タグアーカイブ: 結果

ミシガン大学消費者信頼感は予想に反し強い結果も、米長期金利は低位でドル円は106.30円付近

 2月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値は99.9と、市場予想の95.5に反して、前月の95.7より強い結果となった。しかし、米長期金利は2.86%台と、指標発表前からの本日のレンジ下限付近での推移を継続。ドル円は米株の持ち直し局面でつけた106.38円を目先の上値に伸び悩み、106.30円前後で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

インフレ高と消費低迷で最悪の結果

こんばんは。越後屋です。注目の米指標が発表されましたが、結果はCPIが強く、小売売上高は弱いという内容。インフレ高で米長期金利が急上昇、そしてそれを嫌気してダウ先物は急落。そして、小売売上高も低調だったことで株には重しと考えられる最悪の結果となっています…

FX為替ニュース

, , , , , ,

雇用統計は文句のつけようがない結果

こんばんは、Dice-Kです。注目の米雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比20万人増と市場予想の前月比18万人増を上回る※非農業部門雇用者数は前月分も上方修正平均時給が前月比0.3%上昇と市場予想の前月比0.2%増を上回ると文句のつけようがない結果になりましたね。結果を…

FX為替ニュース

, , , , , ,

米経済指標はまちまちな結果、ドル円は109.40円近辺

 米経済指標はまちまちな結果となった。米1月のISM製造業景況指数は59.1と、市場予想の58.8を上回ったが、前月分は59.7から59.3に下方修正された。米12月建設支出は前月比+0.7%と市場予想の+0.4%を上回ったものの、ISMと同様に前月分が+0.8%から+0.6%に下方修正された。ドル円は109.40円近辺、ユーロドルは1.2450ドル前後、豪ドル/ドルは0.8010ドル前後で小動きになっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ECB、ギリシャ銀ストレステストの結果を5月に発表

[フランクフルト 31日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)は31日、ギリシャ4大銀行の健全性審査(ストレステスト)の結果を5月に発表するとの方針を明らかにした。ギリシャは8月に金融支援から脱却する見込みだが、その前にギリシャ銀が資本不足を解消するできるよう、時間的な猶予を設けるためという。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロドルは1.22ドル後半 ユーロ圏消費者信頼感の結果も下支えに

 ユーロドルは1.2288ドルまで上値を伸ばし、押しも限定的。ユーロ円は135.62円付近までじり高に推移している。先ほど発表されたユーロ圏1月消費者信頼感は、速報値+1.3と市場予想や前回値を上回った。ユーロ圏経済の底堅さが確認され、為替相場でもユーロの下支え要因となっているか。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京午前=方向感のない小幅なレンジ相場に、豪雇用統計はまちまちな結果

 東京午前の為替市場は、方向感がなく小幅なレンジでの動きになった。ドル円はNYの午後の流れを引き継いで、一時111.40円まで水準を上げた。また、東京仲値もドル買い・円売りだったものの、ドルの売り遅れと日経平均が上昇幅を削ったことで上値も抑えられ111円前半でもみ合いになった。
 欧州通貨もオセアニア市場ではユーロドルは1.2165ドル、ポンドドルは1.3807ドルまでドル高になったが、じりじりとドル売りになりユーロドルは1.2204ドル、ポンドドルは1.3839ドルまで戻し、その後は小動きになった。
 注目されていた豪の雇用統計は、まちまちな結果だった。12月の就業者数が+3万4700人となり、市場予想の+9000人を上回ったことを受け、豪ドル/ドルは0.7996ドル、豪ドル円は88.97円まで上昇した。しかし、失業率は市場予想や前回の5.4%よりも悪く、5.5%だったことで、対ドルは0.7942ドル、対円では88.40円まで押し戻された。本日16時から豪経済に影響を与える中国の10-12月期のGDPなどが発表されるので、発表までは大きくポジションを傾けにくくなっている。
 東京午後の為替市場はレンジの中で神経質に動きそうだ。ここ数日欧州通貨を中心に、ストップロスをつけた後は全戻しの展開を繰り返している。ドルロングでストップロスをつけられ、その後ドルショートをしてもストップロスがつく、いわゆる往復びんた状態になった市場参加者も多く、現在の水準ではポジションを持ちにくくなっている。ドル円は比較的堅調に推移していることで、株価次第だが東京時間はこのまま底堅さを維持しそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

午前まとめ=注目の豪雇用統計はまちまちな結果に、ドル円は小幅なレンジでの動き

・豪雇用統計はまちまちな結果に、一時0.8000ドル手前まで上昇もじり安に
・ドル円は本邦勢の買いで堅調に始まるも、111円前半の小幅なレンジに
・200円以上の上昇で寄り付いた日経平均も、上昇幅削り110円高の23978円で引ける

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【発言】セントルイス連銀総裁「税制の刺激策による結果でFRBが早めに反応して利上げをすることは考えていない」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「ビットコインや他の仮想通貨が現在の通貨を脅かすことは無い」
「税制の刺激策による結果で、FRBが早めに反応して利上げをすることは考えていない」
「税制改革法案は、想像よりかなり大きく投資に影響を与える可能性がある」
「株式市場の上昇は気にしていない」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]スマホ視聴OK。無料配信『生中継だヨ!米雇用統計』
【拡大版】1月5日(金)21時30分スタート。
2018年の為替はどっちだ?著名為替アナリストの深谷氏が鋭く解説!
→http://www.gaitame.com/gaitame/tokuban/180105/online.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

サービス業ほかPMI・確報値は想定内の結果、ユーロは本日高値圏を維持しもみ合い

 ユーロ圏各国のサービス業PMI・確報値は強弱まちまちで、ユーロ圏全体のサービス業PMI・確報値は56.6と、速報値や市場予想の56.5をやや上回る結果となった。同総合PMIも58.1と、速報値や市場予想の58.0をやや上回った。
 ユーロは欧州入りにかけて強めた対ドルでの上昇は、1.2038ドルを目先の上値に一巡。各指標発表にかけ、1.20ドル前半レンジでもみ合った。
 ユーロ円は、ユーロドルが高値圏を維持、一方でドル円が112円半ばで米長期金利の上昇を手掛かりに下げ渋ったことが支援となり、135.55円まで上値を伸ばした。その後はユーロドル同様にもみ合いで、135円半ばで推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

南アANC党首選、まだ結果出ず

こんばんは。越後屋です。12月でこの寒さ、厳しいですねえ。私も久しぶりに風邪をひいてしまいやられています。ドル円もまたやられている、というよりはやる気なし、誰もいないというところですかね。若干対ユーロでのドル売りに押されて上値の重い状況ですが、どうってこと…

FX為替ニュース

, , , , ,