タグアーカイブ: 米雇用統計発表

ドル・円は110円前後で推移か、米雇用統計発表を控えて狭いレンジ内での取引となる可能性

 8月31日のドル・円相場は、東京市場では110円19銭から110円62銭まで上昇。欧米市場でドル・円は一時109円88銭まで反落し、109円97銭で取引を終えた。
 本日9月1日のドル・円は、低調な内容の米インフレ指標を背景にドル売り・円買い基調が継続し、110円挟みを推移か。米8月雇用統計発表を控えて、狭いレンジ内での取引となる可能性も。
 7月の米個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比1.4%上昇にとどまったほか、食料品とエネルギーを除くコア指数の伸びは前年同月比1.4%上昇と前月(1.5%)から鈍化した。米連邦準備制度理事会(FRB)が掲げる目標の2%を依然下回ったことから、市場では年内追加利上げ観測が後退。米長期金利が低下したことも重なり、ドル売りが強まっている。また、ムニューシン米財務長官は8月31日、米テレビ番組で「ドル安は短期的にみるとプラスとマイナスの影響がある。貿易の観点から弱いドルは、米国にとってはいくぶん有益だ」と言及したことも、ドル相場の圧迫材料となっているもよう。
 北朝鮮情勢の緊迫化を背景とした地政学的リスクへの懸念も根強い。北朝鮮が先月29日に発射した弾道ミサイルへの対抗措置として、米太平洋空軍は31日、爆撃機2機を朝鮮半島の韓国上空に展開した。また、週末の米雇用統計の発表を控えて様子見ムードも広がっており、ドルの積極的なポジションをとりづらい展開となりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円は110円前後で推移か、米雇用統計発表を控えてリスク選好のドル買い抑制も

 3日のドル・円相場は、東京市場では110円83銭から110円56銭で推移。欧米市場でドル・円は109円86銭まで下落し、110円04銭で取引を終えた。
 本日4日のドル・円は週末の米雇用統計発表を控えて様子見ムードが広がる中、日経平均株価の動きをにらみ、110円前後で推移か。
 3日発表された米サプライマネジメント協会(ISM)の7月非製造業景況指数(NMI)が53.9と前月(57.4)から下落したほか、市場予想も下回る内容となった。これを受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)による年内の追加利上げに対して懐疑的な見方が広がった。また、米債券の利回りが低下したことも、ドル相場を下押ししている。
 ロシアの米大統領選介入疑惑を捜査しているロバート・モラー特別検察官が、大陪審を設置(陪審員の選出)したと一部メディアで報じられたことから、トランプ政権への先行き不透明感が強まった。
 市場関係者の多くは4日に発表される7月米雇用統計を注目しているが、投資家心理は悪化していることから、予想通りの内容でもドル相場に対する支援材料にはならない可能性があるとの声が聞かれている。7月雇用統計が市場予想を下回る低調な結果となった場合、ドル相場をさらに圧迫し、ドルの上値はさらに重くなる可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円113円前半で小動き、本日は米雇用統計発表

 一昨日113.69円まで上昇したドル円は、昨日は113円半ばで押し戻され、現在は113円前半で取引されている。本日は米国から雇用統計が発表され、本日からドイツでG20が開催されることもあり為替市場は動きにくくなりそうだ。ユーロドルは1.14ドル前半、ユーロ円は129円前半で小動き。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は113円前後で推移か、米雇用統計発表を控えて主要通貨の為替取引は動意薄に

 2日のドル・円相場は、東京市場では113円36銭から112円48銭まで下落。欧米市場でドルは112円94銭から一時112円06銭まで売られたが、112円85銭まで反発し、112円80銭で取引を終えた。
 本日3日のドル・円は、113円前後で推移か。日本時間夜に米1月雇用統計の発表を控えており、主要通貨の為替取引はやや動意薄となる見込み。
 3日に発表される1月の米雇用統計については、非農業部門雇用者数は前月比+17万人程度、失業率は4.7%、平均時給は前年比+2.8%と予想されている。非農業部門雇用者数は20万人以上増加するとの強気な見方もあるが、市場関係者の間では「平均時給の伸びが予想通りだった場合、リスク選好的なドル買いが大きく広がる可能性は低い」との声が聞かれている。
 トランプ政権における雇用拡大策への期待はまずまず高いことから、雇用情勢がさらに改善することは織り込まれつつある。市場の関心はインフレ動向に向けられており、平均時給が前年比で3%程度上昇すれば、年内3回の利上げ実施への期待はさらに高まることが予想されるが、伸び悩んだ場合はドルの上値は重くなるとみられている。
 なお、本日の国内債券市場では日本銀行による金融調節が注目されている。昨日2日の取引で10年国債利回りは0.115%まで上昇したが、日銀による指し値オペは実施されなかった。本日オペが通知された場合、ドル買い・円売り材料になるとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル小幅反落、ECBのQE詳細と米雇用統計発表控えて

[ニューヨーク 3日 ロイター] – 3日のニューヨーク外為市場では、ドルは主要通貨に対して小幅反落した。5日の欧州中銀(ECB)による量的緩和策(QE)の詳細発表や6日の米雇用統計発表を控えて、ドルは利益確定の売りに押された。

FX為替ニュース

, , , , ,