タグアーカイブ: 続伸

NY金先物は続伸、ドル安継続を意識した買いが入る

COMEX金2月限終値:1337.10 ↑2.20
 16日のNY金先物2月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+2.20ドルの1オンス=1337.10ドルで取引終了。一時1340.50ドルまで上昇した。ユーロ安・米ドル高は継続していることや米国株安を意識して安全逃避的な買いが入った。
ただ、1340ドル近辺では利食い目的とみられる売りが観測されており、金先物の上げ幅はやや縮小した。

・NY原油先物:反落、過度の原油高に対する警戒感浮上
NYMEX原油2月限終値:63.73 ↓0.57
 16日のNY原油先物2月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比-0.57ドルの63.73ドルで取引を終えた。一時63.39ドルまで売られた。主要産油国による生産抑制が続いており、原油価格の先高観は大きく後退していないものの、過度の原油高に対する警戒感が浮上しており、1バレル=64ドル台ではポジション調整的な売りが入った。米国株が不安定な動きを見せていることも一部で嫌気されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は続伸、ドル安継続を意識した買いが入る

COMEX金2月限終値:1337.10 ↑2.20
 16日のNY金先物2月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+2.20ドルの1オンス=1337.10ドルで取引終了。一時1340.50ドルまで上昇した。ユーロ安・米ドル高は継続していることや米国株安を意識して安全逃避的な買いが入った。ただ、1340ドル近辺では利食い目的とみられる売りが観測されており、金先物の上げ幅はやや縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

日経平均は続伸、円高一服でバブル後高値更新

[東京 16日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は続伸した。為替相場でドル安・円高の進行が一服したことで買い安心感が広がり、前日比で200円超上げた。後場には一時、取引時間中として1991年11月18日以来、約26年2カ月ぶりの高値2万3962円07銭を付け、バブル崩壊後の高値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は続伸、指数インパクトの大きい値がさ株が日経平均をけん引[FISCO]

16日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は続伸、指数インパクトの大きい値がさ (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

前場の日経平均は続伸、ドル安・円高一服で安心感 1週ぶり高値

[東京 16日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比130円62銭高の2万3845円50銭となり、続伸した。為替相場でドル安・円高の進行が一服したことや、GLOBEX(シカゴの24時間金融先物取引)での米株価指数先物の上昇が安心感をもたらした。前場後半は断続的な先物買いが入り、日経平均は上げ幅を拡大。取引時間中としては1月9日以来、1週間ぶりの高値を付けた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物、NY原油先物とも続伸

・NY金先物:続伸、ユーロ一段高による割安感の広がりで買い強まる
COMEX金2月限終値:1334.90↑12.40
 12日のNY金先物は続伸。1320.80ドルから1335.20ドルまで上昇した。米国の12月消費者物価コア指数の伸び拡大や12月小売売上高が4カ月連続増加したことを受けて、連邦準備理事会(FRB)の今年3回の利上げ観測が高まり、一時売りになった。しかし、その後は、ドイツの二大政党が正式な連立協議開始で合意したことを好感して、ユーロ高・ドル安が進み、割安感が広がったことから買いが強まった。

・NY原油先物:続伸、割安感による買い優勢もリグ稼働数増加などでやや伸び悩み
NYMEX原油2月限終値:64.30↑0.50
 12日のNY原油先物は続伸。63.16ドルから64.34ドルまで上昇した。中国の12月原油輸入の大幅減少を受けて売られた流れで始まった。その後、ドイツの二大政党が正式な連立協議開始で合意したことを好感してユーロ高・ドル安が進んだことで、割安感による買いが優勢になった。ただ、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前回から10基増加したこと。また、米国が「イラン核合意に基づく制裁停止を継続」と発表したことから、64ドル台に乗せた後はやや伸び悩みがみられた。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY原油先物は続伸、割安感による買い優勢もリグ稼働数増加などでやや伸び悩み

NYMEX原油2月限終値:64.30↑0.50
 12日のNY原油先物は続伸。63.16ドルから64.34ドルまで上昇した。中国の12月原油輸入の大幅減少を受けて売られた流れで始まった。その後、ドイツの二大政党が正式な連立協議開始で合意したことを好感してユーロ高・ドル安が進んだことで、割安感による買いが優勢になった。ただ、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が前回から10基増加したこと。また、米国が「イラン核合意に基づく制裁停止を継続」と発表したことから、64ドル台に乗せた後はやや伸び悩みがみられた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ユーロ一段高による割安感の広がりで買い強まる

COMEX金2月限終値:1334.90↑12.40
 12日のNY金先物は続伸。1320.80ドルから1335.20ドルまで上昇した。米国の12月消費者物価コア指数の伸び拡大や12月小売売上高が4カ月連続増加したことを受けて、連邦準備理事会(FRB)の今年3回の利上げ観測が高まり、一時売りになった。しかし、その後は、ドイツの二大政党が正式な連立協議開始で合意したことを好感して、ユーロ高・ドル安が進み、割安感が広がったことから買いが強まった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ユーロ高による割安感や米利上げペース鈍化思惑で買い

COMEX金2月限終値:1322.50↑3.20
 11日のNY金先物は続伸。1320.10ドルから1324.70ドルまで上昇した。欧州中央銀行(ECB)の12月理事会議事要旨でガイダンス変更に言及があったことからユーロ高・ドル安となり、割安感から買いが先行。その後も、米国の12月生産者物価指数が予想以上に低下し、先週分新規失業保険申請件数も予想外に増加したことを受けて、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが鈍るとの思惑から買いが続いた。

・NY原油:続伸、イラン核合意に絡む思惑などから買い先行
NYMEX原油2月限終値:63.80↑0.23
 11日のNY原油先物は続伸。64.77ドルまで上昇した後、いったん63.73ドルまで下落した。米国が「イラン核合意に基づく制裁停止を続けるかどうか、12日に決定する」としていることで、思惑的な買いが先行した。また、欧州中央銀行(ECB)の12月理事会議事要旨でガイダンス変更に言及があったことからユーロ高・ドル安となり、割安感による買いも広がった。ただ、引けにかけては利益確定とみられる売りが徐々に優勢となり、上昇幅を縮小することとなった。ブレント原油先物3月限が一時70.05ドルをつけた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ユーロ高による割安感や米利上げペース鈍化思惑で買い

COMEX金2月限終値:1322.50↑3.20
 11日のNY金先物は続伸。1320.10ドルから1324.70ドルまで上昇した。欧州中央
銀行(ECB)の12月理事会議事要旨でガイダンス変更に言及があったことからユー
ロ高・ドル安となり、割安感から買いが先行。その後も、米国の12月生産者物価
指数が予想以上に低下し、先週分新規失業保険申請件数も予想外に増加したこと
を受けて、米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが鈍るとの思惑から買いが続
いた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,