タグアーカイブ:

前場の日経平均は13日続伸、米株高・円安が支援

[東京 19日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比140円80銭高の2万1503円85銭となり、13日続伸した。取引時間中としては1996年10月21日以来の高値を付けた。米株高、為替の円安基調といった良好な外部環境を好感した買いが優勢となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は続伸、米株高・円安を好感 金融株が堅調

[東京 19日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比86円99銭高の2万1450円04銭となり、続伸して始まった。前日の米ダウは終値で初めて2万3000ドルを突破。外為市場では一時1ドル113円台まで円安が進行した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

前場の日経平均は12日続伸、米株高を背景に連日新高値

[東京 18日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比18円44銭高の2万1354円56銭となり、小幅ながら12日続伸した。取引時間中の年初来高値を連日で更新。一時2万1400円台を回復した。前日に米ダウが一時2万3000ドルを突破するなど米国株の上昇基調が止まらず、日本株にも国内外のリスク選好の資金が継続的に流入した。連騰に対する警戒感から一時下げに転じたが、出遅れた投資家による押し目買い意欲も強く、前引けはプラス圏を維持した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は続伸、米株高など好感し連日新高値

[東京 17日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比96円61銭高の2万1352円17銭となり、続伸して始まった。前日の米国株市場で主要3指数がいずれも最高値を更新。為替が円安に振れるなど良好な外部環境を追い風に幅広く買いが先行した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は続伸、米株高を好感

[東京 16日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比66円09銭高の2万1221円27銭となり、続伸して始まった。底堅い経済指標などを背景に前週末の米国株が上昇。世界的な株高傾向が続くとの期待から買いが先行した。日経平均は取引時間中の年初来高値を連日で更新している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今日の焦点、IMF世銀総会 中 貿易収支 NZ 企業景況感(PMI) 米 消費者物価指数 小売売上高 ミシガン大消費者信頼感指数

「今日の焦点、IMF世銀総会 中 貿易収支 NZ 企業景況感(PMI) 米 消費者物価指数 小売売上高 ミシガン大消費者信頼感指数 」

*仲値=10月13日(金)ゴトビで外貨需要やや多い
*講演=世銀・IMF年次総会 ローゼングレン・ボストン連銀総裁 エバンス・シカゴ連銀総裁 カプラン・ダラス連銀総裁 パウエルFRB理事
*決算=ファストリ セブン&アイ JPモルガン・チェース シティ・グループ
*外貨投資=ニッセイAM  新興国株式インデックスファンド ニッセイAM インデックスバランスF(6資産均等)
*今日の注文=別途掲載

(予定)
asu1013.JPG

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

米・新規失業保険申請件数など

米・新規失業保険申請件数(前週分)
前回:26.0万件(改訂:25.8万件)予想:25.0万件結果:24.3万件
米・9月卸売物価指数(前月比)
前回:+0.2%予想:+0.4%結果:+0.4%
米・9月卸売物価指数(除食品、エネルギー/前月比)
前回:+0.1%予想:+0.2%結果:+0.4%
カナダ・8月新築住宅価格指数(前月比)
前回:+0.4%予想:+0.2%結果:+0.1%

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】11日香港株=買い優勢で始まるか、米株高や本土資金流入期待で

11日の香港市場は米株高の流れを引き継ぎ買い優勢で始まるか。前日のNY株式市場は主要3指数が反発。ダウ平均は3営業日ぶりに過去最高値を更新した。国際通貨基金(IMF)が世界経済成長見通しを引き上げたことが好感されたほか、朝鮮労働党創建記念日を迎えた北朝鮮に特段の動きがなかったことも安心感につながった。香港市場では本土市場が連休明けから続伸していることや、相互取引を通じた本土から香港市場への資金流入期待が引き続き相場を支えるだろう。

 ただ、ハンセン指数は前日に2007年12月以来、約10年ぶりの高値を更新した後で、目先の利益を確定する売りが出やすい環境。また、週後半から来週にかけて中国の9月の貿易統計など主要経済指標の発表が続くことから投資家の様子見姿勢が強まる可能性がある。なお、香港ではきょう日本時間午後0時から林鄭月娥・特別行政区長官が就任後初めての施政方針演説を行う。演説では若年層などへの不動産購入支援策「スターター・ホームズ」を発表するとされ、前日の香港市場では農地の住宅地転用が加速することなどへの政策期待が高まった。

 10日の香港株の米国預託証券(ADR)は中国IT大手のテンセント(00700)、中国石油メジャーのCNOOC(00883)、本土保険大手の中国平安保険(02318)、欧州金融大手のHSBC(00005)などが香港終値を上回った。香港株のADRにサヤ寄せすれば、ハンセン指数は前日終値を80ポイント上回る水準で寄り付くことになる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】10日香港株=米株安の流れ引き継ぎ売り先行か

米株安の流れ引き継ぎ売り先行か、中国イベントを控えた様子見気分も重しに

 10日の香港市場は米株安の流れ引き継ぎ売り優勢で始まるか。9日の米株市場はダウ平均が続落。コロンブス・デーの休日で市場参加者が少なく、積極的な取引が控えられた。ハイテク株比率が高いナスダック総合が10日営業日ぶりに反落したことも、香港市場での関連銘柄の売りを誘いそうだ。来週開催の中国共産党大会や、中国の9月の貿易統計、主要経済指標の週後半から来週にかけての発表を前にした様子見気分が相場の重しになると予想される。10日に朝鮮労働党創建記念日を迎える北朝鮮が弾道ミサイル発射などの新たな挑発行為出ることに対する警戒感もくすぶる。

 一方、売り一巡後は底堅い展開か。前日から再開した上海・深セン市場との相互取引制度を通じた本土から香港市場への資金流入期待が相場を下支えしよう。前日の原油相場が大きく反発したこともエネルギー資源銘柄の買いにつながりそうだ。

 なお9日の香港株の米国預託証券(ADR)は高安まちまち。中国IT大手のテンセント(00700)、中国の通信キャリア大手のチャイナ・モバイル(00941)、アジア生保大手のAIAグループ(01299)などが香港終値を上回った。半面、欧州金融大手のHSBC(00005)、本土金融大手の中国建設銀行(00939)、中国工商銀行(01398)、中国人寿保険(02628)がそろって下回って終えている。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY外為:トルコリラ売り一服も上値重い、米とトルコの関係悪化を嫌気

[欧米市場の為替相場動向]
 NY外為市場ではトルコリラ売りが一段落したものの、依然上値が重い展開となった。米国とトルコの関係悪化が顕著となっている。ドル・トルコリラはアジア市場で3.04リラから3.85リラまで上昇し1月末以来の高値を更新。その後も3.74リラ前後で高止まりとなった。リラ円も30円40銭から30円14銭へ弱含んだものの、上値は重い。
在トルコ米国大使館は8日、米国での一時滞在に必要な非移民ビザのトルコ国内での発給業務について、無期限で停止すると発表した。米政府の決定を受けて、在米トルコ大使館も8日、米国人に対する非移民ビザの発給業務の停止を発表。
ユーロ・リラは3.83リラから4.52リラへ急伸し過去最高値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米 大手銀行強制閉鎖法案

米下院民主党は4日、消費者への不正行為を繰り返す大手銀行について、規制当局による強制的な閉鎖を可能にする内容の法案を提出した。

ロイター

法案によると、「グローバルなシステム上重要な銀行」に指定されたすべての米銀について、規制当局は90日以内に調査を行う。消費者金融保護局(CFPB)が規定する「消費者に害を成す法律違反」を繰り返したことが判明した銀行に対しては、当局は120日以内に閉鎖手続きに着手するとともに、幹部を金融業界から締め出すとしている。

法案には、議会で過半数を握る共和党が強硬に反対するとみられる。

FX為替ニュース

, , , ,