タグアーカイブ: 続落

【速報】ドル・円は106円85銭まで続落、日経平均は重要な節目である21000円を下回る

14日午後の取引でドル・円は106円85銭まで続落。日経平均は午後の取引で21000円を割り込む展開となっており、心理的な節目となっていた200日移動平均(14日時点で21030円近辺)を下回った。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

日経平均は続落、外部環境への警戒根強く後場崩れる

[東京 13日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は続落した。国内連休中の米国株の上昇を支えに買いが先行し、上げ幅は一時300円近くとなった。だが外部環境への警戒は根強く、主力株の一角や先物にポジション調整売りが出た。後場に入ると下げに転じ、一時171円安と下げ幅を拡大。日経平均終値は連日で今年最安値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は続落、原油在庫増加の思惑や米国株安を嫌気

NYMEX原油3月限終値:61.15 ↓0.64
 8日のNY原油先物3月限は続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比−0.64ドルの61.15ドルで取引を終えた。一時60.59ドルまで下落した。原油、ガソリン在庫増加の思惑や米国株の大幅続落を意識して、原油先物の上値は一段と重くなった。ユーロ安・米ドル高の相場展開となったことも原油先物の反発を抑える一因となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは軟調推移、中国本土株の続落を嫌気した豪ドル売りも

7日のアジア市場で豪ドル・円は軟調推移。中国本土株(上海総合指数)は続落していることから、リスク回避的な豪ドル売り・円買いが観測さえている。豪ドル・円は朝方に86円74銭まで買われたが、中国本土株の反落を嫌って豪ドル売りが優勢となった。米ドル・円相場も円高方向に振れており、対円レートの下落を促している。なお、ユーロ・円は135円85銭から135円23銭まで下落している。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円00銭-86円74銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,