タグアーカイブ: 米雇用統計後

ドル円 109.28円前後、米雇用統計後の戻り高値圏では伸び悩み

 米10年債利回りが2.95%台を維持できず2.94%後半で推移し始めると、ドル円は109.28円前後でじり安。先週金曜日に発表された米4月雇用統計後の安値108.65円からの戻り高値109.40円を頭に伸び悩んでいる。ユーロドルは、昨年12月以来の1.19ドル割れでは下げ渋り、1.1922ドル近辺まで買い戻されている。ドル/スイスフラン(CHF)が約1年ぶりのCHF安・ドル高水準1.0056CHFまでCHF売りとなった後は、1.0038CHF付近での値動き。ポンドドルが1.35ドル半ばで底堅い。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は108.98円前後、米雇用統計後の下落幅を帳消し

現在の推移(レンジ)   
ドル円    108.98円  (109.24 /  108.65) 
ユーロドル 1.1939ドル (1.1996 /  1.1935) 
ユーロ円  130.09円   (130.96 /  130.00) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米雇用統計後のドル円は、107.05円を頭に106円後半でもみ合い

【修正:本文の内容を一部修正しました。】
 米2月雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、2016年7月以来の高水準となった。しかしながら、平均自給が市場予想より弱まる結果となったことで、雇用統計後の為替市場は方向感の無い動き。ドル円は107.05円を頭に106.90円近辺でもみ合い、ユーロドルは1.2273ドルまで下落後1.2285ドル近辺で取引されている。米10年債利回りは2.89%前後での取引。この後に開く米株式相場がどのように動くかに注目が集まる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NYランチタイムもドル円は米雇用統計後の高値圏を維持

現在の推移(レンジ)   
ドル円    110.39円  (110.48 /  109.28) 
ユーロドル 1.2449ドル (1.2518 /  1.2410) 
ユーロ円  137.43円   (137.50 /  136.67) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米雇用統計後は多くの通貨が対ドルで下落、クロス円は強い方向感を示さず

 米雇用統計の好結果を受け、米金利上昇・ドル高が強まった。ドル円が110円前半へ上昇した一方、ユーロドルが1.25ドル付近から1.2438ドルまで下落するなど、対ドルで多くの通貨は総じて下落している。一方、クロス円はユーロ円が137.49円まで小幅高となった後に伸び悩むなど、ドル円上昇による円売りと、対ドルでの各通貨の下落に挟まれ、強い方向感を示していない。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は続落、米雇用統計後の円高警戒で中小型株へのシフトも[FISCO]

4日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は続落、米雇用統計後の円高警戒で中小 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,