2週間ぶり高値を更新。ユーロ・円は130円87銭から131円45銭まで上昇した。
関係筋の話として、「早くて6月初め、米朝首脳会談後、北朝鮮と日本の首脳会談が平壌で開催される可能性がある」と、メディアが報じた。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は2011年に就任後、初めて、日本のハイレベル高官との会談に前向きな意思を示した。労働党高官に渡された書簡には、日本、韓国、米国、ロシアに対する外交政策の詳細が示されているという。
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、28日までの4日間、中国を訪問して、習近平国家主席と初めての首脳会談を行い、中国側の話で、朝鮮半島の非核化に向けた意思を表明したという。来月末の南北首脳会談やその後の米朝首脳会談を見据え、核実験部隊の半減を指示したとも報じられている。金氏はトランプ大統領との会談に前向きな姿勢を示したとされているほか、トランプ大統領も金氏との会談を楽しみにしているとした。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【NY為替オープニング】貿易戦争への脅威が緩和

●ポイント
・ムニューシン米財務長官「関税は最初のステップ」「中国とは建設的な対話」「最終的には他国との合意にとどまる可能性も」
・ダドリーNY連銀総裁講演(金融規制関連)
・米財務省2年債入札(300億ドル)
・メスター米クリーブランド連銀総裁講演(金融政策)
中国の李克強(Li Keqiang)首相「米中、交渉を継続すべき」
 26日のニューヨーク外為市場では貿易戦争への脅威が緩和したためリスク回避の動きがやや後退した。ただ、米国への政局不安も残り、慎重な展開が予想される。また、米国財務省が予定している2年債入札(300億ドル)で中国の入札動向を探る。米中貿易摩擦の警戒感が強まる中、果たして、中国が米国資産への投資を削減しているかどうかに注目が集まる。中国の購入ペースが鈍化した場合、ドル売りを誘う。
中国の李克強(Li Keqiang)首相は「米中、交渉を継続すべきだ」とし、貿易戦争を回避するために、米国ビジネスへの中国へのアクセスをより容易にする公約を繰り返した。また、英国のフィナンシャルタイムズ紙は、対米の貿易黒字を縮小させるため、中国が米国のセミコンダクター製品を購入する準備があると報じた。報道によると、米国政府は中国政府宛ての書簡で、米国の自動車への関税を削減するかわりに米国のセミコンダクター商品の購入に加えて、米国企業の中国金融セクターへのアクセスを拡大するよう要請したという。
また、米国のムニューシン財務長官は週末、FOXニュースとのインタビュ−で、「関税は最初のステップ」であり「最終的には他国との合意にとどまる可能性もある」としたほか、中国との交渉も順調に進んでおり、「建設的な対話をしている」とし注意深く楽観的とした。
そのほか、ダドリーNY連銀総裁やメスター米クリーブランド連銀総裁の講演で、本年の米国の利上げの軌道を探る。FRB米連邦準備制度理事会は先週開催したFOMC連邦公開市場委員会では、市場の予想通り政策金利を引き上げた。四半期ごとに発表される見通しでは、本年の成長見通しは引き上げた一方で、インフレの見通しは据え置き、利上げ見通しでは12月と同様の2018年3回の利上げ見通しにとどめた。このため、市場ではドル売りが優勢となっている。超タカ派として知られるメスター米クリーブランド連銀総裁が年4回の利上げ見通しを示すと、ドル売りが一服する可能性もある。
・ドル・円は、200日移動平均水準の110円88銭を下回っている限り下落基調。

・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1902ドルでの攻防が予想される。

ドル・円105円14銭、ユーロ・ドル1.2407ドル、ユーロ・円130円44銭、ポンド
1.4227ドル、ドル・スイスは0.9438フランで寄り付いた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

Fed調査、市場は年3回または4回の利上げを予想、保護貿易が経済の最大の脅威と回答

 米連邦準備制度理事会(FRB)は20日から21日まで連邦公開市場委員会(FOMC)を開催している。FOMCを控えて、経済専門局であるCNBCが40人のエコノミスト、ファンドマネジャー、ストラティジストを対象に、世論調査を実施。回答者の金利予想の中間値で、2018年の利上げは3回。来年は2回。2番目に多かった回答は、2018年4回、2019年3回だった。1回、2回は少数に限られた。一部の投資家は、FRBが3月会合で追加利上げを実施し、声明で、2018年に4回の利上げを示唆することを予想していると回答。
また、ほとんどの回答者は、最近の市場の変動を懸念していないことも明らかになった。全回答者の60%は市場の変動は市場のサイクルの一部だと指摘。また、73%は株式相場の全般的な見通しを修正しないと答えた。しかし、回答者はS&P500種指数の見通しを引き下げている。昨年7月以来で初めて。
国内総生産(GDP)の見通しはほぼ変わらず。2018年の成長は2.76%、2019年は2.72%だった。米10年債利回りの見通しは2018年末3.17%、2019年末3.54%と、それぞれ昨年12月から0.25%引き上げられた。
トランプ大統領が実施している経済政策への投資家の支持率は58%と高い。一方で、鉄鋼やアルミの関税は48%が雇用を減少させると見ているほか、75%の回答者が貿易戦争を懸念していることが明らかになった。また81%の回答者が米国のNAFTA(北米自由貿易協定)の離脱は「マイナス」と見ている。回答者の3分の2は米国のトランプ政権の貿易政策が世界の経済成長にマイナスになると見ている。貿易戦争の脅威が経済で最大の脅威だと指摘した。
本年の利上げを3回または、4回と見ている市場関係者が大半を占める。経済の成長期待や金利先高感で、当面ドルが支えられる可能性がある。
■CNBC調査
◎FRB
3月利上げ:100%
6月に追加利上げ:83%
2018年の中間利上げ(21人):3回、2019年2回、(18人)4回、2019年3回
◎FF金利誘導目標予想
2018年:2.23%、2019年:2.86%、2020年:2.85%、長期3.21%
◎GDP
2018年2.76%、2019年2.72%
◎米10年債利回り
2018年末3.17%、2019年末3.54%
◎S&P500種指数
2018年末2839(1月時点2937)、2019年2928(1月時点3005)
◎米国の貿易政策
63%:経済成長にマイナス、23%:時期尚早、13%:中立、3%楽観的
◎米国の関税
48%:雇用の減少につながる、35%:雇用に変化なし、13%:雇用の増加につながる
◎NAFTA
80%以上:NAFTA離脱は米国にとりマイナス、48%:かなりマイナス
◎トランプ経済政策
58%支持、20%中立、23%不支持

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , , , ,

BTC、11000ドル台で堅調、韓国規制当局の規制強化への脅威が後退【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

仮想通貨のビットコインは20日続伸した。CMEのビットコイン先物(2月限)はニューヨーク午後12時50分時点 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

通商戦争意図せず 中国ハイテク製品は「脅威」=米商務長官

[ダボス(スイス) 24日 ロイター] – ロス米商務長官は24日、米国は公平な国際通商を目指しており、通商戦争を始める意図はないとの立場を示すとともに、中国製ハイテク製品は「直接的脅威」と批判し、中国の保護主義をけん制した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:ドル下げ止まる、米政府機関閉鎖への脅威が緩和、ダウもプラス圏回復

 NY午後に入り米政府機関閉鎖への脅威がいくらか緩和した。政府機関閉鎖を回避すべく、トランプ米大統領と米上院のシューマー議員との会談が開催されたことや、シューマー議員が会談後の会見で米予算案協議に関し、まだ意見の相違があるとしたが、いくらかの進展があったことを明らかしたことが好感材料となった。
ドル・円は110円60銭前後で下げ止まり、ユーロ・ドルは1.1224ドルの安値圏でもみ合った。ユーロ・円は135円19銭の安値から135円40銭まで反発した。ダウ平均株価はプラス圏を回復。米国東部時間午後2時40分現在3ドル高で推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

カーニー英中銀総裁、ビットコインは金融安定の脅威ではないと指摘【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

イングランド銀行のカーニー総裁が20日、仮想通貨のビットコインについて、「現時点では世界的な金融安定 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】市場の目=欧州統合の新たな脅威:東西の亀裂 ポーランドに「最終手段」発動へ

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト・田中理氏

欧州統合の新たな脅威:東西の亀裂 ポーランドに「最終手段」発動へ

 ポーランド政府による司法介入がEUの基本価値の重大違反に該当するとし、欧州委員会はEU条約第7条に基づく制裁手続きの開始をEU理事会に提案した。違反国の議決権停止につながる可能性もある同手続きの開始は前例がなく、これまで「最終手段」と位置づけられてきた。ポーランドが再三の警告や対話の呼びかけに応じなかったことから、さらなる基本価値の軽視や他国の追随を防ぐため、第7条の発動に踏み切る。だが、最終的な制裁発動にはポーランドを除く全EU加盟国の賛成が必要で、ハンガリーが拒否権発動を示唆している。この問題以外に難民受け入れ分担を巡っても、EUは中東欧諸国との対立を抱えている。東西欧州の亀裂がEUの結束を揺るがしかねない。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

ビットコイン、米銀行システムに脅威与えず=通貨監督庁長官

[ワシントン 20日 ロイター] – 米通貨監督庁(OCC)のオッティング長官は20日、仮想通貨ビットコインについて、現時点では米国の銀行システムの安定に対する脅威にはなっていないとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,